スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドキャニオンへの道 旅行22日目

2012/1/30 アメリカ西部 アリゾナ州 ウィリアムズ~グランドキャニオン
クリックで地図


夜明け前の朝3時ごろに目が覚める。

テントの中は寒いので頻尿になるのだ。


オシッコを済ませて寝袋の中に潜り込むが、やっぱり寒い。

気温を調べてみると、マイナス5度。
ウィリアムズの町は標高が2000m以上あるから
東京より寒かった。


なんで俺はこんなバカなことをしてるんだろうと思いながら、
暖房のある部屋へ寝袋をもって行き朝を待った。


とりあえず、今回のキャンプテストで一応野外でもテントを張れば
眠れるということが解ったのだが、この時期、この場所で、この装備だと危険だ。

異常な寒波がきたら死ぬ。



キャンプグッズを日本に送り返し、
暖かくなったらまた送ってもらおうかなとか思ったけど
一応非常時には使えるので、重いけど持って行く。

キャンプは万が一の時だけにしておき、
基本的にはモーテルに宿泊しようと思う。



さて、今日はいよいよグランドキャニオンを目指す。


スクリーンショット(2012-01-30 21.25.07)


北へ80kmほど走るのだが、
幸いなことに微風だが追い風が吹いていた。

昨日までは北風だったので、
ウィリアムズに宿泊したのは無駄じゃなかったのだ。


道は延々とアップダウンを繰り返しながら進む。


IMG_3821.jpg



微風でも追い風だと何かもうヤル気が違う。

大自然に応援されているような気がする。



道すがらマクドナルドの看板を発見。
グランドキャニオンにもマックがあるようだ、


IMG_3820.jpg


道はアップダウンを繰り返しながらも、
徐々に高度が上がっていき
森林地帯に突入した。


IMG_3824.jpg


俺が勝手に抱いていたグランドキャニオンのイメージとしては、
あまりにも広大で10km先からでも存在が確認出来るのかと思っていたのだが、
どれだけ進んでもグランドキャニオンらしい光景が見えてこない。


なんだか不安になりながらも
グランドキャニオンから5km手前のタサヤンという町に到着。


グランドキャニオン国立公園内にもホテルはあるのだが、
観光地なので少し手前のこの町のホテルの方が値段が安いだろうと判断し
ホテル選びを開始。


看板通りマクドナルドがあったのでコーヒーを注文し、
おばさんの店員に一番安いホテルを聞いてみると
セブンマイルホテルが一番安いとのことなので早速行ってみると
ホテルは閉まっていた。冬期休業中らしい。


あのババアと愚痴りつつ隣のホテルに行って
値段を聞いてみると、一泊80ドル。


俺にとっては高いが、雪が大量に残ってるような状況では危険なのでキャンプは出来ない。
観光地なのでこんなもんかなと判断し、午後5時ごろ本日のホテルにチェックイン。


カメラ以外の荷物をホテルの部屋に置いて、
夕日に沈むグランドキャニオンを撮影しようと
5km先のグランドキャニオンへ出発した。


軽くなった自転車なら5kmなんてすぐに着いちゃうだろうと判断したのが
間違いのもとだった。

いくらカメラ以外の荷物を外して軽くなった自転車とはいえ、
一度ホテルにチェックインして気持ちが緩んでおり、
道は延々と上り坂。しんどすぎる。


早くしないと真っ暗になってしまう。

今日はもう引き返そうかと思ったが、
ここまで来たらグランドキャニオンにたどり着かないと納得いかないので
必死こいて森の中を進んでいく。


グランドキャニオンはこの旅の一つの節目だし
辛いけど、夕日が沈むグランドキャニオンの美しさで
疲れが吹き飛ぶだろうと期待していた。



日没寸前、やっと森を抜けてグランドキャニオンにたどりついたのだが、
たどりついたグランドキャニオンは東側で夕日とは正反対。

すごいけどただ薄暗いだけの光景で、なんだか納得がいかない。


IMG_3829.jpg
(これでもカメラの感度を上げているのでかなり明るく撮れています)



今からグランドキャニオンの西側に行こうにも
そのころには真っ暗になってしまうハズ。


泣く泣く明日に期待して引き返すハメに。


ホテルに帰る前にレストランに立ち寄り、
パスタを食ってヤケ酒でビールをかなり飲んだ。
(アメリカのパスタまじい、のびてる)







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

冬に行く場所じゃねーな
写真期待してるよ♪
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
47位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。