スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れ 旅行122日目

2013/9/23 トルコ イスタンブール → 日本
クリックで地図

今日はついに日本へ帰国する。

午後5時発の飛行機なので、
朝から帰国準備を進めていた。

しばらく出番のなかったゆっくり人形。


IMG_2390.jpg


カバンの中に押し込まれていたので、
髪にパーマがかかっている、グレたのかな。

自転車を梱包する段ボールについては、
昨日準備していたのだが、ホステルの横に立てかけておいたら、
誰かに持っていかれてしまった。

金澤くんと一緒に、もう一度近くの自転車屋さんに行って、
段ボールをゲット(10リラも払わされた)。


IMG_2393.jpg


最後に、ホステルの滞在費をクレジットカードで払おうとしたら、
またもやクレカが使えなくなっていた。

段ボールを手に入れる途中でスーパーに立ち寄ったんだが、
その時は使えたので、全くもって原因不明である。

手持ちの現金を全部払っても、
まだ、2000円以上足りないので、
なんとも情けないことに、金澤くんに借りることにした。

最悪や、俺は最悪の男や。
(いや、借りた分は振り込むけどね)

本当にすみません…。

今度は日本での再会を約束して、
ホステルを出発。


IMG_2395.jpg


しかしまあ、クレカが使えない以上、
完全に無一文である。

綺麗なカラダと綺麗なサイフで帰国することになってしまったわ。


空港へ行くまでの10kmちょっとのサイクリングがすごい楽しかった。
体力や気力も回復していたしね。

四ヶ月前、ポルトガルの空港を出た時の気分に似ている。

終わりの実感がなかったけど、
いよいよ終わりなんだなという気持ちになった。


段ボールが飛行機の羽みたい。


IMG_2396.jpg


これから飛行機に乗るっていうか、
飛行機になるって感じだな。


そして空港に着いた時、
ヨーロッパ最後にして最大の別れが訪れた。


IMG_2397.jpg


俺の自転車、スタープラチナ・ザ・ワールドである。


自転車ザワールド


自転車を段ボールに入れて梱包し、
制限重量の30kg以下にすることは成功したんだけど、
トルコ航空というか、ヨーロッパの航空会社の場合、
自転車を預けるには追加で30ユーロが必要になるらしい。


IMG_2400.jpg


現金では30ユーロどころか1文無しである。

一縷の望みをかけてクレジットカードを試してみたが、
やはり使えない。

搭乗時間が迫ってきた。

今まで何が起きても、結局何とかしてきたつもりだが、
今度ばかりは解決策が思い浮かばない。

残念だが自転車を放棄するしかないようだ。

たった30ユーロ、約4000円が払えないばかりに、
アメリカとヨーロッパの約1万kmを走破した相棒と
別れることになってしまった。

それもあまりに突然の別れだ。

せめてもう少し現金を持っていれば、
いや、イスタンブール滞在中にもう少し節制していれば、
こんな悲劇は防げたのに。


思えばヨーロッパにきてから、
予期しないアクシデントが立て続けに起きていたが、
最後に最大のアクシデントが起きた。


失意の中、帰国便に搭乗し、
成田空港へ向かっている。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

後半から、どんどんドラマチックになって来たなぁなんて思ってたけど、こんな最後が待ってるなんて、ただただやるせない。

No title

単に、計画性のない男。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

マジっすか?!
明日は我が身と思って僕も気をつけて旅を進めていきたいと思います。

昨夜マニラ入りして、明日から走ろうと思うんですが、、、雨ばっかですわココ。

島巡りしてマニラまで帰ってきて、また飛行機でマレーシア行くんでダンボールは宿に預けるんですね。

けどこんだけ雨ならもう、、すぐにマレーシア飛んじゃおうかな、なんて緩い考えが頭に浮かびました。

No title

なにしにヨーロッパいったんだい?
なんか得るものあったのかい?
少しは成長したのかい?
読んでる方はただただいらつくブログです
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
558位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
53位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。