スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突入せよ!アパラチア山脈事件 旅行73日目

2012/3/21 アメリカ東部 ペンシルバニア州 グリーンズバーグ~ペドフォード
クリックで地図

Thank you.
Young couple!



これからのルートはいよいよアパラチア山脈越えとなりやす。

アメリカ西側の山脈地帯を思い出すなぁ。


IMG_4674.jpg


モーテルに洗濯物を忘れて取りにもどり、
いきなり出遅れてしまったが、今日もいっちょ頑張ってみますか。





IMG_4675.jpg


これからこの山を越えるのだ。


IMG_4677.jpg


越えたいか越えたくないかと言ったら
こんな山をわざわざ自転車で登りたくないよね。
そりゃあね。


IMG_4678.jpg

IMG_4679.jpg


必死こいて自転車を漕いだり歩いて押したりで登り続ける。

たぶん今の俺の顔は、
筋肉番付で綱引きやってる中山きんにクンみたいになってる。

俺も事実上の筋肉留学だしなぁ。


IMG_4682.jpg


午後からは曇りで向い風。

なぜか頭の中に「向風 進」という名前が思い浮かび、
こびりついて消えなくなってしまった。

いや、そんな名前の知り合いなんて一人もいないんだけどな。

でも多分、進クンのお兄さんは「向風 強」だ。


そんなことはどうでもいいんだけど
午後三時過ぎ、ボズウェルという町に着いた。

モーテルからタレ流されているフリーwifiで
インターネットにつなぎ、今日の進路を模索。


どうやらこの町を過ぎると、
40kmにわたって宿無し区間となってしまうようだ。


通常であればこれくらいの宿無し区間は珍しくないし、
午後3時くらいなら迷わず走るのだが、
今日の進路は急激なアップダウンが続く山道。

走りきれるだろうかと心配になる。

しかし、グーグルマップに表示されない
小さいモーテルがあることも多いので
おそらく大丈夫であろうという楽観論に賭けて出発。


まあやっぱりこの判断は大間違いであって、
道はさらに急なアップダウンが続いていた。


登り道は自転車を押して歩き、
下りは自転車に乗って進むスタイルなのだが、
平均時速はたったの8km。


遅まきながら、とてもあと40kmを明るいうちに走ることは
無理であると気づかされる。

ヘッドライトを失くしてしまったので
夜道を走るには危険が多すぎるのだ。

しかも水までなくなってしまった。


どっかで適当に野宿するにも水がないと辛いので、
あと30分もすれば真っ暗になってしまう状況の中、
道沿いの民家に助けを求める。

民家からは「あと一歩」というぐらいヨボヨボのばあさんが登場。

水をもらったあとに、近くにモーテルがないか聞いてみたのだが、
あまりにも老いてしまったばあさんの英語は全く聞き取ることが出来ない。


言葉では意思の疎通が不可能と判断したばあさんは、
メモに地図を書いて渡してくれた。

はっきり言ってメモの地図すらヨレヨレの文字で
ほとんど判別不可能なのだが、
どうやら2km先のガソリンスタンドの横にモーテルがあるそうだ。

やっぱりグーグルマップに表示されないモーテルもあるもんだな。


去り際にばあさんは、凍った冷凍ピザをくれた。

親切心で頂いた食べ物に文句をつけてはいけないのだが、
このばあさんちょっとボケているんじゃないだろうか?


不安を抱えながら、真っ暗闇の中を進んで行くと
ガソリンスタンドを発見。

店員にモーテルの場所を聞いてみると
「そんなもんないよ」
という恐ろしい答えが返ってきた。


やっぱりあのばあさん、ボケていたのだ。


どうしたもんかなと悩みながら
凍ったピザをかじっていると、
小型トラックに乗った若いカップルが給油にやってきた。


ダメもとでヒッチハイクしてみたらこれが大当たり。

ガス代払うから次の町まで乗せてくれと頼んだのだが、
「お金はいらないよ!」というお返事。

このカップルが実に親切な方々で、
次の町まで連れて行ってくれるだけではなく、
モーテル探しにまで付き合ってくれた。

探しあてたモーテルは33ドルで部屋も奇麗。

連絡先を交換したあと、
別れを告げた。


IMG_4684.jpg



もうすぐアメリカの旅が終わりだと思うと寂しい。


連合赤軍「あさま山荘」事件―実戦「危機管理」 (文春文庫)
佐々 淳行
文藝春秋
売り上げランキング: 131829



関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【かにゃーおの世界一周自転車漫遊記】

2012/3/21 アメリカ東部 ペンシルバニア州 グリーンズバーグ~ペドフォードクリックで地図Thank you.Young couple!これからのルートはいよいよアパラチア山脈越えとなりやす。アメリカ西側の山脈地帯を思い出すなぁ。モーテルに洗濯物を忘れて取りにもどり、いきなり出...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

金尾さんへ
いよいよアパラチア越えですか?
読んでいるとなかなか大変そうですね。
私は地理の時間によく「ロッキー山脈は険しいけれど,
アパラチア山脈はそれほどでもない」なんて
見てきたような話をするのですが,
次回からは金尾報告を取り入れて
授業の内容を変更したいと思います。
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
40位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。