スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サハラに死す 出発まであと13日

2013/5/11

サハラに死す――上温湯隆の一生 (ヤマケイ文庫)


はじめに断っておくが、
俺は今回のユーラシア大陸自転車横断の旅において、
アフリカのサハラを横断するつもりは毛頭ない。

だが、以前から気になっていたので、
上記の本サハラに死す――上温湯隆の一生 (ヤマケイ文庫)
アマゾンで購入し、先ほど読了した。


日本にいれるのもう長くはない。

あまり読書はしない不勉強な俺であるが、
旅行前に「本物」の冒険野郎のドキュメントであれば、
読んでおく必要があると思ったからだ。

本の内容は
タイトル通りだから、ネタバレにはならないだろう。

1974年から1975年にかけて、
当時21歳の日本人青年、上温湯 隆さんの
ラクダによるサハラ砂漠縦断の記録であり、
その死の顛末である。


青春の情熱と、その危険性への葛藤。

すさまじく心を打たれました。


人類史上、サハラ砂漠単独横断は
今だかつて誰も成し遂げていないとされる。

サハラ砂漠 - Wikipedia

サハラ砂漠横断7000km、人類未踏への挑戦。


相棒のラクダの死によって一度は断念しながらも、
不屈の精神と周囲の協力により旅を再開。

人間どころかラクダでも死ぬような灼熱の地獄を体験しながら、
再び挑戦する男の魂。


記述を読むかぎり、
彼は冒険に取り憑かれた廃人ではなく、
帰国後の進路に悩み焦る普通の青年でもあった。


それは俺だってそうさ。

自転車で大陸を横断なんて、
普通の人から見たらとんでもない冒険家に思えるかもしれないけど、
俺なんて普通の人より持久力も資金もないただのデブである。


普通の人よりちょっとだけ、行動力を持ち合わせていた。

それぐらいの差しかないのかもしれないね。


サハラに死す――上温湯隆の一生 (ヤマケイ文庫)
上温湯隆
山と渓谷社
売り上げランキング: 9,122


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

メナカ

マリ共和国のメナカは隆さんのご遺体が一時保管されていた街
そこに(多分現在でも)日本人が建立した慰霊碑がある
(そう大きくなく、しかもかなり崩落してる状態)
隣にはサハラで生涯を終えた外国人の慰霊碑(こちらは石碑)が2基あった
比べればあまりに差があるのだが、砂に還るようで「隆さんのらしい」
そう感じた。

サハラに死す


No title

上温湯隆さんのウィキを作った本人です。

陰ながら、応援しています
無理はしないでくださいね

No title

>AKIRA さん
実際に慰霊碑をご覧になったのですね。
行こうと思ってもなかなか行けない国、
アフリカに行く機会があれば、
手を合わせに行こうと思います。


>あかうんと さん
ありがとうございます。
上温湯さんのウィキ拝見していました。

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。