スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We are in FRANCE ! 旅行33日目

2013/6/26 南欧 スペイン フィゲレス〜バニュルス=シュル=メール(フランス)
クリックで地図


昨日キャンプ場で出会ったイギリス人のカップルと、
一緒にフランスを目指すことになった。


IMG_1216.jpg


こういう即席の出会いで仲間が増えるのは楽しい。


IMG_1219.jpg


たぶんこれも自転車旅行の魅力だと思う。

ただ、俺はものすごい走行スピードが遅いので、
こーいうペアランだと足を引っぱりそうで怖い。
今日もすごい向かい風だし。

基本的に俺って坂道はほぼ全部自転車押して歩くし、
1時間に3回ぐらい休んでタバコ吸ってるからね。


IMG_1218.jpg


でも、前回ウィリアムズと一緒に走った時にも思ったんだけど、
自転車慣れしている人と一緒に走るとすごい勉強になる。

どんな坂道でも基本的に自転車から降りずに、
ギアを軽くして走りぬけることとか、
休憩をとるペースとか、姿勢を変えて疲れを分散させることとか。


スクリーンショット(2013-06-30 9.12.53)


一人で走るとつい甘えちゃって、
自転車押しちゃうんだよね。


IMG_1222.jpg


そしてついにフランスまであと1km。

長かったスペインを終えて、
フランスに入国。


スクリーンショット(2013-06-30 9.12.45)


途中で出会ったドイツ人のフランクさんと一緒に、
キャンプ場に宿泊した。


IMG_1227.jpg


みんなで夕食を作って食べる。


IMG_1229.jpg


出会ってまだ丸一日も経ってないし、
言葉もろくに伝わらないんだけど、
もう仲間って感じだなぁ。



PRIMUS(プリムス) ライテックスーパーセット  P733310
PRIMUS(プリムス) (2012-05-14)
売り上げランキング: 4,359


スポンサーサイト

スペインの風 旅行32日目

2013/6/25 南欧 スペイン ジローナ〜フィゲレス
クリックで地図

昨日壊れたペダルと一緒に、
朝イチで自転車屋さんに行って直した。

さっそくジローナの町を出て、
順調に進んだと言いたいところなんだけど、
すまさじい向い風に包まれていた。


IMG_1205.jpg


こんな日はもうテッキトーに進むしかあるまい。
いつもどうりだ。

グロいから写真は取ってないけど、
なんかこのへんのあらゆる標識に、
小さいカタツムリが群生している。


IMG_1181.jpg


マジきもい。思い出してもきもい。
書くんじゃなかった…。

全くやる気のないまま進み、
フィゲレスの町に着いた。


IMG_1208.jpg


ひたすらやる気が出ないので、
町中の公園でツメを切ってた。

あまりにもやる気がなくて、
それほど記憶も確かではないが、
町はずれのキャンプ場に行ったら
イギリス人カップルの自転車旅行者がいた。


IMG_1211.jpg


左が彼女のジョージ、
右が彼氏のヘンリー。

二人とも20歳らしい。


IMG_1214.jpg

IMG_1212.jpg


外国人はカップルで自転車旅行している人が多い。

もし俺がこの二人のような青春をおくっていたら、
今回の旅行には出発しなかったと思う。

「うらやましいなあ」とつぶやくスペイン最後の夜。


IMG_5737.jpg


明日は国境の山を越える。


フェザー ツメキリ M (色おまかせ)
フェザー安全剃刀
売り上げランキング: 346


カラダとペダル 旅行31日目

2013/6/24 南欧 スペイン ジローナ郊外〜ジローナ
クリックで地図

10年以上前の話だけど、ガキの使いのコントで、
「帰宅する松っちゃんの後をつけてみよう」
という企画があった。

もちろんネタなんだけど、
松っちゃんが道路脇に寝っころがって
意味もなくパン食ってたシーンが、
すごい面白くて、今だに思い出し笑いを起こす。

実は最近俺も人目を気にせず、道路脇で寝っころがって
パンを食っている時がある。


IMG_1182.jpg


ただでさえ怪しい行動なのだが、

「これじゃあ、あの時の松っちゃんのコントと同じじゃねえかw」

って思いだしながらニヤニヤしているので、
さらに怪しい人になっているのだろう。
通報されないように気をつけねば…。



今日もチェックアウトの12時ごろホテルを出た。

俺の出発は基本的にいつも遅い。


IMG_5734.jpg


ホテルを出て5km、ジローナという町に着いたところで、


IMG_1191.jpg


ペダルがポッキリと折れた。

おととい新調したばかりなのに、この脆さ。

交換する前の古いペダルは持っているから、
ペダルレンチさえあればなんとかなるんだけど、


ペダルレンチは日本に置いてきた。
ハッキリいってこの闘いにはついていけない…。



不運だが、折れたのが町中で良かった。
何にもないところだったらヤバかった。

というワケで自転車屋さんを探したんだけど、
どうやら今日は祝日らしく、自転車屋さんはやってなかった。

とりあえず今日もこの町に泊まることにして、
安宿を探そうとしたら、
オーストラリア人バックパッカーの
ティムご夫妻に出会った。


IMG_1193.jpg


彼らもちょうど安宿に向かうところだったので、
一泊16ユーロのドミトリー(相部屋)の宿に
連れて行ってもらった。


IMG_1194.jpg


どうやらこの小さい町も観光地のようなので、
宿に荷物を置いて町を散歩。


IMG_1195.jpg

IMG_1197.jpg

IMG_1200.jpg

IMG_1201.jpg

IMG_1198.jpg


とても綺麗な町で教会もある。

教会の中は撮影禁止だったので写真はないが、
教会ってのは中に入ると魅力がわかるようだ。

教会の中は薄暗いが、
ステンドグラスで調光され、
冷たい空気に賛美歌が薄く鳴り響く。

ともてもおごそかな雰囲気でした。


宿に帰ったあと昼寝した。

出発から一ヶ月以上が経ち、
自分で思っていたよりも疲れていたのかもしれないので、
今日休んだのは良かったのかもしれない。




雨中走行 旅行30日目

2013/6/23 南欧 スペイン Pineda de Mar〜ジローナ郊外
クリックで地図

今朝は隣にテント張ってるベルギー人のおじさんから、
コーヒーをごちそうしてもらった。


IMG_1183.jpg


午前中は快晴。


スクリーンショット(2013-06-24 19.18.01)

