スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車通勤推進委員会

2015/1/14

F022-ECO.gif


俺は生まれてから一度も「地球のため」を考えたことはないが、
エコロジーという言葉は世間に氾濫している。

もはや本質的に環境のためというよりは、
良い響きの言葉として商品やサービスのアピールポイントになっている。

家電量販店で働いていた俺としては、
数年前のエコポイントをよく覚えている。

普通に考えれば家電を大切に使う方がエコだと思うが、
経済的観点から環境に優しい商品を売りたいということだろう。

環境に優しくしたいのではなく、商品を売りたいのである。


経済戦略を否定するつもりもないけど、
エコポイントをつけるなら自転車につければいいのにと
当時よく思っていた。


最近また自転車通勤を初めているのだが、
こりゃやっぱり本当に良いね。


Unknown.jpeg


ダイエットにも運動不足にも環境にもお金の節約にも最適だ。

俺は基本的に運動嫌いなので、わざわざジムに行って運動なんて出来ない。

俺の場合、東京の立川駅から新宿駅までの30kmを電車通勤することはよくあるのだが、
体調や天候さえ良ければ自転車で通勤すべきだ、時速15kmで2時間である。

家から立川駅、新宿駅から職場まで歩くとすれば、1時間はかかる。
つまり1時間追加するだけで自転車通勤は可能である。往復で2時間。

ジムに行って2時間運動するくらいなら、自転車通勤をすべきではないだろうか?


このブログで世の中に訴えたいこととしては、
ぜひ自転車通勤をする人にも、電車通勤の費用を払うべきだ。

その会社が環境問題に取り組んでいるんならなおさらである。

立川から新宿まで電車賃で往復900円以上である。
一週間で5000円、一ヶ月で2万円、一年で24万円だ。

今の時代、年収300万円の人なんていくらでもいると思うが、
給料一ヶ月分がもらえるのはデカい。

ダイエットが出来て、運動不足に悩まず、お金がもらえるのである。

お金がもらえるなら自転車通勤をする人は増えるだろう、
天候や体調が悪い日は電車で行けばいいのである。


スポンサーサイト

自転車旅行中のココロとカラダの変化〜にんげんのぜんぶ〜

2015/1/12

Unknown-1.jpeg


自転車旅行中に自分が少しずつ変わっていくことも好きで、
今日はその事について語る。


あくまでも自分の場合は、ということになるのだが、
まずは当然ながら肉体の変化だ。


Log-BurntheFat.jpg


基本的に俺は旅行中以外デブなので、
自転車旅行に慣れ始めたあたりから腹がへっこみ始める。

二週間か10日くらいで、明らかにへこむ。
走行距離で言えば1000kmぐらいからであろうか。

これは中年男性に多い内臓脂肪が燃焼しているためで、
内臓脂肪は皮下脂肪に比べて、優先的に燃焼されるらしい。

一ヶ月、二ヶ月と経ってくると、今度はほっぺたの肉がくぼみ、
皮下脂肪の減少が確認出来るようになる。


アメリカ横断では5000kmぐらい走って、
体重は5kgぐらいしか落ちなかったが、
筋肉が増えているはずなので、
脂肪だけで言えば7kgぐらい落ちたかなと推測している。

ちなみに自転車は遅筋が発達する長距離有酸素運動なので、
ボディビルダーのように筋肉が膨らむのではなく、
マラソン選手のように体が締まる。

俺の太ももの筋肉量は運動していなくても、
かなりの量があるのだが、自転車旅行中や旅行後は
脂肪の減少もあって少し細くなる。


20100409140348a21.jpg


精神面の変化としては、まずは食欲である。

極度にカロリーを消費した状態で、
運動を終了し休憩が終わると、
凶暴な食欲に支配される。

行動食として途中休憩の間に、
チョコレートなどを食べているにもかかわらずである。

味がどうとか言うより、
エネルギー源として炭水化物を持ってこい!と
体の全体から凶暴な食欲が湧いてくる。

さらに筋肉の修復のためにたんぱく質が必要だ!と
両足の太ももが訴えるのである。

体重の増加を気にせず、
サイヤ人のように食事を採りながら
強烈な食欲を鎮めるのが大好きだ。


この凶暴な食欲はなぜか自転車旅行中以外では、
俺の場合発現しない。

安全で安定した環境では、同じくらいお腹が減っていても、
凶暴にはならないのかもしれない。


さらに旅行中でしか味わえない状態が、野宿の連チャンである。

最初は「強盗に襲われたらどうしよう?」などと怯えているのだが、
野宿に慣れ始めると「かかってこいや!」と開き直って眠るようになる。

自転車で大陸横断した男たちの飲み会

2015/1/7

shuugou1.jpeg


自転車旅行している人達で飲み会しました。

さすがに飛び入りする人はいませんでした(笑)

写真に映っている人は、
全員自転車で大陸を横断したことがあるというアホの集まり。


imagesayawaki.jpeg


アメリカ横断を達成して帰国したばかりの主役の鞘脇さん。
わざわざこの飲み会のために九州から東京にきていただきました。


やっぱりね、同じ経験をした人でないと
わかりあえない部分って多いから初めて会った人でも
話ははずむし、とても楽しめました。


「俺もこれから自転車旅行行きます!」なんて人は、
連絡していただければ、飲み会にお誘い致しますんで、
よろしければどうぞ。
かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。