スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドリア海の真珠 旅行64日目

2013/7/27 南欧 イタリア ビチェンツァ → ベネチア
クリックで地図


同室のブラジル人に別れを告げて出発。


Screenshot_2013-07-30-08-34-10.jpg


彼のお兄さんは鎌倉に住んでいるらしい。


さて今日は、ベネチアを目指しておる。


Screenshot_2013-07-30-08-34-17.jpg


昨日1日休んだのにカラダがついてこない。

途中のレストランで昼食。


Screenshot_2013-07-30-08-34-23.jpg


牛肉のトマトソースが6ユーロと安かったので、
色々注文してしまった結果、
会計は20ユーロになった、死にたい。

このトマトソース全部どけて、
醤油かけて食いたい。



その後は、まあダラダラと走って
ベネチアへの橋に着いた。


Screenshot_2013-07-30-08-34-35.jpg


この大きい橋の向こう側がベネチア。
この海は有明海じゃなくてアドリア海である。


ありあけー!

アドリアー!


Screenshot_2013-07-30-08-34-41.jpg


アドリア海の真珠、ベネチアに着いた。

「アドリア海の真珠」ってリングネームみたいでカッコいいよね。

「皆殺しのサンバ」みたいな。 … まあいいや。



もう午後7時だ。


Screenshot_2013-07-30-08-34-46.jpg


ベネチアに着いてわかったんだけど、
この街はいくつもの小さい島と運河が、
橋で繋がっている。


IMG_5820.jpg


そしてその橋は全て階段になっている。

荷物満載の自転車で階段を登るのは、
猛烈に体力を消耗する。


Screenshot_2013-07-30-08-34-52.jpg


ここは自転車で来る場所ではなかった。

「自転車で来るな」とは
観光案内に書いてなかったもんで…。


IMG_5822.jpg

IMG_5823.jpg

パトカーならぬパトシップ?


IMG_5824.jpg

IMG_5825.jpg

IMG_5826.jpg

ベネチアは仮面舞踏会発祥の地らしいよ。


IMG_5830.jpg


一つの橋を渡るにも、
全力で自転車を抱える必要があるので、
ちっとも進まない。

しかも道がまるで迷路のように入り組んでいるし、
ひらけた場所がないので、GPSも正確な位置が出ない。


早くも夜になってしまった。


IMG_5837.jpg


この広場は国立公庫博物館の近くで、
オーケストラがレストランの客に向けて演奏している。


IMG_5840.jpg


すごい良い雰囲気。

それにしても、ベネチアはやばい。

都市部の観光があまり好きじゃない俺でも、
この街の美しさには目を見張るばかりだ。


明るい時間帯にも観光したいので、
今日はベネチアに泊まることにした。

ボロそうなホテルを訪ね歩いたものの、
土曜日だからかどこも満室。しかも高い。

もう広場のベンチで寝るかと横になっていたんだけど、
トイレに行きたくなったので移動。

細い路地を歩いていると、日本人観光客を発見した。

声をかけてみたらとても親切な方で、
ネットを使って安宿を探してくれた上に、
英語とイタリア語がペラペラらしく、
電話で空き室を確認してくれた。

ありがとうございました。


というワケで、今日の宿泊先はユースホステルになった。
ユースのクセに50ユーロもする、他のホテルよりは安いが。

ユースまでの数kmの道程も、
階段の橋がいくつもあって非常にキツい。

結局ユースに着いた時は12時をまわっていた。

スポンサーサイト

ビチェンツァの街並 旅行63日目

2013/7/26 南欧 イタリア ビチェンツァ
クリックで地図


今日は疲れているので、この宿に連泊する。

疲れたまま出発すると、カラダも動かないし、
お昼頃にアクビが連発して危険だ。


午後までダラダラとネットをして過ごし、
昨日購入したタブレットを自分好みに設定を変更した。


午後から昼飯を食べるために宿を出て、街を観光。


IMG_1788.jpg

IMG_1789.jpg


この街を観光する予定は全くなかったんだけど、
とても良い街だった。


IMG_1790.jpg

IMG_1791.jpg

IMG_1792.jpg


観光客が少ないのでゴチャゴチャしていない。

そのわりに、イタリアらしい街並を楽しむことが出来る。


IMG_1794.jpg

IMG_1795.jpg


必死になって自転車漕いでると、
観光よりも今日寝る場所の方に意識が向いてしまう。


IMG_1797.jpg

IMG_1798.jpg

IMG_1802.jpg


宿が定まった状態で、おちついて街中を見学すれば、
あまり観光が好きじゃない俺でも、
ヨーロッパの美しさがわかるような気がする。


IMG_1803.jpg

IMG_1807.jpg


宿に帰ったあと、昼寝をし、夜はさらに眠る。

肉体的にも精神的にもとても良く休めたと思う。

休みの日でも少し散歩をした方が、カラダの疲れってとれるよね。


GPS復活! 旅行62日目

2013/7/25 南欧 イタリア ベローナ → ビチェンツァ
クリックで地図


イタリアへはスマートフォンを郵送することが出来ないとハッキリしたので、
近くの家電量販店に行って、NEXUS7を購入することにした。

本当は中古の方が安くていいんだけど、
中古屋をわざわざ探し出しても、
確実に商品があるとは限らないし、
あんまり安くなかったら意味がない。


近くの家電量販店に行くだけなのに、
ものすごい道に迷う。


IMG_1769.jpg

どこだよ、ここは。


GPSを買うためにGPSが必要とはなんたる矛盾。


そんでもなんとか到着した。


IMG_1771.jpg


ヨーロッパのビックカメラこと、メディアワールド。


IMG_1772.jpg


さて、お目当てのnexus7は売っていたんだけど、
32GB版しかなくて、お値段は220ユーロ。

ちょっと高いなぁと思っていたら、

おとなりにはASUS MeMO Pad HD7という機種が、
150ユーロで販売していた。

150ユーロとは約19000円である。


ASUS MeMO Pad HD 7
ASUS MeMO Pad HD 7
posted with amazlet at 13.07.26
Asus
売り上げランキング: 26,398



↑のAmazonで価格を調べてみたら、
日本だと25800円。

イタリアで買った方が安い。


展示機で試してみたら、日本語変換も可能だったし、
アシストGPSじゃなくて、オリジナルのGPSのようだったので、
購入決断。

店員に英語で性能について聞いたら、
アシストGPSと勘違いしてやがった。


※アシストGPSとは
[ 通信会社と契約したり、wifiに繋げないと現在地を表示しないタイプ ]



俺の方がはるかに詳しい。
日本の家電量販店で働いていた知識が生きた。


IMG_1773.jpg


さっそく近くの喫茶店に行って開封。


IMG_1774.jpg


ちゃんとGPSは機能してくれるだろうかと、
ドキドキすること2分。


IMG_1775.jpg


キター!!!


万歳!万々歳!


っていうか、このタブレット最高だ!
nexus7よりも安いし軽いし、カメラもついている。
(参考 新旧 Nexus 7との性能比較表 )

これは掘り出しものだ、いい買い物した、大切にしなければ。


というワケで買い物に時間を使っていたら、
出発は午後の3時になってしまった。

これはアカンで、進まなければ。


IMG_1779.jpg


やっぱりGPSは素晴らしい!
道に迷う気がしない(当たり前だ)。

「この道で良いのかなぁ?」という不安感もないので、
走行に集中出来る。

これから海外自転車旅行する人は、
スマフォなりタブレットなりは絶対に持って行け!
道に迷うとヘタすれば命にかかわるからな。

GPSアリの旅とナシの旅を両方試した訳だが、
持って行かないヤツはアホだと思う(すまん)。

紙の地図とコンパスは非常事態の時に使えば良い。


GPS様のご加護によって、ビチェンツァという町の手前についた。

道沿いの建物のウラに、
もの凄いキャンプに適した場所を発見。


IMG_1781.jpg


どうやら犬の訓練施設のようだ。


IMG_1783.jpg


インターホン押したら、出てきた女性に英語が通じたので、

「犬の訓練所にテント作っていいかワン?」

とお願いしてみた。


IMG_1780.jpg


「ダメだワーン」

ダメだった、でもペットボトルに水を入れてくれた。

そしてそのペットボトルの飲み口を犬に舐められた(笑)


しょうがないから、ビチェンツァの町中に入る。

ネットが使える日本料理店があったので入ってみる。


IMG_1784.jpg

日本語話者は一人もいない。インチキ寿司屋。


IMG_1785.jpg

醤油飲みてぇ!


IMG_1786.jpg

まあ、寿司の味は推して知るべしだが、
寿司と緑茶で12ユーロもした。

もうこの旅は貧乏旅行じゃねえな!