IMG_5727.jpg


午後から天気が悪くなった。


IMG_1186.jpg


ガソリンスタンドや陸橋の下で雨宿り。


IMG_1187.jpg

IMG_1188.jpg


特に書くこともないから書くんだけど、
なんかスペインの田舎では、
なんにもないような道路脇に女性が立っている。


IMG_1185.jpg


身なりからして売春系の人だと思う。
聞いたわけじゃないけど。


あと町中で、
かんしゃく玉が破裂したような音が頻繁に聞こえる。

かなりの爆音でびびるが、現地の人は何事もない雰囲気なので、
よくあることなんだろう。


小雨が降るなか散々道に迷ったあげく、
目的の町のちょい手前で、30ユーロのホテルに宿泊した。

スマフォをなくしてからよく道に迷う。


昨日現地のサイクリストから得た情報だと、
日本人の自転車旅行者3人組が
同じ方角を走っているらしい。

もうフランス着いちゃってるかもしれんけど、
いったいどんな人達だろう。





おっぱいビーチバレー 旅行29日目

2013/6/22 南欧 スペイン バルセロナ〜Pineda de Mar
クリックで地図

昨日の晩、夜中だと言うのに
宿泊しているドミトリー(相部屋)に、
新しい人達が何組か入ってきた。

騒がしくて寝付けなかったが、
朝は寝坊せずニコニコ生放送を行うため、
サクラダファミリアへ向かった。


IMG_1172.jpg


しかし、ニコニコ生放送は失敗に終わった。

ネットには接続出来たというのに、
生放送を開始しても画面が真っ暗で映らない。
そのあと調べたんだが、原因もよくわからなかった。

期待してご覧いただいた方、
誠に申し訳ありませんでした。


結局この日は宿に帰ったあと、
出発するべきか悩んでいた。

多少睡眠不足だが、もう特にバルセロナに用はない。

しいて言えば、このあと眠って午後遅くから、
ブルースハープで大道芸でもしてみようかと思っていたが、
ニコ生失敗でテンションが下がってしまい、
やる気が起きなかった。


宿には続々と英語ぺらぺらのカップルが入ってくる。
男女でも相部屋だから、若い女性もいる。

旅行で使う英会話は取得しているが、
日常会話は難しいので、少し壁を感じていた。

さらに、よく話していた南アフリカ人の男性が
今朝出発してしまったこともあって、
俺も今日出発することに決めた。

名前も聞いていないけど、この南アフリカ人は、
黒人特有の軽いノリを持ちながら、スマートな印象も感じた。

俺にとって南アフリカは、
治安が悪いイメージしかなかったが、


o0578049612274099534.jpg
(南アフリカ想像図)


やはり実際に会って話すと印象は変わるものだ。


という訳で、昼過ぎに宿を出た。


まずは昨日下見した自転車屋さんに行って、
ペダルを交換した。


IMG_1174.jpg
(ストラップ付きだが、ストラップはすぐに外した)


去年のアメリカ横断と違って、
今回は出発前にワイズロード新宿店の店長に整備をお願いしていた。

ここまで1300km以上走ったが、一度のパンクも故障もなく、
プロにお願いして良かったと思っている。

だが、唯一ペダルだけは自分に合わなかったので交換した。


そんでいよいよバルセロナを出発。


IMG_1175.jpg


少し眠いが、筋肉の疲れはとれているので、
まあまあ順調に進む。


スクリーンショット(2013-06-24 18.52.37)

IMG_5704.jpg

スクリーンショット(2013-06-24 18.52.57)


今日もおっぱい丸出しの女性がいるビーチ沿いを
走れるので気持ちよかったのだが、


スクリーンショット(2013-06-24 18.53.22)


この写真(動画)を撮影したあと、
ipodを落として、画面にヒビが入ってしまった。


IMG_5725.jpg


まだ動くから良いけど、こないだスマフォを壊したばっかりだ。

自転車旅行の世界には、
デジカメを配布しながら旅をした人もいるが、
こんな調子で重要な電子機器を壊していったんじゃ
旅が続けられない。

やはり少しでも早く新しいスマフォをゲットしなければいかん。

結局Pineda de Marという町のキャンプ場に着いたのだが、
このへんはリゾート地のせいか、
キャンプ場も今までより高い一泊14ユーロが相場。

昨日まで泊まっていた相部屋で一泊10ユーロの宿より、
キャンプ場の方が高いってのはあまり納得いかない。

インターネットも別料金だしさ。



おっぱいバレー [DVD]
おっぱいバレー [DVD]
posted with amazlet at 13.07.04
VAP,INC(VAP)(D) (2009-10-21)
売り上げランキング: 6,908


バルセロナの生活 旅行28日目

2013/6/21 南欧 スペイン バルセロナ
クリックで地図


今日は朝から昼過ぎくらいまで、ネットやってた。


スクリーンショット(2013-06-21 20.25.28)



初めて行う予定のニコニコ生放送の告知をしたり、
エロ画像を補充したり、
結構忙しいんですよこれでも。


IMG_1171.jpg


午後も遅くからチンチンのようにぶらぶらと、
観光と中古のスマフォを探しにお散歩。


IMG_1162.jpg

IMG_1166.jpg

IMG_1167.jpg

IMG_1170.jpg
サンタ・エウラリア大聖堂

文化遺産に興味がない俺でも、
建物を見た瞬間に「ガウディかなぁ?」と解る。

さすがガウディだなぁと思って、今調べてみると、
この大聖堂はガウディの設計ではなかった(笑)


IMG_1160.jpg


中古のスマフォ自体は売ってるんだけど、
俺の懐具合の問題で、購入に踏み切れない。

サムスン製のギャラクシーの亜種が150ユーロ前後で売っている。
約2万円はキツい。やはり元同僚から送られてくるのを待つか。


このへんでカメラの電池切れちゃったから撮影してないんだけど、
今日もサクラダファミリアに行った。

桜田家族阿の近くにある
マクドナルドのwifiの通信速度を調べたかった。
(ここでニコ生やる予定なので)

