スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独な旅人

2012/6/5

徳光


俺の持ちネタのひとつに、「24時間マラソン」というものがある。


24時間マラソンのゴールに見立てて、
疲労困憊の演技をしながらゴールラインに到達するネタだ。

もちろんゴール手前では、
首を振りながら誰もいない空間に手のひら突き出すジェスチャーで
「誰の手助けもいらない」ことを主張することも忘れない。


まあ俺は、24時間マラソンのゴールシーンなんて
一度も見たことはないのだが…。


テレビの華やかな企画と違って、
一人旅は孤独だと思われがちだ。


個人の特性によって、異なるかもしれませんが、
別に一人旅だからって孤独って訳じゃありません。


アメリカを横断している時は、自炊だろうが野宿だろうが、
人と話さなかったことは一日もありませんでした。

英語が苦手なので、
会話することに意識が向いて、
喋ることが楽しくなっちゃったのかも。

むしろグランドキャニオンで日本人観光客に話しかけてもらえなくて、
孤独を感じたことはありましたけど。
参考


あとは、20歳ごろのパチプロだった時は、
気がついたら3日ぐらい一言も喋っていない時がありましたね。


いつもの日常に孤独を感じるのはなぜなんでしょうね。


文豪の芥川龍之介ですら、
「ぼんやりとした不安」としか表現出来ないのだから
俺に解説など、そもそも無理なのかもしれない。


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【孤独な旅人】

2012/6/5俺の持ちネタのひとつに、「24時間マラソン」というものがある。24時間マラソンのゴールに見立てて、疲労困憊の演技をしながらゴールラインに到達するネタだ。もちろんゴール手前では、首を振りながら誰もいない空間に手のひら突き出すジェスチャーで「誰の手助け...

コメントの投稿

非公開コメント

博識ですねー。
芥川龍之介はその『ぼんやりとした不安』という詩を書いた翌日に自殺したんですよね。
日常に感じる孤独感というのが人間にとって一番キツイのかもしれません。

No title

エトーさん、微妙にわかりにくい
名前にしないで下さいよ(笑)
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
484位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
60位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。