スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ ATM利用方法

まず、俺はリスク分散のため2つのカードを用意しました。
郵便貯金の口座から引き落とされるVISAのクレジットカードと
楽天のネットバンクの口座から引き落とされる楽天デビットカードです。

詳しくはクレジットカードのお話というページにも記載してあります。


まずクレジットカードについてですが、
何枚か持って行きましょう。ない人は仕事しているうちに作りましょう。

特に限度額が少ないと結構使えなくなります。
旅行序盤で、航空券などをクレジットカードで決算すると
限度額に達しやすいので注意が必要です。

俺は実際に旅行序盤で限度額に達して使えなくなってしまったのですが、
楽天のデビットカード(国際キャッシュカードとしても使える)が
非常に役に立ちました。というかないとヤバかったです。


デビットカードもほとんどクレジットカードと同じように使えました。
逆にクレジットカードいらねえんじゃないかと思うくらいです。


現金の引き出しにおいても、
クレジットカードのキャッシングより有利ですので
国際キャッシュカードはあった方が絶対に良いと思います。

※あまり詳しくないのですが、
クレカのキャッシングはいわゆる借金扱いなのでそれなりの利息が発生します。


また楽天デビットカードだとネット口座なので、
ネット環境があれば口座内の金額が確認出来るので便利です。

郵貯口座も手続きをすればネットで口座の確認が可能ですが、
手続きが面倒です。

俺はその手続きをやらなかったので、自宅の母に連絡をとって
郵便貯金の通帳をATMに入れてもらって残高の確認をしておりました。


クレジットカードの種類についてですが、
(VISAとかマスターカードとかJCBとか)
アメリカでは圧倒的にVISAが多いです。

JCBに勤めている知り合いがいるので、
あんまこんなこと言いたくないのですが、
JCBは全く使えなそうな気配がしました。


ご存知の通り、アメリカはカード社会ですから、
ほとんどのお店や安宿でもカードが利用出来ます。

ただし、屋台などでは使えませんし、
レストランのチップなどで必要になりますし、
金払うから車に乗せてくれとかヒッチハイクの交渉をする時などで
小額は必要になると思いますので、
ある程度は現金を持っておいた方が良いでしょう。


ATMはコンビニの中にあります。
なぜかアメリカですと、ATMが道ばたにあったりするんですが
治安の良くなさそうな大都市では
店舗内にあるATMを使った方が安全だと思います。


ATMの使い方についてですが、
ATMの種類によって若干異なりますが、おおむね同じです。

日本のATMではまずカードを入れて
手続きが終わると現金とカードとレシートが出てきますが、
アメリカのATMはカードを入れたあとすぐ引き出します。
そのあと手続きを行う流れです。
ATMの故障でカードが出てこないという心配はあまりなさそうです。


ATMの使いかたですが、
まずカードを入れて引き出します。次に言語を選択します。
英語とスペイン語が選択出来ます、
(スペイン語があるのはメキシコ移民が多いからでしょうか?)
日本人街があるロサンゼルスでは日本語が選択可能なATMもあります。
下記写真のATMなら日本語使用可能ですが、

IMG_4150.jpg

ロス以外では日本語はありませんでした。
日本語が使えると言っても、
手続きの選択項目は結局英語になるのであまり意味はありません。

だいたい下記の流れで手続きを済ませます。


・カードを入れて引き出す
  ↓
・使用言語選択
  ↓
・口座番号入力
  ↓
・Creditを選択
  ↓
・Withdraw(引き出す)を選択
  ↓
・金額を選択(20ドル単位で選べる、最高は200ドル)
  ↓
・ATM利用料で2~5ドルかかりますと表示されるのでagreeまたはenterを選択
  ↓
・レシートいるかい?と表示されるので選ぶ
  ↓
・終了


ちなみに俺は財布とパスポートをスボンのケツポケットに入れて
自転車に乗っておりました。

日本の習慣でケツポケに財布を入れていたんですが、
普通に考えたら財布とパスポートをケツポケに入れたら
自転車を運転しにくいです。

それに気がついたのは出発から二ヶ月も経ったあとでした
アホですね、


◯お札と小銭について

アメリカは1ドルのお札とコインがあるそうですが、
基本的に1ドルのコインは流通していません。
日本のイメージで言えば100円札を使うことになるので
若干違和感はあります。

お札には1ドル5ドル10ドル20ドル50ドル100ドルとあるんですが、
50ドルと100ドルはあまり流通していません。

偽造が疑われて小さいレストランとかじゃ使用を拒否されるとか。

基本的に最高紙幣は20ドル札と思っても間違いじゃないでしょう。

お札にはそれぞれ金額が記載されているので問題はないんですが、
問題は小銭です。

日本のように金額が数字で記載されていないんです。
25セント硬貨があるんですが、英語でクオータードルと書かれています。
わかりにくいですね。

IMG_0324.jpg

左から1セント、10セント、5セント、25セントになります。

10セントより5セントの方が大きいあたりが
日本のイメージとは違いますし、

5セントと25セントの見分けがつきにくいのも慣れるしかありません。

俺は旅行序盤の時、小銭が理解出来なかったので
レジで小銭を全部出して店員さんに確かめてもらいました。

よっぽど怪しいお店じゃなければ、
おつりをちょろまかされたりはしないと思いますが。




◯参考リンク
楽天銀行デビットカード 海外ATMサービス


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【アメリカ ATM利用方法】

まず、俺はリスク分散のため2つのカードを用意しました。郵便貯金の口座から引き落とされるVISAのクレジ記載してあります。まずクレジットカードについてですが、何枚か持って行きましょう。ない人は仕事しているうちに特に限度額が少ないと結構使えなくなります。旅行序?...

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
548位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
55位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。