スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブズと自転車

2012/9/28

スティーブジョブズと自転車

我が教祖。スティーブ・ジョブズ氏。

言わずと知れた、今をときめくアップル社の元CEO(最高経営責任者)である。
2011年死去。

実は彼もチャリダー(自転車旅行者)だったという話をしたい。

まあ、あまりに有名人で、俺よりもジョブズに詳しい人は、
それこそ腐るほどいるので、彼の人生に対する詳しい説明は省く。


ジョブズ氏が30歳のころ、自分で創業したアップル社を追われた時期に、
イタリアのトスカーナ地方を自転車で旅をしていたらしい。

絵画から抜け出したようなイタリア・トスカーナ地方の絶景12枚

ジョブズ氏の自転車旅行がどんな旅であったのか、
詳しい資料は見つけられないが、
彼は会社を追われていたとはいえ、
普通の30歳とは比べ物にならないほど、金持ちであっただろう。

大金持ちでも、自転車で旅行するのだ。

それほど、自転車旅行は魅力的なのだ。

小汚いチャリダーを見つけても、貧乏人と蔑んだりしちゃダメよ。


もともと自転車が好きだったのかはわかりませんが、
人々を魅了してやまないコンピューターを発想するジョブズ氏は、

コンピュータは、私たちの知性にとって、自転車のようなものだ。」と述べています。


自動車が普及しまくっている現代において、
自転車といえば、「坂道に弱い」とか「疲れる乗り物」というイメージがあるなかで、
実は史上最高の移動効率を誇る乗り物なのである。


体重60kgの人間を1km移動させるのに必要なエネルギー量

徒歩         45kcal
クルマ        50〜70kcal
ジャンボジェット機  36kcal
自転車        9kcal

(出典 自転車ツーリングビギナーズ)

徒歩と比べて自転車は5倍の効率、
外部エネルギーに頼る乗り物は力強いものの、
本体重量などを勘案すると、非常に効率が悪い。

ガソリンを使わず、人間の能力を最大まで引き出す自転車。
これを、自身の追い求めるコンピューターに例えるジョブズ氏。


こうした移動効率の面だけではなく、
シンプルでパーソナルで使っていて楽しい。

このへんの自転車の特徴も、
コンピューターの理想として考えていたのかもしれませんね。


[参考記事]
人類の知性にとっての自転車


スティーブ・ジョブズ全発言 (PHPビジネス新書)
桑原 晃弥
PHP研究所
売り上げランキング: 48,018



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
558位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
53位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。