ということで野宿は勘弁。

思いっきり人種差別発言をすると、
この町は黒人が多くて怖いし。


IMG_1787.jpg


朝食付きで21ユーロの安宿を見つけた。

同室のイタリア人が、ワンピースの大ファンで、
日本語の意味なんかを教えてあげながら眠りについた。



スマフォを探しもとめて 旅行61日目

2013/7/24 南欧 イタリア ブレシア → ベローナ
クリックで地図

朝8時すぎに、小さな公園のベンチで目覚めた。

身も心も完全に浮浪者である。

道行くイタリア人の視線が、
気にならないでもない。

まずは喫茶店をハシゴして、
インターネットが使えるお店を探す。


IMG_1755.jpg


イタリアではネットに繋ぐのも一苦労です。


メールをチェックすると、
スマフォ郵送をお願いしていた元同僚から、
「イタリアにはスマフォのバッテリー送れないっすよ」
という返答が来ていた。

どうやら、ヨーロッパでリチウム電池を送れるのは、
イギリスくらいらしい。
(参考リンク 国際郵便として送れないもの

これからの走行予定のルートでは、
中央アジアや中国くらいにしか送ることが出来ない。

ぶっちゃけ、内容品にスマートフォンと書かなければ
送れるだろうとは思うが、
元同僚に迷惑がかかってしまっても困る。

これにて、選択肢は現地購入だけとなってしまった。

先日、中古屋でスマフォを試させてもらったが、
満足のいく製品がなかった。
参考リンク

英語の通じる中古屋を探し、
日本語に変換出来る機種を選択し、
出来れば実際にGPSを屋外で試させてもらう。

かなりハードルの高いミッションになってしまった。
(海外旅行におけるスマートフォンのページを作成しました)


まあしょうがないから、
道に迷いながらもとりあえず走る。


IMG_1757.jpg

IMG_1759.jpg


ベローナという町に着いた。


IMG_1760.jpg
(日本の味)


走行距離は68km。

野宿だとお金は浮くが、
睡眠不足で体力が続かない。


公園でフリーのwifiを発見したので、
ネットで調べて安宿を探した。

近くにベッド&ブレックファーストがあったので、
行ってみると、空いている部屋は一泊40ユーロとのこと。

なんとか35ユーロにまけてもらって宿泊。


IMG_1764.jpg

IMG_1766.jpg


ベランダになぜか猫が。


IMG_1765.jpg


モデムが壊れているらしくインターネットが使えない。

最初に確認しておくべきだった。

GET WILD AND TOUGH 旅行60日目

2013/7/23 南欧 イタリア ミラノ南部 → ブレシア
クリックで地図

結局、スマフォはミラノで受け取るのではなく、
イタリア東部の町の郵便局に、
郵便局留めで送ってもらい、
受け取りに行くことにした。

というわけで、タオルを乾かしながら出発。


IMG_1735.jpg

IMG_1742.jpg


昼食のペペロンチーノ。


IMG_1738.jpg


今日もすごい道に迷った。
早くGPSが欲しい。

吸い寄せられるように、SEX SHOPを発見。
ミラノとか、ミラノ周辺にはこーいうお店が、
なぜかすごい多い。


IMG_1736.jpg

IMG_1737.jpg


お店の中では、エッチなアイテムがいっぱいあるんだろうけど、
嫁入り前(色んな意味で)の俺が、こんないかがわしいお店に
入るのは恥ずかしすぎて無理です。


IMG_1741.jpg


そんでブレシアという町に着いた。
というか、ここまでしか来れなかった。


今日は公園で野宿するべく、
ベンチで横になっていたんだけど、
かなりの腹痛が襲ってきた。

変なもんは食っていないから、
あえて原因を探せば水かもしれない。

今日飲んでいる水は、ミネラルウォーターではないが、
カフェで入れてもらった水道水だ。

そんなにおかしなものでもないはずなんだが。

日本だったら、このぐらいの腹痛は我慢する段階なんだが、
トイレがない状態はキツいし、これ以上痛くなったら
動けなくなる可能性があるので、自力で病院へ向かった。

状況に余裕がないので、
もちろん写真なんか撮ってないんだが、
病院に行って、なんとか英語が通じたので、
採血して点滴して飲み薬をもらった。

もともと転げ回るほど苦しかったわけではないが、
だいぶラクになった。

今晩はこのまま入院させてくれねえかなって
思ってたんだけど、ホテルに帰るがいいとのこと。

明日の朝になったら、薬屋にこの紙を提出して
薬もらってこいと言われて帰されたが、
なぜか診察料等は払っていない。どうなってんだ。

薬をもらう時にまとめて払うのかな。

そんで、教えてもらった近くのホテルに行ったんだけど、
四つ星ホテルで高そうだからやめた。

お腹はもう大丈夫そうなので、
結局近くのベンチで野宿。


IMG_1751.jpg
(翌日の朝に撮影)


慎重なんだか、大胆なんだかよくわからん。


満室地獄 旅行59日目

2013/7/22 南欧 イタリア ミラノ → ミラノ南部
クリックで地図

今日は何をしたかということを
文章化して説明するのは難しい時もある。

というか、なんで毎日毎日ブログ更新しているんだ俺は。

日本の元同僚に新しいスマートフォンを送ってもらって、
それを受け取るのが、最新のミッションだ。

だけど、イタリアに到着するまでは、
基本的にただ待つだけ。

なるべくお金を使わないで、
時間を潰すという地味な展開だ。

とりあえず、ミラノの街を観光しながら、
今朝までいたホステルより安い宿を探す。


IMG_1699.jpg


ミラノは商業都市のようで、
あまり観光資産はなさそう。

レオナルドダヴィンチの最後の晩餐が保管されているらしいが、
見学は有料の予約制だからいいや、タダなら見るけど。


ソニー専門店、ウォークマンは売っていない。


IMG_1701.jpg


合気道道場、のぞいてみたかったが、
今日のオープンは夕方からのよう。


IMG_1703.jpg


低画質で恐縮だが、
信号待ちのクルマのフロントガラスを拭いて、
チップをもらう人を発見。


IMG_1705.jpg




今日はワームシャワーズに登録している人の家を探し歩いた。
(ワームシャワーズとは相互宿泊サービス 参考リンク


IMG_1711.jpg


月曜の真っ昼間なので、訪ねても不在だろうなとは思っていたが、
そもそも、指定の住所に行っても、自宅が特定出来ない。


IMG_1712.jpg

IMG_1713.jpg


6軒ほどまわったが、自宅が特定出来たのは2人。

1人は不在、もう1人はローマへ出張中だと、
同じマンションに住んでいる若い女性に教えてもらった。

この女性は、写真は撮っていないけどとてもかわいい人で、
元バックパッカーとのこと。

俺の旅を応援してくれて、フルーツと水をもらった。


IMG_1714.jpg


やはりワームシャワーズを利用するのなら、
先にメールを送ってアポイントメントをとらなければダメだ。

というか、メールでアポをとっても、
自宅が特定出来ないなら携帯電話で呼び出さなければいけない。

もちろん俺はイタリアで使える携帯電話なんか持ってない。
結構ハードル高いなぁ。


というわけで、フルーツをくれた女性が教えてくれた、
相部屋のホステルに移動。


IMG_1731.jpg


満室だった。

他の地域は知らないけど、
サマーシーズンのヨーロッパは満室のホテルが非常に多い。

結局このホステルには泊まれなかったのだけど、
なんかホステルの従業員が、

「あなたのビデオを撮りたい」

と言い始めて撮影が始まった。


なぜ旅をしているのか、
などなど旅人らしいインタビューを撮影して、
ホステルの紹介VTRを作るらしい。

そーいうのは宿泊者に頼めよ。

代わりに教えてもらった、空き室のあるホステルに移動。


IMG_1733.jpg


一泊20ユーロだった。


ネットでスマフォの郵送について調べてみると、
郵便局留めが可能なようなので、
ミラノに滞在して受け取るより、
これから向かう町の郵便局に送ってもらって、
そこで受け取る方が良いかもしれない。



ミラノコレクションA.T. 旅行58日目

2013/7/21 南欧 イタリア ミラノ
クリックで地図


昨日は熱中症を発症したことだし、
今日は特になにもせずに休む。


IMG_1693.jpg


朝はパン&ジャムという、
貧相な朝食が出てきたのでそれを食し、
同室だったオランダ人自転車旅行者を送り出した。


IMG_1690.jpg


疲れているのか、じっくりと昼寝をしたあと、
昼飯を食べるために、宿を出た。

このへんは中華街のようだ。


IMG_1696.jpg

IMG_1692.jpg


安宿って中華街にあることが多いみたいだね。


先日、とある素晴らしい方から、
イタリアのマクドナルドで使えるかもしれない
パスワードとIDをブログにコメントで教えていただいた。
(参考リンク イタリアのマクドナルドについて

本当にありがとうございます。

昼飯を食べながらマックで試してみるも失敗。


IMG_1698.jpg


色々試したが結局使えなかった、残念。


中華街を歩いていて気がついたんだけど、
ミラノの中国人移民はオシャレな人が多い。

大変失礼なんだけど、
俺が抱いている中国人の特徴の一つに
「服がダサイ」というイメージがあった。
(あと女性の化粧が薄い)

だが、さすがにそこはミラノ。

中国移民の皆様もオシャレに気を使っておられる。
この町で一番ダサイ服着ているのは多分俺だ。

なぜか頭の中にミラノコレクションという言葉が浮かぶ。

アパレルやブランドには全く詳しくない俺としては、
ミラノコレクションがいったいなんなのか、
さっぱりわからないのだが、俺も服を買いたくなってきた。
(参考リンク ミラノコレクション

