スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の終わりについて

2012/5/12

不安


誰にでも将来の不安はあるが、
自転車で世界一周を目指すくらいのバカにとって将来の不安は
人並みならないものがある。





余計なことを考えたら、世界一周の目標は達成出来ない気がするので
つい目をつぶってしまいがちになるが、
真面目に考えなければいけない議題かもしれない。



◯目標

無事に自転車でユーラシア大陸の横断を終えた場合、
俺は大きな人生の目標を失ってしまうんじゃないだろうかという恐怖がある。


アメリカ横断を達成する前も一抹の寂しさがあった。
また俺の青春が一つ終わる気がした。

もう俺は27歳なので青春青春言ってられる年齢ではないのだが、
だからこそケジメが欲しい。

世界一周が終わったら、これで俺の青春は終わりであるいう
ハッキリとした目印にしたい。

普通は恋愛や結婚や出産などの経験を経て、
自分より大事なものが出来た時に、
自分の青春がどうとか、そんなことはどうでも良くなって
終わってしまうのかもしれない。

だけど俺は残念ながら結婚や出産どころか彼女すらいない状況であり、
結婚など真面目に考えたこともないし、近いうちに出来そうもない。


まあこうして日記を書いてみて思ったのだが、
ユーラシア大陸横断を終えたあとの目標は彼女を見つけることであることが
今わかった(笑)

結局、青春終わんねえ気がするけど、
ちゃらんぽらんとした生活は終えようと思う。



◯仕事

普通に考えれば
青春とか恋愛がどうとかそんなことよりも
帰国後の仕事をどうするかという問題の方が大きい。

ハッキリ言って自転車で世界を横断した日本人なんていっぱいいる。
その中で作家として俺が知っている人は石田ゆうすけさんぐらいだ。

ishida1.jpeg

石田さんは7年以上かけて世界各国を巡った人であり、
たかだかアメリカとユーラシアを横断したぐらいでは旅行作家になるなんて
とてもじゃないが、経験不足。

まあ、経験が不足しているなら追加でいくらでも旅をしてくればいいのだが、
経験というよりも作家になるんなら文才の方が重要だ。

普通、旅作家というのは、それ以外のジャンルの小説などで
認められた人が挑戦するものであると思う。


別に毛嫌いしているわけじゃなくて、
旅作家になって食っていけるくらいならなってみたいもんだが、
小説家になるなんて世界一周より夢物語だと思う。

すでに俺に文才の兆候があれば可能性もあるかもしれないが。


というか、すでに石田ゆうすけさんがいるのだ。
出版不況の業界に二人も自転車旅行作家が必要だろうか、
ほとんど同じことしてんのに。

さらに言えば、俺のこのブログを書籍化するのも
このままでは難しい。
俺は雑誌の編集をしていたからわかるとかそんな難しい話じゃなくて
時々調子にのって著作物である美味しんぼの画像などを
アメリカを横断した時の日記に無断で掲載しているからである(笑)
参考

まあこんな画像はちょっと消せばそれでいいんだけど、
書籍化してまともな売り上げを狙うには
自転車旅行だけじゃなくてもう一つ目を引くアクセントが欲しいな。
たとえば自転車無銭旅行とか、そんな旅は危険すぎるけど(笑)
なんかアイディア募集ということで。




あと、自転車旅行を終えたあとは講演活動とかしている人もいるらしい。

sakata.jpeg

別になんの文句もないけど、そーいうのは俺は恥ずかしくて気がのらないかもなあ。

まあ生活が安定するぐらい金くれるんならいくらでもやるけど。

自転車で世界を巡った人の講演って、想像だけど
多分学校とかでやるんでしょ。少年少女に夢と達成を教えるとかそんなテーマで。

う~ん、学生時代の俺みたいなヤツに講演とかすんのか、
気がのらないな(笑)


もちろん、次の世代に自分の経験を伝えたいという欲求はある。
自分の中で世界一周を終えてしまうのはもったいないという気がするし
自転車で世界一周なんてバカなことを意味あるものに変えるためには
誰かに伝える事が重要だからだ。

でもそうした誰かに伝えたいという欲求は
このブログで達成してしまっているしな。


一番理想的な話しとしては、
このブログに張ってあるアフィリエイトやアドセンスの広告から
ある程度収入があるだけでも生活はずいぶんラクになりそうだ。

物価の安い国なら月数万の収入でもやっていけそうな気がするけども。
どうなんでしょう。


おかげ様をもちまして、
最近このブログは一日平均50アクセスくらいあります。

個人ブログのアクセス数の一日平均は、
8割くらいの人が50未満という調査結果を見たことがある。

つまり俺はギリギリ上位2割に位置しているわけで、
現在の総アクセス数は4000ぐらいです。


アメリカを自転車で横断して4000アクセスを集めたこのブログの
総アフィリエイト収入を教えてあげましょうか?

約3000円ですよ?

自転車でアメリカ横断して3000円ですよ?
どうやって生活するんですかこんなんで。


いやこれからもっともっとアクセス数を増やすことが出来れば
話は別かもしれませんけど。

でもねアクセス数が上がっても、
自転車で旅行する人口なんて限られてるんハズなんだよ。


今のこのブログの一日50アクセスの読者様は、
自分でも自転車旅行しちゃうくらいのコアな人が多いと思う。

もしこれからこのブログのアクセス数が爆発的にあがったとしても
自転車旅行をしない読者様も増えるんじゃないかな。

このブログの広告は自転車旅行に関係した商品が多いから
アクセス数があがっても、それで正比例して広告収入が増えるとは思えない。


もちろん、このブログの目的は楽しんでもらうためであって
金を稼ぐために始めたものじゃないよ。


だから別に稼げなくてもいいし、
アフィリ収入なんて隠すのがほとんどなのに
こうして発表したわけですよ。

むしろこの3000円の収入に感謝していますね。

調べてみたかぎり、ブログの広告収入なんて
もっと稼げないはずなんです。

このアクセス数でベタベタ広告も張っていないのに
3000円も頂けるなんて、これは俺に対する信認投票ですよ。

ほんとありがたい限りです。


いやーしかし他人のブログの広告収入は気になるもんだよね。
だれかこっそり教えてくんねーかな。



本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ
あびる やすみつ
秀和システム
売り上げランキング: 16665



関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【旅の終わりについて】

2012/5/12誰にでも将来の不安はあるが、自転車で世界一周を目指すくらいのバカにとって将来の不安は人並みならないものがある。余計なことを考えたら、世界一周の目標は達成出来ない気がするのでつい目をつぶってしまいがちになるが、真面目に考えなければいけない議題か?...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わたしは0円です。キリッ
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
39位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。