スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期旅行向きの自転車を考えよう

2012/7/4

スタープラチナザワールド
(俺の自転車 スタープラチナ・ザ・ワールド号

◯自転車選びの概要

長期旅行向きの自転車を考えたい。

俺はハッキリ言って、自転車に関する知識は少ない。
当たり前かのようにコンポーネントとか専門用語を言い出すヤツが嫌いだし、
ハイグレードパーツのコストパフォーマンスも疑っている。

とは言っても、これから旅行用の自転車選びをイチから考えている人よりは、
実体験はあるので解説してみたい。


自転車選びも、人によってベストは異なってくるはずだ。

どこを、どんな荷物を積んで、どれだけ走るのかによって変わる。

コチラの方のブログも大変参考になります


◯車種

例えば、アメリカを走るのであれば、基本的に全舗装だから、
タイヤの細いロードバイクで荷物をリュック一つぐらいに抑えれば
イケると思う。

テントなど、大量に荷物を積んで走る場合は、
クロスバイクマウンテンバイクランドナーなど、
積載能力の高い車種が良いだろう。


先進国以外の国も走るとなれば、
舗装道路が減るので、ロードバイクじゃ厳しくなってくる。

世界的に普及率が高いのはマウンテンバイクなので、
パーツ入手の利便性も考えると、
世界一周やそれに準ずる行程ではマウンテンバイクの利用者が多い。


日本やアメリカをテントを積んで走るなら、
俺のおすすめはクロスバイクである。

クロスバイクはロードバイクよりも頑丈で、
マウンテンバイクよりも速い。

タイヤの太さは32Cもあれば充分。

一昔前の自転車旅行の定番はランドナーであったが、
専用のパーツが多く、旅行中入手しにくいので微妙だ。


◯本体素材

本体の素材としては、スチール(クロモリ)の人気が高い。

そうそう壊れることはないのだが、
壊れた場合は溶接で修理可能とのこと。
振動吸収性もまあまあ。
問題点は、現在市場に流通している自転車で
スチール製のモデルが少ないこと。

スチール以外ではアルミ。軽い代わりに振動吸収性が低く、直しにくい。
高級素材のカーボンは高いし、壊れにくいが壊れたら修理不能か?
でもまあ大して差なんかないから考えすぎるな。


◯ハンドル

ハンドルのタイプでは疲れにくいドロップハンドルが良いとされるが、
マウンテンバイクタイプは基本的にフラットハンドルが多い。
エンドバー付ければ個人的には問題ない。


◯ギア

荷物で車体が重くなるので、ギアはマウンテンバイクに多いトリプルギアが良いと思われる。
ロードバイクはダブルギアが多い。


◯ブレーキ

性能的にはマウンテンタイプに搭載されている、
制動力の高いディスクブレーキが良いと思われるが、
その他の種類のブレーキでも個人的には大丈夫だと思う。


◯注意点

基本的に旅行用の自転車は専門店での購入をおすすめしている。
マウンテンバイクには3万円くらいで格安の「ルック車」という
(ひどい言い方をすれば)まがいものが売っており、
ぶっちゃけそれでもイケそうな気もするが、
まあさすがにこの辺は自転車乗りの意見を尊重しよう。


◯具体的な(安い)人気車種

グレートジャーニー1 (ジャイアント)
グレートジャーニー

【性能】
本体素材 アルミ
タイヤ種 マウンテンバイクタイプ
ハンドル ドロップハンドル
前ギア  トリプル

実売価格 約10万円

【総評】
長期旅行自転車の定番中のド定番。何が良いって、10万円でバッグが4つも付いている価格パフォーマンスである(もちろん荷台もついてくる)。長期旅行であればあるほど、資金が心配になってくるのでコストパフォーマンスは重要だ。2012verは防水バッグではないはずだが、そんなもんバッグの中にゴミ袋入れちまえばいいんだよ。バッグ以外にも、自転車の設計思想そのものが長期旅行向けに作られており、ペダルのクリップやドロ除けも標準で付いてくる。ぶっちゃけこれで間違いはないのではと思うが、あまりにもド定番で利用者が多く、町中で同じTシャツ着てる人に出会ってしまうような恥ずかしさがある。聞いた話としては、付属で付いてくるタイヤの耐久性が低いらしい。そんなもん、ダメになったら交換すればいいじゃん。紹介しているのはグレートジャーニー1だが、フラットハンドルタイプの2もある。有名メーカーの自転車ってのは毎年新作が発表されており、若干構成の異なる2011verや2010verを中古で買う方法ならさらに安い。やったね。