そして、通信速度はものすごい遅かった。
明日のニコ生大丈夫なのだろうかと不安になる。


そのあとはちょっと自転車屋さんに寄ってみたりと、そんな1日。


あと、実は昨日バルセロナの空手道場を探していた。

なんでそんなもん探していたのかと言うと、
ちょっと今回の旅で参考にしている
Take it easy!! という自転車旅行ブログがあるんだけどさ。


ブログを読んでみると、
どうやらブログ主の昼間 岳さんという方のご親戚が
バルセロナで空手や剣道の道場を開いているらしい、

彼のブログに管理者にだけ見える形でコメントして
「空手道場に遊びにいっていいですか?」と
一週間くらい前に連絡してみた。

同じFC2で自転車旅行のブログ書いてるんだから、
返事くらいはもらえるだろうと思っていたら、
全くなんの返事もないというこのハブられっぷり(笑)

というワケでGoogleマップで検索して、
アポなしで行ってみようと思ったんだけど、
Googleマップが表示する場所には全くそれらしいものはなく、
付近の住民に聞いても「なんのこっちゃ」というリアクションだった。



A22 地球の歩き方 バルセロナ&近郊の町 2012

ダイヤモンド社
売り上げランキング: 13,257


旅の魅力 旅行27日目

2013/6/20 南欧 スペイン バルセロナ
クリックで地図


朝起きてまずは洗濯をした。


IMG_1143.jpg


まだ一ヶ月も経っていないが、靴下がえらいことになっている。
自転車漕ぐ時にチカラを入れる部分がぽっかりと。


さて、バルセロナでの最重要ミッションは、
再発行した国際キャッシュカードを受け取ることだ。

さっそく宿を出て、日本総領事館へ向かう。


IMG_5682.jpg
(この街はレンタル自転車が多い)

IMG_5683.jpg
(領事館内は撮影禁止)


国際キャッシュカードはちょうど今朝届いていたらしく、
無事に受け取ることが出来た。

かーちゃんありがとー!


という訳で、午後からは街の観光に乗り出す。

もちろんバルセロナと言えば、世界的な建築家の

┌(┌ ^o^)┐ ガウディ である。

俺は自然遺産は好きだけど、
文化遺産の観光とかはハッキリ言って興味がない。

けれどもまあ、バルセロナに来てガウディ見ないわけにもいかないので、
まずは近くのグエル公園へ。


IMG_5686.jpg

IMG_5688.jpg

IMG_5691.jpg


観光客が腐るほどいるし、
この公園は上り坂で見て回るのが大変だった。


IMG_5694.jpg


景色だけは良い。


IMG_5696.jpg


絶賛建築中のサクラダファミリアを発見…。


ハッキリ言っちゃうと、
こんなもん見ても全然面白くないわ。

普通のバックパッカーって金払いながら、
こんなもん見て廻って一体何が面白いのかね。

俺の感受性が低いのだろうけれど、
世界遺産に対して堂々と
「クソつまらん」とつぶやくのは快感を覚える。
王様は裸なのさ!

「いつまでも見ていられるくらい飽きません!」とか
奇麗ごとほざいた方が良かったか?

だったらヨソのバックパッカーのブログ見てろ(笑)

上り坂につまんねー観光地でイライラしている。


でも、この場所には素晴らしい出会いがあった。


ここには楽器を演奏してチップをもらう大道芸人がいっぱいいるんだけど、
明らかにレベルの違うチンドン屋さんを発見した。


IMG_5697.jpg


観光客に話しかける英語の発音が明らかに日本人だったので、
チップを入れて話しかけてみた。


IMG_1149.jpg


写真右がプロ大道芸人の小林さん。左は旧日本兵。

彼はヨーロッパに旅や遊びで来ているのではなく、
稼ぎに来ている。

彼とはちょっと話しただけだが、
貴重な情報を得ることが出来た。

サクラダファミリアなどの観光地で大道芸をやると、
すぐに警察に中止されること、
音楽を演奏するつもりだと聞いている方はすぐに飽きちゃうので、
動きやかけ声を入れてパフォーマンスをすると良いこと、

などなど…。

俺もこの街でブルースハープ吹いてみようかなと思っていたので、
本職の人からアドバイスを頂いて大変勉強になった。

参考リンク1
参考リンク2

やっぱり俺の旅は、観光じゃなくて出会いだ。

こういう凄い人との出会いは確実に見聞を広める。

以前このブログに書いたこともあるんだけど、
みんな普通は「真面目に働く」っていうと、
すぐにスーツ着て会社務めを連想しちゃう。

だけど、こういう生き方もアリなんだよって実証している人と出会える。

これは確実に旅の魅力と言えるだろう。


IMG_5699.jpg


その後はサクラダファミリアへ。


IMG_5701.jpg


うはっ、クソつまんねー(笑)

せいぜい気の済むまで工事してろよ。

道ばたでホームレスがやってるパフォーマンスの方が
よっぽど発見があったぜ。


IMG_1151.jpg


空き缶並べて「 I love バルセロナ 」って書くだけ!

これでちょっとはチップも獲得している、すごいね。


IMG_1148.jpg


観光には飽きたので、
壊れたスマフォの代わりになるものがないか近くのお店を物色。

俺は元家電量販店店員だから、
外国の量販店に来ると興奮する。

残念ながら俺のメガネにかなうものは見つけられなかった。

ウォークマンはあるけど、
アンドロイドとGPSを搭載しているFシリーズが売ってない。

なんてこったい。


最後に受け取ったキャッシュカードを使うためにATMへ。


IMG_1153.jpg


無事に現金を降ろすことが出来た。

なんで外国のATMって道ばたにあるんだろうね、怖いよね。
あとスペインのATMは日本と同じくカード挿入型なので、
壊れたATMに入れてしまった時が怖い。

アメリカのATMはスライド式だからいいんだけど。


ボールジャグリング入門
中嶋 潤一郎
ナランハ
売り上げランキング: 92,194



バルセロナ到着 旅行26日目

2013/6/19 南欧 スペイン Siteges〜バルセロナ
クリックで地図

朝起きてテントを出る。


スクリーンショット(2013-06-20 0.04.16)


