スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走るインディアン 旅行29日目

2012/2/6 アメリカ西部 ユタ州 モニュメントバレー~フラッグスタッフ(アリゾナ州)
クリックで地図


生きてるけど、ブログはまた今度書きます。


2012/2/7


IMG_3980.jpg





IMG_3982.jpg

IMG_3987.jpg



前日の夜、モニュメントバレーのホテルで今後のルートについて調べていた。

どうやら、モニュメントバレーから北や東や南東のどのルートを走っても、
自転車で走行可能な範囲にホテルがなさそうなのだ。


モニュメントバレーを出発しても、
2日目以降はまともな値段のホテルが100km以上離れている。

しかもモニュメントバレーから東は山脈地帯のようなので、
走行可能な距離を短めに見積もらなくてはならない。


この日の夜も雪がしんしんと降り続いているので、
とてもテント生活をする勇気がない。


と言うことで、車を捕まえてフラッグスタッフの町まで行くことにした。



スクリーンショット(2012-02-07 14.16.46)




フラッグスタッフから今度は列車に乗って、アルバカーキまで行こうと思う。



スクリーンショット(2012-02-07 14.19.23)



朝からホテルの駐車場で、
自転車を乗せることが出来そうな車の運転手に相談していくが、
つれない返事ばかり。

やはり小型トラックの運転手は地元民かホテル関係者ばかりだ。


仕方がないので、金を積むことにした。


地元民と思われるインディアンのドライバーに、
100ドルでフラッグスタッフまで運んでくれと頼んでみると、
今度は真面目に考え始める。


お互いに値段を交渉した結果、150ドルとなってしまったが、
フラッグスタッフまで運んでくれる約束を取り付けた。


150ドルは痛いが、相手からすれば往復7時間運転してガソリン代もかかる。
自転車でフラッグスタッフまで行ったら3日はかかるので、
宿泊費等を考えると150ドルの方が安いかもしれない。


俺と自転車を乗せた車は、午前11時ごろモニュメントバレーを出発。

インディアンのおっさんが運転する車は時速100km以上のスピードで、
前の車をぶち抜いてかっ飛ばし、3時間ちょっとでフラッグスタッフの町についた。



IMG_3994.jpg




こんな田舎道にはパトカーなど全く走っていない。
自分の好きなだけスピードを出していいのだ。
(もう2週間くらい警官やパトカーを見ていない)


フラッグスタッフに着いてからは、駅で列車の発車時刻を確認。
次の列車は明日の朝6時出発とのこと。

アルバカーキまでは73ドルで、自転車を乗せるには+20ドル。


金の使いすぎに怖くなってくるが、
この地域は標高が高くてかなり寒いので
野宿は出来ない。

36ドルのモーテルを探し出してチェックインした。


この日はまだ時間があったので、フラッグスタッフの町を見学。

フラッグスタッフは結構大きな町だ。



格闘技の道場があったので覗いてみる。



IMG_3997.jpg



壁にはアメリカと韓国の国旗がある。
どうやらテコンドーの道場のようだ。


そのわりに指導員にも生徒にもアジア系の人は見当たらない。


ぼーっと見学していたら、
ジョシュ・バーネットみたいな指導員に声をかけられた。


josh.jpg



ジョシュ「君は日本人か! つまり空手マンということだね!」

なんだか目が輝きだした。


俺は「柔道しかやったことありませんけど」と答えたのだが、
ジョシュは空手の型を見せてくれとか言い始める。


適当に空手っぽい動きで騙せそうな気もしたが、
調子に乗ると今度はスパーリングしようとか言い出しそうな雰囲気だったので、
謝って逃げた。


危ない危ない。



virtual trip 空撮 モニュメントバレー U.S.A. [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2009-09-02)
売り上げランキング: 103823





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

書きたい時が吉日
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
47位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。