スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーラシア大陸横断の出発時期について

2012/6/4

親子


◯アメリカ横断の反省点
さて、先日の自転車ミッション募集の記事にも書いたのだが、
ユーラシア大陸自転車横断の出発時期についてである。


前回のアメリカ横断における反省点は、
まずなんと言っても出発時期にあったと思う。

真冬の1月に出発したのだ、完全にアホである。

吹雪の日もあったし、寒すぎて命の危険を感じたこともあった。


なぜ冬場に出発したのかというと、
俺の誕生日は3月で、深夜特急に影響を受けたことから
26歳の内に出発したかったという希望があった。
参考リンク

さらに、最初の計画では
アメリカ横断後にそのままユーラシアに向かう予定であったため、
どうせ一年以上かかるなら出発時期なんて関係ねーだろという
見通しだったのだ。


完全に甘かった。


寒すぎてキャンプ場を利用出来ず、モーテル等を利用してしまい、
資金難に陥ってしまったのだ。


◯ユーラシア横断の出発時期
という訳で次回のユーラシア大陸横断の出発時期は、
少し慎重に考えたい。


東南アジアから出発する西周りのルートであれば、
冬でも暖かいので大丈夫だが、
出来ればヨーロッパから出発したいという希望がある。

ユーラシア横断の期間は、ゆっくりしなければ
1年かからないと踏んでいるので、
春ごろ出発すれば、一度も冬を越えなくて済む。


という訳で、おそらく今から9ヶ月後くらいが出発予定である。
今年の冬に出発する場合は、アジアからの西周りルートになるであろう。


もし、俺のブログと旅行記を楽しみにして下さる人がいたら、
大変お待たせすることになってしまい、申し訳ない。



◯一時帰国について
バックパッカーも含めて、
世界一周を計画している人は一時帰国を予定に入れている人は少ないのだが、
意外と一時帰国もいいものです。

なんと言っても、自転車旅行はしんどいので、
あまり無茶して続けてしまうと精神的にも疲れてしまって
楽しむことが出来ないと思う。
少なくても俺の場合は。

資金が豊富にあれば、物価の安い国で
長期滞在することによって英気を養うことも出来るかもしれないが。



◯今後のこのブログについて
実は一ヶ月連続で毎日ブログを更新しているのだが、
今後も出来るだけ毎日更新を心がけていこうと思います。

自転車旅行記や、装備品や各国の情報を書いている
ブログやウェブサイトは多いのだが、
今のこのブログは自転車旅行の魅力について語り続けるという
どこに需要があるのかわからない方向性に走っている。

よくもまあネタ切れしないものだと、自分でも驚いている。

ただ、自転車旅行について語り続けるという内容のブログは
他にない気がするので、需要がある限り続けてみたい。

なぜかアメリカ横断してた時より、アクセス数が多いのだ(笑)

あとは、ユーラシア横断に向けて、
有名サイトに連載を持ちたいなあと夢見ています。

(駄文とはいえ)毎日ブログを更新しているという熱意と
アメリカを自転車で横断したという一応の実績と、
雑誌編集者だった経験を活かして、
なんとかならないもんだろうか。


たとえば、Gigazinでは自転車で世界を一周している人が、
連載を持っています(最近帰国されたようだが)。
参考リンク

この連載をしている周藤卓也さんは、何かのオークションで
「自分の写真と経験売ります」と出品して
Gigazinが落札したらしい。

俺の場合は、別に金いらねえから連載させて欲しい気分。

知名度の高いウェブサイトに寄稿していれば、
帰国後に キャバクラで自慢 何か次の仕事につながりそうだ。




ということです。

今後ともよろしくお願い致します。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ユーラシア大陸横断の出発時期について】

2012/6/4◯アメリカ横断の反省点さて、先日の自転車ミッション募集の記事にも書いたのだが、ユーラシア大陸自転車横断の出発時期についてである。前回のアメリカ横断における反省点は、まずなんと言っても出発時期にあったと思う。真冬の1月に出発したのだ、完全にアホで?...

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。