スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クソ野郎のイスタンブール観光 旅行119日目

2013/9/20 トルコ イスタンブール
クリックで地図

今日はね、さすがにイスタンブールを観光したいと思っています。

イスタンブールに到着して観光に出るまで一週間も寝ていたというくらいに、
俺は観光に興味がないんだけど、
それぐらい観光に興味のない男が、いざ観光に出ると、
どれぐらい悲惨なことになるのか、まあじっくり見といてください。


まずね、天気はしっかりと曇天なんですね。
日本では台風が来ていたそうですけども。


IMG_6107.jpg


そしてクツをなくすという、ありえないアクシデントによって、
サンダルで出かけたんですね。


IMG_6106.jpg


泊まっているホステルの部屋変えが2回あって、
その時にクツがどっかにいってしまいました。


さて、ヒトクチにイスタンブールを観光すると言っても、
イスタンブールは欧州の中でも最大規模の大都市。

下記の地図がイスタンブールなわけですが、


スクリーンショット(2013-09-20 18.58.47)


ヨーロッパ側で、
下記の赤く囲んだあたりを観光しようと思っています。


スクリーンショット(2013-09-20 18.58.47) のコピー


この場所は、コンスタンティノープルと呼ばれる歴史地区でね、
まあ乱暴な言い方をすると、
ここ以外は住宅地だったりビル街だったりします。

この歴史地区は安いホテル街があって、観光資源もありと、
旅行者が集まってくる場所なんでしょうね、
多分ね、よくしらないけど。


さて、ほとんど何も調べていないので、
何がなんやらわかりませんが、
赤いモスクが見えてきました。


IMG_6112.jpg


モスクですよ、モスク、イスラム教のお寺で教会みたいなとこですね。
さすがにこのモスクは観光用って感じなので、
現地の人はお祈りとかはしてないですけどね。

定時になると、

「アッラ〜〜!!」

というコーラン(お経)がモスクから放送されます。


そしてこの写真は、


IMG_6113.jpg


国立考古学博物館の入り口だと思われますね。

入館料が必要なので、博物館には入っていません。
本当にくそ野郎ですね、興味がないんですね。
なんで海外旅行してるんですかね。

俺的には門番の警察官が持っているマシンガンが気になりますね。


IMG_6114.jpg


軍隊じゃなくて観光地の警察官にマシンガンが必要なんですかね?
まあ色々テロの心配とかもあるんでしょうね。
すでに隣のフードの男とか怪しいですからね、
遠隔操作で爆弾を操作しそうな雰囲気だよね。


この街には猫ちゃんがたくさんいるんですね、


IMG_6118.jpg

IMG_6135.jpg

IMG_6159.jpg


もっと正面から撮影しないと良い写真にはならないんですけど、
それもまあ、どうでも良いっちゃどうでも良い気分なんですね。


そしてこれが考古学博物館の二つ目の門ですね。


IMG_6121.jpg


ここから先が有料なんですね。


壁の文字にアラビア語?っぽいのが見受けられますね、


IMG_6122.jpg


このへんは歴史的に色んな文化に支配されたりしたんでしょうね。
興味もなければ調べてもいないので、全部推測なんですけどね。


さあドンドン無計画に進みましょう。


IMG_6123.jpg


観光地なので、屋台を発見です。


IMG_6124.jpg


これは焼きトウモトコシ。
食ってませんが、一本1.5トルコリラ。
2013年9月現在の相場では日本円で80円くらいですね。

トルコというかイスタンブールの物価は日本と同じくらい。
最大都市のイスタンブールが日本と同じくらいなので、
トルコ全体で言えば、日本よりちょい安くらいですね。

こっちの屋台はパンですね。


IMG_6125.jpg


リング状でゴマのついたパンを売っています。

現地の人は朝食で食べているようですね。
食ったことありますけど、まあまあ美味いです。
ゴマふりゃあ、なんだって結構美味いですけどね。


路面電車を横目に進んでいくと、


IMG_6126.jpg


早くも歴史地区終了の気配です。


IMG_6127.jpg

IMG_6137.jpg


いやーもうなんの感想もないって言うか、ははっ。

ケバブ屋を見つけたんで、メシでも食いましょうかね。


IMG_6145.jpg


日本でもおなじみって訳じゃあないですけど、
このケバブ用の肉の塊を見たことある人は多いんではないでしょうか?