もともと、こんなブログを世の中の公表しているのだから、
旅行中とはいえ、もう少しまともな服が着たかった。

フランスのニースで台湾人の女子大生に声をかけられた時も、
着ていたシャツは肌着だった。(参考リンク


肌着


出来ればまともな服を着た写真をブログに掲載したい。

都合が良いことに中国人街は、
安い服を売っているお店が多いので、
白いポロシャツを12ユーロで購入した。


IMG_1694.jpg


まあ乾きやすそうでもあるし、肌着よりはよかろう。


自転車旅行をしていると、
想像を超えるスピードで衣服が劣化していくから、
このシャツもいつまで保つかって気がする。



ミラノホテル探し 旅行57日目

2013/7/20 南欧 イタリア オウトレト北2km → ミラノ
クリックで地図


IMG_1670.jpg


もうすでに二ヶ月近く自転車旅行を続けているワケだが、
ハッキリ言って疲れ始めた。

肉体と精神的な疲れが1日の走行距離に現れている。

っていうか、俺の感性が低いせいだろうけど、
ヨーロッパってどこも似たように感じるんですけど。

すごい山とか、深い谷とか、見渡す限りの砂漠とか、
そーゆーのが見たいんだけどなぁ。


最近中華レストランでチャーハン良く食うけど、
それも飽きた。


IMG_1673.jpg


カルボナーラの町、はいはいそうですか。


IMG_1671.jpg


どうにも体調がおかしいと思っていたら、
熱中症を発症したようだ。

胃から逆流して少し吐いた。

そんでも根性で進む。休み休みだけど。
自転車の推進力とはすなわち根性。


IMG_1674.jpg


途中立ち寄ったパビアの町。


IMG_1677.jpg


akiba屋さんがある。


IMG_1678.jpg


そんでミラノに着いたあと、
agodaで調べた最も安いホステルに行ったら満室。


IMG_1689.jpg


ホテルの受付の人に紹介されたベッド&ブレックファーストに行った。
ベッド&ブレックファーストとは欧米の民宿みたいなもの)

ベッド&ブレックファーストって初めてだったんだけど、
内容については安いホステルと差はない。

相部屋に朝食付きで、一泊27ユーロ。
高いけど、これでも普通のホテルなんかと比べると安い。

「ホステル」と看板を出しているわけではなく、
民家とかアパートの部屋を使っているため、
発見が難しいし、ホテル検索とかでもヒットしないことが多い。

ホステルワールドとか、ホステルブッカースなんかだと
探すことが出来るみたいだな。

この宿ではオランダ人自転車旅行者の
ポールさんという方と同室になった。


IMG_1691.jpg


俺とは逆のルートで、
明日ジェノバへ向かうらしい。

お気をつけて。


コーラが世界で一番? 旅行56日目

2013/7/19 南欧 イタリア ジェノバ北東 → オウトレト北2km
クリックで地図

昨日の夜、レストランでスパゲッティ食って
ワイン飲んだだけで、20ユーロが吹き飛んだ。


IMG_1648.jpg


ホテルに2連泊しているし、
ものすごい勢いで金がなくなる。

イタリアに入国したあと、ちょっと野宿したぐらいで
金銭的警戒態勢を解いてしまった。

きりつめていかねば。

今日は北へ180km先にあるミラノを目指す。
けど多分、今日中ってのは無理だ。


ジェノバの街中で大道芸人を発見。


IMG_1652.jpg


青信号の時に横断歩道で芸を行って、
ドライバーからチップをもらう作戦らしい。

なんか危ないから、これは真似したくないなぁ。
とか言って10セントあげちゃったけど。


今日は山越えでござろう。


IMG_1656.jpg

IMG_1657.jpg

IMG_1658.jpg

IMG_1659.jpg

IMG_1661.jpg


イタリアの田舎では、
三輪自動車を時々見かける。


IMG_1655.jpg


途中のカフェで休んだ時に、
店員から「サケ飲むかい?」と言われて
白雪を一杯おごってもらった。


白雪


道沿いにホテルを発見したので、
値段を聞いてみると一泊38ユーロ。

観光地ではないので、さすがに値段は下がっているけど、
予算オーバーでござろう。

基本方針として30ユーロ以上の宿には
出来るだけ泊まらないつもりだ。

というワケでホテルの裏の休耕地で野宿。


IMG_1669.jpg


途中のスーパーで購入した、
金色ラベルのコーラを飲んでみたんだが、
味は同じだった。


IMG_1664.jpg


今回の旅では、
エネルギー補給のために頻繁にコーラを飲む。

眠りながら、世界一美味い飲み物ってなんだろうって考えていた。


喉が乾いた時の水が一番だと俺は思うんだけど、
客観的に考えれば、それはコーラかもしれない。

ネット上には、下記の画像が転がっている。


世界で一番


この画像は、一番売れているものが、
一番美味いというワケじゃあないんだよっていう
アンチテーゼなんだろう。

だけど、コーラは世界中で愛飲されている。

もしも世界中でアンケートを行ったら、
コーラが得票率一位になるんではないかな。


休みにならない休み 旅行55日目

2013/7/18 南欧 イタリア ジェノバ → ジェノバ北東
クリックで地図

昨日はよく眠れなくて、起きたら11時。
しかも雨が降っていた。


IMG_1636.jpg


天気予報を見ると、午後から曇りで夕方からまた雨が降るとのこと。

今日は出発を取りやめて、
agodaで調べた安いホテルに移動しようと思う。


IMG_1637.jpg

IMG_1638.jpg

IMG_1639.jpg

IMG_1640.jpg


途中で中古のスマフォ販売店を発見。


IMG_1641.jpg


店員に英語が通じたので、
いくつか試させてもらう事が出来た。

日本で見かけないサムスン製のスマフォは、
表示言語を日本語に出来ないのでアウト。

sony製のスマフォは、表示言語を日本語にすることが出来るのだが、
肝心のGPSが機能しない。

通信契約をしないと現在地が表示出来ないタイプのようだ。
アシストGPSなのかもしれない。

やっぱり日本から送ってもらうしかないか。


IMG_1642.jpg


今日の移動距離はたったの12kmなんだけど、
目的地の安いホステルが、
とんでもねえ坂の上にあるから困る。


IMG_1643.jpg


写真ではどんなにキツい坂でも、伝わらないよね。


ほんで今日のお宿に着いた。
一泊26ユーロ。20ユーロ代はイタリアじゃ激安。


IMG_1644.jpg

IMG_1645.jpg



実は昨日、ミラノ在住の日本人でブログを書いている方に、
「日本から送られてくるスマフォを預かってくれませんか?」
とメールでお願いしたら、快く了承していただいた。

次の目的地は、北へ180kmのミラノだ。


作戦会議 旅行54日目

2013/7/17 南欧 イタリア ガルバッソ → ジェノバ
クリックで地図


今日はスマフォの郵送について調べるため、
ネット環境を探しつつ、スパゲティソースでおなじみのジェノバを目指す。


IMG_1606.jpg


イタリアの小さい町には、
こんな感じの細い路地に小さいお店が並んでいる。


IMG_1613.jpg

IMG_1617.jpg


日本でいう商店街みたいな感じだ。


ピザパン、一個2ユーロ。


IMG_1614.jpg


暖めてもらえる。


IMG_1615.jpg


ここは生パスタ屋さん。


IMG_1616.jpg


ヨーロッパのスーパーでも乾燥パスタは売っているが、
イタリアで生のパスタ専門店を発見。さすが本場。


インターネットを求めて図書館にまで来たんだけど、
wifiが飛んでない。


IMG_1618.jpg


貧乏臭い古いデスクトップパソコンしかなく、
それを使うにもサインが必要。

そもそも日本語が打てないので意味なし。


しょうがないから、ちょっと値段高いけど
道沿いのホテル併設のレストランで食事をしながらインターネット。


IMG_1620.jpg


ミラノ在住でブログ書いてる日本人の人に
メール送って相談してみよう。

よし、とりあえず送ったから前進。

ジェノバに着いた。


IMG_1627.jpg

IMG_1628.jpg

IMG_1629.jpg


今後の方針決定とインターネットによる情報収集を行うため、
今日ばっかりはホテルに泊まる。ホテルは一週間ぶり。


IMG_1633.jpg


星1つのクソみたいなホテルでも45ユーロもする。

イタリアはフランスよりかは物価は安いが、
それでも激安ではないし、
ホテルの値段はさして変わらないことが判明。

夏期だからホテルの宿泊費がハイプライスになっている。

ボロいホテルでも40〜50ユーロはするし、
そもそも満室になっていることも多い。

激しく予算オーバーである。


じぇのば(2013-07-18 1.16.06)

(精神状態のイメージ図)


ちなみにネット環境の悪いイタリアでも(だからこそ?)、
町中にはインターネット屋さんがある。

だけど、利用する手順がわからないし、
パソコンがおそらくイタリア語OSになっているから使えない。

日本語OSにする方法もあるのだろうが、やり方しらない。
自分のパソコン持ってるから、そんなことまで調べないし、
著作権も知ったこっちゃないです。

ブログ更新危機 旅行53日目

2013/7/16 南欧 イタリア ライグエーリア → ガルバッソ
クリックで地図


朝になって一晩一緒だったピョートル君とお別れ。


IMG_1573.jpg


砂地の浜辺でキャンプすると、
波の音が睡眠を誘って気持ちよく眠れるんだけど
カラダも荷物も砂まみれになってしまうのが弱点だな。


イタリアに入ってとりあえずの目標都市はジェノバ’。
海沿いに道を進める。


IMG_1574.jpg


道ばたで普通にフェラーリ売ってるお店があるってのも、
イタリアらしいですね。


IMG_1575.jpg


IMG_1581.jpg

IMG_5819.jpg


海の透明度がすごい。


IMG_5818.jpg


ヨーロッパの人は一ヶ月も夏休みがあると聞く。

日本人はたった数日の夏休みを
汚ねえ東京湾で泳いでいるのかと思うと、
落涙を禁じ得ない。


なんか今までと違って、
道沿いにマクドナルドやスーパーが発見出来ないので、
ネットの使える喫茶店でブログ更新。

フォカッチャを食った。たいして美味いもんじゃないよ。


IMG_1576.jpg


さて、ここからが問題なのだが、
公衆電話でミラノの日本総領事館に電話した。


IMG_1621.jpg


スペインで壊してしまったスマートフォンを受け取るためだ。
参考リンク


スマフォぶっ壊れた


フランスでは走行ルートに大使館や領事館がなかったので、
日本からスマフォを送ってもらい、
イタリアの領事館に預かってもらおうと思っていた。

というわけで領事館の人に電話で相談したら、


スギちゃん

「ハッハー! そんなサービスはやってねえぜぇ!」

という大変素晴らしいお返事をいただいた。
(写真は俺の知り合いの肖像ケンくん)

