スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ横断走行ルート詳細

走行ルート

走行ルートの詳細を記録していきます。

◯アメリカ横断走行ルート全体図

スクリーンショット(2012-04-19 0.06.49)

↑画像クリックで拡大されます。



◯出発時期、気温、風向き
2012年1月9日に出発しました。
ロサンゼルス近辺は冬でも暖かいけど、
キングマンから東は普通の装備じゃ冬場のキャンプは危険。

観光地のホテルなどは、冬場は満室にならないし、値段が少し安い。
この時期のアメリカの風向きに規則性は感じられない。


◯自転車ルート考察
ロサンゼルスやラスベガスから
「グランドキャニオン」や「モニュメントバレー」など
有名な観光地へ行くツアーがあるはずなので、
自転車を宿に預けて観光地を先に見学してしまうのもアリ。

絶景に自転車で到達したという感動はなくなるが、
余計なルートを通らなくて済むので。

ロサンゼルスの浜田さんが、ツアーの手配もしてくれる。

その他、参考にしたウェブサイトの項目も参照のこと。

※スマートフォンで閲覧するコツ



カリフォルニア 〜 アリゾナ
(ラスベガスはネバダ州)

カリフォルニア地図

カリフォルニア州 - Wikipedia


◯ロサンゼルス国際空港~浜田宿 マップ
太平洋に触れ、サンタモニカを経由して浜田宿へ。
なにも問題はない。浜田宿もグーグルマップで検索すれば表示される。
(空港脱出にちょっと苦労したのと、歩行者信号が日本と違うので最初だけとまどった)

あえて言えば浜田宿周辺はメキシコ人エリアであり、やや治安は悪そう。
浜田さんが言うには昔は注意が必要だったが、
今はこちらからちょっかい出さなければ問題なしとのこと。
真冬だったけど朝以外暖かい。



◯浜田宿~フォンタナ マップ
問題なし。まだまだ都市部なのでお店が充実している。



◯フォンタナ~ケイジョンジャンクション マップ
山越え。基本全部登りであり、途中で道がフリーウェイしかなくなる。
短い距離だし多分自転車走行も可能だと思うが、
俺はワキ道のスウォースアウト・キャニオン・ロードを歩いた。
上り坂の砂利道でかなり辛い。店はない。
ポツポツと民家があるので、まあ最悪の場合は助けを求められる。
このへんから街灯はなくなる。要ライト。
ジャンクションにはモーテルがある。



◯ケイジョンジャンクション~バーストー マップ
フリーウェイではなく、ヘスペリアエアポートへ至る舗装道路を行く。
最初の10kmは上り、あとは下り。
ヘスペリアから先は、ナショナル・トレイルズ・ハイウェイを走った。
若干の民家はあるが、道は真っ暗。途中でデカイ工場がある。



◯バーストー~ラスベガス マップ
バスで往復。自転車はモーテルに預けた。
ちなみにそのモーテルは24時間のドーナツ屋さんの近くにあるルート66というモーテル。
戦前とおぼしきデザインの錆び付いた車が停車(展示?)されている。
バーストーにはグレイハウンドバスの乗り場がある。
片道3000円or30ドル?だった。
染谷氏は自転車ありで乗車しているようなのだが、
バスに自転車を乗せるには箱が必要とのこと。
自転車を入れられる箱なんてないので、バーストーの宿に自転車を預けて往復した。
ちなみにAM3時ごろ発車の列車もある。
こちらにも自転車を乗せられるとのことだが多分箱が必要。値段はたしか70ドルくらい。
バーストーには自転車屋が一軒あったので一応箱の入手も可能か?

ちなみに多くの方がバーストー~ラスベガス間のモハベ砂漠をバスで飛ばしているので、
かなり危険地帯だと思って良い。
本気で自転車で行くなら、入念な現地調査が必要。暑すぎる季節も寒すぎる季節も危険。



◯バーストー~アンボーイ マップ
キョロちゃんの走行記録を参考にして走った。
かなり強い追い風で楽だった。
バーストーを少し出ると、米軍基地にぶつかる。
キョロちゃんは軍の車に乗せてもらったそうだが、
多分フリーウェイを走れと言われるはず。自転車走行可能。
5kmくらい先の出口でフリーウェイを降りよう。
有名なバグダットカフェから数10kmに渡って路面状況が悪い。
タイヤが細い人は注意が必要。
途中ラッドローにはガソスタ・コンビニがある。
キョロちゃんの走行記録によると、ラッドローにはモーテルがあるとのことだが、
俺は営業していると思われるモーテルを発見出来なかった。
キョロちゃんも満室で宿泊出来なかったとのことなので注意が必要。

