スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

状況好転 旅行3日目

2013/5/27 南欧 ポルトガル リスボン
クリックで地図

沢山の方から励ましやアドバイスの
コメントやメールを頂いております。

中には金かしてくれるとか、
送金手続きしてくれるとか


まだ状況に余裕がなくハッキリともしないので、
個別にお礼の返信が出来ないのが申し訳ない。

のちほど個別に御礼申し上げます。


出発当日のブログで書き忘れたことを思い出しました。

俺は去年アメリカ横断に出発した時は、
本当に小さな身内の人しか俺のこと知らなかったけど、
アメリカ横断中や横断後にブログを書き続けたことによって、
応援していただいている方がたくさん増えました。
ピンチの状況になり改めてそう思っています。

体力も精神力も資金も何もない私ですが、
このブログをご覧いただいている皆様のサポートや応援が
他の自転車旅行者には負けない私の強みです。






そして、現在の状況はやや好転しました。

やはり大使館行ってみるもんですね。

本日朝9時の大使館オープンとともに行ってみると、
相談にのってくれました。

事前にネットで大使館について調べていた通り、
ものすごい親身に親切なサポートが受けられるわけではなかったです。

特に、私のような状況だと、
帰国便の航空チケットを立て替えてくれるとかそこまでではありません。

しかし、当面の現金にということで、
100ユーロお借りしました。これで三日は保ちます。
(もらったんじゃなくて借用書に署名しました)

そして日本からの送金方法についても、
詳しくご説明くださり、コメントにもいただきましたが、
ウエスタンユニオンというサービスを利用して現金を受け取れそうです。
日本から入金されれば、営業時間にもよるが1時間で受け取れるそうですよ。


さらに、大使館でお借りした電話で楽天のカスタマーに問い合わせた結果、
盗まれたわけではないので、
楽天キャッシュカードの緊急発行は出来ないということがハッキリしました。
(大使館って借りた電話の電話代も払うんですね)

しかし、ウエスタンユニオンで当面の現金は送られてくる ハズです

現状帰国するか旅を続行するかの判断は、
迷惑をかける両親の意見も聞かなければいけないところですが、
完全に帰国だろうなとあきらていた状況から少し反転しました。

楽天キャッシュカードも緊急発行は出来ないものの、
改めてもうしこめば、東京の実家に10日ほどで郵送されるので、
それをこちらに送れば合計2週間ほどで届くそうです。
完全復活の見込みは大いにあります。

その2週間はウエスタンユニオンで送られてきた
現金で対処すればいいわけですし。


今は母親にまずビデオ通話でおおまかに状況を説明し、
メールで送った送金方法等を確認してもらっているところです。

さらに、リスボン在住の日本人でブログを書いている人がいらっしゃったので、
突然迷惑で怪しいでしょうけども、救援のメールを送ったら返信をいただけました。
状況を詳しく説明し、さらなる返信を待っている状況です。




写真と共に振り返る後日談

IMG_0792.jpg


リスボンにある日本大使館は、
宿泊しているホテルから歩いていける距離にありました。

大使館内の警備は厳重で、
金属探知機があり撮影禁止の雰囲気。


IMG_0781.jpg


大使館に行ったあとは、
少し街をお散歩。

でっけぇピーマンが売っています。
ぽろりだったら失神しているはず。


IMG_0783.jpg


1ユーロ130円以上なので、物価は高く感じますが、
産地だけあって、ワインはやっぱり安いです。


はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール
山岡 和雅
すばる舎
売り上げランキング: 1,596


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

取り敢えずメドが<見えて来た>ところですね。


着いた早々「リスボンの長い1日」という小説が書ける体験をなさって
これからの日々も小説が書けそうな体験・・・になりそう。


とんぼ返りってのはやっぱり避けようね。

拝見しました~

ポルトガルに着いて早々に、こういう「冒険」が待ってて、本当に大変なストレスですが

事情も分かったし、
お母さまという後方支援者も確保できて、

まもなく解決できるメドが立って来たから
  (これぐらいで済んで良かった)
と胸をなでおろしてください。


そうかウエスタンユニオンという電報会社は日本からでも送金が出来るのか。
これは知らなかったな~

No title

かにゃーおさん!頑張れ!
立川から応援しとります!
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
588位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
68位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。