スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル電波少年

2012/12/1

無人島


実際にやるかどうかは別にして、
試してみたいこととしては、

無人島生活ブログをやってみたい。


自転車旅行の発想もそうなのだが、
俺は日本テレビで放送されていた、
電波少年の影響を結構受けている自覚がある。


テレビが一番面白かった時期で、当時小学校高学年だった俺には、
子供が起きていてはいけない時間帯の深夜に放送されている
大人向けのテレビをのぞき見ているようなドキドキ感もあった。


電波少年と言えばヒッチハイクの旅だが、
Rマニアがおこなっていた無人島生活も結構印象に残っていて、
軟弱なクセにサバイバルに興味があるヒネクレ野郎の俺には
やってみたいジャンルなのだ。

「無人島生活」
なんという中二心をくすぐるキーワードであろうか。


都合が良いことに、自転車旅行用に買った
テントやソーラーバッテリーなどのアウトドアグッズを所有している。

あまり道具を持ち込みすぎてしまっては、
せっかくの無人島体験の意味がなくなってしまう気もするが。


場所は実際にRマニアが生活していた
愛媛県の由利島あたりが良いだろうか。

由利島 wiki


と思っていたら、鉄腕ダッシュで無人島開拓の番組企画があり、
由利島が使われているらしい。
最近全くテレビを見ないので今調べるまで知らなかった。

なんだかテレビ局に人気のある無人島だ。


なんか他に良い無人島を探そうか、
そこまでしてやってみたいことだろうかと思案中。


実際に行ったことのある無人島は、
神奈川県の猿島だけだが、
あそこは人が住んでいないだけで
手入れがされている観光地だ。


もう少しガチで、なおかつ大きさもほどよく、
条件の整った無人島はないだろうか。


しかし、無人島である以上、携帯の電波も飛んでいないだろうから、
リアルタイムによるブログの更新は出来ない。
後日談的なブログになるのだろうか。


携帯の電波がないと、
もちろん非常事態でも助けを求められないし、
水もなきゃ食料もない。

というか、どうやって無人島まで行って、
なおかつ帰ってくれば良いのだろうか。



そんなことより、
自転車アメリカ横断 NY from LA
の二人が、いよいよニューヨークに到達しそうである。


まだ見ていない人は、今すぐ最初から読み直して
感動のゴールを共有するんだ!




20年間無人島で裸で暮らす日本人男性を海外メディアが一斉報道


電波少年 BEST OF BEST 雷波もね! [DVD]
バップ (2010-04-09)
売り上げランキング: 27,691




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
498位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
58位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。