スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のおたより

2012/4/5

手紙


はい、先日いただきましたコメント


>お疲れ様
>せっかく貴重な体験をしたのだから
>アメリカの感想など、思い出しながら書いてくださいな。
>アメリカ人のこと、アメリカと日本の違いなど、テレビや映画で
>見たアメリカとの違いとかいろいろなんでも・・・


おっしゃる通りですね。

俺の日常とか誰も興味ないわけですから、
旅の感想や経験を書いていく方が、
このブログをご覧になっている方にとって有用なはずです。





IMG_3753.jpg


◯治安について

さて、アメリカの感想というか海外への長旅についてなんですが、
思ったより危険じゃなかったというのが一つの感想ですね。


外務省の安全対策データなどを見ていると、
先進国のアメリカであっても、
日本よりものすごい危険なように書いてありますし、
実際危険なのかもしれませんが、
体感的には平和でした。


外務省の海外安全対策のページを見ていると
ハッキリいって旅行に行く気がなくなります。

アメリカなんてまだ良い方で、
南米、アジア、アフリカの地域についての
安全対策のページを見ると、
紛争強盗殺人テロ詐欺師の注意情報オンパレードです。


いや、確かに危険度は増すと思うんですが、
どんなに危険な町であっても、
その町に暮らしている人間はいるわけであって、
あまりにも治安が荒れてしまうと
商業施設が成り立たなくなって
町としての機能を失ってしまうはずです。


したがって、そんなことろに行ったらおしまいなんて地域には
そもそも入ることが出来ないはずです。


むろん、外務省の仕事のひとつは邦人の保護ですから
細かい注意情報を書いて、危険を勧告するのは当たり前です。


しかし、南米やアジア、アフリカを旅しているバックパッカーは
腐るほどおりますし、バックパッカーに比べたら数は減りますが
自転車で世界各地を旅した人間もいっぱいおります。


日本は世界でも有数の安全な国ですから、
海外は危険という認識があるのもわかりますが、
これは偏見も含まれていると思います。

例えてみれば、
田舎に住んでいるおじいちゃんおばあちゃんが
「東京は危険なとこじゃ」と言っているようなもんで
東京で生まれ育っている俺からしたら
田舎もんがほざいてるよぐらいなもんです。


歌舞伎町は犯罪発生率が日本平均の200倍という話を聞いたことがあります。
実際、ヤクザもいっぱいおりますし危険と言えば危険ですが、
普通の人もいっぱいいる繁華街です。


ちなみにヤフー知恵袋で海外自転車旅行の質問に答えているやつらは
知ったかぶりの嘘ばっかりです。(リンク

例えばですね

>郵送料がバカ高いのであちらで購入して捨ててくる気持ちでいったほうがいいと思いますよ。
アホか、2万ですむわ

>長距離を運転すると自転車も痛みが激しくなりますしロードバイクはやめておいたほうがいいです。
ロードで横断してるヤツも腐るほどいるわ

>州によっては自転車にはとんでもない信じられないような交通ルールがあったり、
ないわボケ

>またタダでさえ車の運転がヘタクソなアメ公
車社会だから運転上手いヤツは上手いわ

>アメリカ横断は1万キロ以上の距離で、
5000kmだろ

>本格的な自転車野郎ですら達成できたら「偉業」でしょう。
パンクの修理も出来なかった俺はどうなる




IMG_3680.jpg


◯文化

最初に感じた文化の違いは「挨拶」ですね。

街中の人がフレンドリーに話しかけてくれます。

コンビニの店員とかホテルの受付の人も
日本とおなじく挨拶をしてくれますが、
日本の挨拶と違って、返答を求めてくる挨拶ですね。

「how are you?」という挨拶は、
直訳すると「元気ですか?」になるわけですけど、

これは挨拶のひとつであって、
疲れてしょんぼりしている人にかける言葉ではないです。

日本のこんにちはと違って疑問文ですから、
「Im fine」と返答する必要があるわけですね。

まあめんどくさいと言えばめんどくさいですけど、
会話を求めるフレンドリーさの現れだと思います。

日本はほぼ全ての人が常識を共有する大和民族ですが、
移民が流入する地域では、会話で意思の疎通を行う重要性が
増すのではないのでしょうか。


驚くべきことと言えば、
あなたはロクに日本語が喋れないアメリカ人が
自転車で日本を縦断しているとしたら、
声をかけてお酒をおごり、家に泊めてあげることが出来ますか?

このへんはアメリカ人のノー天気さが出ている良い部分だと思います。

アメリカの治安というページにも書いたんですが、
人種差別も受けなかったですね。

あとアメリカ人は車のマナーが意外と良いですね。


室内でクツを履く文化は有名なところです。
クツを脱ぐ時はベッドに入る時だけのようですが、
ベッドの上に寝転がる時すらクツを履いているみたいですね。

モーテルに行くと、クツ履いたままベッドに転がれるようの
布団カバーがついてました。

どう考えても室内ではクツを脱いだ方が衛生的だと思うし、
雨がふったらどうするのかまではわかりませんね。

あと車社会のせいか、傘とか全く売ってないし
使っている人もいません。

さらに言うと車社会のせいか、クソ寒くてもTシャツだけの人とかいますね。

車の中や家の中は暖房効かせているから平気なんだと思います。



IMG_3577.jpg


◯自然環境

アメリカ西部の乾燥と日差しはハンパじゃないですね。

アメリカ人がガム噛んでグラサンかけている理由がわかりました。
ガム噛んでないと口が乾燥するし、グラサン付けてないと目がやられます。


あとは道路に動物の死体が転がっているのが目立ちますね。

あらゆる小型の動物から鹿ぐらいの大型動物まで
死にまくってますね。

一度カワウソが転がってましたね。
近くに川もないのにどっから来たんだよ。


道路で言えば、高速道路が無料だから料金所もなくて素晴らしいですね。
日本の高速道路財団とか完全に不必要だなと思いますね。
なんで税金で作った道路を通るのにさらに金払うんでしょうかね。
いつまで払えばいいんですかね。死ねばいいのにね。


映画でわかるアメリカ文化入門
奥村 みさ スーザン・K・バートン 板倉 厳一郎
松柏社
売り上げランキング: 217456




関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【本日のおたより】

2012/4/5はい、先日いただきましたコメント>お疲れ様>せっかく貴重な体験をしたのだから>アメリカの感想など、思い出しながら書いてくださいな。>アメリカ人のこと、アメリカと日本の違いなど、テレビや映画で>見たアメリカとの違いとかいろいろなんゃる通りですね。...

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
625位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
66位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。