ポルトガルやスペインの大使館へ行った時にも感じたのだが、
最低限の仕事しかしないお役所体質を強く感じる。
というか思いっきりお役所だからな。

じゃあホテルに滞在して受け取ることは出来るのかい?
と聞いてみたら、

「スマフォはバッテリーが危険物扱いになるかもだぜぇ?」

「関税がかかるかもしれねえし、かからねえかもしれないんだぜぇ?」

なんだかまったく煮え切らない返事の繰り返し。


どちらにしても、領事館で預かってくれないというのは不味いな。

ヨーロッパから先はスマフォというか、
GPSの必要性が増すだろう。

中古で買うとしたら、イタリアあたりで買っておきたい。
先進国じゃないと、スマフォが普及していないと思われる。

スマフォやGPSがなくても旅は出来ているんだが、
人類がなんのために人工衛星打ち上げたと思ってるんだ。
GPSを使えた方が便利に決まってるだろ。


中古で買うなら「契約しないで本体だけで買えますか?」という
言葉を英語とイタリア語に翻訳した会話カードを作りたい。

さらに、ダメもとで日本から送ってもらうならば、
郵送方法などをネットで調べたい。

どっちにしてもインターネットを使う必要があるので、
町中のマクドナルドへ行った。


IMG_1583.jpg


さて、いつものようにマクドナルドで
インターネットを使おうと思っていたのだが、
wifiの接続画面がイタリア式になっている。


IMG_1545.png


ユーザーネームとパスワードを入れる項目があるので、
実際に注文した人しか使えないシステムかと思っていたのだが。

ビッグマックセットを注文し、店員にパスワードを聞いてみると、
恐ろしい返事が返ってきた。


どうやらイタリアのマクドナルドは、
イタリアの携帯電話番号を持っている人しか、
インターネットが使えない仕組みらしい。


IMG_1585.jpg


最近、野宿にも慣れてきてネット環境が厳しい俺としては、
マクドナルドがたよりだった。

これじゃあ海外郵送についての調べものや
地図とブログの更新も出来ない。

ネットが使える喫茶店もほとんどない。
今後は厳しいな。


とりあえず、近くの家電量販店に行った。


IMG_1586.jpg


スマフォじゃなくても、
GPS搭載のウォークマンFシリーズさえ売っていれば
それで解決するんだが、やっぱり売ってない。


IMG_1587.jpg


どうするべきか、やはりスマフォを買うか送ってもらうかだ。

野宿2連発でかなり洗濯物もたまっているし、
今日は安いホテルかキャンプ場に泊まって
洗濯しながらインターネットでスマフォと郵送について調べよう。


と思っていたら、安いホテルというか、高いホテルでも
どこも満室ばっかり。ホリデーシーズンで観光地だからな。

しかも、ボロいホテルでも普通に50ユーロぐらいするし、
完全に予算オーバーなのでキャンプ場を探して走った。


途中の中華料理屋でチャーハンを食べつつ


IMG_1591.jpg
(激ウマ!)

店員に聞いたキャンプ場へ向かう。


そしてそのキャンプ場はかなりのクソ物件だった。


一泊23ユーロでネットは別料金どころか、そもそもない。
さらに、シャワーをお湯にするには1ユーロかかるという
驚くような酷さ。

値段を17ユーロに負けてもらったんだが、
そもそもこんなキャンプ場は今までの相場で言えば
一泊10ユーロくらいじゃないのか?

すぐに値段を負けてもらったあたりからしても、
ボラれていそうな気がする。


IMG_1602.jpg


水のシャワーでカラダを洗い、
耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ。


ミラノの領事館がスマフォを受け取ってくれないとなると、
そもそもミラノに行く必要性も薄まるし、
明日はネットの使える環境でこれからの走行ルートも考えなければ。

イタリアンキャンプ 旅行52日目

2013/7/15 南欧 イタリア ヴェンティミーリア → ライグエーリア
クリックで地図

昨日は海辺のベンチで寝たんだけど、
海風が強いうえに鉄製のベンチが冷たくて、
夜中に公園のベンチへ移動した。


IMG_1540.jpg


寝るなら木製のベンチにかぎるな!


朝からパン屋でコーヒーとクロワッサン。

中国人のサイクリストと出会う。


IMG_1541.jpg


彼の名前は聞き忘れた。


開店前のマクドナルドを発見し、
店先には、教祖のドナルド様が鎮座しておられた。


IMG_1542.jpg

スクリーンショット(2013-07-16 9.58.23)

「いつもお世話になっております。」


IMG_1546.jpg

「お前よくウチで注文せずにネットだけ使ってるらしいな?」


スクリーンショット(2013-07-16 9.58.31)

「ホントすんません…」


IMG_1548.jpg


イタリアはバイクが盛んなのかな?


IMG_1549.jpg


ストロベリージェーラート。

暑いから美味いけど2ユーロは高いなぁ。


IMG_1550.jpg


海辺のサイクリングロードを走る。


IMG_1553.jpg

スクリーンショット(2013-07-16 9.59.06)


大砲

IMG_1557.jpg


喫茶店で昼食&充電&インターネット。


IMG_1559.jpg


なんかよくわからないパスタ。
美味くない。

コンセントの形がイタリア式になった。


IMG_1558.jpg


韓国人の自転車旅行者と出会う。


IMG_1564.jpg


ローマで自転車買ってフランスへ向かうらしい。
彼はワームシャワーズを利用することが多いとのこと。

俺もバレンシアで試して上手くいかなかったので忘れていたが、
もう1回試してみよう。
参考リンク

ライグエーリアという町に到着。


IMG_1563.jpg

IMG_1565.jpg


疲れて寝っ転がってたら、イタリア人に声をかけられて、
お酒をおごってもらった。


IMG_1567.jpg

リア充に取り囲まれて萎縮するかにゃーお。


酒飲んだから眠くなって公園のベンチで横になっていたら、
ポーランド人ヒッチハイカーのピョートル君に声をかけられた。


IMG_1571.jpg

イケメンの18歳。

彼は海辺にテント張って寝ると言うので、
ついていくことにした。

二人の方が安全だしね。


IMG_1569.jpg


イタリア入国してから野宿2連発。

今日は出会いが多かった。

おやすみなさい。



デバイスネット RW75WH ゴーコンW2(ホワイト)
デバイスネット (2008-10-17)
売り上げランキング: 924


こんにちはイタリア! 旅行51日目

2013/7/14 西欧 フランス マントン → ヴェンティミーリア(イタリア)
クリックで地図


今日でフランスは終了し、イタリアへ入る。

ただせっかくなので国境の町マントンで、最後に大道芸をするつもりだ。


IMG_1521.jpg


なんかイベントがあるみたいで人が多い。渋谷みたい。


IMG_1520.jpg


早速準備をしてハーモニカ開始。


スクリーンショット(2013-07-15 15.19.45)


1時間で6ユーロを手に入れた。時給780円だから昼飯浮いた。

これでフランスでは合計4時間演奏して20ユーロをもらったので、
時給換算すると650円か……。

コメントにもいただいているけど、
場所や時間が大事だな。

場所は問題ないけど、たぶん時間は夕方以降の方がよさそう。


ただ、演奏していて思ったんだけど、
自転車旅行だけでもキツいのに、野宿で睡眠時間を失い、
大道芸で走行時間まで失うとなると考えものだ。
これは比率が難しい。


というワケでさらばだフランス。
イタリアへの国境は目の前だ。


IMG_1524.jpg

IMG_1525.jpg

IMG_1526.jpg


国境には検問の名残がある。


IMG_1527.jpg

スクリーンショット(2013-07-15 15.22.25)


みっともない顔面のドアップでイタリア入国をアピール。


IMG_1530.jpg


最初の町でスーパーがあったので物価調査。


IMG_1531.jpg


おお、値段が結構まともになってる。


IMG_1535.jpg


コーラもスーパーで買うと0.5ユーロだ、よかった。


IMG_1533.jpg


暑いからバナナが半日で真っ黒になるのが弱点だな。


そして、ビーチのあるヴェンティミーリアという町に着いた。

なんだか疲れているのかアクビが止まらないので、
今日はこの町で終えることにする。


IMG_1537.jpg


ここは観光地だし、フランスにも近いからまだ高いけど、
カルボナーラが7ユーロ。価格が落ち着き始めた。

レストランなんて久しぶり。

味は本場イタリアだけあって美味い。
結構固めのアルデンテでよろしい。
アメリカのスパゲッティとかのびてるからね。


ホテルにも泊まろうかと思ったんだけど、
そこは自制して、今日も野宿。


IMG_1538.jpg


イタリア入国初日で町中野宿。
自転車旅行らしくなってきた。


明日も生きていますように。






突撃モナコ公国 旅行50日目

2013/7/13 西欧 フランス ニース → マントン
クリックで地図

公園で野宿していたら、
夜中に酒盛りをはじめるおっさん達がいて、
怖いしうるさいしで近くの警察署のベンチに避難した。


IMG_5805.jpg

IMG_5804.jpg


たぶんベンチで寝てるところを警官に見られたと思うけど、
なんにも声をかけられなかった。

ニースの警察はゆるいのかな。


さて、今日も大道芸を実行するべくニースの町中に戻り、
カフェオレとクロワッサンで朝食をとりながら、
パソコンやipodを充電。

野宿だと充電出来ないからね。


IMG_1460.jpg


今日の天気は曇り。


IMG_1464.jpg


まだ午前中だし、
これじゃあビーチには人も少ないだろうと思い、
他に良い場所がないだろうかと少し町中を散策。


IMG_1461.jpg

IMG_5811.jpg

IMG_5812.jpg

IMG_1463.jpg
(野良犬は乞食の友達)

