スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲み会のお知らせ

2014/12/31

2015年1月3日に東京の新宿で、自転車旅行関係の飲み会を行います。
10人くらい来ます。

たいして更新していない、このクソブログを
今だに1日50人くらい閲覧している人がいる驚きの状況なので、
このブログ見てる来たい人は飛び込みで来ても良いです。

ほとんどみんな初対面です気にするな。

1月3日18時開始
隠れ個室居酒屋 市ノ蔵 新宿店

お金もまあ気にするな、
「このブログ見てます」で飛び込みの人は半額くらい俺がみてやる。

連絡先はtk.kanyao@gmail.comでな。

まじで来た大バカものには、俺の自転車旅行用品全てを無料で貸してあげよう。


良いお年を
スポンサーサイト

旅人と麻薬について考えよう

2014/12/27

ah_adam1.jpg


好奇心があるから、旅に出るわけであるから、
目の前に軽い麻薬(大麻とか)があったら
手を出してしまってもおかしくはない。


俺は目の前にあったら手を出すタイプなんだけど、
今のところ間違いなく麻薬をやったことはない。

だから堂々と言えるんだが、
バックパッカーの大麻経験者は多いらしい。

まあヒッピーのようなイメージからして
驚くことではないが。


南米を目指してメキシコ滞在中の
現役の自転車旅行者のブログやTwitterをみると、
日本人宿で麻薬の話題になった時に
経験者ばっかりだったそうだ。


せんまる大麻


「バックパッカーってのはどうしよもないヤツらだ」
と言われても仕方がない現実である。


このブログを長く読んでいる人ならご存知だろうけど、
俺は結構バックパッカーにマイナスイメージを持っていたのだが、
ますますイメージが悪くなった。

(当ブログ常連のお客様、Xmasにまで見ていただいてメリクリ)


仕事を放擲して長旅に出てしまうことまでは、
パッカーと自転車旅行者は同じなのだが、
そこから先は一緒にして欲しくないという気持ちがある。

バックパッカーってのはバスに乗ってつまらねえ観光地を巡りつつ、
自分探しとかほざきながら安宿で大麻吸ってボーっとしているのである。
東南アジアで安い女も買っているのだろう。

その点、自転車旅行は心身が健康でなければ出来ない。

怠惰と修行で方向性が違うのである。


お金払ってエンジンの上に乗って世界一周して、
それの何がすごいのか?

全く達成感のない旅をしながら、
「見聞を広める」とか「自分探し」など片腹痛いわ。

自分を探すってのは心の内面を見つめるのであって、
外国で旅をすることじゃないだろ。


俺個人としてはなぜか酒は止めた
(飲み会で消極的に飲むぐらい)のだけど、
タバコが止められなくて困っている。

旅とイスラム教

2014/12/19

koxtuki4.jpg
(イスラム教のシンボルである月をイメージした国旗)