肉の切れ端が塊になっていて、暖められています。

長刀でそぎ落として、パンとかクレープ生地みたいなのに、
野菜と一緒に挟んで食べるんですね。

時々、店の親父が観光客を品定めするように、
店先で長刀を研いでいる時があるんですけど、
迫力のあるアラブ系の人だと非常に怖い光景ですね。

「この肉…、なんの肉だろう?」って思ったりは、
さすがにしないですけど。

タイガージェットシンのような気配がします。


タイガージェットシン


肉が選べる場合は、チキンと牛肉があるんですけど、
今回はチキンを選びました。(ブタはイスラム圏なのでない)


IMG_6143.jpg


雰囲気は完全にファーストフード。


IMG_6144.jpg


味はまあ、原材料が同じなのでファーストフードの味がします。
ジャンクフードも好きなんで、ちょくちょく食べます。

肉を暖めている段階で、油が抜けているせいか、
ハンバーガーより淡白な味ですね、美味いです。

イスタンブールにはマクドナルドがあるんですけど、
イタリアからイスタンブールまで
1度もマクドナルドを発見出来ませんでした。

特に東ヨーロッパでは、
マクドナルドよりもケバブ屋さんの方が優勢のようです。

ちなみにケバブっていうのは「肉」のことらしくて、
今回食ったのは、厳密にはケバブサンドですね。


腹もふくれたんで、
またボチボチ進んでみましょう、無計画に。


IMG_6147.jpg


無計画に歩いているんですけど、
グランドバザールという場所に着きました。


IMG_6155.jpg


歴史のある屋内市場って感じですけど、
特に何があるって訳でもないんですね。
(やる気なさすぎだろ笑)


IMG_6154.jpg

IMG_6156.jpg


アクセサリーや香辛料やお菓子が売ってます。

トルコのお菓子は、けっこう美味いですよ。
あまり知られてないですけど、トルコ料理は世界三大美食らしいですね。

俺は日本人なんで、やっぱり日本料理が一番好きだけど、
フランス料理、中華料理、トルコ料理の中から選ぶとしたら、
ぶっちぎりで中華料理が世界最高だと思いますね。

世界中に中華料理屋があることを考えても、
間違いじゃないと思うんだけど。

まあ日本と中国は漢字文化圏なんで、
あまり客観的に判定は出来ないかもしれない。


よし、もういいや、宿に帰ろう。
帰ってネットしよう。


IMG_6162.jpg


と、思っていたら、今日の目的地
ブルーモスクに着いたわけですね。


IMG_6167.jpg


帰り道で迷ったら、自然と着いていましたね。

なんかモスクの中に入るのに、
お金かかりそうな気配だったんで、
やっぱり入らないんですね。

そのへんにモスク内の写真が展示されてたんで、
それの写真撮ってきました。
(テキトーすぎるだろ笑)


IMG_6173.jpg


もうかなり帰りたい気分です。
はやくまとめブログ読みたい。


IMG_6174.jpg


ほんでモスク出たら、モスクのウラに蛇口が並んでいた。

お清めの意味があると思われる。


IMG_6175.jpg

IMG_6177.jpg


イスラム教のお祈りの仕方についてなんだけど、
まあそんなこと、俺が説明する必要もないくらいに一般教養だからね、
わざわざ書いたら皆さんをバカにしているようで…

いや、俺のブログ読んでるような読者様は、
【いやーん】の可能性もあるので、
イスラム教のお祈りの仕方も説明しておこう。

俺は昨日ウィキペディアで調べたんだぜ!


まあ、だいたいこんな感じでね、
モスクの壁に向かって祈るんですね。


IMG_6157.jpg
(なんちゅう露出の酷い写真だ笑)

※いくら観光地と言ってもお祈り中の人を正面から撮影したら
 悪いなと思ってね。


イスラム教は偶像崇拝が禁止だから、壁や聖地に向かって祈るのかな?







スクリーンショット(2013-09-20 21.25.09)

「偶像崇拝ってなんですか?」




池上あきら

「いい質問ですねぇ!」

「まずは肖像権から説明しましょう!」

「許可なく芸能人の画像等を使用してはいけないんですね。
 似顔絵ならセーフなんですけど、この画像はアウトかもしれませんね。」




スクリーンショット(2013-09-20 21.26.17)

「肖像権と偶像崇拝ってなにか関係があるんですか?」





池上あきら

「特に関係はありません!」

「キリストの絵や銅像はありますけど、
 イスラム教の人は、ムハンマドの絵や像を作ったりそれに祈ったりしないと、
 偶像を崇拝しないというのは、ただそれだけの話なんですね」





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。