IMG_1465.jpg

IMG_1466.jpg

IMG_5810.jpg


天気も晴れてきたし、他に良い場所はなさそうなので、
結局昨日と同じビーチで大道芸を実行した。


IMG_5792.jpg


開始直後で早速2ユーロゲット。

フランスのみなさんは俺の旅を応援してチップをくださる。
もうブログ書いて広告貼り付けるのがバカバカしくなってきた。

このブログを読んでいる日本人のお前らときたら、
タダで毎日ブログを楽しんでおきながら、
広告をたいしてクリックもしねえし。

俺がこのブログ書いている意味をわかってくれよ。


途中で日本人のババアとクソアマが、
俺の日本国旗を目にしてから、カメラを構えて写真を撮られた。

俺は笑顔でポーズまで決めてあげたのに、
チップを入れてくれない。

これじゃあ俺は恥ずかしい写真を撮られただけの丸損じゃねえか。
大道芸人を正面から写真撮ってチップ入れねえとか、
ふざけてんのか、死ね。


結局2時間粘ったけど、収入は4ユーロだった。
時給260円。


昨日の1時間で11ユーロは出来過ぎだろうと思ってたけど、
やっぱりだった。

もし平均で1時間7ユーロぐらい稼げるなら、
この街に一週間くらい滞在してお金を貯めようかと思っていたが、
物価の高いフランスで時給2ユーロは無理だ、赤字になる。


というワケで、
この街から20km先の金持ち小国モナコを目指した。

時給2ユーロじゃやってて面白くないし。


モナコは警備が厳しいと聞いているが、警察上等。
リッチマンが多いなら、大道芸でチップも弾むだろう。


IMG_1469.jpg

IMG_1471.jpg


モナコへの道は断崖絶壁が続く。


IMG_1473.jpg


この自然環境も独立を保てている理由だろう。


IMG_1482.jpg


このあたりは、海からの水蒸気が山にぶつかってよく曇る。
雲がとても低くて霧になっている。


IMG_1476.jpg


モナコ到着。


IMG_1487.jpg

IMG_1489.jpg

IMG_1493.jpg

IMG_1502.jpg

IMG_1503.jpg

IMG_1506.jpg

IMG_1507.jpg

IMG_1489.jpg

IMG_1508.jpg


横断で4kmほどのこの小国は崖に囲まれている。


IMG_1492.jpg


ハッキリ言うと、俺にとって何か面白いものがあるわけじゃないんだけど、
モナコには日本庭園があった。


IMG_1498.jpg

IMG_1500.jpg

IMG_1501.jpg


物価はすごい高い、
コーラ1本で1.8ユーロ(234円)。


IMG_1504.jpg


日本のほぼ2倍だ。

だけどフランスでも
自販機のコーラは1.5ユーロもするから
そんなに高い気がしない。



さて、観光客は多いのに、
大道芸をしている人は一人もいない。

警備が厳しいせいだと思う。
確かに警備員は多い。


どうすっかなと思っていたら、
良さそうな場所をみつけた。


IMG_1514.jpg


海沿いの通路に有名なサッカー選手の足型が展示されている。


IMG_1511.jpg
(これは ルイス・フィーゴ

IMG_1512.jpg
(こっちは フランチェスコ・トッティ


よし、ここの足型のあいだにチップ頂戴のメッセージボードと人形を置こう。


IMG_1513.jpg


ハーモニカ吹いたら、たぶんすぐに警備員が来るから、
ここはじっくりと待つ作戦だ。

そして30分待ち、様々な観光客が通り過ぎるも、
チップは一銭も入らない…。


やはり待ってるだけじゃなくて、
楽器使って耳にもアピールしなけりゃダメだな。

とは言っても警備員が多いこの国で
楽器使ったらすぐにも国外退去されそうな気がする。

だから他に大道芸人がいないんだな。


というワケで、チップ獲得に期待していた
モナコ公国はもう出て行くことにした。

ここでゆっくりしてると、
激高のホテルに泊まるハメになる。

カジノにはちょっと興味が引かれるものの、
まあモナコ以外にも小さいカジノは結構あるからいいや。


IMG_5813.jpg


さらばモナコ公国。もう二度とこないぞ!


IMG_1516.jpg

IMG_1519.jpg


今日は一泊9ユーロのキャンプ場に宿泊。

このキャンプ場はもうビックリするぐらい山の上にあって死ぬかと思った。

野宿だと睡眠不足で体力が続かない。

今晩がフランス最後の夜。明日からイタリアだ!





乞食伝説開幕 旅行49日目

2013/7/12 西欧 フランス ラ・フォントンヌ → ニース
クリックで地図

昼過ぎにニースに着いた。


IMG_1431.jpg


フランス最後の大都市にして観光地。


このままだとフランスを走りきってしまうので、
いっちょこの街でハーモニカを吹いてみようと思っている。
(ハーモニカについて 参考リンク

たとえニースでチップもらえなくても、
20km先には金持ち小国で有名なモナコがある。

というワケで進んでいたら、
自転車のスポークが折れた。


IMG_1432.jpg


ニースの町中を見学しながら
自転車屋さんを探す。


IMG_1437.jpg

IMG_1438.jpg

IMG_1439.jpg

IMG_1441.jpg
(ヨーロッパのゲートボールみたいなもの)


発見。


IMG_1444.jpg

IMG_1442.jpg


ドリンクホルダーも折れていたので、
ついでに新調してもらった。


IMG_1443.jpg


17ユーロを失う…。

こりゃあ稼ぐしかないな!


観光客の多い海岸線へ歩いていたら、
俺を呼び止める女性が。


IMG_5801.jpg


ステファンご家族。

ニースでレストランを経営されておられる。
(詳しい場所はこちら Googleマップ

奥様のヨーコ様が日本人で、
俺の自転車についている国旗を見て声をかけていただいた。


IMG_1452.jpg


お子様のタクミ君はトリプリンガルで超イケメン。
こりゃあ女が放っておかねえぞ。

ヨーロッパにおける様々な情報を与えてくださり、
水やサンドイッチまで餞別でいただく。

さらに、これから大道芸をやるつもりですと明かしたら、
フランス語とイタリア語でボードを書いてもらった。


大道芸ボード


自転車でポルトガルから中国を目指しています。
ヨロシクね!みたいな内容が書いてあるはず。


ヨーコ様のお話を聞くと、
どうやらモナコは警備が厳しいので、
大道芸をやるならニースの方が良いらしい。

ということで、ビーチへ。


IMG_1454.jpg


このへんなら観光客も多くてよさそう。

さっそく準備開始。

IMG_1455.jpg

IMG_1456.jpg


笑顔を振りまきながら、
吹けもしないハーモニカをプープー鳴らす。


かにゃーおハーモニカ


おひねりは全く期待していなかったのだが、
なんとたった1時間で11ユーロちょいも入れてもらった!


IMG_1457.jpg


11ユーロって1500円だぞ。

時給1500円なら、俺は日本で働くより
フランスで 乞食 大道芸やってた方が稼げるじゃねえか!

これなら貧乏人ばかりの自転車旅行の世界に革命がおこせる!

台湾人の女子大生にも逆ナンされるし、最高!


IMG_1458.jpg


今日は試しにやってみただけなので、
1時間で切り上げて野宿場所を探すことにした。

明日は本格的にやってみよう。
ちょうど週末だしやる価値あるだろ。


IMG_1459.jpg


そして公園で野宿。

お父さんお母さんごめんなさい。
貴志は乞食道に落ちました。


でも違うんです、これも全て
後に続く貧乏な自転車旅行者のためなのです。

金がないならこうやって稼げ!という実演なのです。

お許しください。



HOHNER ホーナー ブルースハープ スペシャル20 560/20 key:C
HOHNER ホーナー
売り上げランキング: 44



黒猫の危機 旅行48日目

2013/7/11 西欧 フランス ピュジェ=シュル=アルジャン北西2km → ラ・フォントンヌ
クリックで地図


IMG_1406.jpg


昨日までの天候不順で足止めを食らっていたが、
今日は快晴。疲労も回復した。

途中のピザ屋さんでピザを食べたんだけど、
デカすぎて食いきれず、箱に入れてお持ち帰り。


IMG_1407.jpg


欧米ではレストランで食いきれなかった時とか、
お持ち帰りが出来るお店が結構多いです。


海辺の街、フレジャス。


IMG_1409.jpg


渋谷

IMG_1408.jpg


再び地中海。


IMG_1410.jpg

IMG_1411.jpg

IMG_1414.jpg

IMG_1417.jpg


前方から自転車旅行のジジイを発見。


IMG_1418.jpg


このおじさんは
俺と同じくメチャクチャな英語で、
どこの国の人かすらわからない。


IMG_1419.jpg


そんな人でも、
自転車旅行者同士ならすぐにわかりあえるのだ。



GPSがないので、
自分が今どこにいるのかよくわからないのだが、
どうやら映画祭でおなじみのカンヌに着いた気がする。


IMG_1423.jpg


ナゾのクロネコのモニュメント。


化け黒猫


かなりデカいし、

目はイってるし、


IMG_1424.jpg


いったいなんのタメにあるのかも不明。
夢に出そう。


途中のマクドナルドで休みつつ、
キャンプ場を探して到着。


IMG_1427.jpg


一泊で17ユーロ、インターネット別料金の
結構ファッキンなキャンプ場。

ちなみに、野宿の時でもブログが更新されているのは、
リアルタイムから数日遅れているのと、
予約更新という機能を使っているから。


今日は暑くて、カバンの中のチョコレートが溶けている。

なんかドロドロでエラいことになってるから、
ブログ書いたあと洗わないと。



人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと
金光 サリィ
大和書房
売り上げランキング: 11,671


