スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私とアップル

2012/12/12

アップルヘアー


俺はアップル信者だが、
その歴は浅い。まだ2年くらいだ。

もともと自宅には、姉が購入した
ウインドウズXPのパソコンがあり、
それを少しいじっていた時、
雑誌の編集の仕事を始め、仕事上の都合でパソコンの操作を覚えた。

それは俺にとってのIT革命であり、

「インターネットを使えば、自分の知りたい知識がこんなにも簡単に手に入るのか!」

と感動した記憶がある。6年ほど前の話だ。

だが、その時に感動したのはインターネットに対してであり、
ウインドウズのパソコンに対してではなかった。

当時使っていたパソコンは、
当たり前のように専門用語でエラーメッセージが出るのである。
全くもって意味不明な上に不親切な設計だ。

動作不良を起こして再起動なんかすると、
今度はさらに英語の専門用語でエラーメッセージが表示される。

エラーメッセージ


何かの暗号だろうか?
どうして使う側の人間の言葉で
わかりやすく説明してくれないのだろうかと、
ハラを立てた記憶がある。

他に適切な言葉がなければ、
専門用語になってしまうのは仕方ないかもしれないが、
日本で日本メーカーのパソコンを買っているのに、
なにゆえ英語でエラーメッセージが出るのだ。

コレはメーカーの怠慢ではないかと思う。


そんな俺が、海外自転車旅行の計画を始め、
2年前から家電量販店でパソコンを売る仕事に流れ着いた。

最初は旅行に使いやすそうな小型パソコンである
ネットブックに注目していたが、
ネットブックは他のパソコンと比較すれば
あきらかに低性能であり、今ひとつコレといった直感が湧かなかった。

ネットブック



そして俺が注目し、最初に購入したアップル製品はmac book air 11インチだった。
自分で購入した初めてのパソコンであった。

ea-.jpeg



その携帯性も堅牢性も操作性も表示スピードも起動の速さも、
そして見た目の美しさも低性能なネットブックを上回っていた。


つまり、旅行に必要な小型端末を探し求めていた結果、
アップル社の商品に辿り着いたのだ。

自宅にあるXPやvistaのウインドウズとは違って
スノーレパードのOSは安定してキビキビと動作し、
直感的で使いやすい。

そして、次に購入した商品はipod touch 第4世代だった。

タッチ


最初は自転車走行中の音楽プレーヤーとして注目していたが、

手元でネットが見れてメールが打ててサブのカメラにもなる
ipod touchに感動した。


そして、touchとairは緊密に連携していたのである。

もうこの時点で完全に信者の道に入っていたのだ。


このアップル社の製品を使っていき、
俺は一つ成長したことがある。

デザインの認識を改めたことだ。

デザインではなく機能性を重視した結果、アップル製品に辿り着いた。
俺はオシャレでもないので、
コンピューターに見た目の美しさなど期待していなかった。

でも違ったのだ。

デザインの本質とは表面の見た目のことだけを指すものではない。

アップル社の製品の特徴として、
デザインのシンプルさがあげられる。

このシンプルを追究した結果、
見た目の美しさが生まれ、使いやすくなっているのだ。

このシンプルを追究する姿勢は、
シンプル イズ ベストのような簡単な言葉ではない。

シンプルにこだわるという姿勢がなければ、
多機能や拡張性という言葉に負ける。

様々なボタンが配置され、わかりずらくなり、
色んな利用用途に使うためのケーブルを差し込む穴が
端末にボコボコと空いて見た目の美しさも損なわれる。


例え話として適切かわからないが、
人を切ることを目的として造られた日本刀は、
見た目も美しく、美術品としての価値もある。
外見はシンプルでありながら、
目的のために複雑な製造工程をへている。

機能美という言葉がある。

本来は機能性を追究しても、シンプルで美しいものが出来上がるはずなのだ。

それはテクノロジーでも同じなのではないかという発見があった。


そしてここから先は、まだなにかハッキリとした発見があったわけではないが、
この機能性を追究して辿り着いたシンプルさという概念は、
どこかで人生や旅行に役立つことがあるのではないかという予感がする。

役に立つというか、考え方や生き方についてのヒントになるんじゃないか?

そんな予感するのだ。


スティーブ・ジョブズ I
ウォルター・アイザックソン
講談社
売り上げランキング: 744





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。