スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行においてApple Watchをどう使うか?

2014/9/13

はい、こんばんわ。アップル信者のかにゃーおです。

今年もまた発表されました、新しいiPhone。
そしてアップルウォッチですね。


アップルウォッチ


数年前は、旅行にスマフォが便利だぞ!と散々アピールしていましたが、
今やもうスマフォが圧倒的に主流で、そんなこと誰でも知っている状態です。

なので、新しいiPhoneにはあまり興味がわかないのが正直なところ。


iPhone6を二台


大画面になったといっても、小型タブレットがあれば、
むしろ小さい方が良い気もしますし、
カメラの性能アップも既に十分なレベルに達しています。

しいて言えばアップルペイという支払いシステムについてですが、
便利になるまで普及するのに、先進国だけでも数年はかかりそうですし、
ぶっちゃけクレカがあればいらない機能です。


やはり注目は、アップルウォッチの方でしょうか。


アップルと計見本


何年も前から時計型端末は噂され続け、
他社では発表されている商品ですが、アップルでもついに出ました。
発売は2015年のようですけど。


俺の結論から言ってしまうと、いらないかなと。

自転車旅行中に、心拍数や消費カロリーが分かったからなんだというんだ。
そのために3万円以上の時計なんぞ欲しくないし
、通知機能もいらないし充電も面倒だし、
確実にアウトドア用の時計より耐久性が低い。

ソーラーで充電する俺の腕時計は、完全に防水だし耐久性があるし、
方角も高度もわかる。同じ値段でもこっちの方がよっぽど良い。

しいて言えば、地図機能に関しては注目していた。


アップル時計地図


自転車で走行中に、腕をチラっと見るだけで地図が見れたら便利だ。

現時点でもスマフォを取り出せば同じなのだが、
走行中に両手を使うのが少し不便だったからだ。

とは言っても、ハンドルにスマフォを取り付けるアタッチメントは売っているし、
絶対に必要とは思っていなかったけど、地図機能にだけは注目していた。

しかし、おそらくアップルウォッチはダメだろう。
まだ現物を見たことも触ったこともないのに恐縮だけども。

まずスマフォより画面が小さい上に、地図機能を選択したり、
拡大縮小するには結局両手操作になってしまう。

そして何より、説明を見たぶんでは、GPSがない。
現在地を表示するにはiPhoneと通信連携して、
iPhoneのGPS機能を借りる形で表示するようだ。
(スマフォじゃなくてiPhone限定である)

これはつまり、iPhoneがないと意味がない。
つまりアップルウォッチ単体はいらないという結論になる。

スマフォを腕にくくりつける方がよっぽど良い、
そういうベルトみたいな商品も売っているし。

次なる商品に期待。

というか、最近は動画を制作しているので、
高性能なmacが欲しいなぁと思っている。


スポンサーサイト

新しい自転車買いました

2014/9/13

言っておきますけど、このブログまだ死んでいませんので(笑)

さて、イスタンブールからの帰国時に、
自転車を放棄することになってしまったので、
二ヶ月ほど前に、新しい自転車を買いました。


IMG_0518.jpg


マリンというメーカーで車種はミュアウッズです。

MARIN(マリン)のクロスバイク、MUIRWOODS SE


旅を再開するかどうかはわからないけど、
自転車旅行に行きたくなった時にいつでも行けるように、
この自転車を選びました。

この自転車は、主に自転車でアメリカを横断する人達に利用者が多く、
知っている限りでは、カスタム猫さん佐藤君たちが使っています。


この自転車で一番のウリは、おそらくコストパフォーマンス。
店にもよるだろうが、自転車本体は5〜6万円で買える。

俺は貧乏性なので、あまりに高価な自転車だと
怖くて海外旅行に連れていけない。
その分を旅行資金にあてたい。


もちろん、旅行用自転車として、おさえるべきポイントはおさえてある。

●素材はスチール(クロモリ)
一般的で計量なアルミに比べると少し重いが、
振動吸収性が良く、長時間乗りやすいらしい。
もしも壊れても溶接(修理)可能な点もよろしい。

●ダボ穴
キャリア(荷台)を装備するためのダボ穴がちゃんとある

●マウンテンバイクタイプ
タイヤがマウンテンバイクタイプの26なので、
世界各国で販売されている。経験上アメリカや西ヨーロッパは
700タイプのタイヤが普通に売っているが、
東ヨーロッパあたりから700タイプがあまり売ってない。

●フロント3段ギア
この自転車でも、確か2013年モデルはシングルだったが、
2012および2014モデルは3段ギア。
坂道はもちろん、荷物で重くなる自転車にとって軽いギアは重要。


しいて言えば、ブレーキはディスクブレーキの方が良いかもしれんけど、
これは確かカンチブレーキ。俺は気にしていない。
というか、値段は高くなって車体の色は選べなくなるが、
この自転車でディスクブレーキタイプの車種もあったはず。


車体の色はね、グロスグリーンといってツヤのある緑です。

最初は「なんだこの派手な色はよ」と思っていたけど、
印象に強かったせいか、だんだん「あれ?この色アリじゃね?」って
気持ちになって、今は気に入っている。
初期の構想ではモスグリーンとかワインレッドとか渋い色が良かったけど。

前の自転車の色もシャンパンゴールドだったし、
俺って自転車に関しては結構変な色が好きになる傾向があるらしい。



買ったお店は、俺の行きつけのY's Road 新宿ビギナー館です。


IMG_0520.jpg


一緒に映っているここの店長は、マジで俺尊敬していて、
すごい親切丁寧で話しすく相談しやすいお人柄。

個人経営の自転車のオヤジってのは、
良く言えば職人肌のせいか、接客面でどうにもイラっとくることがあるのだけど、
昔はホテルで働いていたというこちらの店長は、さすがの接客レベルである。

店長ご本人はマウンテンバイクで山道をかけ下るのがお好きらしいが、
荷台とか自転車旅行用品に対する知識も深くて、
特に最新パーツなどにお詳しいと感じた。

俺の自転車で言えば、
フロントのキャリアが店長おすすめの品で凄い気に入っている。
4000円代という値段で、納得の耐久力。一度も壊れてない。

お店がビギナー館というだけあって、親切丁寧な接客を心がけているのかもしれない。
正直に言えば、お店は小さいし、自転車の数も少ないが、
そもそも旅行に向いた自転車なんぞ、数が少ないから関係ない。
陳列パーツも少ないかもしれんが、
知識を基におすすめパーツを取り寄せてくれるので、俺にはその方が助かる。

というか、俺はここの店長の熱意を親切で包んだ接客が好きなのだ。


とりあえず以上、東京に住んでる人は店に顔を出してみてください。


かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。