雨との闘い 旅行47日目

2013/7/10 西欧 フランス ブリニョール郊外 → ピュジェ=シュル=アルジャン北西2km
クリックで地図


IMG_1398.jpg


この数日、午後から雨という決まりきった天気なのだが、
今日の天気も怪しい。


IMG_1399.jpg


雨雲に追いつかれそう。


IMG_1400.jpg


そして追いつかれた、というか、追いついた。


3日連続で午後からの雨。


IMG_1402.jpg


雨宿りしながら進んでいく。

本当は昨日のうちに
海沿いのフレジャスという町へ到着する予定だったが、
この雨じゃあ今日も無理。

明日に期待だ。


ということで、目をつけていたキャンプ場に到着。


IMG_1401.jpg


キャンプ場にも等級を表す星が付いているんだけど、
このキャンプ場は三ツ星。

ちょっと嫌な予感がする。高いかも…。

キャンプ場の中に入ると、
プールがあるわ、アスレチックはあるわで
嫌な予感が高まる。

そして受付で一泊の値段を聞いてみると…。


フリーザ47



47ユーロ!


俺の持ってるテントと寝袋で地面に寝るっていうのに
なんで6000円も払わなきゃいかんのだ!


もちろん、このキャンプ場はスルーして、
次のキャンプ場を目指したのだが、


次のキャンプ場はまさかの五つ星であった。


IMG_1403.jpg


三ツ星で47ユーロなんだから、
五つ星ってどうなるんだ、一泊100ユーロか?

もうこの五つ星を見た瞬間に笑ったんだけど、
逆に値段が気になったので受付に行ってみた。


受付には、ジョナサン・アイブみたいなおっさんがいて、
恐る恐る値段を聞いてみると、


アイブ


「おう、わざわざ日本から自転車で来たのか?
 金なんていらねえから泊まっていきな!」

ってことで、無料で泊めてもらった。

小雨が降るなか、
みすぼらしい格好で行ったのが効いたのかもしれない。


IMG_1404.jpg


ありがたき幸せ。


マクドナルド教徒 旅行46日目

2013/7/9 西欧 フランス ブリニョール → ブリニョール郊外
クリックで地図


朝起きてホテルの近くにあるマクドナルドへ。

優雅にモーニングのキャッフェオーレを楽しんでいたら、
自転車の後輪が自然パンクしていた。


IMG_1392.jpg


予備のチューブがなかったため、
修繕パッチを当てていたのだが、
どうやらチューブが安もんで劣化していため、
修理は不可能であった。

新しいチューブが必要だったのだが、
この町には自転車屋さんがない。

隣町まで歩いていくことになりそうだったが、
近くの大型スーパーに自転車用品が売っていたので助かった。


IMG_1393.jpg


そして昼過ぎ、自転車の修理が終わるころには、
昨日と同じく空は雨雲に包まれはじめた。


IMG_1394.jpg


昨日のような土砂降りにあったら堪らないので、
再びマクドナルドで待機。

ああマクドナルドはありがたや。
屋根にエアコンに食事に充電にインターネット。

ドナルド様のありがたい施しが、
世界中を包んで、信徒の体重は今日も増える。



結局、午後5時になってようやく雨がやんだので、
今日は町の端にあるキャンプ場を目指した。

天気予報のいい加減っぷりには呆れてしまう。


IMG_1395.jpg
(町の中心部)


IMG_1397.jpg
(キャンプ場、一泊14ユーロ)


まあ良い休息になったかなぁ。


人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった
鴨頭 嘉人
新潮社
売り上げランキング: 74,690

雨にうたれて 旅行45日目

2013/7/8 西欧 フランス サン=マキシマン=ラ=サント=ボーム → ブリニョール
クリックで地図


キャンプ場っていうのも慣れると悪くない。


IMG_1378.jpg


「野宿とそんなに変わらないのにお金払ってる」
って気分になったこともあるけどね。

だけど、野宿特有の緊張感はないし、
水もシャワーも電源もネットもあるんだから
お金を払う価値はある。

もう少し値段が安ければ良いんだけどな。


IMG_1383.jpg


風邪はまあだいたい治ったけど、
今度は疲労が溜まってきているので、
今日は2つ先の町にあるキャンプ場を目指した。


IMG_1384.jpg

IMG_1385.jpg


出発した時は晴れていたんだけど、
すぐに小雨が降ってきて、
しばらくしたらドシャ降りになった。


IMG_1386.jpg


フランスの天気予報は全くアテにならん。

昨日も「ガンガンに晴れです!」と主張しておきながら
小雨が降ったし、今日も完全に大ハズレだ。


避難出来る場所がないから、
道路工事の屋根がついてるブルドーザーに
勝手に乗って雨宿り。


2時間近くも待機して
やっと小雨になったので再び出発した。

もうカラダも荷物もビショビショである。
そして寒い。


今日は無理してキャンプ場に泊まってもいいんだけど、
風邪をぶりかえしそうな気がしたのでホテルを探した。

都合が良いのか悪いのか知らんが、
39ユーロのホテルを発見。


IMG_1388.jpg


日本円にすれば一泊5000円以上のホテルだが、
俺がフランスで聞いてきたホテルでは最安値。

部屋にはベッドと洗面台しかなく、
シャワーとトイレは共有である。

最安値感が出ている。

フランスって思っていたより英語も通じるし、
良い国だと思うけど、
こんなに物価が高くちゃ全く落ち着けない。






バナナマン 旅行44日目

2013/7/7 西欧 フランス ロニャック → サン=マキシマン=ラ=サント=ボーム
クリックで地図

普段は朝起きるの遅いんだけど、
野宿の日はさすがに早い。


スクリーンショット(2013-07-07 22.30.30)


といっても7時だけど。

朝メシ食うために町に出た。

今日は日曜日なんで、
かなり多くのお店が閉まっている。

日本だと客商売に休みなしって感じだけど、
ヨーロッパでは日曜になると
ほとんどのお店が閉まるようだ。

日曜日でも開いているのは、
カフェ、ベーカリー、レストラン(一部)って感じ。


IMG_1370.jpg
(パン屋というか、ベーカリー)

というか、日曜日じゃなくても、
最近は朝も昼も夜もパンとバナナばっかり食ってる。

特にバナナは常備しているので頻繁に食う。


携帯バナナまもるくん イエロー


こんなにバナナばっかり食ってたら、
もし「このイエローモンキーが!」と言われても、
返す言葉がない。いや、言われたことないけど。


今日は60km先のキャンプ場を目指しております。


IMG_1372.jpg

IMG_5786.jpg
(この威風堂々たる雰囲気、世界遺産か?)

IMG_5788.jpg


山道で景色がようござんす。


IMG_1373.jpg

IMG_1374.jpg

IMG_1375.jpg


途中小雨が降ったけど、
無事着いた。着いたの9時過ぎになってしまった。
一泊12ユーロだった。

まだ体調が今ひとつなので、
休み休みでほどほどの走行距離にしてみますた。


ミニッツメイド 朝バナナ 180gパウチ×6個
コカ・コーラ
売り上げランキング: 1,585



ワイルドキャンプ! 旅行43日目

2013/7/6 西欧 フランス アルル → ロニャック
クリックで地図


そろそろ今日あたりは
体調も全快するかと思っていたのだが、
もうひとつだ。熱はないが、タンが喉にからむ。

体力を探りながら進んでいこうと思う。


スクリーンショット(2013-07-07 10.03.37)


今日は別に特記するようなことはなかったので、
道中の写真と共にヨーロッパのキャンプ場について、
思うところを書いていこう。


IMG_1362.jpg


去年のアメリカ横断では、
寒すぎてキャンプ場をあまり使えなかったのだが、
今回の旅ではキャンプ場に泊まりまくっている。

慣れたとも言えるのだが、
キャンプ場の良さが分かってきた。

まずキャンプ場の方が圧倒的に安い、
フランスだと10~20ユーロくらい。
というかフランスのホテルが高すぎる。


IMG_1365.jpg


旅の現象学のさんふぃさんのブログを読むと、
ホテルで最安クラスなら35ユーロと書いてあったのだが、
俺が聞いてきたホテルだと、
「こんなボロいホテルが!?」っていうようなとこでも、
50ユーロ以上はする。最安で40ユーロだった。

俺は日本でキャンプ場になんか泊まったことがないので、
日本のキャンプ場とは比べられないのだが、
ヨーロッパのキャンプ場にはプールがあったりするし、
トイレも別に臭くなくて綺麗だし、
自転車旅行者も多く、情報交換が出来て楽しい。

値段的には大都市にある相部屋の安宿に比べるとちょい安くらいだが、
キャンプ場ならテントの中に入れば一人の空間が作れるから
俺はそっちの方が好きだ。


スクリーンショット(2013-07-07 10.04.22)


あと治安面の話なんだが、
バルセロナの相部屋の安宿で、充電用のケーブルを紛失した。
(予備があるので問題ないけど)

盗まれた可能性がある。

俺の当初のイメージでは、
キャンプ場の方が荷物盗まれるんじゃねーかなって
思ってたけど、今のところそんな気配はない。


それと、欧米人のキャンプ好きは異常だ。
キャンプ場と長期契約をして、
キャンピングカーで滞在している人も多い。

まともな家に住んでいるはずなのに、
なんでキャンプが好きなのだろう?


