スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥブロクニクの奇跡 旅行84日目

2013/8/16 南欧 クロアチア オプゼン → ドゥブロクニク
クリックで地図


4日前に狂犬病の検査で病院に行った件について、
朝イチで判定結果のメールが来た。

結果はシロだった。

なんかあんまり面白くなくてスンマセン(笑)


朝8時半、オプゼンの宿を出発。


IMG_2027.jpg


昨日から一緒に走っているラファエルさんと一緒だ。


IMG_2028.jpg


今日は10kmほどで、
クロアチアとボスニアの国境に到着。


スクリーンショット(2013-08-17 22.34.34)


クロアチアは国土の一部が飛び地で、
海岸線が数kmだけボスニアの領土になっている。


スクリーンショット(2013-08-17 22.49.32)


ボスニアの海岸線は、沿岸国としては、
世界で2番目に短い。1番はモナコ公国らしい。

国境にはゲートがあって、
クルマはパスポート提示していたんだけど、

「自転車はいいよ」って感じで、

パスポートをチェックされなかった。ゆるいな。


ボスニア入国。


IMG_2032.jpg


ボスニアの10kmくらいの海岸線にも、
一応町があってスーパーマーケットもある。

買い物はしたが、1時間くらいしか滞在しない国で、
ボスニア通貨のマルクを入手するのは面倒なので、
ここはクレジットカードで決済。


またすぐに国境と検問があって、
クロアチアに再入国。


イタリア人ご夫婦の自転車旅行者に出会った。


IMG_2034.jpg


一緒に走っているラファエルさんの話によると、
このへんは景色も綺麗で物価も安いから、
自転車旅行者が多いらしい。


IMG_2036.jpg


昼飯を食べるために、
Slanoという町に立ち寄ったんだけど、
偶然にも3組6人もの自転車旅行者が勢揃いした。


IMG_2037.jpg


ルートは違うけど、
だいたいみんなトルコ方面を目指しているようだ。


途中のカフェで休息。


IMG_2038.jpg

IMG_2039.jpg


本日の目的地、ドゥブロクニクが見えてきた。
クロアチア最後の大都市だ。


IMG_2045.jpg

IMG_2048.jpg

IMG_2050.jpg


まずは旧市街へ。


IMG_2051.jpg

IMG_2052.jpg


俺が思っていたより、この街は観光地なのね。


IMG_2054.jpg

IMG_2055.jpg

IMG_2056.jpg


旧市街のカフェでネットに繋ぎ、
安いホステルを検索して直行。

ただ、探し出したホステルは金曜日ということもあってか、
1人しか宿泊出来ないとのこと。

他の宿泊施設も非常に混んでおり、
空いているホテルとかは値段がかなり高い。


仕方ないので、このホステルには
ラファエルさんに泊まってもらって、
俺は次の町に泊まることにした。

明日、再び合流する予定だ。


そんなワケで、ドゥブロクニクを脱出するために、
激しい坂道を登って展望台に出た。


IMG_2061.jpg


ここの展望台はもう本当に奇跡なんじゃないかって場所。

まず、二日前からたびたびすれ違っていた
自転車旅行者のドイツ人がいた。


IMG_2063.jpg


彼はこの展望台のベンチで野宿するらしい。

俺もここで一緒に野宿しようかと思ったんだけど、
明日ラファエルさんと合流するために、
どうしてもEメールを送る必要がある。

しかし、ふと看板を見てみると、
フリーwifiの文字が。。。


IMG_2062.jpg


すげえよこの展望台。
wifi使えるし、ベンチで寝れるし、
売店までついている。


IMG_2060.jpg


もう完璧じゃないか。

屋根と電源があったら住んでも良い。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

けっこう黒目おおきいんだね

すっごく顔がホッソリになりましたね。
若く見える。

黒目が結構大きいんだね。
そのせいか、かわいい顔になってる。

やっぱり太ったらいけませんね、太るとオッサンに見えるから、良くないよ。


アメリカ横断の時のあのオッサン風の画像は誰なんだ?
別人じゃないか。笑


それにしてもボスニア入国の審査は
「自転車は勝手に入って出て行って」
という感じなのは面白いね。

ま、ボスニアに自転車で不法就労に来る経済難民はいないだろうしね。



景色が整形してなくて、いいね。

カンヌとかニースとかモナコとかは世界一の高級リゾートらしく、きれいだったけど
こういう整形した美しさは飽きるかもね。

ブスでも性格が良いとかね、(こんな良いところがあるんだ)と発見があると余計に好きになるよね。


ドゥブロブニクの展望台、
世界的には決して絶世の美女じゃないんだろうけど
誰でも惚れる人気女将って立ち位置かな。



No title

飼い犬になめられただけで、700キロもタクシー使って病院に行くはクレーマー以外の何物でもない。保険会社もいい迷惑

No title

ラファエルなんて神々しい名前だねww
good name
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。