昨日知り合ったドイツ人のおっさんが、
モーニングコーヒーをごちそうしてくれた。

走行ルートが真逆なため、一緒に旅が出来ないのが残念だ。

朝食はキャンプ場のスーパーで買い出し。

こちらでは、キャンプ場内にレストランが併設されているし、
キャンプ場によっては小型のスーパーまである。


IMG_1126.jpg


キャンプ場に行くだけで全部揃っているから助かる。


スクリーンショット(2013-06-20 0.05.52)


さて、今日はスペイン第2の都市バルセロナに到着する予定だ。


IMG_5658.jpg

IMG_5666.jpg

IMG_5667.jpg


海沿いの細い道を走り続けて約40km。


IMG_5675.jpg


バルセロナに着いた。


今日は一泊10ユーロの激安ドミトリー(相部屋)のホテルに宿泊する。
ユースホステルっぽいのは初めてだ。


IMG_1140.jpg

IMG_1141.jpg

IMG_1142.jpg


まあ綺麗だし、ネットもあるし、
相部屋の人と相性が合えば楽しいのだろう。

去年のアメリカ横断時にはロサンゼルスの浜田宿という、
ドミトリーに泊まったが、宿泊客はたまたま俺しかいなかった。

今回はさすがに俺以外の宿泊客も大勢いて、
騒がしいイタリア人の若い男性が3人(全員タトゥー入り)
背の高い南アメリカ人男性が1人。
アメリカ人カップルが2組。

全員英語がぺらぺら。

ここはスペインだが、やはり各国人が集まると共通言語は英語になるらしい。

一応はぶられてはいないが、
これからどうなることやら。


さて明日からは観光もしたいと思っているが、
日本から送られてくる予定の国際キャッシュカードを受け取ったり、
元職場の方にお願いした新スマートフォンを受け取りたいと思っている。

日本から送られてくる日数を計算すると、
数日は滞在するのではないかと思う。

俺が自転車旅行で数日間も同じ宿に滞在するのは初めてだ。
プチ沈没の予定。

とはいえ、観光、休養、必要品の受け取り、
今まで撮影した動画の編集と、
やろうと思えばやることはいっぱいある。


屋外で条件の揃う場所があったら、
ニコニコ生放送も出来ればいいなあ。


A22 地球の歩き方 バルセロナ&近郊の町 2012

ダイヤモンド社
売り上げランキング: 13,309


バルセロナへの道 旅行25日目

2013/6/18 南欧 スペイン タラゴーナ郊外~Siteges
クリックで地図


今日は出発する前に少し荷物を整理した。


IMG_1118.jpg


日本から持ってきた世界の国旗シール
バッグに張ってみようと思う。


IMG_1120.jpg


今まで走行した国のシールを張った。

これでこれから出会う自転車旅行者に、
自分がどこを走ったか説明しやすい。

日本の国旗のシールはヘルメットの正面に張った。

あとは日本の手旗国旗を自転車に付けてみた。


IMG_1119.jpg


こんな国旗付けてると、
クソみたいな俺が日本代表のように主張している気がして
なんだか申し訳ない。

でも東アジア人は、
外国だと基本的に中国人に間違えられてしまうので、
説明の手間が少しはぶける。

あと、個人的に恨みとかは全然ないけど、
正直言って中国人って各国で良いイメージを保たれてない気がする。

中国人って移民も多いし、移民先の国にとけ込まずに
中華街を作っちゃうタイプで、
賃金も安いから地元民の仕事を奪ってしまうのだろう。


IMG_1121.jpg


そんでまあ出発したんだが、
まだ疲れは残ってるし、天気は悪いし、強烈に向かい風だし、
最悪のコンディションだ。

こういう日は全く楽しくないから、
早く日本に帰って彼女の胸に泣きつきたい気持ちになるんだけど、
そういえば俺、彼女いないんだった…。

スマフォを壊してからipod touchの地図を使ってるんだけど、
GPSがないから道にも迷う。

高校生くらいの若い女の子3人組に道を聞いたら、
警察署まで案内してくれた。

3人ともすごい美人で、
ラテンらしく薄着でおっぱいも大きくて親切で大変すばらしい。

親切にしてくれた女子高生のおっぱいをチェックするなよ
って話なんだけど、
俺は彼女のいない自由な独り身です。
何か文句があるんですか?


IMG_1123.jpg


結局、今日は90km先のバルセロナを目指していたんだけど、
辿り着く自信が全くないので途中で諦めた。

なんだか雨が降りそうな気配がするから
どっかのホテルに泊まろうかな~と思っていたんだけど、
キャンプ場に入っていく自転車旅行者を見かけたので、
追いかけて話しかけてみた。


IMG_1128.jpg


写真左がドイツ人のナントカさん58歳。右はそのへんをうろついてた浮浪者。
すいません、名前は完全に忘れました。
俺とは逆のルートでバルセロナからバレンシアを目指しているらしい。


IMG_1127.jpg
(彼の自転車)


彼は英語が喋れるし話しやすい人だったので、
俺もこのキャンプ場に宿泊を決めた。


IMG_1125.jpg


隣にテントを張って、
ワインをおごってもらいながら語り合う。

仕事はもうリタイアして自転車で旅行していること、
ほとんど野宿で旅をしていること、
フランスの海岸で野宿して警官に見つかると
100ユーロくらい罰金とられること、
福島原発事故の影響でドイツは原発を止めたこと、
ドイツで一番有名な日本人は朝青龍かもしれないこと、

いろいろ語り合ったすえに、
お互い酔っぱらって英語が喋れなくなってきたので、
お開きとなった。

やはり旅行中の出会いは素晴らしい。





突然の別れ 旅行24日目

2013/6/17 南欧 スペイン タラゴーナ~タラゴーナ郊外
クリックで地図

昨日一緒に走ったウィリアムズとの別れは突然だった。

というか朝起きたら、
彼は彼の荷物や自転車と共に消えていた。


「明日の予定はまだ決めていない」って昨日言っていたのに…。

なんか彼と一緒だったのが夢だったような気がする。

俺がお荷物だったのかな?