そんで50数km走って、ベール湖に着いた。


IMG_1367.jpg


今日はここのキャンプ場に泊まろうと思っていたのだが、
あるはずのキャンプ場がなぜか発見出来ない。

キャンプ場を探しているあいだに、
湖畔の角に上手く隠れられそうな場所があったので、
今日は野宿になった。


IMG_1369.jpg


スペインに続いて野宿はまだ2回目。
ヘボすぎ(笑)。

でも良い経験にはなるだろうから、
一カ国で一回ずつでも野宿していきたいね。

というか、ヨーロッパを終えたら、
どうあがいても野宿って日も増えるだろうな。





ボンボヤージュ! 旅行42日目

2013/7/5 西欧 フランス カマルグ自然公園西5km → アルル
クリックで地図

チェックアウトの12時までホテルで寝ていた。

キャンプ場で寝袋にも慣れてきたが、
やはりベッドの寝ごこちって素晴らしい。

ベッドで寝るという当たり前にことにも
本当は感謝しなければいけないよね。

あと、久しぶりにシャンプーで髪を洗った。
すげえ気持ちいい。

今まで洗髪も洗濯も全部石けんで洗っていた。


その後、食料を持っていなかったため、
ホテル併設のレストランで昼食。

フランスで始めてのレストランは13ユーロだった。
たいして美味くもない。

結局出発は午後1時になった。


IMG_1343.jpg


さすがに今日あたりで体調も回復するのではと思っていたが、
思ったより体が動かない。風邪ならではの筋肉痛がまだある。

フランスは物価高いので、
短期間で走り抜けるつもりだったが、
そんな覚悟もどこへやら。
チカラを抜いて走りはじめる。


今日のルートはカマルグ自然公園。

水田が多く、景色が良い。
道もフラットで走りやすい。

道ばたにはお土産屋さんが目立つ。


IMG_1340.jpg

IMG_1341.jpg


途中で自転車旅行者のおじさんに出会った。


IMG_1344.jpg


名前は完全に忘れた。たしかスペイン出身。

外国人の名前って本当に覚えづらい。
ヘンリーとかシュナイダーとか
ありきたりな名前でなかった場合は、
高確率で忘れてしまう。

自転車旅行者達に
名刺を持って旅する風潮が広まればいいのに。

自然公園を抜けてアルルの町へ。


IMG_1345.jpg

IMG_1346.jpg


そして町外れのキャンプ場にチェックイン。


IMG_1352.jpg


一泊で17ユーロもしたが、
昨日の一泊32ユーロの衝撃の後では、
あまり高いという気がしない。

物価高に慣れてきたのだろうか?
慣れているのは俺だけで、財布は悲鳴をあげているはずだ。

でも貧乏長期旅行の金銭感覚って難しいんだよね。
楽しむために旅行しているのに、
その楽しみを我慢するんじゃ、意味がない気がするし。

大陸横断という最終的な目的を達成するためには、
野宿に粗食で走るべきだが、
俺は最終的な目的よりも、道中を楽しみたいタイプなのさ。






貧者の頻尿 旅行41日目

2013/7/4 西欧 フランス ビク → カマルグ自然公園西5km
クリックで地図

朝起きて、体調を確認しながら出発した。


スクリーンショット(2013-07-06 12.07.29)


今日はほどほどに走ろう。

明日か明後日には体調も全快するだろう。

どーでもいい話で恐縮だが、
風邪とは関係なく、最近異常に頻尿である。

夜とか5回くらいオシッコに行く。
そして毎回結構な量が出る。

なんか怖い。
テント生活だから体が冷えているだけだと思うが…。


IMG_1313.jpg

IMG_1316.jpg

IMG_1317.jpg

IMG_5777.jpg


今日も海沿いの細い道の連続。
景色は良いし、道は平らで走りやすい。


IMG_1323.jpg


途中で見つけた教会。


IMG_1321.jpg


教会の中。雰囲気出てる。

アメリカと同じキリスト教の教会だけど、
やっぱり建物としての歴史とか敷地がないことらへんが、
アメリカとは違うね。


IMG_5783.jpg


途中の町、エーグ=モルト。


ダラダラとテキトーに走って、
キャンプ場に着いた。


IMG_1335.jpg


値段を聞いてみると、
一泊で32ユーロ!(4000円!)

最初は13ユーロと聞き間違えたが、
確かに32ユーロだった。

なんなんだこの値段は、ふざけてんのか。

というワケでこのキャンプ場はスルーして
出発したんだけど、このあたりには
他に宿泊施設がなく10kmほど走ったところに
ボロそうなホテルがあったので値段を聞いてみると、
47ユーロだった。


IMG_1338.jpg


47ユーロでも、
今までフランスで値段を聞いたホテルの中では
安い方だったので宿泊することに。

でもあとからスゲー後悔した。

フランスはホテルなしで攻略するつもりだったし、
47ユーロもあればキャンプ場に4日から5日は泊まれる。

まだ体調が万全でなかったとはいえ、
昨日ほどでもないし、天気も良いのに
こんな47ユーロもするホテルに泊まってどうすんだ俺。

どうせ寝るだけなんだから
32ユーロのキャンプ場の方が良かったかもしれないし、
ちょっとぐらいの体調不良なら野宿すべきだった。

今まで多少なりとも節約していた努力が
無に帰すような失敗だ。




追い打ちの雨 旅行40日目

2013/7/3 西欧 フランス フロンティニャン〜ビク
クリックで地図

朝起きたら小雨が降っていて、
テントの中は浸水していた。


IMG_1304.jpg


面倒臭がってテントにフライシートを
つけなかったせいだ。
寝袋がグシャっと濡れている。


体調も悪いので、
今日はホテルを探すことにした。

フランスは物価が高いので、
全行程キャンプ場、もしくは野宿のつもりであったが、
雨に濡れて体調不良では無理してもしょうがない。
もうすでにうすら寒い、7月なのに。


IMG_1308.jpg


今日は奮発するつもりで、近くにホテルが見つかれば、
そこが一泊50ユーロまでなら宿泊しようと思っていた。

そんで走ること1時間くらい。


IMG_1309.jpg


ボロくて安そうなホテルを見つけた。

これまでの旅行経験からのカンでは、
フランスと言えど、このホテルなら
30ユーロぐらいだろうと思っていた。

早速従業員に値段を聞いてみると、
一泊で53ユーロ…。

ふざけている。

この国怖い。



天気も晴れてきたので、
もうホテルは諦めて近くのキャンプ場に向かった。


IMG_1311.jpg


一泊12ユーロ。
これなら今朝までのキャンプ場に待機していれば良かった。



ドクターベックマン トラベルウォッシュ 旅行用洗濯洗剤 100ml
Dr.Beckmann(ドクターベックマン)
売り上げランキング: 1,969

一回休み 旅行39日目

2013/7/2 西欧 フランス フロンティニャン
クリックで地図

体調が悪いので、今日は休むことにした。
こうしてブログを書いていられるんだから、
ただの風邪で重篤な病気ではないと信じている。


IMG_1299.jpg


ヨーロッパのキャンプ場には、
近くにカフェやレストラン、スーパーマーケットが
併設されているのだ。


IMG_1303.jpg

ドラゴンボールの再放送。
ちなみにスペインだとドラえもんが結構人気ありそうで、
俺の自転車に付けている日本国旗を指差しながら
小さい子供が「ハポネ!どらえもーん!」って言いながら笑ってた。


今日は特別どっかに行ったわけでもないので
日記なんて書きようがないのだが、
とりとめもなくフランスの物価の話でもしましょうか。

先日まで一緒に走っていた
ヘンリーやジョージから聞いた情報によると、
フランスとイギリスは特に物価の高い国らしい。

参考 旅行者物価指数2013

俺が知っている情報によると、
北欧が世界で一番と言ってもいいくらいに
物価の高いエリアだと思うが、
フランスでこれなら、もう北欧なんて行きたくないっす。

東京が一番物価高いって情報も見ていたから、
ヨーロッパの物価が高いとは聞いても
「たいしたことないだろ」って予想してた。

どうせ日本でも最低賃金のド田舎に住んでる田舎もんが、
ヨーロッパの物価高いって騒いでるんだと思ってた。

完全に甘かった。田舎もんは俺だった。

東京より高い気がする、特に食費が高くつく。

こないだカフェで道聞くついでにコーラ頼んだら
3ユーロもしたからね、コーラ一本390円って、
キャバクラじゃないんだから。
フランスのど田舎だぞ。

コーラはスーパーで買っても1ユーロから1.5ユーロはする。


ポルのスーパーマーケット


スペインのスーパーでコーラ買った時は
0.6ユーロくらいだった気がするんだが。


というワケで、じっくり話すことが出来た自転車旅行者は、
全員自炊道具を持っていた。ナベとかバーナーとか。


IMG_1264.jpg


スーパーの安い食材で調理するぶんには、
確かに安くすむ。

バーナーやガスは大きいスーパーなら売っている。

まあ、これからナベやらバーナーやら燃料やら買うってのも
金がかかるし、荷物も重くなるからあまり積極的に買いたくないのだが。

あとは以前にも書いたけど、
マクドナルドのチーズバーガーが1.9ユーロ(約250円)
日本でも先日値上げしたけど150円でしょ?
100円も高いと頻繁にマックを利用する俺としては困る。

あとはタバコも高いね(タバコ止めろよって話なのだが)。

ポルトガルだと4ユーロ前半でスペインは4.8ユーロ。
フランスは6.6ユーロ。

スペインの国境の店でタバコ買って、
フランスで売り歩けば儲かるんじゃないだろうか?