テロリストの大活躍によって、
日本でもイスラム教のイメージは良くないと思う。

しかしながら、自分がイスラム教国トルコに行った感想としては、
とても親切な方が多く、また他のイスラム国へ行った
旅人の話を聞いても、好印象の話は多い。

聞くところによれば、イスラム教の教えでは、
旅人に親切にしなさいというものがあるらしく、
敬虔な信者の方ほど旅人にはお優しいのかもしれない。


133222234509013208653.jpg


世界の三大宗教をあげるとするならば、
キリスト教とイスラム教は確実に入る、次に仏教かヒンドゥー教であろう。

さらに言えば、人口減少中の先進国御用達キリスト教よりも、
イスラム教は人口増加率であれば上回っている。

ヨーロッパにおいては、イスラム教の移民が多く、
現在キリスト教優勢の国があと数十年で
イスラム教徒の方が多くなる国も多いらしい、フランスとか。


そんで、俺がトルコで出会って友達になった
下記写真のオズカンさんのお言葉が印象的であった。

オズカン


彼はイギリス留学の経験があり、
ヨーロッパの中では英語が通じにくいトルコにおいても、
英語が達者な方で、色々お話してくれた。

彼と話しはじめて最初のころに語っていた言葉なのだが、

「私たちはテロリストじゃないんだよ」

とアピールしておられた。

そんなことはもちろん分かっているんだが、
世界的にイスラム教徒の印象が悪いのを
彼は肌で感じる経験をされたからこそ、
そういった説明をされたのだろう。

おそらくは空港などで、
中東系の国籍や、そういう格好、見た目なだけで、
かなり警戒されてしまったりするのだと思う。


俺は写真で一言ボケるウェブサービス
ボケてが好きなんだが、
そこで殿堂入りになっているボケに下記のようなものがある。


5649375.jpg


こんなもん間違いなく宗教差別であり確実に偏見である。

日本だから通用しているんだろうけど、
宗教差別に敏感な諸外国でやったら
大変なことになるんじゃねーかなと思う。


下記の画像はまだわかる。


ビンラディンぼけ


ビンラディンこそはまさにテロリストであるから
このボケが成り立つのはわかるんだが、

上の画像の人は誰だか知らねーけど、
イスラム教っぽいだけじゃないのか?

そりゃあヒゲのターバンに迷彩服だが、
ヒンドゥー教のインド軍人の可能性もあるだろうが。


俺もそうだが、日本人は宗教に無頓着すぎるのではないだろうか?
無頓着でいられる日本が好きではあるが。

ちなみに俺は死んだらお寺のお墓に入るはずなので、
基本的には仏教徒であるが、

ドナルド様を信じるマクドナルド教徒でもあるし、
同時にイノキイズムを信じる猪木信者である。

元気ですか!!

どんな宗教だろうと、その国に行けばわかるさ!


旅と電子書籍

2014/12/11


23201_06.jpg


一時期、毎日家電量販店でiPadを売っていた俺としては、
電子書籍に対する評価は難しいところである。


最も納得いかないというか、少しハラが立つのは、
電子書籍の値段が(ほとんどの場合)紙の書籍と変わらないという点である。

印刷も輸送もしないのだから、絶対に安く出来るはずなのに、
値段が変わらないってどういうことだよと思う、なめてんのかと。

しかも紙の書籍であれば、中古で売れるという利点があるのに対して
それも出来ない。

そして、少し昔の本に関しては電子化されていなかったりと、
ラインナップの点でも紙に劣っている。

さらに電子書籍サービスを提供している会社が
そのサービスを止めたりすると全部パーという凄まじい仕組みだ。


こんな状態で本当に電子書籍が普及すると、
業界の方々は思っているのだろうか?

利権構造等が見え見えでやる気を感じない。

確かに印刷業や輸送業の方々の雇用は大事ではあるけれども。


だけども電子書籍にはもちろん利点もある。

個人的に最大の利点と思うのは、かさばらない事だ。

普通の生活の中ではかさばらないと言っても、
音楽などと違って電車で移動中などに何冊も本を読める訳ではないから、
かさばらないというのも大した利点にはならないのだけども、
海外旅行中であれば素晴らしいメリットだ。


俺も実際旅行中に電子書籍を使って本を読んでいたのだが、
その利点を解説していく。


・かさばらない
自転車旅行なんかは特に荷物の軽量化が重要。


・旅行中に日本語の本が買える
外国ではもちろん日本語書籍は売っていない


・テントの中で読める
ほとんどの電子書籍は画面が発光するのでライトが必要ない


海外旅行中では、以上のような利点があることから、
結構電子書籍を利用していた。

特に俺は撮影用のiPod touch、地図用のタブレットなどを持っていたので
電源がない野宿中も活用していた方だと思う。

さらにスマホ等の画面サイズであれば、産経新聞アプリを使えば、
毎日タダで日本の新聞が読める。

あらかじめダウンロードしておいて、
休憩中などに読んでいた。


鞘脇の自転車アメリカ横断旅 Do it!!