昨日は170kmも走ったし、彼の態度から不満は感じなかったんだけど。


置き手紙などもなく、チェックアウトの12時まで待っても
結局帰ってこないもんだから、俺もホテルを出た。


IMG_5655.jpg


昨日は170km走るために3倍界王拳を使ったので、
カラダがまともに動かない。

今日は休むために近くのキャンプ場に来た。
地中海のリゾート地はどこにでもキャンプ場がある。


IMG_1117.jpg


たった半日ほど二人旅をしただけなのに、
なんだか今日はとても寂しい…。

一人旅には利点もあるし
今まで不満を感じてはいなかったけど、
こんなに寂しいものだったのか。

会話は英語だったけれど、
同じ趣味で意思の疎通が取れる仲間がいるって
素晴らしいことなんだな。


大陸気ままな二人旅
大陸気ままな二人旅
posted with amazlet at 13.06.21
藤野 繁生
牧歌舎
売り上げランキング: 484,607


出会いの引力 旅行23日目

2013/6/16 南欧 スペイン オロペサ デル・マール~タラゴーナ
クリックで地図

朝になって出発。

昨日GPS付きのスマフォを破壊したため、
まずはガソリンスタンドでスペインの地図を購入した。


IMG_1106.jpg


Googleマップに頼りきっていたせいか、
スペイン語の地図を見てもよくわからない。

というか、こういうのはクルマ用なので、
もう少し拡大された地図でなければ
自転車旅行だと使いにくい。


さて困ったもんだと思いつつも、
地図とコンパスを頼りに
北東へ向かう。


そしてついに出会ったんだ。


IMG_5651.jpg


40km走ったところのガソリンスタンドで知り合った彼は
フランス系オランダ人のウィリアムズ、34歳独身。

自転車旅行者は出会って5分で友達になれる。本当なんだぞ。

お互いバルセロナへ向かうということが分かってから、
彼の方から一緒に行こうと誘ってくれたのである。

彼は英語とオランダ語とフランス語とスペイン語の
四カ国語を操るスーパーマンで、
スマフォを所有している上にジュースをおごってくれるナイスガイ。

この写真ではわからないが、
しかもイケメンである。

もう俺この人になら抱かれても良い!!

兄貴抱いてください!

っつーわけで、一緒にサイクリング。


スクリーンショット(2013-06-17 19.53.50)


スマフォ兼GPSを失った次の日に、
スマフォと翻訳能力を持った旅行者と知り合えるなんて!

きっと地球は俺を中心に廻って
これが運命の出会いというもんだ。


「今日はどこまで行くのだ?」と聞いてみると、
タラゴーナという町まで行くと言う。

地図を失ってサッパリ距離感がわからない俺は、
安易にオッケーと答えたのだが、
道路標識を見るとタラゴーナまであと130kmもあった。

いや、すでに40kmも走ってるんですけど…。

そうは言っても彼の足を引っ張るわけにはいかないので、
泣きそうになりつつ走行を決意。

ウィリアムズの走行スピードは猛烈に速く、
どんな激坂でも全く止まらずに進むことが出来る超人だった。


スクリーンショット(2013-06-17 19.54.35)


こんなに走行スピードの速い人と
ガソリンスタンドで知り合えたのは、
本気で運命だと思う。

必死に食らいついていくことになったのが、
案外ついていくことが出来た。

今までは亀のような遅さで旅を進めていたが、
意外にもカラダが慣れ始めていたようだ。

というか、今までは何かあった時に備えて、
常に全力ではなく
2~3割の体力を残しておいたおかげかもしれない。

今日こそは、体力の予備タンクもスッカラカンにするつもりだ!
でなきゃ付いていけない!

という訳でタラゴーナという町についた。
バルセロナまであと90kmだ。


二人でホテルの同じ部屋に宿泊。

一夜を共にした俺たちが、
最終的にどうなったはここではとても書けないんだけど、
彼の方から明日の予定は決めてないと言ってくれたので助かった。
(気を使ってくれたかな?)

今日は自己新記録の174kmも走ったから、
明日はカラダが動くとは思えない。


GARMIN ヨーロッパ
GARMIN ヨーロッパ
posted with amazlet at 13.06.21
GARMIN
売り上げランキング: 88,231




野宿決行 旅行22日目

2013/6/15 南欧 スペイン Casablanca~オロペサ デル・マール
クリックで地図


スクリーンショット(2013-06-17 19.49.58)


やっちまった。


IMG_1101.jpg


走っている時にスマフォを落として壊してしまった。

落としただけなら多分大丈夫だったと思うが、
誤って後輪で轢き殺してしまった。

完全にアウトである。

バッテリーが長くてGPSの掴みも良いから
このスマフォ気に入っていたのに…。
まだ出発して20日だぞ。


地図はスマフォに頼っていたため、
現在地がさっぱりわからない。

どうするべきか……

中古屋さんのソフマップに行って
中古のアンドロイドスマートフォンを買ってくるのがベストなんだが、
あいにく、ここからソフマップまで距離が1万5千kmくらいあるからな。

どっかにビックカメラないかな。


現実的にはバルセロナまでなんとか行って、
そこで中古のスマフォを探すか。

外国で中古のスマフォを購入するって難易度高いな。
いや、ヨーロッパならまだ良い方か。

それとも、友達や家族に新しいヤツを送ってもらうか。

まあ本来は、スマフォがなくても、
地図とコンパスだけでなんとかなるハズなんだ。
適当に海岸沿いを北上すればバルセロナには着く。

とりあえず明日は地図を売っているガソスタを見つけなければ。


IMG_1104.jpg


というわけで、なんとか地図なしで走りつつ、
宿泊予定のキャンプ場がある町に来ることは出来た。


IMG_5649.jpg


なんて名前の町かすらわからないが、
中華料理屋があったので突撃。


IMG_1103.jpg


涙のチャーハン。

やっぱりチャーハンは美味いな。
パエリアとは比べ物にならんわ。

それにコメはハラのもちが違う。
粘り強くパワーが出る感じ。


それからキャンプ場に行ったのだが、
一泊で17ユーロとこの旅行史上最高値だったため
迷ったあげくについにこの旅始まって以来の野宿を決行。

これからスマフォを買う金銭的な圧力もあった。

それに、キャンプ場があるような場所は、
まわりに野宿しやすいポイントが多い気がしてたしね。


IMG_5650.jpg
(翌日の朝に撮影)

ビーチ沿いの廃墟の壁の裏にテント張ったんだけど、
浜辺では海釣りのおっさんが
夜中の2時まで釣りしてた。(土曜だからか?)