そんな闇商売したらマフィアに怒られるのかな?


ただし、出会ったヨーロッパ人の自転車旅行者は、
なぜか喫煙者が多かった。

若い人は価格の安い巻きタバコをその場で作って吸っていたが、
どうにもマリファナみたいで抵抗感がある。

一応言っておきますけど、
俺は麻薬の類いには手を出す気はありませんので。
ラリった状態で自転車漕ぎたくないし。



さらに、人生で初めて有料トイレを使った。


IMG_1278.jpg


ナルボンヌの町中にあった。1回50セント(0.5ユーロ)


IMG_1277.jpg


トイレには説明書きがあって、
「このトイレは清掃業者が管理しているので有料です」
と書いてあった。

おしっこ我慢出来なかったし、
有料トイレを試してみたくもなったので、
お金払って入ってみたんだけど、


IMG_1276.jpg


結構汚いし、紙もない(笑)。


詐欺っぽいが、俺が思うに
「有料なら汚しても紙盗んでもいいだろ!」っていう
心境にさせてしまうのではないだろうか。



あと気がついた点としては、
フランスは水道水が美味い。

スペインでは水道水が不味くて、
一時的にミネラルウォーター飲んでたんだけど、
水道水に切り替えた。

このへんの各国情報は、
時間のある時に改めてまとめてみようと思う。





シャッキリポン 旅行38日目

2013/7/1 西欧 フランス ヴィルヌーブ=レ=ベジエ → フロンティニャン
クリックで地図

IMG_1283.jpg


一泊14ユーロのキャンプ場で起床。

隣のテントには自転車旅行をしている
初老のフランス人ご夫婦が宿泊している。

彼らは英語が全く喋れなかったので、
挨拶だけさせてもらった。

昨日の別れはとても辛かったんだけど、
ヨーロッパには自転車で旅行している人が沢山いらっしゃって、
また素晴らしい出会いが待っていそうな気持ちになる。

人間って、本当にただ隣にいるだけで、
誰かの気持ちを助けることがあるようだ。


IMG_1287.jpg


キャンプ場を出発したあと、
昼過ぎになって体調が悪いことに気がつく。

おそらく風邪の前兆だ。喉が痛い。

今日のうちに安いキャンプ場を探して、
カラダを休める必要がある。


IMG_1289.jpg


フランスは物価高すぎて、
一度もレストランに入っていないんだけど、
余裕をもって買える範囲のものとして
パン屋さんのクロワッサンが好き。1ユーロ前後。


IMG_1284.jpg


やっとフランスらしいものを食べたわけだが、
これはかなり美味い。

シャッキリポンと、舌の上で踊るわ!
香ばしくてしっとりふんわりバターの旨味。


たぶん日本のクロワッサンより、
練りこんでいるバターの量が多い。

日本で食べたクロワッサンなんて、
ボロボロ崩れる食べにくいだけのパンだったが、
やはり本場のものは違うようだ。


IMG_1288.jpg

IMG_1290.jpg


今日も海沿いの細い道を進む。
体調は悪いが、気持ちの良い道であることはわかる。

景色の綺麗なサイクリングロードには、
自転車旅行者がいっぱいいて、
いちいち写真を撮っていられないほどすれ違う。

きっとこれからも良い出会いがあるんだろうな。


IMG_1293.jpg


ほんで一泊8ユーロのキャンプ場に着いた。

咳こみ始める。風邪薬を飲んだ。

明日は休むことになるだろう。


海外旅行医学ハンドブック
篠塚 規
山と溪谷社
売り上げランキング: 469,603


夏が始まる 旅行37日目

2013/6/30 西欧 フランス ラ・バルム → ヴィルヌーブ=レ=ベジエ
クリックで地図

今日も三人でナルボンヌを目指す。


IMG_1273.jpg


ナルボンヌに着いたら、
ヘンリーやジョージともお別れだ。


IMG_1268.jpg


彼らはフランスの西側に住んでいる
おばあちゃんの家へ行くらしい。


IMG_1274.jpg


俺は海沿いに東へ向かう。
向かわなくてはならない…。


午後になって、ナルボンヌに着いた。


IMG_1275.jpg


美しい街だ。

川沿いの公園でお昼ごはんを食べた。

三人ともお金ないから、
物価の高いフランスのレストランには入れない。

水道水を飲みながらパンやバナナを食べるだけ。

これ以上ないくらい味気ない食事なんだけど、
三人で語り合いながらの食事はこれで最後かと思うと
泣きそうになる。


食後は三人ともお別れが切り出せなくて、
黙ってしまったのだけど、
「もう行くよ」と俺から言うしかなかった。

英語だと感謝の気持ちを上手く伝えられないのが辛い。

抱き合って別れを惜しんだ。


スクリーンショット(2013-07-01 11.59.21)


彼らと別れて走り出すと、
前にも後ろにも誰もいないことを実感して、
本当に泣いてしまった。泣きながら走った。

今このブログも泣きながら書いている。

辛い坂道も、美しい景色も、みんなで作った食事も、
もう気持ちを共有出来る人はいない。


旅や仲間がこんなにも心を揺さぶるものであることに、
おそまきながら実感した。




IMG_1282.jpg


この道の先には、これからも新しい出会いが待っていて、
また別れを惜しむのだろう。


気がつけば蝉の鳴き声が聞こえる。
明日から夏が始まるのか…。


スクリーンショット(2013-07-01 11.59.26)

美男美女と並ぶと酷いな(笑)


A06 地球の歩き方 フランス 2013~2014
地球の歩き方編集室 編
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 3,979


28歳の春だから 旅行36日目

2013/6/29 西欧 フランス ラ・バルム
クリックで地図

今朝パソコンを充電しようと思ったら、
マルチコンセントアダプターがなかった。

昨日泊まったキャンプ場に置き忘れたのかもしれない。


一緒に走っているヘンリーとジョージは、
今日1日このキャンプ場で休むらしいので、
俺は昨日泊まったキャンプ場に戻ってみることにした。


IMG_1244.jpg


今日も恐ろしいほど風が強い。
往復60kmの道が100kmに感じた。

しかも、昨日のキャンプ場で聞いても、
結局コンセントは見つからない。


コンセントがないということは、
電子機器が全部使えないという絶望的な状況になる。

パソコンが使えないとブログが書けないのだが、
まあ、そんなもん別にいいかと開きなおるしかなかった。


IMG_1262.jpg


スマフォなしで旅行している人もいっぱいいるし、
紙の地図とコンパスだけでなんとかしてみせると、
決意を新たにしつつ、バッグを改めて探してみたら、
ものの10秒でコンセントは見つかった(笑)

完全にムダな体力を使ったわけだが、
まあこんな日もあるのさ。

結果的にあったんだからそれでいいし、
ヘンリーやジョージと一緒に過ごす時間が増えた。


IMG_1263.jpg


今日は彼らと夕食を食べながら、
音楽や国際情勢の話をした。

改めて考えてみると、
ビートルズを筆頭にして
世界的に有名なイギリス人ミュージシャンは多い。

国際情勢については、
北朝鮮の悪評はイギリスにも届いていると
ヘンリーが語っていた。


この日の夕暮れは、空がとても綺麗だった。

夏のヨーロッパは夜の9時すぎまで明るいので、
じっくり夕日を見る機会が今までなかった。

「美しい」と語り合う俺達は、これが最後の夜。


IMG_1266.jpg


明日ナルボンヌに着いたら、
彼らともお別れだ。

5日も一緒に旅をした仲間と別れたら、
俺はいったいどんな気持ちになるのだろう…。

泣くのかもしれない。


赤塚不二夫トリビュート~四十一才の春だから~
オムニバス ロリータ18号 ECD 曽我部恵一 矢野顕子 こおろぎ’73 デブパレード HALCALI ミドリ 電気グルーヴ×スチャダラパー
DefSTAR RECORDS(SME)(M) (2008-09-24)
売り上げランキング: 67,761


KUSOATAMA 旅行35日目

2013/6/28 西欧 フランス ポールルカート〜ラ・バルム
クリックで地図

朝イチでヘンリーとジョージが
新しいタイヤを買ってきてくれた。

本当に助かる。


IMG_1239.jpg


3人で旅をすると宿泊代も少し浮くし、
彼らはナベとかバーナーとか
料理道具も持っているから夕食代も安く済む。


IMG_1242.jpg


フランスに入ってからさらに物価が上がった。
恐ろしい国だ。体感的にはスペインの1.3倍くらい。

1ユーロちょいだったマクドナルドのチーズバーガーが、
フランスだと1.9ユーロだぞ!


この物価で
「ケーキを食べればいいじゃない」
とか言われたら日本人の俺でもキレるね。



今日も北からのすさまじい向かい風。


IMG_1247.jpg

IMG_1249.jpg


女の子のジョージには少しキツいのだろう。

そんでも4時間ほど走って、
一人8ユーロのキャンプ場に着いた。


IMG_1258.jpg


28kmしか走っていないが、
俺も疲れてきているので
こんくらいがちょうどいい。


彼らは明日一日このキャンプ場で休むかもしれない。

俺も休もうか出発しようか、考え中。

彼らといると楽しいし、
安く旅行するタメの勉強にもなる。


今日はイギリスで人気のあるshit headという
トランプのゲームを教えてもらった。


IMG_1257.jpg


「shit headって日本語でなんて言うの?」

って聞かれたらから

「KUSOATAMAだよ」と教えてあげた。

人間は下ネタとか汚い言葉の方が、学習意欲が出る。



スタンダードトランプ(RED)
ハナヤマ (2008-08-11)
売り上げランキング: 3,014


かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
558位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
53位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。