LGS-GMT (ルイガノ)
ルイガノ


【性能】
本体素材 アルミ
タイヤ種 マウンテンバイクタイプ
ハンドル ドロップハンドル
前ギア  トリプル

実売価格 約8万円

【総評】
グレートジャーニーに次ぐ定番。こちらの方が2万円くらい安いが、バッグなし。既に自転車用バッグをもっているとか、家に転がっているバッグを改造して使うとか、そういう人には良い。頑丈なキャリア(荷台)とドロ除けは付いているが、ペダルクリップはない。代わりにスタンドが付いている。こちらは色違いverがある。



グランドソノマTK (ライトウェイ)
ライトウェイ


【性能】
本体素材 スチール
タイヤ種 マウンテンバイクタイプ
ハンドル ドロップハンドル
前ギア  トリプル

実売価格 約6万8000円

【総評】
さらに安いモデルをお探しのあなたに。本体素材はスチールだが、キャリアはアルミで後ろだけ。バッグはないがドロ除けやスタンド、ライトも付いている。2008年モデルまで確認出来るが、それ以降のバージョンが売っていないので、ないのかもしれない。メーカー公式ホームページも見つからない。買うなら中古ということになるだろう。安いだけあって、良い点と悪い点が目立ち、タイヤホイールを車体から外す時に、クイックリリースではなくボルト絞めであること、タイヤとドロ除けのスキマが小さすぎて、小石を巻き込むことなどが、コチラのブログで報告されている。



CPB-810 (プログレッシブ)
プログレッシブ


【性能】
本体素材 アルミ
タイヤ種 マウンテンバイクタイプ
ハンドル フラットハンドル
前ギア  トリプル

実売価格 約9万8000円

【総評】
安いバイクはまだまだありまっせ。前輪後輪のバッグだけではなく、さらにハンドルバッグまで付いて10万円を切った高田社長もビックリのキャンピング車。5つの防水バッグに前後キャリア、ライトにスタンドにペダルクリップと全部乗せの一品、ワイルドだろう?ハンドルはフラットだけど、エンドバー付ければいいじゃん、気にすんなよ。特徴としては、前輪タイヤ用のサスペンション(衝撃吸収バネ)が付いていること。衝撃を吸収する点では魅力だが、壊れたら直しにくいし、重いし、推進力も吸収しちゃうし、ハンドルバッグに重い荷物積むとサスが下がりっぱなしと、判断の別れる部品でもある。大阪のメーカーの日本車で、たぶん流通量が少なく店頭で実車しずらいのが弱点か?



◯チャリダーが実際に使用している自転車の考察
(勝手に画像を使用しています。問題がある場合はご連絡下さい)

染谷翔の自転車世界一周ワロスw
アウトロースター号
(アウトロースター号 オーダーメイド)

この業界では有名人の染谷さんの自転車。バッグ抜き、キャリア込みでお値段なんと44万円とのこと。すごい簡単に説明すると、本体素材がスチールでサスペンションなしのマウンテンバイク。ドロ除けはナシ。市場に流通しているマウンテンバイクはアルミ製でサスペンション有りの商品が多い。染谷さんと同じ宿に宿泊した時、宿のオーナーに「君の自転車はいくらなんだい?やっぱ何十万もするのかね?」と聞かれたことがある。



自転車世界一周配達日誌
モンタナツアー
(Montana Tour KHS)

最近無事帰国された四宮さんの自転車。値段は多分10万円くらいだろう。ブログを拝見した限り、前後に日東キャンピーというキャリアを装備していると思う。あまり詳しくないが、ドロ除けが標準装備でサスペンション無しのマウンテンバイク。通常のお荷物だけではなく、お手紙も積んで世界を走られた自転車。KHSはアメリカのマウンテンバイクに強いメーカーだった気がする。



現代日本の秘蔵っこ、磯田よしゆきの自転車世界一周旅行
丸石
(エンペラーツーリングマスター 丸石)

同じく、最近帰国された磯田さんの自転車。ランドナーというツーリング車。伝統的で最近少ない車種である。丸石という有名な日本メーカーの自転車。ランドナーの特徴としては、タイヤの直径がロードとマウンテンの中間のサイズで、マウンテンバイク並に太い。最初からキャリアを装備することを念頭に置いた設計が施されている。キャリアはおそらく日東キャンピーを使用している。このモデルの値段は推測だが、9万円くらいかな。



自転車世界一周取材中
サーリー
(ロングホールトラッカー サーリー)

gigazinに連載を持っている遠藤さんの自転車。ロングホールトラッカーは確か長距離トラック野郎という意味でアメリカのメーカー。中古でフレームを買われたらしい。簡単にいうと、スチール製でサスペンション無しのマウンテンバイク。ハンドルを結構特殊な物に換装しており、前のキャリアは日東、後ろがちょっとわからない。ロングホールトラッカーの完成車(キャリアなし)の定価は、たしか13万円くらい。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

PC購入でお世話になりました。写真拝見していたら、グレートジャニー号でお遍路さんに行きたくなりました。
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
57位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。