釣りしてるおっさん達がいきなり襲ってくることもないであろうと、
逆に安心して眠りにつく。


野宿入門
野宿入門
posted with amazlet at 13.06.21
かとうちあき
草思社
売り上げランキング: 143,696




心の洗濯 旅行21日目

2013/6/14 南欧 スペイン バレンシア~Casablanca
クリックで地図

IMG_5619.jpg


まずは、昨日泊まったキャンプ場の近くにあるレストランへ。

快晴の空の下、白い砂浜と穏やかな海が見える。

こんなオシャレなレストランに女の子と一緒に来てみたい。
自転車用のヘルメットかぶった日焼けしたおっさんがつぶやく。


バレンシアと言えばオレンジ、
これは生絞りのオレンジジュース。


IMG_5620.jpg


このレストランわかってるな。


IMG_5621.jpg


そんで出てきたバレンシア発祥の
シーフードパエリア。

すごいボリュームがあるように見えるが、
底の浅い鉄製のナベである。

まあ分っていたことだが、たいして美味くない。

「すげえ美味い!」とかウソをつくことも簡単に出来るが、
別にウソついてもしょうがねえしな。

シーフードパエリアを食うたびに思うんだが、
なんで海老とか貝の殻を剥いてくれないのかね。

指をべちゃべちゃに汚して殻を剥いて食ったあげく、
そこまで美味しくないというガッカリ感。

まあ「名物を食べる」ってことに意味がないとまでは言わないが、
17ユーロもしたし、よけいにコメが食べたくなってしまった。

あぁ、ドンブリ物が食べてえ。


IMG_5616.jpg


今日はテキトーに海沿いを北へ向けて走るつもりだ。

地中海に着いてから、一気に旅のテンションが上がっている。

今まではスペインのド田舎の山中を這いずりまわっていたが、
海に出てからはリッチなリゾート気分。
起伏もないし走りやすい。

スペイン後半戦のスタートである。


スクリーンショット(2013-06-17 19.43.34)


出来るだけ海を見ながら走りたかったので、
遠回りになるが、海沿いの細い道を進む。


スクリーンショット(2013-06-17 19.45.03)

IMG_1090.jpg


「これは道じゃないでしょう」と
Googleマップに訴えたい気持ちも若干あったが、
やはり海沿いは気持ち良い。


スクリーンショット(2013-06-17 19.46.27)


そんで目を付けていたキャンプ場に到着。


IMG_1095.jpg


8ユーロとなかなか安いので宿泊決定。

インターネットは1日5ユーロと別料金なので諦めた。
(現在このブログはリアルタイムより数日遅れています)


IMG_1097.jpg


デカいキャンプ場で、キャンピングカーで宿泊している客も多い。
なんだか村みたい。欧米人のキャンプ好きは日本人の想像を超えている。

テントを張ってメシを食い、シャワーを浴びたあとは
陽の沈むキャンプ場のビーチで漫然と繰り返す波を見つめていた。

心が洗われていくなぁ。

       みつを



モランボン 地中海風パエリア 600g×10袋
モランボン
売り上げランキング: 21,160




地中海とおっぱい 旅行20日目

2013/6/13 南欧 スペイン BURJASSOT~バレンシア
クリックで地図


IMG_1078.jpg


なんだかイライラしていた。

都市部は走りにくいし、
バレンシアって別に何か見たいものがある街でもない。


IMG_1082.jpg


まあ俺の場合、
バレンシアっていうか、スペイン全体がそうだが…。

とりあえずオレンジのイメージしかないから、
食ってみるかと思っていたが、
八百屋が見つからないという状況。


しかたないので、なんかモニュメントみたいなのを見に行った。


IMG_5608.jpg

IMG_5610.jpg


バレンシアはスペイン第3の都市とのことなので、
日本で言ったら名古屋みたいなもんか、
うん、興味ねえわ(笑)


IMG_1081.jpg


途中の公衆電話でバルセロナの総領事館に電話し、
再発行した国際キャッシュカードの受け取りをお願いした。

特に問題なく預かってくれるとのことなので、
バルセロナに着いたら受け取りに行くつもりだ。


全くテンションがあがらないのだが、
この街には海がある、地中海だ。

この街に魅力を感じずとも、
地中海に到達すれば、
イベリゴ半島を横断した達成感が得られるだろう。

という訳でビーチに行ったのだが、


スクリーンショット(2013-06-14 14.47.59)


もう最高だった。最高にハイってやつだ!

別に泳ぐつもりはなかったのだが、
こりゃあ泳がないかんでしょって気分になって、
近くのキャンプ場にチェックイン。


IMG_1088.jpg
(20日ぶりにGパン洗った)


そして浜辺に突撃。


IMG_1087.jpg


海なんて何年ぶりだ。

童心に帰って波と戯れ、
疲れて白い砂浜に寝転がると、
地中海の風が頬をなでる。

ほんの1、2時間だったが、
想像以上にリラックス出来た。

なぜか若い女性がおっぱい丸出しで日焼けしてるし、
こんなところに天国があったのか…。

(さすがに撮影する勇気はない)

これからの旅は地中海に沿ったルートで進めるつもり。

ハッキリ言ってヨーロッパに来てから
なんだか「コレ!」ってものを感じなかったのだが、
こんなビーチが続くんなら、期待できそうだ。

まさにこれこそ、バカンス!

ネクタイで首締めて臭い革靴はいてる皆さんごめんなさい。
無職がビーチで楽しんでいますよ!


