スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅との比較

2012/5/29

猿岩石


北アメリカ大陸の自転車横断を終えて、
今度はユーラシア大陸の自転車横断を計画しているかにゃーおです。

ユーラシア大陸横断と言えば、
25歳以上の人はよく覚えていらっしゃるでしょう。

猿岩石の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅」を。






あの旅はルート的にミャンマーが陸路横断不可能であったことから、
飛行機を使っていた「やらせ」が発覚し、
話題になったことを覚えている人も多いのではないでしょうか。


そうなんですよね、
あれはテレビ番組ですから「失敗」とか「リタイア」はともかくとして、
「死亡」とか「失踪」なんてあってはいけない事態な訳です。

飛行機以外にもきっと色んなところで、
番組スタッフからの手助けがあったことが推測されます。

もちろんそれでも危険はあった訳ですし、
全てではないにしろ、
きっとガチで現地住民の車に乗せてもらったこともあったでしょう。


でも結局、猿岩石もドロンズもパンヤオも
ゴールはなぜか生中継の特番で放送されています。

こんなことありえるでしょうか?
ヒッチハイクという他力本願の移動方法で
テレビ局の都合の良い時間にピッタリとゴール出来ますか?


つまり、飛行機以外にも様々な場面で「やらせ」があったことは明白です。


でもまあ俺はそんなことを問題提起するつもりは全くないです。

テレビ番組はバラエティであっても「遊び」ではなく、
視聴率が求められるプロの仕事です。

俺も楽しんで見てたし、
面白ければそれでいいよ、
ニュースじゃないんだから野暮なこというなよ
って気持ちでした。


という訳で、ユーラシア大陸横断など
ヒッチハイクであっても
ガチンコで放送出来ないくらい危険な訳ですが、

自転車で横断なんて、いったいどれくらい危険なのか
想像もつきません。


しかもですよ、猿岩石は電波少年という人気番組で
毎週放送されるというキャリアップが得られた訳ですし、
帰ってからは一時的でも人気者になりました。

有吉の才能であればヒッチハイクがなくても
いずれ人気が出た可能性も多いにありますが、
あれで注目されたことも間違いありません。


それに対して自転車で横断する場合は、
旅費を自分で貯めて、再就職の保証もなく仕事を辞めて、
誰の手助けもなく危険地帯を自転車で走り続けるんですよ?

無事達成して帰国出来ても、
誰も俺のことなんて知りませんよ。

爆風スランプも来てくれません。


じゃあなんでこんなことするのかって言ったら
「楽しいから」という理由しか見当たらない。

そして、過酷な旅ほど自分を成長させることが出来る。
自分に自信を植え付けることが出来る。

つまり楽しい修行なんです。

世界最大の大陸が俺を呼んでるんだよ。


危険なことぐらいわかってんだよ、
社会的な成功に繋がらないことも知ってるよ
ほとんど理解されない価値観だってことも理解している。


俺だって死にたくねえよ、
アメリカ横断した時だって
リアルにやべえなって思ったこともあるよ。

でもやるんだよ。

挑戦してダメだったら諦めるけど、
やる前から色んな理由付けて辞めてしまったら
俺はきっと一生後悔する。

もう俺引き返せねえ道に入っちまった。


もし、万が一、ユーラシア横断に挑戦出来なかったり、
もしくは挑戦して途中で断念/失敗した時に、
俺の意思を継いでくれる人を
このブログを書くことによって探している。

このブログは俺の保険でもあるのだ。

旅に有用な情報は全部このブログに書くから
失敗したら誰か継いでくれ。




関連リンク

wikipedia 猿岩石

猿岩石みたいにユーラシア大陸ヒッチハイクをした人はいますか?

猿岩石などについてどう思いますか?

猿岩石 ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅 動画まとめサイト

amazonレビュー 猿岩石日記〈Part1〉極限のアジア編―ユーラシア大陸横断ヒッチハイク (角川文庫)

猿岩石裏日記
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅との比較】

2012/5/29北アメリカ大陸の自転車横断を終えて、今度はユーラシア大陸の自転車横断を計画しているかにゃーおです。ユーラシア大陸横断と言えば、25歳以上の人はよく覚えていらっしゃるでしょう。猿岩石の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅」を。あの旅はルート的にミ?...

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。