スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深まる航空チケットの謎

2013/3/28

his.jpeg

jtb.jpeg

おまえらにはガッカリだよ。


さて、退職時期が決まったので、
いよいよ航空チケットの確保に入ろうと思っている。

俺が海外航空チケットを購入した経験は、
アメリカの行き帰りのチケットだけだ。

つまり全然航空チケットには詳しくない。

ましてや自転車でユーラシアを横断する特殊な旅程だ。
普通の海外旅行ならネットで調べるだけでも充分だろうが、
自転車の持ち込みなど、不明な点が多すぎる。

自分で購入する前に、プロの方に相談してみようと、
まずは銀座にある代理店のH.I.S.の事務所を訪ねてみた。


H.I.S.の場合

俺の目的地はポルトガル。
出発時期は5月16日〜30日までの間で、
最も安い片道チケットを相談してみた。


そして担当してくれたおばさんから
帰ってきた返答は以下である。

1 ポルトガルの片道チケットは15万円だ
2 片道チケットで入国するにはビザが必要だ
3 ビザの取得は大使館に申し込み費用は8000円で3週間かかる
4 往復チケットならビザなしで12万円だ

最初聞いた時はそういうものなのかと思った。

だがしかし、下記についてであるが

1 ポルトガルの片道チケットは15万円だ

前日俺がH.I.S.のウェブサイトで調べた結果、
片道で69500円という値段のチケットがありましたよと指摘すると、
悪びれもせずに「ああ、ありますね」と返答しやがった。

なんでこのばばあはプロのクセに、
俺がネットで5分で調べたチケットより
2倍以上も高いチケットを提示したのだろうか。

無能だとしたら度がすぎるし、
いくらか上乗せしたにしても2倍はやりすぎだろう。
どちらにしても謝罪はなしである。

責任者を呼ぼうかとも思ったのだが、
自転車旅行という特殊な案件で相談した負い目もあって、
「あなたが信用できません」と伝えて帰ってきた。

別に負い目なんか感じる必要なかった。

「この代理店は詐欺だ!」って怒鳴り散らしてやればよかった。

あのおばさんの名前をブログに書くことも出来るが、
そもそも俺はクレームを起こす勇気のない男なのかもしれない。


JTBの場合

そんな訳で、なんかH.I.S.の信用度が下がってしまった俺は
次に有楽町のJTBを訪ねてみた。

JTBの返答は下記である。

1 片道チケットでビザが必要かどうかは折り返してお返事します

この時点でH.I.S.とは違う返答になっているので
なんだか不安になってきたのだが問題は以下である。

2 往復チケットで入国するにも復路のチケットを放棄した場合は、
  正規の航空券の代金を請求することがあります。

なんなんだ、これは。

H.I.S.では往復チケットなら問題なく入国してポルトガルを出国できると言っているのに、
JTBでは復路チケットを放棄したら、高額な正規運賃を請求することがあるというのだ。

俺はロサンゼルスへ行った時にも、往復のチケットで入国して
復路を放棄し、ニューヨークで日本帰国のチケットを購入して帰ってきたわけであるから、
完全に矛盾している。

その点を指摘すると、「航空会社が調査して発覚した場合」とのことだった。
さらに、実際に請求された客を知っているとも答えた。

そんじゃあなにかい、俺も復路チケットを放棄したわけだから。
高額請求におびえなきゃイカンのかい。

知っているかぎり、復路チケットを放棄している情報はいくらでもある。

10万円を超える請求であるのに、
あの客には請求してこの客には請求しないとかそんなこと
信じられない。

しかしJTB側も「そうは言っても」とひかない。

綿密な計画を立てずに、世界中を放浪している日本人はいくらでもいるし、
そもそも外国から第3国に出国するチケットを買っている旅行者全員に該当する内容だ。

あなただって世界中を放浪している日本人に会ったことあるでしょ?
と聞いてみたら「個別の案件はわからない」との返答。





という訳で、プロに相談した結果、余計に話がこんがらがってしまった。

というか、H.I.S.の担当もJTBの担当も、
間違いなくバックパッカーの経験すらない。

さすがに、海外自転車旅行の経験を要求するのは酷だが、
添乗員と行くパックツアーの経験しかないんじゃないか。

なんでこんな奴らがチケット販売の相談の受付けをしてんだよ。
全く役に立たねぇじゃねえかと言いたい。


となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術 (中公新書ラクレ)
関根 眞一
中央公論新社
売り上げランキング: 8,453



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

HISもJTBも、あくまでも旅行代理店です。航空券のルールなどについては、航空会社によって異なるので、ご自身で直接、航空会社に問い合わせてはいかがでしょうか。

No title

みどりのくつしたさんみたいにならないように・・・

No title

僕も何度も復路破棄してますが請求された事もなく、出会った旅人でもそんな話聞いた事がありません。復路券を何らかの犯罪等に使用する事により航空会社及び代理店に損害を与えた場合等に限られるのではないでしょうか。
航空券ですが代理店で「航空会社のHPから簡単に買える正規割引航空券を手数料込み」で売ってくる事が多数あります。

航空会社のHPもチェックしてみてはいかがでしょう。

スカイゲートがおすすめ

スカイゲートがお勧めです。裏切られたことないですよ!
チケットも頑張って格安なところみつけてくれました(自転車こみ)。
ただ荷物の扱い等刻々変わるみたいですね。いろいろ聞いてみては? 確かに航空会社によって事情は全然違います。

追伸:スカイゲート

スカイゲート、この数年で運営会社変わっちゃったみたいですね。
自転車屋さんと同じく、信頼できる担当者さん見つけられること祈ってます。

No title

>HISもJTBも、あくまでも旅行代理店です。航空券のルールなどについては、航空会社に>よって異なるので、ご自身で直接、航空会社に問い合わせてはいかがでしょうか。

そうですね、旅行代理店にはあまり期待しすぎないようにします。


>みどりのくつしたさんみたいにならないように・・・

ぐぐってみたらそんな人がいるんですね、気をつけます。


>僕も何度も復路破棄してますが請求された事もなく、出会った旅人でもそんな話聞いた>事がありません。復路券を何らかの犯罪等に使用する事により航空会社及び代理店に損>害を与えた場合等に限られるのではないでしょうか。
>航空券ですが代理店で「航空会社のHPから簡単に買える正規割引航空券を手数料込み」>で売ってくる事が多数あります。

>航空会社のHPもチェックしてみてはいかがでしょう。

アドバイスありがとうございます。
旅の現象学のさんふぃさんの航空券購入の実体験をうかがったので大丈夫だと思います。


>スカイゲートがお勧めです。裏切られたことないですよ!
>チケットも頑張って格安なところみつけてくれました(自転車こみ)。
>ただ荷物の扱い等刻々変わるみたいですね。いろいろ聞いてみては? 確かに航空会社に>よって事情は全然違います。

>スカイゲート、この数年で運営会社変わっちゃったみたいですね。
>自転車屋さんと同じく、信頼できる担当者さん見つけられること祈ってます。

本当にいつもコメントありがとうございます。
わざわざ調べてまでいただいて、お心使いだけでも嬉しゅうございます。


かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。