バレンシアはパエリア発祥の地とのことなので、
明日はパエリア食ってこの街を出よう。

久々にコメが食いたい。


おっぱいタオル
おっぱいタオル
posted with amazlet at 13.06.21
ジグ
売り上げランキング: 17,370


バレンシア到着 旅行19日目

2013/6/12 南欧 スペイン レケナ~BURJASSOT
クリックで地図

さて、今日はいよいよバレンシアに到着する予定だ。

出発する前に、レケナの町でサングラスのレンズを購入した。


IMG_1069.jpg


日本にサングラス忘れちゃってた。

25ユーロもしたけど、
まあこれから先長く使うであろうからしょうがない。

実際、質の良い偏光レンズだったから良かった。


実際に装着した姿は、
ちょっとFBIすぎるという意味不明の理由で
写真の掲載は控える。


道程は思いのほか山道が続く。


IMG_1070.jpg

IMG_1071.jpg


すぐ隣の高速道路を走ることができたら、
こんなにアップダウンの道を行かなくてもすむのだが。


IMG_1073.jpg


途中のレストランで昼食。

豚肉を焼いて串に通した料理。

スペインでは一般的な料理だと思われる。


話は変わるけど、
実は今回の旅行には少しだけ秘策があった。

自転車旅行の世界には
ワームシャワーズ
という相互宿泊サービスみたいなのがある。

世界中の自転車乗りが1万人くらい登録しているらしく、
大きな街なら登録者も多い。

アメリカ発祥のサービスで、
登録から説明まで全部英語で、
Google翻訳しても意味がよくわからないのが難点だが、
一応すでに登録は済ませてあるので、
バレンシアの登録者の住所はわかる。

バレンシアの安ホテルも検討はつけているが、
今日はワームシャワーズに登録している人の家を
訪ねてみた。

しかし、これは結果から言うと全然ダメ。

3人ほど訪ねてみたが、
家が発見出来なかったり不在だったり引っ越していたりと
散々な結果だった。

まあしょうがない、
事前にメールでも送らないと普通は無理だろう。

というわけで今日はバレンシアから北西5kmの町にある
30ユーロのホテルに泊まった。


IMG_1076.jpg


明日は地中海を見に行ってみよう。





地中海前夜 旅行18日目

2013/6/11 南欧 スペイン イニエスタ 〜 レケナ
クリックで地図


IMG_1050.jpg


旅行18日目だが、すでにもう何日も前から、
今日が何日目だが、何曜日だか、
パソコンを開いて確認しないとわからなくなった。

社会と隔絶した生活を送っているからだろう。


IMG_1052.jpg


今日は山登り。


IMG_1057.jpg


きっと明日には地中海のバレンシアに辿り着く。


IMG_1054.jpg


なにこの標識…。


IMG_5598.jpg

IMG_5602.jpg


丘の上にたたずむ超巨大牛。


IMG_5604.jpg


IMG_1060.jpg


休憩のソーセージ。

この国は、どこにでもホテルや軽食屋がある。
無計画で進める。


気がついた点としては、スペインは道の脇に大量のうさぎが生息している。

まさに脱兎のごとく逃げるので、撮影は出来ていないが。

あとアメリカに比べると、道路に放置された動物の死体は少ない。
というか全然ないぐらい。


時々、景色の良い場所で動画の撮影をしているのだが、
走っている自分を撮影したあと、
カメラを回収する姿は滑稽だと思う。


スクリーンショット(2013-06-12 0.55.31)


ちょっとヘリから降りてきた管直人っぽい。



そして今日のゴール、レケナという町にたどり着いた。


IMG_1061.jpg


こちらでは日差しが強いせいか、
街路樹を植えて日傘代わりにしていることが多い。

茂った葉からこぼれる日差しは美しく、すずしい。

今のところ俺がスペインで一番好きな場所は
「日陰」だ。


IMG_5605.jpg


ホテルにチェックインしたあと、
街中を散策した。


IMG_1062.jpg


服屋とかスポーツショップを見つけると、
立ち寄って帽子を探すのだが、
なぜかこの国では帽子が売っていないし、
かぶっている人もいない。

こんなに日差しが強い国なのになぜなんだろう。


IMG_1066.jpg


スーパーで売っているビールは水よりも安い気がする。

喜ぶべきことだが、
自転車旅行中はあまり酒を飲まない俺としては複雑だ。

疲れているからビールなんて飲んだら、
即座に眠くなる。

調べものとかブログの執筆ができなくなる。


あとは、スペイン人の生活のリズムが今だに馴染めない。

シエスタという昼寝の文化があるうえに、
夜9時になってようやく夕方になるから、
食事も寝る時間もハッキリ言って普通じゃない。


どんなレストランやカフェに行っても、
ほとんど人を見かけない。

俺が行かない時間にお客さんが多いのだろう。


スペイン第3の都市、バレンシアまであと70kmぐらい。
オレンジのイメージしかないぞ。


大都市に近づくと若い人を中心に英語話者が増えるので、
そこは助かるなぁ。





雲は語りかける 旅行17日目

2013/6/10 南欧 スペイン ビリャロフレド〜イニエスタ
クリックで地図


IMG_1043.jpg


朝起きた時点で疲れてはいたんだけど、
そう何日も休んでいられないので出発することにした。

自転車旅行ってやっぱり資金がいっぱいあって、
休みたいだけ休めるのがベストだと思う。


というかスペインってデカイな。

なにげに俺が走行予定のヨーロッパで一番でかいじゃん。

北海道くらいかと思ってた。


スペイン北海道


北海道より全然でかい。


IMG_5573.jpg


ここ数日、西から東の追い風が吹いている。

遠くに風車が設置されているんだけど、
設置角度から推測すると、
このへんは年中西風が吹いているのだろう。

おそらく偏西風だ。

東からリスボンに向かう人は大変だと思う。


IMG_5576.jpg


そして、今日辿り着けそうな距離にキャンプ場はない。

ホテル決定で嬉しいけど、資金が心配。


でも、昨日ネットで調べたんだけど、
地中海沿いに大量のキャンプ場があることがわかった。

バレンシアに到着してからはキャンプ場でしのげるかもしれない。

なるようにしかならない。

スペイン語の語集をひとつ増やした。
ケセラセラ


スクリーンショット(2013-06-10 20.56.22)


