スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年現在自転車でアメリカを横断している人達

2015/8/19


アメリカ横断ウルトラクイズ


突然ですが皆さん、
自転車でアメリカを横断する日本人って、1年に何人ぐらいいると思いますか?


多分、想像もつかないでしょうけど、
実際に自転車でアメリカ横断した俺の、出発前の予想としては、
1年に1人か2人ぐらい、いるのかなぁと思ってました。


どうやらこの予想はハズレだったみたいで、
自分のブログにはこれから自転車でアメリカ横断しますって人から
よく連絡くるんですけど、そこから推測すると、
おそらく1年に5人〜10人くらいはいると思いますね。

自分がアメリカ横断してから3年以上たってますが、
連絡をくれる方だけでも1年に3人以上いらっしゃいます。

連絡はとってないけど、風のウワサレベルの情報で他に2人くらいの気配。

存在を感知できなかった人もいっぱいいるはずなので、
1年に5人〜10人くらいと予想している。


2015年現在、自転車でアメリカ横断中の人達は下記となってます。


・A Fool on the Bike
6月3日出発


・アメリカ自転車横断 Route66 
7月10日出発


・アメリカ横断 自転車留学
7月26日出発


俺からするとねー、みんなのアメリカ横断のブログ見てると
アメリカの風景とか道とか、浜田宿のおっさんとかチャーリーさんとか
本当にもう懐かしい思い出がよみがえりますね。

でもけっこうみんなブログの更新って適当な感じするよね。

上で紹介した3人の中だとA Fool on the Bikeのsekitobaさんは
順調にブログ更新してらっしゃるけど、
下の2人はけっこう更新がズボラだよね(笑)

特にミネさんは今日で一週間更新してないし、
大丈夫なのかな、生きてるよね?

野宿が続いたり、環境によってはネット接続が難しかったりはするんだけど、
俺はヨーロッパ後半の野宿連チャンの時も結構ブログの更新はしてたぞ。

というか俺の場合は、毎日毎日その日の出来事だけじゃなくて、
現在地から走行ルートの役立ちそうな情報までまとめるのが大変だった。

「こんなマニアックな情報が誰の役立つんだろう、バカじゃねえの?」

とその時は思いながらブログ書いたけども、
結局1年で10人くらいの役には立っているはずだ。
まあ全員バカなんだろうけど。


旅ってのは安全に楽しむのが一番の目的でね、
ブログ更新にばかりチカラを入れてしまって本来の目的を忘れちゃダメなんだけど、
もはや「見てる方」になってしまった俺としては、
もっと文章ではっちゃけても良い気がする。


なんというかね、以前にも書いたことあるんだけど、
旅行記ってただの行動表になってしまいがちなんだけど、
それじゃ見てる方はあんま面白くない。

そうじゃなくて、何か新しいモノを見たり新しい出来事が起きた時は、
こんなもんがありましたっていう説明じゃなくて、
自分の今までの経験から言えば、これはこう思うって感じの文章が
面白いと思うのだ。


火星の人 読了

2015/7/19





久しぶりに感想を書きたくなる、ハードSFサバイバルな内容でした。

近未来、火星調査が進み、すでに数度の火星調査機が行われている中で、
主人公の植物学者でもある宇宙飛行士は火星で発生した事故によって、
生命維持装置や居住空間とともに火星に取り残されてしまう内容。

地球から持ち込んでいた土とジャガイモを利用して育てて増やし、
幾多の困難に乗り越えながら、救援を待つと物語。


基本的に俺はね、軟弱な癖にサバイバルとか漂流記とかが好きでね。

自転車旅行の根底を流れるテーマに大冒険ってのがあるわけだけど、
過酷な環境で生き残るのはその冒険につながっているテーマでもあると思うわけです。


この本の内容は一言で現すと超リアル。

もちろん火星人は出てこないし、奇跡も起きない現実の火星で、
生きていくための酸素や水、そして食料や救援を呼ぶための通信機器の確保まで、
リアルさを大事に説得力を持って描かれた秀作だと思います。

主人公が最初から最後まで極限状態の中でもユーモアをなくさない性格で、
だからこそ読んでいて面白かったし、
完璧には絶望しなかった理由のひとつにもなると思います。

まあつまり、本書の火星の取り残されてからの主人公の日記は、
自転車旅行ブログにも近いところがある気がして、
このブログでご紹介した次第です。

ご興味ある方はご一読を、特に火星の環境に似ている砂漠を自転車旅行中の方は、
ぜひ電子書籍あたりでお読みいただくとよろしいかと。

アメリカを自転車で横断する男たち

2015/7/19


アメリカ自転車横断 Route66 

ブログトップ719


大変ありがたいことです。

自分がアメリカを自転車で横断したのは、
もう3年も前のことなんですが、一応まだブログは続いているし、
次世代のチャレンジャーから続々連絡が来ています。

今日も新しいチャレンジャーのブログをご紹介。

お名前はミネさんというのかな?

