スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ 自転車旅行の英会話

ヨーロッパ英会話イメージ


◯概要
旅行中によく使う英会話については、
アメリカでの英会話について参照されたし。

ヨーロッパ各国で、英語は非常に良く通じる。
あらためて、世界標準言語のチカラを思いしらされた。

フランス人はフランス語しか喋らないなんて言うけども、
全くもってそんなことはない。
英語の喋れない日本人がそんなこと言ったら、
フランス人は怒ると思う。
母国語に誇りを持っているだけで、
それ自体は素晴らしいことだ。
経済的に弱い国は、出稼ぎの必要が増すので、
英語を覚えなきゃやってられない国も多い。
フランスやイタリアあたりの大国は自国内だけでも
ある程度なんとかなるのでプライドも生まれるのだろう。

もちろん、欧州の人は母国語もアルファベットなので、
日本人よりも英語は覚えやすいのだろうけども、
二カ国語や三か国語を喋れる人は当たり前に存在する。

街中で道を聞く時に「英語喋れますか?」と聞けば、
だいたいの人は「ア リトルビッチ(少しは)」と答えるはずだ。
自信がなくて「ノー」と答える人でも、
はっきり言って俺より喋れる。平均的日本人よりははるかに喋れる。

日本人なら中国語の看板の意味がわかるように、
ヨーロッパの人も英語の意味がなんとなくわかるのではないだろうか。



◯世代別の英語浸透度
英語が喋れる人は世代別にハッキリとした差がある。
簡単にいうと、ご老人は喋らない。
代わりにかなり若い世代(小学生)でもそれなりの英語は喋れる。
明らかに英語教育の賜物であり、教育の重要さを感じる。
40代か50代を境にして、英語人口に差が出る。
そうすると10年後には英語話者がもっと増えているはずだ。
日本も英語教育を頑張らないとね。



◯英語が通じやすい国とエリア
基本的にはどの国でも観光地は英語が通じる。

観光地 > 都市部 > 田舎  の順で話者が多い。

体感で申し訳ないが、国別でランキングを作ると下記となる。


フランス
クロアチア
イタリア
スペイン
ポルトガル
モンテネグロ
ギリシャ
アルバニア
トルコ


ランキングは作ってみたけれども、
基本的にそれほど差はない。
どの国もある程度通じる。
世代差の方が大きい。

自分が走ったルートで言えば、
スペイン内陸部でほとんど英語が通じなかった。
観光地でもない田舎なのでしょうがないけども、
ホテル従業員まで全く喋ろうとしないってのは
さすがにどうかと思う。
おかげでスペイン語だけは多少覚えた。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

> 英語の喋れない日本人がそんなこと
> 言ったら、 フランス人は怒ると
> 思う。 母国語に誇りを持っている
> だけで、 それ自体は素晴らしい
> ことだ。

正にその通りですね。
必要に迫られて覚える外国語と、覚えなければならない本当の意味も分からずただ勉強させられる外国語では、全く価値が違いますね。
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
39位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。