スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車旅行のカメラ選びについて

2013/10/3

旅行中のカメラについてはね、
結構悩んでいるんですよ。

今回のヨーロッパ横断については、
メインのカメラとして、

CANON kiss x4




を使っていました。1800万画素。

レンズはダブルズームキットで買った時についていた
ズームレンズと、別で買ったTAMRONの超広角ズームレンズの2つ。
通常のレンズは使いどころがわからなかったので自宅待機でした。

kissのx4は3年くらい前の商品なので、
ダブルズームキットでも5万円くらい。

広角レンズは4万円くらいのお値段。

一眼では景色ばっかり撮影していたので、
広角のレンズしか使ってませんでした。

ロングのレンズは一回くらいしか使ってません、
付け替えが面倒くさくて。



サブのカメラとしては、

iPod touch 第5世代

Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A  <第5世代>
アップル (2012-10-09)
売り上げランキング: 1,630



を使っていました。500万画素。


大きな不満はないと言えばないんだけど、
正直言って、一眼レフいらないかもなぁとは思っていました。

とにかくデカくて重いんですよ。

自転車旅行って荷物の軽量化は重要なので、
ちょっとそこが気になっていました。

そりゃあ写真にこだわっているなら、
一眼レフじゃないと話にならんって意見もあるんだろうけど、
俺はそこまで写真にこだわっている訳じゃあないから、
ちょっと取り回しずらかったですね。


旅行の目的として

「写真を取りにいく」のなら、

俺だって画質的に一眼レフで決まりでしょうけども、

「自転車で旅行する」ってのがメインな訳でして、

ちょっとデカすぎでしたね。




◯ブログの写真掲載について

実は旅行中はほとんど一眼レフ使っていなくて、
サブ機として用意したipodばかり使っていました。

ブログの写真もほとんどipodです。

景色なんかだと、一眼レフでしたが、
使用頻度で比べると1対9くらいの割合でipodでした。


ぶっちゃけ、ブログに写真を掲載する時は、
写真データのサイズを小さくするので、
そこまで画質にこだわらなくても問題ない気がします。
500万画素でもそれなりに撮れます。

試しに、幅450ピクセルの写真を掲載してみます。
全く同じ構図ではありませんが、スペインで撮った写真です。
どこまで差を感じるでしょうか?


◯一眼レフ(1800万画素)
一眼レフで撮影スペイン



◯ipod(500万画素)
ipodで撮影スペイン


色味なんかを見ると明らかに一眼レフの方が良いんですが、
これは夏場でかなり直射日光が強かった時なので、
ipodの方は全体的に少し白くなってしまっています。
適切な光量であれば、ipodの写真にも白みはでません。


個人的には、超小型カメラでもあるipodの方が、
自転車漕ぎながら写真とったり、
ちょっと撮影したい時なんかに気軽に取り出せるので
便利でした。

先代のipod touch第4世代だと、カメラ画素数が70万画素で
フラッシュもなく、さすがにそこまで画素数が低いと、
ちょっと問題ありって感じでしたが、
第5世代の500万画素は、写真にこだわらない人ならば
満足させてしまう性能があります。



◯スマートフォンのカメラについて


スマフォのカメラは、驚異的に性能が上がっていて、
すでにコンパクトカメラの領域を浸食していると言われています。

画素数で言えば1000万画素を超えるスマフォも
珍しくなくなっています。

もちろんレンズの大きさからして一眼レフとは
比べ物にならないくらい小さいですし、
画質は画素数だけではありません。

受光部のセンサーサイズの方が重要で、
むしろ小さいレンズに高すぎる画素数は
写真を暗くする傾向があります。

とは言っても、
どこまでこだわるかの線引きが俺にとって難しい。

スマフォでもある程度の写真が撮れてしまうため、
写真にこだわらない人なら一眼レフさえも浸食するほど、
スマフォのカメラは性能が上がっていると思います。

もちろん、あまり詳しくない自分が見ても、
一眼レフの画質の方が良いとわかるくらい、
性能に差は今だに(永遠に?)あるんですが、
一眼レフのデカさや重さのデメリットを考えると、
旅行用途ではどちらに軍配を挙げて良いのか
わからなくなってきています。



19_m.jpg
最近ではスマフォに取り付けるレンズも発表されています



以前は、一眼レフってデカいから、
小型版のミラーレス一眼に気持ちが移っていたんだけども、
やはりそれでもかなり大きいので、
結局サブ機であるはずのスマフォのカメラを使っちゃうんだろうなと、
そんな気がしてます。

自分撮りについても、
インカメラのあるスマートフォンやipodの方が明らかに使いやすく、
ちょっと一眼レフの立場が微妙になってきました。

ただし、スマフォのカメラだと、原理的に背景をボカす写真は撮れないはず。
(アプリで画像処理すれば話は別だが)


背景ぼかしイメージ


とはいっても、自転車で旅行中に、
オシャレな写真を撮るための気力も体力も、
自分にはなかったわけですが…



◯自分撮りについて


今回のヨーロッパ横断については、
自分撮りの写真が増えています。

もちろんipodのインカメラを使ったりしたんですが、
三脚の使用も大きかったです。

アメリカの時は三脚がなかったので、
自分の映っている写真は本当に少なかったのですが、
三脚を用意してからは、ちょっと撮影する気になった時に、
走行中の自分を撮影したり出来て、
終わってみればとても良かったです。


スクリーンショット(2013-10-04 0.41.29)


ブログに掲載する写真については、
どうしても撮影者である自分が被写体になった
写真は少なくなるんですけど、
旅ブログの読者として考えると、
主人公であるブログ主の写真が少ないのは
ちょっと不満があります。

俺が思うに、旅ブログはドラマでもあるわけですから、
辛い時の辛い表情、嬉しい時の嬉しい表情を載せた方が、
見てる分には面白いです。

もしテレビ番組だったら、
レポーターの表情がない旅番組なんて
ちょっと考えにくいですよね。


もちろん俺はブログで顔も名前も出してますから、
そのへんは気にしてないんですけど、
facebook全盛ですから顔写真の掲載を嫌がるのも、
ちょっとよくわからん時代になってきています。

どうせアクセス数も少ないんでね、
こんな毒舌はいてるブログでも、
炎上なんてそうしないから、
顔も名前もどうぞご自由にって気分ですよ。




◯三脚について

持っていった三脚については、
別途解説しているページも作っています。
興味ある方は下記をクリックしてください。

HAKUBA 4段三脚 W-312

実際に使っている画像としては、
下記となっています。

IMG_5815.jpg

IMG_5816.jpg


自分撮りについては、
タイマーで撮影するのではなく、
動画として撮影し、良い場面で動画を停止し、
それを画面キャプチャーし、写真として掲載していました。

この方が一瞬の良い表情なんかも撮影しやすくて良いんですね、
タイマーの緊張感もありません。
画質はちょっと落ちますが、
私はさほど画質にこだわりません。


写真と同時に動画も撮れるので、
のちほど動画を作成するのにも役立ちます。




◯今日のまとめ
画質にこだわらないなら、スマフォだけでいいよ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
42位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。