スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GET WILD AND TOUGH 旅行60日目

2013/7/23 南欧 イタリア ミラノ南部 → ブレシア
クリックで地図

結局、スマフォはミラノで受け取るのではなく、
イタリア東部の町の郵便局に、
郵便局留めで送ってもらい、
受け取りに行くことにした。

というわけで、タオルを乾かしながら出発。


IMG_1735.jpg

IMG_1742.jpg


昼食のペペロンチーノ。


IMG_1738.jpg


今日もすごい道に迷った。
早くGPSが欲しい。

吸い寄せられるように、SEX SHOPを発見。
ミラノとか、ミラノ周辺にはこーいうお店が、
なぜかすごい多い。


IMG_1736.jpg

IMG_1737.jpg


お店の中では、エッチなアイテムがいっぱいあるんだろうけど、
嫁入り前(色んな意味で)の俺が、こんないかがわしいお店に
入るのは恥ずかしすぎて無理です。


IMG_1741.jpg


そんでブレシアという町に着いた。
というか、ここまでしか来れなかった。


今日は公園で野宿するべく、
ベンチで横になっていたんだけど、
かなりの腹痛が襲ってきた。

変なもんは食っていないから、
あえて原因を探せば水かもしれない。

今日飲んでいる水は、ミネラルウォーターではないが、
カフェで入れてもらった水道水だ。

そんなにおかしなものでもないはずなんだが。

日本だったら、このぐらいの腹痛は我慢する段階なんだが、
トイレがない状態はキツいし、これ以上痛くなったら
動けなくなる可能性があるので、自力で病院へ向かった。

状況に余裕がないので、
もちろん写真なんか撮ってないんだが、
病院に行って、なんとか英語が通じたので、
採血して点滴して飲み薬をもらった。

もともと転げ回るほど苦しかったわけではないが、
だいぶラクになった。

今晩はこのまま入院させてくれねえかなって
思ってたんだけど、ホテルに帰るがいいとのこと。

明日の朝になったら、薬屋にこの紙を提出して
薬もらってこいと言われて帰されたが、
なぜか診察料等は払っていない。どうなってんだ。

薬をもらう時にまとめて払うのかな。

そんで、教えてもらった近くのホテルに行ったんだけど、
四つ星ホテルで高そうだからやめた。

お腹はもう大丈夫そうなので、
結局近くのベンチで野宿。


IMG_1751.jpg
(翌日の朝に撮影)


慎重なんだか、大胆なんだかよくわからん。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

旅行者の旅先での医療費は

協定で無料になるって、
以前南米でナイフで刺された人が書いてたけど。


   でも、よく聞く話は、
   外国で病気になったり入院したり手術すると
   X000万円もかかることになる、って。

   帰国するのに看護婦や医師が同行しなきゃいけない国もあって
   この場合、この2人の飛行機代も払うことになるし
   飛行機に乗るにはストレッチャー・ケース(医療担架例)ということで
   席を何人分も買わなきゃいけないしね。


で、日本で役所に領収書を提出して治療費の払い戻しを受ける時は
   例えば
   XXの治療でアメリカで300万円かかっても、
   その手術は日本では30万円だから
        つまり30万円の3割負担だから
   9万円しか戻ってこなくて
   291万円は自分がのむことになるとかなんとか。


だから外国で医者にかかると大変だとか。


とにかく診察代とか薬代とか、領収書はちゃんと!必ず!もらってください。
その経験も、旅の内、ということで。

かにゃおさんの場合は診察代は「協定内」ということで無料だったのかもね。
ラッキー!


そうかイタリアで水にあたったのか。


フランスでは水道水が美味しいなんてお書きでしたよね。
分からないもんですね。



ミラノの日本人の方にはメールで「お騒がせ致しました」ってちゃんとお詫びの御挨拶をした?

ミラノのかたも、日本から小包が来るというのを予定に入れて、気遣ってくれてたかも知れないからね。

御親切には礼儀でちゃんと挨拶しておかないとね。
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
40位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。