スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ冒険家 襲名披露式典

2012/6/16

北尾


この世には! スポーツ冒険家 という職業が存在する!!


上記画像がスポーツ冒険家の双葉黒こと、
元横綱 北尾光司氏である。
wiki 北尾光司


もはや北尾のことを知っているとか覚えている人は、
30歳以上の腐れプロレスオタクと古くからの相撲ファンだけであろうが、
今日も俺は狭い範囲に叫び続けるつもりだ。


北尾のことを簡単に説明すると、
才能十分でありながら練習嫌いで後輩をいじめ、
優勝したこともないのに相撲教会から次世代横綱に推挙され綱取りに成功。

その後、以前からの態度もあり親方と喧嘩し、
相撲界を飛び出して廃業した異端児である。


プロレス転向後も自意識過剰のあまりまるで強調性がなく、
プロレス業界においても解雇。


その後、あのPRIDEやUFCなど初期の総合格闘技に参戦するも、
まるで良いところがなく姿を消した謎の人物である。


表舞台から姿を消した北尾は、
「スポーツ冒険家」という意味不明の職業を自称し、
スポーツ新聞などに連載を持っていたと記憶している。



この突き抜けた経歴と、
自称している職業の意味不明さが
俺の中でかなりツボになっている人物なのだ。



この北尾がPRIDEで引退式を行った際に、
自分で立ち上げた道場から魂の刀を伝授するという
またもや意味不明のセレモニーで観客の脳裏に疑問符を浮かせた。


今回、この意味不明の儀礼に習い、

私、元ニートことかにゃーおは、
自転車世界一周に向けて、

第二代 スポーツ冒険家を襲名致します!



自転車でユーラシア大陸の横断を目指すのだ、
スポーツ冒険家としての資格は充分であろう。


これでもう俺は旅行中も無職じゃない!
スポーツ冒険家なのだ!

ガチャピンを差し置いて二代目スポーツ冒険家を継承するのは
大変心苦しいものの、

謹んで、スポーツ冒険家道に不惜身命を貫く所存であります!




関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【スポーツ冒険家 襲名披露式典】

2012/6/16この世には! スポーツ冒険家 という職業が存在する!!上記画像がスポーツ冒険家の双葉黒こと、元横綱 北尾光司氏である。(wiki 北尾光司)もはや北尾のことを知っているとか覚えている人は、30歳以上の腐れプロレスオタクと古くからの相撲ファンだけであ?...

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
63位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。