2014/12/7

なんだかよくわからないけど、
自転車でアメリカを横断しようと思っている人には、
このブログって結構有名らしくて、時々ご連絡頂きます。

まあアメリカ以外にも、自転車で海外旅行しようと思ってる人から
ちょくちょく連絡いただきますね。
ブログのコメントとかFacebookとかで。

自分が思っていたより、自転車でアメリカを横断する日本人は多いらしくて、
予測だけど年間5人くらいはいるかも、10人はいないだろうけど。

そんな訳で最近ご連絡いただいて、
12月現在自転車でアメリカ横断中の人がコチラ

鞘脇の自転車アメリカ横断旅 Do it!!

doitブログ

お名前は「さやわき」さんとお読みしていいのかな?
熊本県の人らしいです。

ニューヨークからロサンゼルス目指して西へ進んでいるようです。


そういう自転車でアメリカ横断を決意するようなクレイジーな男達の間で、
微妙に有名なアメリカ人がいて、その名もチャーリーおじさんと言います。


ch2
(日本人が初めて撮影に成功したチャーリーおじさん)

ch1
http://itizyozi.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

ch5
http://tkandcosmo.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

tumblr_mn8k3dTACt1sr7yg3o8_r1_500.jpg
http://newworld77.tumblr.com/page/8

ch3
http://flowervalley822.blog.fc2.com/blog-entry-139.html

17344bc7-s.jpg
http://blog.livedoor.jp/drache024736/archives/1003113696.html

o0480064013151582466.jpg
http://ameblo.jp/urbanbicycle/


もう年齢は82歳ということなので、どちらかと言うとおじいさんかな。

俺が2012年にアメリカを横断していたら、
拾ってもらって家に泊めてもらったことをブログで報告したら、
後に続く人も続々とチャーリーさんの家に駆けつけることとなったようだ。

上に掲載した画像は一部で、
実際にはもっと日本人チャリダーの訪問者はいるはずだ。

俺が逢った時のご年齢でも80歳とのことで、
あまり押し掛けたら失礼じゃないかなと最初思っていて、
走行ルート詳細のページには「あまり期待するなよ」と書いたんだけど、
ほとんど意味がなかったという(笑)

まあ訪問した方のブログをお読みすると、チャーリーおじさんは
訪問客を楽しんでおられるようなので、気にするのは止めた。

仕事もしておられないだろうし、詳しくは知らないが、
お一人暮らしのようなので客が来た方が楽しいのかもしれない。
そんなこと気にするようなちっさい器の男じゃないってのもある。

他の方のブログでチャーリーさんに会いに行った顛末を読むと、
自転車旅行中の日本人がチャーリーさんの町に来ると、
何も聞いていないのに、町中の人が

「お前チャーリーの家を探してるんだろ?」

と声をかけてくるということになっているらしいぞ。



俺としては、高齢なチャーリーさんのお元気な姿が、
毎年というか、数ヶ月おきにどこかのブログに掲載されるので嬉しい。

お元気というか、最近は呼吸器をつけながら出歩いたり、
ビールを飲みまくったりしているらしい。

元気なんだか元気じゃないんだかよくわからないけども(笑)


円安ショックウェーブ

2014/12/5

fc2blog_20141205115850411.jpg


第二次安倍政権になってから円安が急激に進んでいる。

2012年の1月ごろ、俺がアメリカ横断をスタートした時は1ドルが76円だったと
記憶しているし、2013年の中頃ヨーロッパに旅立った時は1ドル100円だったはずだ。

超急激な円安、7年ぶりの120円台である。

76円のころと比べたら、たったの2年で1.5倍。

あー恐ろしい。

2011年、2012年に海外旅行した人はかなりお得だったはず。


しかし、130円を超えて150円になっていくとは思えないので、
次に下がった時くらいが、海外旅行のチャンスなのだろうか?

かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。