スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行保険に加入しました 出発まであと2日

2013/5/22

興亜損保ロゴ


散々迷ったけれども、
今回のユーラシア大陸横断旅行に向けて
海外旅行保険には加入することにした。

お値段は
112330円……

高っけえなぁ…


本当は旅行保険なんか加入しない方向に
気持ちが傾いていた。

そんなことを今までブログに書いていたら、
誰とは言わないけど、
ある自転車旅行者の人から連絡が来た。

以下に連絡内容を要約する。


・どうしてもかにゃーおさんに保険に入って欲しい

・お金がないなら保険代は私が代わりに立て替える

・お金は帰国後に返してくれれば良い


このようなとんでもなくありがたいご提案だった。


俺は旅行保険については懐疑的だったのだが、
同じ自転車旅行者がここまで言ってくれるのだからと、
保険に加入することに決めた。

もちろん代金は自分で払った。

同じく資金がカツカツの自転車旅行者に、
保険代を払ってもらうなんて、
申し訳なさすぎて無理です。


自分では海外旅行保険について、
色々調べたつもりだけど、
俺は全くこの手の内容に詳しくない。

だけどまあ、次世代の旅人の参考にはなるだろうと思うので、
以下に加入した保険の内容を記す。


【保険会社】
日本興亜損保

【期間】
1年

【保険内容】
・治療救援 200万円
・障害死亡 100万円
・後遺障害 100万円
・疫病死亡 100万円
・賠償責任 1000万円
・携行品 20万円

【保険料】
112330円

【期間延長】
期間の延長は可能だが、
家族から延長の手続きをしてもらう必要がある

【途中帰国】
途中帰国の場合は、申請日から日割りで返金可能

【参考URL】
http://www.aienu.com/midlng/index_koa.htm



さて、保険料についてであるが、
俺は実店舗に問い合わせ、担当の方と協議して申し込んだ。

インターネットで申し込むと同じ内容でもこれより安くなると
人づてに聞いたことがある。

だが、ちょっと自分で調べた限りだと、
長期旅行保険に関しては、金額に差がなかった。

ならばと、実際に相談出来るリアル店舗の担当の方に申し込んだ経緯がある。

それにはもう一つ理由がある。

それは、
実店舗で申し込むと、Eメールで問い合わせが出来るという点だ。


旅行中に保険の申請を行うには、
最初は必ず現地で指定の番号に電話する必要がある。

しかし、何カ国も旅する自転車旅行者にとって、
これは結構クセモノなのだ。

なにしろ電話を持っていない。

どこかで電話を借りたとしても、

「では折り返します」と言われた時に、
借りた電話の番号を教える訳にもいかないので困ってしまう。

一カ国に長期滞在するなら
現地の通信会社と契約すればいいのであるが、
複数の国を渡りあるく旅行の場合、携帯電話の契約は困難である。


俺が実際にアメリカ横断中、
ダニにやられて皮膚科の病院に行った時も(参考リンク
「折り返しますと言われても借りてる電話状態」になったことがる。

その時は、最初の電話問い合わせ以降、
Eメールでやりとりをすることが出来たので助かった。

しかし、最初からEメールでやりとりが出来たら
もっと便利だろうなと思っていたのだ。

その点を実店舗の担当者の方に相談したら、

やはり本来最初は指定の電話番号に現地から電話する必要があるのだが、
日本の担当者の方にEメールを送れば、現地オペレーターにつないでくれるので、
最初から最後までEメールで問い合わせが完了出来ます

とのことだった。



もっとネットで探せば、
同じ内容で安い保険に申し込めるかもと思っていたが、
Eメールだけで問い合わせ完了が決め手となり
実店舗での申し込みすることにした。



保険に関しては以上です。



関連記事

再準備にも金がかかりすぎ

チャリダーが旅行保険について考える


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

興亜損保で入られたんですね!
僕も現在自転車旅行に向けて保険を探しているんですが,興亜損保では「自転車旅行は危険だから」という理由で,治療救援の保障を付けることができませんでした。
店舗によって基準がまちまちなんですかね?。
もう一回別の興亜損保で聞いてみようかな。

No title

それは初めて聞きました。
自転車旅行者の交通事故もニュースになったりしましたから、
規定が変更したのかもしれませんね。

たしか似た名前の保険会社もあるので気をつけて。

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
40位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。