さらにアンボーイのモーテルは廃業している。
モーテルに併設しているガソスタは営業しているが、品揃えはしょぼい。
一応水とカップメンはある。
このガソスタは夜の八時まで営業している。
ガソスタのおじさんに頼んで潰れたモーテルの部屋を開けてもらった。
家具はなんもなし。

冬場でもこのへんはまだ暖かかったので、寝袋があればまあ寝れる。



◯アンボーイ~ニードルズ マップ
かなりの難所。店は全くない。人の気配はしないが、わずかに民家はある。
しかも道は最後の10km以外上り道だと思っていい。
フリーウェイ40号は自転車走行可能。
バーストーからニードルズまでは難所、覚悟を決めた方が良い。



アリゾナ 〜 ニューメキシコ

アリゾナ地図

アリゾナ州 - Wikipedia


◯ニードルズ~オートマン マップ
メスキートクリークから東は上り道。
オートマンにはホテルが一軒ある。
親切なチャーリーおじさんが住んでいるのだが、かなり高齢なので期待しないように。



◯オートマン~キングマン マップ
最初の10kmはすごい上り道。その後は下り。
マッコニコのフリーウェイは自転車走行禁止らしい。
ゴールデンバレー方面に迂回し、山をひとつ越えるとキングマン。
地図をよく見ると、別に迂回しなくても行けたかもしれない。



◯キングマン~ピーチスプリングス マップ
緩い上り道。ピーチスプリングスのホテルは高い一泊100ドル。キャンプサイトもない。
この町はインディアンが多い。スーパーが一軒ある。



◯ピーチスプリング~セリグマン マップ
ピーチスプリングから20kmくらいに空港があり、モーテルもある。多分営業している。
ピーチスプリングのホテルは高いので、ここまで頑張るのもあり。
セリグマンはしょぼい町だが、安モーテルとキャンプサイトがある。



◯セリグマン~アッシュフォーク マップ
緩い上り道。他に道がないのでウィリアムズまでフリーウェイ40号を走る。
自転車走行可能の標識があった。
アッシュフォークもしょぼい町だが、安いモーテルが2件。お店、レストランもある。



◯アッシュフォーク~ウィリアムズ マップ
ウィリアムズは大型スーパーとかなりの数のモーテルがある。
一泊20ドル前後のキャンプサイトもある。
ここからグランドキャニオンへ向かう列車が発車している。
たしか80ドルくらいするらしい。



◯ウィリアムズ~グランドキャニオンビレッジ マップ
基本緩い上りのアップダウン。ウィリアムズを20kmほど進むと
ガソスタ兼キャンプサイト兼モーテルがある。値段もそれほど高くなかった気がする。
ウィリアムズを飛ばしてここに宿泊するのもアリか?
グランドキャニオン公園内に入るにはたしか一人12ドルかかる。
一週間は何度でも出入り可能。


◯グランドキャニオンビレッジ~キャメロン マップ
グランドキャニオンビレッジには安いキャンプサイトがあるとのこと。
冬場のブライトエンジェルホテルには70ドルの部屋がある。多分夏場は高い。
グランドキャニオンの5km手間のサタヤンにはモーテルがいっぱいある。
多分夏場はここのモーテルの方が安い。
グランドキャニオン東のデザートビューまではアップダウンの連続で辛い。
デザートビューにはしょぼいレストランとお店とキャンプ場がある。
キャンプ場は冬場は開いてない。
デザートビューを越えると下り。若干上りもある。
キャメロンは町とは言えない規模であるが、
冬場でたしか70ドルのホテル兼レストラン兼ガソスタがある。
ナバホエリアであり、酒が売ってない。ATMもないので途中のガソスタを使おう。



◯キャメロン~テューバシティ マップ
緩い上り。道がせまいから気をつけろ。
テューバシティはぼちぼち大きい町。50ドルのモーテルはある。



◯テューバシティ~カエンタ マップ
途中のトナリーにガソスタがある。
トナリーから30km先のT字路に民家が密集しているが、お店はなさそう。
カエンタから20km手前に約50ドルのモーテル(&レストラン)はある。
(グーグルマップに表示されない)
カエンタのホテルは高いのでここに宿泊するのもアリだと思うが、
繁盛しているようには見えないので、潰れてしまう可能性もある。
カエンタでは安いという冬場80ドルのホテルに宿泊した。
(ただし、安そうなモーテルもあった)
カエンタはそれなりの町。