お会いしたことはないんですが、
自分と同じ2012年に自転車でアメリカを横断した
佐藤タカノリ君が留学先のフィリピンで知り合ったという方とのことです。

自分と同じ車種のTREKに乗っているので、
年齢も近いしちょっと親近感わきます。

無事に帰国した暁には、
是非とも飲み明かしたいものです。


スマートフォンが天下統一か?

2015/6/12

スマフォが大型化した。

昔は3.5インチだったのが、今や5〜6インチが主流である。
大型スマフォのことをファブレットと呼んだりしたが、
今やスマフォの主流がファブレット状態なので、
呼び分けたりしなくなった。

性能も驚くべき進化を遂げて、もはや頭打ちになってきている気がする。

もう普段使いにおいて性能は充分だ、充分快適だ。

旅行に持っていくコンピューターももはや、
スマフォだけでいいんじゃないか?

2年前のヨーロッパ横断では、個人的に
iPod touchとAndroidタブレットとMacBookと一眼レフを持っていったが、
もはやいらないだろう、大型で高性能のスマフォ1台で全てまかなえるはずだ。

【カメラ】

そりゃあカメラ好きな人にとっては、
一眼レフと比べたら、スマフォのカメラなんかじゃ満足できないだろう。

しかし、撮影旅行ではないのである、このブログを読んでいる人ならば
おそらく計画しているのは、自転車旅行かバックパッカーである。

一眼レフなんて故障しやすくてデカくて重いものはいらんのである。
性能的に進化しつづけるスマフォのカメラの画質で一般人は充分である。


【音楽プレイヤー】

iPodもウォークマンもいらん、
ハイレゾ?おまえの耳でハイレゾ音源が判別できる訳ねーだろ。
雑音だらけの出先でハイレゾ聞いてどうすんだ。


【タブレット】

スマフォの画面が大型化したからタブレットもいらん。


【地図&GPS】

Googleマップが最高だっていってるだろ。


【動画編集】

最近までは動画の編集としてはパソコンじゃないと性能的に問題ありだったが、
もうメモリ2GBレベルのスマフォなら大丈夫でしょう、動画編集アプリもある。


【長文入力】

長文の入力はキーボードの方が良いけど、できなくはないし、
どうしてもってんならBluetoothキーボードもってきゃ解決。



あとはモバイルバッテリーもってけばOK。

自宅じゃなくて旅行なのだから、専門的な道具はいらん、
旅行中は軽量化が大事なのだ、カメラもパソコンもいらんいらん、
スマフォで充分だ。

それじゃあ星の数ほどあるスマフォの中で
どれを選べばいいのかというと、
よっぽど古いスマフォじゃなきゃどれでもいいんだけど、
オススメは下記の二つだ、迷う必要すらない。

旅行の準備も本来楽しい時間なのだが、
機械類で悩む必要すらなくなった、ある意味つまらないかもしれない。

自転車旅行とかする人はどちらかと言えば
アナログタイプの人が多いだろうから悩まないのはま良いかも。


○iPhone6 plus

iPhone6plus.jpeg

説明不要、デカい方のiPhone。
どうせみんなもう持ってるんでしょ?これでいいじゃん。



○Nexus6

nexus-6-product-photo.jpg

iPhoneとの比較などは下記に羅列

・本体価格がiPhoneより少しやすい
・Googleマップが使いやすい
・iPhoneより少しだけでかい
・最初からsimフリーなので各国の通信会社で使える



新しいMac Bookは旅行に向いているのか?

2015/6/10

はい、最近またApple製品の販売の仕事をしているかにゃーおです。

今回のテーマはタイトル通り、
新しく発売されたMac Bookは旅行に向いているのかということなんですが、


MacBook2015.png


どうなんでしょう?

