スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zoffから返事きた

2013/4/16

ゾフHP

本気で探している訳じゃないけど、
なんとなく自転車ユーラシア横断のスポンサーが欲しいなと思っていた。

俺の場合、道具とかはもう揃っているから、
旅行資金の提供ぐらいしか意味がないんだけど、
この不況のご時世に多額の資金を提供してくれるアホな企業はないってことも
うすうす分っていたため、本気でスポンサーを探したりはしていなかった。


とは言っても、
協賛企業とかがあったら話が大きくなって面白いかなぁと思って、
とりあえず、このあいだメガネを購入した
安売りメガネ屋さんのZoffのホームページから
「なんかご支援いただけませんか?」
とメールしてみた。

Zoffのホームページから広報の連絡先を探したんだけど、
掲載されていなくて、採用担当しかなかったので
仕方ないからそちらに送った。


いつもZoffのメガネ愛用しております。
このメガネかけて自転車でユーラシア横断します。
ホームページで紹介してもらうだけでもいいんで、
なにかご支援下さい。


こんな感じで採用担当の受付にメールを送ったのだ。
(本当はもっとビジネス文体だったけど)

Zoffの人事部採用担当の方も、
いきなりキチガイから連絡がきて驚いたであろう。
(もしくは爆笑したかも)

もちろん返事がこなくて、俺も期待していなかったのだけど、
今日ついに広報担当の方から返答がきた。

まあ結果からいえば、
「個人の支援やタイアップはやっていません」ってことで、
断られたんだけど、丁寧に返事をいただいたことが嬉しかった。


俺のメッセージを読んだ採用担当の方が、
わざわざ広報の方に伝えてはくれた訳である。


ホントにもう、ありがとうございました。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
42位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。