◯カエンタ~モニュメントバレー マップ
大きな上りや下りはない。
モニュメントバレーにはホテルが2軒ある。
高い方のホテルは部屋から絶景が見れる。
冬場で100ドル。安い方は確か70ドルくらい。
ホテル併設のレストランはある。キャンプサイトも。



◯モニュメントバレー~フラッグスタッフ マップ
車で移動した。フラッグスタッフは大きな町。

ウィリアムズからフラッグスタッフの道は通っていないのでわからないが、
おそらくウィリアムズの方が高度が高いので、アップダウンの山道で
最終的には200~300mほど下るハズだ。(ウィリアムズの標高は2000m以上)
ちなみにキャメロンからフラッグスタッフの道も山越えが2つくらいある。
楽そうな道には見えなかった。



◯フラッグスタッフ~アルバカーキ マップ
列車で移動した。朝5時42分の列車に乗った。チケットは70ドル。
自転車を入れる箱を売っており、これが15ドル。自転車を乗せる代金として5ドル。
アルバカーキは大都市。
列車で移動したので、途中の町の詳細はわからない。すまん誰か情報を補完してくれ。
途中停車した町(たしかウィンズローとギャラップ)で高度を計った結果、
あまり変わらなかった。1800m前後。
グーグルマップでホテルを検索した限りでは、100km圏にホテルはある。


ニューメキシコ 〜 テキサス

ニューメキシコ地図

ニューメキシコ州 - Wikipedia


◯アルバカーキ~モリアーティ マップ
緩いアップダウン。途中補給出来る町もあるので余裕。



◯モリアーティ~サンタローザ マップ
120km区間。途中に宿泊施設はナシ。道は緩やかなアップダウン。
フリーウェイしか道はないが、もしかしたら自転車走行禁止の可能性もある。
途中のジャンクションの反対車線側にガソスタはいくつかある。
サンタローザは最初潰れた建物ばかりの町だが、
東へ進んでいくとモーテルが密集してる。マックもある。



◯サンタローザ~フォートサムナー マップ
サンタローザからトゥクムカリの町へ続くフリーウェイには、
自転車走行禁止の標識があったので南東のフォートサムナーへ。
道は緩やかなアップダウン。最後の10kmは下りがメイン。途中に店はない。
フォートサムナーはモーテル2軒規模の小さな町。



◯フォートサムナー~フライオナ マップ
道は全て平坦と言ってしまって良いと思う。
メルローズにしなびたコンビニ一軒。
クローヴィスにはモーテル多数。フライオアナにはモーテル一軒。



テキサス 〜 オクラホマ

テキサス地図

テキサス州 - Wikipedia


◯フライオナ~アマリロ マップ
道は引き続き平坦。キャニオンから北は若干上り。
アマリロは大きい町。



◯アマリロ~グルーム マップ
若干のアップダウンだが、気にするほどではない。
アマリロからはフリーウェイ40号を走ったのだが、自転車走行禁止の標識はない。
ただし自転車走行可能の標識もない。
フリーウェイのすぐ脇には下道もある。



◯グルーム~マクリーン マップ
若干のアップダウンが始まる。
マクリーンの町にはモーテル一軒。たしか45ドルくらい。
潰れていそうなRVパーク(キャンプサイト)もあった。
頼めばタダで宿泊可能か?



◯マクリーン~セイヤー マップ
アップダウン有り。
シャムロックにはモーテル多数。マック有り。
途中のエリックにはモーテル2軒。どちらも60ドル以上。
セイヤーのホテルも多分高い。市民公園があり、キャンプ可能。



オクラホマ 〜 ミズーリ

オクラホマ地図

オクラホマ州 - Wikipedia


◯セイヤー~エルクシティ マップ
道はアップダウン。
途中にビジターセンター兼モーテルの看板はあるが、
冬期休業中なのか開いてなかった。建物は新しいので普段はやってるかもしれない。
エルクシティのkings innのモーテルはクソ。
少なくてもここまでの旅で一番酷いモーテルだった。
空港の近くにもモーテル群はあるので、そちらへ行こう。