元々はブログを書くだけなら、スマホやタブレットに
Bluetoothのキーボード持ってくだけで問題ないと思うのだけど、
最近は旅行中に撮影した動画を編集して公開する人達も増えてきて、
そうなってくるとタブレットだけでは性能的に足りないので、
旅行中も動画編集したい人はやはり軽量のパソコンもありかなと思います。

そんで軽量のパソコンと言っても色々あって、
特にWindowsは種類が豊富。
すごい適当に言うと、10万以上の高額なモデルなら
性能も高いのでそれでいいんじゃん?という
Apple信者としてはやる気のないアドバイスになってしまいます。


さて本題の新しいMacBookなんですが、
今まで最軽量だったMacBook Air11インチ(現在も発売中)と比較すると
どうなのか?


動画も含めて、このブログのコンテンツは全て2010年に発売された
MacBook Air11インチで作製されている。


large-s1294655387.jpg


現在発売しているモデルと比べたら、
同じMacBook Air11インチでも性能は段違い。

俺の2010年モデルはcore2duoの低電圧版という、
発売当時としても古くさいCPU(パソコンの脳みそ)を使っている。

そんでもまあ、動画の編集も出来ているし、問題ない。

当時はカスタマイズで13万円くらいで買ったが、
今なら中古で5万円以下である。


エアー中古


もう安い軽量PCで悩んだら、コレでいいんじゃないでしょうかと
思っちゃうんですけど、どーすかね!


比較なのに前機種の紹介だけで、
先に結論を出すという斬新すぎる手法についてこれないあなたのために、
新機種も紹介してあげましょう。

2015年現在発売されているMacBook Air11インチのCPUは
店頭発売品でもcorei5という2番目に高性能なCPU(脳みそ)を搭載しています。
値段は新品で10万円くらい。見た目は同じ。

ライトな使い方ならこれで十分、
旅行中に建物の設計図書くのにCAD使いたいとか、
旅行中もコンピュータグラフィックの仕事を続けたいとか
そういうアタマのおかしい人でなければ納得の性能ですよ、十分。

そんでそういう技術職の方は自分でパソコンを選ぶくらいの
知識はあるはずなので、おそらくこんなページは見てないでしょう。


さていよいよ本題の2015年MacBookなんですが、


apple-macbook-charger-2015-port-usbc.jpg


一言でいうと、クセが強い機種です。


【充電及びデータ転送端子】

おそらく最大の特徴は充電端子がUSBタイプCという
新しい規格になったということ。
なんとこれだけで充電だけでなく、データ転送から
映像出力まで行ってしまうすぐれものなんだけど、
なんで左側に一個しかついてないんですかね?

簡単に言うと、分岐ハブをつけないかぎり、
充電しながらデータ転送が出来ないという仕様である。

そんならハブ買えばいいじゃんってことなんだけど、
せっかく軽量なのに周辺ケーブル増やしたら意味ないじゃん、
ケーブル自体が故障するリスクもあるしでね。

まあ確かに充電しながらデータ転送できなきゃ
絶対ダメってことはないけどもね。


【キーボード】

さらにこれはどうなのって部分をあげると、
せっかくフルサイズの打ちやすいキーボードがあるんだけど、
薄さの代わりにタッチが大きく変わってしまって人を選ぶと思う。


【軽さ】

軽量化もね、まあMacBook Air11インチと比べると
150グラムぐらいの話なんで、ケーブル追加すると
大して変わらないということでね。


【液晶】

本体サイズはほとんど変わらずに12インチとなり
Retina化してすごい奇麗、これは否定する部分は特になし。


【性能】

coreMという新しい省電力CPUを搭載しており、
現行の中では低性能だが、俺の5年以上前のCPUでも
動画作製出来ているので、全然問題ない。
メモリも8GB、容量は安いモデルでも256と充分でしょ。


【値段】

高い、安い方のモデルでも14万円する。
為替相場もあるので仕方ないけど。


【バッテリー】

現行のMacBook Air11と同じ9時間。
旅行中のバッテリーはね、意外と短くても問題ない。
ネットがつながる場所ってのはだいたい電源もある。



【総評】

せっかくの軽量化の魅力が追加ケーブルで消されているという悲劇。
デザインは相変わらず素晴らしいと思う、色も三色ある。
個人的には食指がのびず。


かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
42位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。