スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライブ to ザグレブ 旅行74日目

2013/8/6 南欧 クロアチア strarigrad
クリックで地図


今日はザグレブの病院へ行くことになった。

朝10時、保険会社が手配したタクシーがキャンプ場に来た。

運転手は実写版スーパーマリオのような男で、


実写マリオ


クルマはBMW。

自転車とバッグはキャンプ場に置いて、
さっそく300kmほど北にある首都ザグレブへ出発。


IMG_1937.jpg

IMG_1936.jpg


普通の乗用車には久しぶりに乗った。

俺は免許持ってるけど、日本では全くクルマに乗らない。

クルマのあまりの速さと快適さに驚いてしまった。
だってクルマってクーラー付いてるんだぜ。

前回最後にクルマに乗ったのはいつだろうかと
思い出してみると、
去年の3月ごろ、自転車でアメリカを横断している時に、
高速道路でパトカーに捕まって連行されている時だった気がする。
参考リンク

思い出すんじゃなかった(笑)


3時間後、首都ザグレブに到着。


IMG_1938.jpg


もちろん病院に直通しただけだが、
ザグレブの街中もチラっと見れた。

ドライブって最高に楽しいね。


そして病院に到着。


IMG_1939.jpg

IMG_1940.jpg


病院の診察室には、
渡る世間は鬼ばかりの角野卓造さんを


角野


白人にしたような医者が座っていた。

聞いていなかったので驚いたが、
山本モナをだいぶ崩したような女性も、
通訳で同室していた。


山本モナ


医者の話によると、
イタリアの飼い犬なら大丈夫だから、
追加ワクチンを打つ必要はないとのことである。

まあ、そりゃあそうだよなと思ったけども
日本の医師と見解が異なる場合は、
どうしたら良いのかしらん。

その点を医者に聞いてみると、
スロベニアかセルビアかオーストリアで
検査も出来るから、心配なら行ってきなさいとのことだった。

資金がないので、
これ以上、旅行の予定が壊されるのは困ったものなのだが、
炎天下の中を自転車で漕ぎ続けるよりも、
オーストリアにクルマで行った方が楽しそうな気もする。

普通の短期旅行の人が、
数日も旅行の日程を壊されたらたまったもんではないだろうが、
無期限自転車旅行を続けている俺としては、
実はこれが良い休養になっている。

宿泊費と食費を失っていくのは問題だけども。

まあ、追加の検査を受けるにしても、
もう一度保険会社と相談する必要があるので、
実写版マリオと共に、
とりあえず昨日泊まったキャンプ場に戻ってきた。

これからメールを送って保険会社と相談するつもりである。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

300km?

すごいね
300kmって
東京から豊橋ぐらいかな?293km。

   名古屋までが366kmです。

タクシーで、というとすごい料金だよね。
ま、保険会社が持ってくれるんだろうけど。

まさかオーストリアまで、というのはダメじゃないかな?
でもお金を出してくれたら、良い保険会社だよね。


たぶんイタリアの飼い犬は大丈夫とは思うけど
イタリアって撲滅宣言しても実際には発生している国だものね。
ホント、いい加減な国だよね。


狂犬病って心臓とか脳に近いところを噛まれたら早く発症するけど
足の先とかだと時間がすごくかかる、とどこかで読んだことがあります。
1年後、とか。

でもかにゃおさん、1年後はまだ走ってるかも知れないものね。
外国で入院ってことになったら大変だし。


みんな、狂犬病なんてホントは知らない人間ばっかりで
  医者も含めて
  保険会社も含めて
みんな勝手なことをホザイテルのかも、ド素人のわたくしのように。


熱い世界の冷たい社会であるハワイだったら
狂犬病を持ってるかも知れない人間も上陸禁止かも。

アメリカ本土から犬猫を持ち込むのに夏季だと半年間炎天下に隔離ということで
死んじゃうそうです。
1年中ほとんど夏の世界です。



ホントに不安ですね。

   って、不安を煽ってるのはワタシか。
   ごめん


*人物がだいたい想像できて楽しかったです*
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
548位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
55位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。