◯エルクシティ~ユーコン マップ
道は緩やかなアップダウン。
途中の町にはそれぞれモーテルやガソリンスタンドはある。
俺が走った日は追い風だったのだが、
途中に風車が大量に設置されている区間がある。
風車の設置方向から推測すると、
このへんは年中西からの風が吹いているエリアなのかも知れない。



◯ユーコン~アーケイディア湖 マップ
都市部であり、もちろん車が多い。
なぜかこの町あたりから道路の路肩がなくなるので気をつけよう。



◯アーケイディア湖~チャンドラー マップ
道は完全にアップダウンの繰り返し。路肩もない、キツい。
44号道路は有料道路のようなので、おそらく自転車は走行出来ないはず。
ルート66を走った。



◯チャンドラー~ブリストウ マップ
道は完全にアップダウン。ストラウドからドビュー間だけ路肩がある。
ドビューにはガソリンスタンド一軒。
グーグルマップには表示されないが、ブリストウにもモーテルが一軒ある。



◯ブリストウ~タルサ マップ
路肩が復活。都市部でありお店の心配はない。



◯タルサ~バイニータ マップ
最初の20kmくらいはかなり平坦。その後は多少アップダウンがある。
ところどころガソリンスタンドあり。
バイニータにはモーテルが4、5軒ある。マックもある



◯バイニータ~マイアミ マップ
道は平坦だが、緩やかなアップダウンもある。
途中の町のアフトンにはガソリンスタンド一軒。



◯マイアミ~カーシッジ マップ
道は基本的に平坦。
途中のバックスタースプリングスにはマック一軒。
マックの向かいにモーテルもある。
ここらへんからウォルマート(なんでも売ってる大型スーパー)が増えた。


ミズーリ 〜 イリノイ

ミズーリ地図

ミズーリ州 - Wikipedia

◯カーシッジ~レバノン マップ
ひたすら緩やかなアップダウン。追い風じゃないと結構きついと思う。
96号線には途中でレストランがあったくらいであとは牧場。
景色は良いが牧場臭い。
スペンサーの町でフリーウェイに乗ってしまった。
自転車走行禁止の看板はないが、走行許可の看板もない。



◯レバノン~ローラ マップ
久しぶりに山登りがあり、キツい坂が4カ所くらいある。
このルートは途中にガソリンスタンドが豊富にある。
ローラは比較的大きい町、一泊36ドルのモーテルがある。



◯ローラ~グレーサミット マップ
ふたたびアップダウン。
グレーサミットはガソリンスタンド一軒、モーテル2軒の町。
奥にあるモーテルの方が安い、確か47ドル。キャンプに適した公園もアリ。



◯グレーサミット~イーストセントルイス マップ
道はアップダウン。途中でパトカーに乗った。44号線は自転車走行禁止らしい。
本当に自転車だけでアメリカを横断したい人は下道を走ろう。
44号線のすぐワキに下道はあるので大丈夫だと思う。
多少遠回りになるし、44号線の方が走りやすいくらいだが。
イーストセントルイスはスラム街だ。気をつけよう。


イリノイ 〜 インディアナ

イリノイ地図

イリノイ州 - Wikipedia


◯イーストセントルイス~トロイ マップ
道はやや平坦。
イーストセントルイスからはフリーウェイ70号線ではなく、近くの下道を走った。
トロイはチェーン店のモーテルばっかり。個人経営の安いモーテルはない。



◯トロイ~グリーンビル マップ
道はやや平坦。
冬場じゃなければ景色は奇麗なはず。
グリーンビルはモーテル2軒規模の町だがマックはある。



◯グリーンビル~エフィングハム マップ
引き続き道は平坦。
エフィングハムはぼちぼち大きい町。



◯エフィングハム~グリーナップ マップ
最初の20kmくらいは平坦。あとは緩いアップダウン。
グリーナップにはモーテル2軒。どちらも安い。
サブウェイもある。



◯グリーナップ~テレホート マップ
緩いアップダウン。
インディアナ州境を示すような看板は何もない。



インディアナ 〜 オハイオ

インディアナ地図

インディアナ州 - Wikipedia


◯テレホート~インディアナポリス マップ
景色が奇麗、道は緩やかなアップダウン。
お店も豊富にある。
インディアナポリスに入ったばかりのモーテルには
近くに飲食店やコンビニがないので、少し街の奥まで行こう。



