スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾う神あり 旅行15日目

2012/1/24 アメリカ西部 アリゾナ州 ニードルズ~オートマン
クリックで地図


Hey Charlie!
Did you read e-mail?





昨日はニードルズのモーテルに宿泊したが、
次の目的地はキングマンという町である。


スクリーンショット(2012-01-24 21.31.58)



このぐらいの距離なら一日で走れるかもなと考えたが、
疲れが溜まってきているので、ホテルがあるという情報を元に
途中のオートマンという町を目指して朝11時ごろ出発した。


この日は曇りで、天気予報を確認すると雨の可能性もあるという。


IMG_3737.jpg
(昨日はこの山を越えてきました)

IMG_3738.jpg
(今日はこの山を越えます) ※キチガイですね



途中のガソリンスタンドに併設されているampmでホットドックを購入し、
朝メシとも昼メシとも言えない食事を済ませる。


IMG_0251.jpg
(2個で2ドル! 味もボチボチなので今後活用していこうと思う)


最初の10kmは平地だったが、この日もまた上りが始まる。

俺は緩やかな上り坂でも自転車を漕ぐほどの体力がないので、
ほとんど自転車を押して歩いている。
(太り過ぎか?)


最近上りばかりで、自転車を漕いでいる時間より歩いている時間の方が長い。

どこが自転車旅行だと愚痴りながら進んで行った。


上りの荒野を歩いていると、遠くから「パン!」という乾いた音が聞こえる。
いや~な予感がしながら進んでいくと、
今度はハッキリと「パン!パン!チュイーン!」という銃声が複数回聞こえてきた。


遠くから聞こえる銃声は鳴り止まなかったが、スクールバスも通る道なので、
問題ないだろうと判断してそれでも進んでいく。


多分荒野のどこかで銃の試し撃ちをしていると思われる。

銃声が聞こえる方角を探しても人は見当たらなかった。
かなり道から遠くで撃ちまくっている。

途中で「ボシュー!」という発射音も聞こえてきた。
(何を撃ったんだよ!)


ゴルゴ13でも最大射程は2kmなのでまあ大丈夫であろうと自分に言い聞かせ、
ひたすら上りの道を歩いていく。


4024815755_3fc6056785.jpg




疲れているから今日の目的地はオートマンでいいやという判断は大甘で、
結局3時を過ぎてもまだオートマンには到着せず、小雨まで降ってきた。



4時ごろにオートマンまであと2kmという所まできた時、
俺を追い越した白いトラックが目の前で停車する。


すると羊達の沈黙でおなじみのアンソニー・ホプキンスに似た白人のおじいさんが
トラックから降りてきた。

「君は日本人かね?」と聞いてきたので、「そうです」と答えると

おじいさんは突然おじぎをして、
「ワタシワ チャーリー デス」と日本語で自己紹介された。

約10日ぶりに聞いた日本語だった。


チャーリーは「さあ、このトラックに自転車と荷物を乗せるんだ」と誘ってくれたので、
俺はトラックに自転車と荷物を乗せて、助手席に座る。


道すがらどこに行くのかと聞いたら(どこに行くかもわからずに乗るなよ!)
チャーリーは「オートマンまでだよ、ビールを飲みにいこう!」と言ってくれた。

なぜ日本語で自己紹介出来たのか聞いてみると、
昔、北海道の千歳に居たことがあるそうだ。


チャーリーは「私は日本人が好きでね、君を誘ってみたんだよ」とのこと。


トラックはオートマンの町に入ると、ロバが出迎えてくれた。


IMG_0252.jpg



オートマンはまるで西部劇のような家が立ち並ぶ町。



IMG_3748.jpg

IMG_3747.jpg



チャーリーと酒場でビールを一杯ひっかけた後、
今夜は私の家に泊まりなさいと誘ってくれたので、お言葉に甘えることに。


チャーリーの家で夕食をごちそうになり、
写真を撮ったりお互いの写真を見せ合ったりして、二人で大笑い。

家にはパソコンがあり、チャーリーは80歳にしてデジタルなおじいちゃんだった。



IMG_3749.jpg

(俺のブログを確認している)



チャーリーの見せてくれた写真によると、
彼は元軍人で現在保安官らしい。


家の中には弾の入っていない古いタイプの銃もあった。


IMG_3753.jpg
(ホンモノの銃で遊ぶ80歳)



寝床に入りながら
もしかしてチャーリーが今日の通り道で銃をぶっ放してたんじゃないかと考えていたら、
いつの間にか眠っていた。



オフィシャル・ブックTHEゴルゴ学
ビッグコミック特別編集プロジェクト
小学館
売り上げランキング: 106417



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
548位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
55位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。