スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町を彷徨う男 旅行68日目

2012/3/17 アメリカ東部 オハイオ州 ゼーンズビル~バーンズビル
クリックで地図


今日はさすがに晴れた。

ゼーンズビルの中心地を見学しながら
次の町を目指すお。


IMG_4594.jpg



IMG_4596.jpg


まだまだ枯れ木ばっかりだが

暖かくなったので
花が増えてきた。


IMG_4602.jpg



あと一ヶ月もすれば、
アメリカは緑に覆われるのだろう。


さて、まだ耐えられる範囲なのだが、
今朝から右ふとももの付け根が痛い。

明らかに自転車の漕ぎ過ぎで、
カラダの回復が追いついていない。

しかし、日程的にも金銭的にも
休むことを許されていない俺は
馬車馬のように自転車を漕ぐ。


あれ、


IMG_4609.jpg


馬車馬さん、何してはるんですか!


このへんは馬が多くて雰囲気出てるな、
ダビスタみたいな牧場もあったで。


IMG_4603.jpg


アメリカには馬だけではなく鹿もいっぱいいる。


「アメリカ人は馬鹿」というのはどうやら本当の話だ。


つまらん冗談を言っているヒマはない。

進め!進むのだ!!


IMG_4604.jpg


途中のケンブリッジという町に到着。


IMG_4605.jpg

IMG_4607.jpg


さっそくマクドナルドでネットに繋いで、
走行ルートを確認。

今日はモリスタウンという町のモーテルかキャンプ場に
行く予定なのだが、
ハイウェイを走らないとかなり遠回りになってしまうので、
ケンブリッジの町を出て10kmほど行ったところの
ジャンクションでハイウェイに突入。

自転車走行禁止の看板はないし、
以前自転車走行禁止のハイウェイを4日間くらい走って
一回しか捕まらなかったので、たった10~20kmくらい
大丈夫であろうと考えたのが、甘かった。


ハイウェイ突入の30分ほどで
パトカーに捕まる。


前回捕まった時はとても親切なお巡りさんで
むしろ捕まって良かったくらいなのだが、
今度のお巡りさんは厳格な人で、

「次の出口でハイウェイを降りるんだ。
  あと次にハイウェイを走ったら自転車を没収して刑務所だぜ!」

と怒られてしまった。

英語が不得手な俺に対して、
お巡りさんはジェスチャーを交えて注意してくれたのだが、

「刑務所」を説明する時、
「プリズン」と言いながらコレだぜと両手を揃えてくるので


IMG_4615.jpg


なんだか笑ってしまった。


パトカーの先導のもと、次の出口まで走り
ハイウェイを降りる。


目的の町まで直通の道を失ってしまったので、
南にあるバーンズビルという町に進路変更。


もう時間は7時すぎなのだが、
最近は8時前まで明るいので助かった。


バーンズビルの町につくと、
サブウェイがあったのでサンドイッチを購入。

サブウェイの店員にモーテルの場所を聞くと
この町はそこそこ大きい町なのにモーテルがないらしい。
もちろんキャンプ場もない。


16km先に当初の目的の町であったモリスタウンはあるのだが、
もう真っ暗で町を出たら多分道が見えない。

先日のトルネードから避難したゴタゴタで
ヘッドライトをなくしてしまったので
ライトを購入するまで暗い夜道を走りたくないのだ。

仕方がないので、
コンビニの店員に事情を説明すると、
「ベッド&ブレックファースト」という施設が
この町にはあるらしい。

よくわからないが、言われた通り道を進んでいくと、
一日から一週間の単位で部屋をレンタルする
アパートが見つかった。

これで助かったと思ってドアをノックしてみたのだが、
誰も出てこないし、誰もいなそうだ。


もはや万事休すと
野宿場所を探して夜の10時に町を彷徨う。

幸い治安が良さそうな町で助かった。

警察署の近くにベンチがあったので
もうここで朝まで待機するかなと
考えていたら、

ミッキーカーチスみたいなおっさんが歩いていたので、


カーチス


旅の事情を説明し、安全に野宿出来る場所がないか聞いてみると

「アメリカ横断してんのか、そいつはグレートだな!
  俺の所有している空き地があるからそこでキャンプすればいいよ」

と語り、親切に場所を案内してくれた。

カーチスは道案内する途中、
パトカーの警察官に
「コイツを空き地にキャンプさせるから捕まえないでくれ」
と説明してくれたので、これなら大丈夫そうと安心してついて行くと、
ちょっと丘になっている土地に案内してくれた。


カーチスにお礼を言って
早速テントを設営し就寝。


日本にいるころと違って
色々アクシデントが起きてそれは楽しいのだが、
やはり危険をはらんでいる。

これまでは見ず知らずの人の親切で助かっているのだが、
それもいつまで続くものか…。


おれと戦争と音楽と
おれと戦争と音楽と
posted with amazlet at 12.05.20
ミッキー・カーチス
亜紀書房
売り上げランキング: 46292


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【かにゃーおの世界一周自転車漫遊記】

2012/3/17 アメリカ東部 オハイオ州 ゼンーズビル~バーンズビルクリックで地図今日はさすがに晴れた。ゼーンズビルの中心地を見学しながら次の町を目指すお。

コメントの投稿

非公開コメント

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
65位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。