◯インディアナポリス~リッチモンド マップ
ほぼ平坦。リッチモンドまでモーテルはない。
小さい町を何度も通り抜ける。
あまりお店はないので、ガソスタを見つけたら補充しておこう。



◯リッチモンド~スプリングフィールド マップ
最初の40kmくらいは平坦。
エングルウッドを越えたあたりから上り道が増える。
スプリングフィールドのバックフリーク公園(湖)の
キャンプ場は冬場以外なら開いているはずだ。
この町は安いモーテルも多い。


オハイオ 〜 ペンシルバニア

オハイオ地図

オハイオ州 - Wikipedia


◯スプリングフィールド~バックアイレイク マップ
最初の20kmくらいは平坦、その後アップダウンあり。
バックアイレイクは南側のキャンプ場の方が良さそう。



◯バックアイレイク~ゼーンズビル マップ
すげーアップダウン。キツい。
ゼーンズビルまでまともなモーテルはない。
また、ゼーンズビルは何かの観光地らしく
モーテルが高いので走り抜けるのが吉。



◯ゼーンズビル~バーンズビル マップ
引き続きアップダウン。
オールドワシントンのあたりから
フリーウェイ70号線に乗ったのだが、
ここは自転車走行禁止。
東への直通の下道がないので南東の町を経由する必要がある。



◯バーンズビル~ホイーリング マップ
俺が通った道CoRd100は砂利道だが
マウンテンバイクでなくても走れる程度ではある。
道程全体はアップダウン。
ホイーリングもモーテルは高い。



◯ホイーリング~エルムグローブ マップ
2kmしか進んでいない。説明省略。



◯エルムグローブ~ベネチア マップ
ますますアップダウンがキツい。
途中の道にガソスタはあるが、他は特になにもなし。
ベネチアにモーテルはない。
フィンリービルから2km手前の公園が野宿に適している。



ペンシルバニア 〜 ニューヨーク

ペンシルバニア地図

ペンシルベニア州 - Wikipedia


◯ベネチア~グリーンズバーグ マップ
細くて激しいアップダウンの繰り返し。魔境。
途中のガストンヒルやエルラーマにだけガソスタあり。
ガストンヒルのガソスタは無料wifi使える。



◯グリーンズバーグ~ペドフォード マップ
リンカーンハイウェイを通っていよいよ山越え。
激しいアップダウンが続く。
ボズウェルで一度下りメインになるが、
その後すぐアップダウン再開。
インディアンレイクにはキャンプ場あり。
近くに商店がないので、水などは要持参。



◯ペドフォード~マッコネルズバーグ マップ
途中のブリーズウッドまではそれほどでもないが、
ブリーズウッドを越えると激しいアップダウン。
マッコネルズバーグにはモーテルが一軒しかないが、
一泊58ドルのクセに汚く、ダニにやられたので
この町は通り過ぎるが吉。



◯マッコネルズバーグ~シッペンスバーグ マップ
再びリンカーンハイウェイに戻って山を登る。
5kmほど登れば、あとは下りメイン。
アパラチア山脈は終了と言える。
チェンバーズバーグからは北東へ。
道は緩やかのアップダウン。



◯シッペンスバーグ~ハリスバーグ マップ
道は緩やかなアップダウン。
ハリスバーグは川を越えるとスラムというほどではないが
黒人エリアになるので少し注意。
ハリスバーグには安い個人経営のモーテルを見つけられなかった。



◯ハリスバーグ~レバノン マップ
大きなアップダウンはない。
店も多いので特に問題なし。



◯レバノン~ボイヤータウン マップ
結構アップダウンを繰り返す。
ただ、途中の町には施設が充実。



◯ボイヤータウン~ブランチバーグ マップ
最後の大きなアップダウン、下りの方がメイン。
このへんからすでにモーテルが高いし、あまりキャンプ場もない。



◯ブランチバーグ~ニューヨーク マップ
下りがメイン。最後30kmくらいから都市らしくなってくる。
俺はニューヨークのとなり、ホーボーケンという駅から
フェリーに乗ってニューヨークまでの川を越えた。
片道7ドル50セント。



ニューヨーク

ニューヨーク地図

ニューヨーク州 - Wikipedia


◯マンハッタン~JFK国際空港 マップ
エドクイッククイーンズボロ橋は自転車走行可能。
空港手前は黒人街になっており、若干怖い。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
63位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。