スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガーノック対策について

2012/7/26

ハンガー

きみはハンガーノックについて知っているか?!
ハンガーノック wikipedia


そう、ハンガーノックとは自転車乗りだけが味わえる
一度体験したらもうこっちの世界には帰って来れないほどの快楽物質が脳を支配する恐ろしい現象うんぬん

ただの肉体的なガス欠である。

途中で食事を採らずに長距離、長時間系の運動をしていると
発症することがあり、体が動かなくなる現象のことだ。


俺も一度体験したことがある。

あれは数年前に仕事をしていない時で、
ヒマで金もないから趣味とダイエットを兼ねて
家から海まで多摩川を往復して走っていた時のことだ。

2週間ぐらい連続で、往復80kmくらいの道程を毎日走っていたのだが、
ダイエット中ということもあり、その日は朝飯を控えめにしていた。

家まであと30kmぐらいの地点で、突然気が遠くなり、体が動かなくなった。
まさに電池切れという感じで、休憩するだけでは回復しない。

幸い近くにセブンイレブンがあったので、
菓子パンを食って一時間くらい休んでいたらなんとか回復した。

食べた菓子パンが消化されて肉体のエネルギーに変わっていく実感を
ハッキリと味わう事が出来た。不思議な体験だった。


自転車を漕ぐ運動というのは、
それなりに消費カロリーが激しいわりに膝や足に負担が少ないため、
ハンガーノックにかかりやすい。

マラソンや登山で長時間運動すると、ハンガーノックになる前に
足や膝が痛くなるのであまりかかりにくいと個人的には思う。



自転車旅行においても注意しなければいけないことの一つであり、
特に砂漠など、人や店がない走行ルートを走る際には、
水以外に高カロリー食品も携帯する必要がある。

途中で動けなくなると死んでしまうし、
ふらついたら交通事故のリスクも増える。


日本ではコンビニで様々な栄養補助食品が売っているので、
自分の好きなものを選べば良いのだが、
外国ではあんまりそういった専門的な補助食品は売っていない。


じゃあどうするかというと、
パンやチョコレートを持っていればいいのである。

夏場は暑くてチョコが溶けてしまうので、
ナッツ類などがよいのではないだろうか。


そしてこれはあまりハンガーノックとは関係ないのだが、
渋谷まで自転車で行った際に、徐々に体調が悪くなり、
帰りの多摩川サイクリングロードで自転車を漕ぎながら
ゲロを吐いたことがある。

体調が悪くなっちゃったんだから、
吐いてしまったのは仕方がないが、
なんで自転車で走行しながら吐いたのかは
自分でもわからない。

自転車降りてから吐けよっていうね。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
40位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。