追い風に加えて、休んだおかげでカラダが軽い。
今朝タイヤの空気をMAXにしておいたことも良かった。

久しぶりに楽しいサイクリング。

そんでも悩みはあって、
やっぱりスペイン語がわからない。

英語もあまり通じない。

レンストランとかで結構困る。


IMG_1039.jpg


レストランのメニューに料理の写真があればいいのにって思う。

お会計も困る。
数字なんて1しかわからない、確かウーノっていうんだっけな。


チャリダー(自転車旅行者)のバイブル。
石田ゆうすけさん著作の 行かずに死ねるか! って本があるんだけど、
その本には、スペインのバル(カフェ兼居酒屋、BARのスペイン読み)が
すごい良かったって書いてあった。(バルの参考リンク

俺も期待してたんだけど、
言葉が通じないと全然面白くないし、そもそも中国人だと思われてるし、
おつまみなんていらねーし、一人酒の方が好きだし。
単純にコーラ飲むだけでもちょっと高いし。

俺はあんまりバル好きじゃない。
コーラおごってもらったことあるけど(笑)


南米から来た世界一周系のチャリダーならスペイン語もいけるから
楽しめるかもしれんけどね。


IMG_5589.jpg


俺はスペイン語わかんねーけど、
雲は「追い風だよ」って優しく語りかける。

みなさん、空見上げてますか?


そんで今日のゴール、イニエスタって町についた。


IMG_1045.jpg


なんかこの町ってどっかで聞いたことのあると思っていたら、
サッカー選手だった。イニエスタ wiki

この人、スペインだとアイスの広告に出てるよ。
すんげー笑顔でおでこテカってた(笑)


これが今日のホテル、30ユーロもする。


IMG_1046.jpg


この旅行史上最高に豪華なお部屋。

これが30ユーロってめっちゃ安いと思うんだけど、
でも予算オーバーっていうね。

やんなっちゃうね。


アンドレス・イニエスタはなぜ“バルサイズム”の伝導者なのか
ジョルディ ヒル ハビエル ヒラルド
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 114,063



日曜日はお休みの日 旅行16日目

2013/6/9 南欧 スペイン ビリャロフレド
クリックで地図

休むことにした。今日は休むことにしたんだ。
一泊24ユーロのホテルに2連泊。

改めて思っているんだが、
自転車旅行はやっぱりおかしい。

なんでこんな安宿泊まってるのに、
罪悪感を覚えなければいけないのだ。


毎日何時間も自転車漕いでんのに、
安宿で贅沢、キャンプ場で普通、野宿で安上がりという
驚愕の宿泊スタイル。

旅行っていうか修行だ。



俺はこのブログで顔も名前も隠していない。
無職で扶養家族もいないし隠し事もねえ。
どうせ炎上するようなアクセス数もないから書いてしまうが、
バックパッカーってラクチンだよね。


深夜特急という本がバックパッカーのバイブルらしい。

はは(笑) 簡単そうな旅行だよあんなもん。

バスに乗って寝てるあいだに目的地に着いて、
それで達成感だの出会いだの成長だの…。


無職がうろついてるだけだろ。



そんな毒舌の無職は今日も街中をうろつく。


IMG_1033.jpg


ヨーロッパ全体がそうなのかは知らないが、
都市部の土日はあまり人の気配がない。

しかもスペインにはシエスタというお昼寝の文化があるので、
昼下がりのゴーストタウンっぷりは不気味だ。

しかし、シエスタって職場にも簡易ベッドが用意されてんのかねあれは。

そんでも、スペインの労働時間はヨーロッパでは長いって
ウィキペディアに書いてあった。

確かに夜遅くまでお店は開いている気がする。


あとはクルマの路上駐車も非常に多い。
っていうか、それが当たり前になっている。

まあ駐車場探す必要はなさそうなので、
クルマによく乗る人には便利そうだが、
路上の石畳と合わせて、自転車だと都市部は走りにくい。


そんでもカフェは開いているので、
メシは食える。


IMG_1032.jpg


店の中に吊るされている黒豚の足をナイフで削って、
オリーブオイルをつけたパンの上にのせた料理。

これがあれか、美味しんぼ83巻に掲載されていた、
究極の生ハム、ハモン・イベリコか!


たいして美味くねえなこりゃ(笑)


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
沢木 耕太郎
新潮社
売り上げランキング: 1,005


へタレのちょっとした覚醒 旅行15日目

2013/6/8 南欧 スペイン アルマグロ〜ビリャロブレド
クリックで地図

疲れているので、
宿泊しているキャンプ場に2連泊するつもりだったのだが、
なんだか雨が振りそうな空模様。

ダルいけど出発することにした。


IMG_1027.jpg


野宿も嫌だし、雨のキャンプ場も嫌です。

12時すぎくらいまでダラダラしつつ、
近くのホテルに泊まるつもりだったが、
風がかなり強い追い風であることに気がつく。

追い風を逃すともったいないので、
体力的に進めるところまで進むことにした。


IMG_1028.jpg


天気が悪いのは残念だが、追い風の中で自転車を漕ぐと、
本当にスイスイと進むので気持ちよくなってくる。

道も平坦だし、純粋に自転車を漕いでいるのが楽しい。


IMG_1026.jpg


そうだ、これが自転車旅行の醍醐味の一つではないのか。

昨日の休息で、体力も思いのほか回復していたようだ。

追い風のチャンスをのがさず、
最終的に全力で走ることに決めた。

全力走行状態になると写真撮影が少なくなるのは、
自転車旅行者ならわかってくれるだろう。

止まって写真撮影している時間がもったいない。
しかも天気悪いし。

遅い時間の出発だったが、夜の8時くらいまで走った結果、
ビリャロブレドという町に到着した。


IMG_1030.jpg


「こりゃあ140kmぐらいは走っているだろう」って
意気揚々と走行距離を計算したら110kmっていうね。

普通の自転車旅行者は追い風でなくても、
毎日これぐらい走ってるっつーの。



會議は踊る【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D) (2009-02-20)
売り上げランキング: 44,180



貧乏人に屋根はなし 旅行14日目

2013/6/7 南欧 スペイン シウダード レアル〜アルマグロ
クリックで地図

猛烈にカラダが疲れている。
一人旅だが、満場一致で休息日に決定。

だが、一泊30ユーロのホテルに連泊するわけにはいかないので、
26km先のキャンプ場に移動することにした。

チェックアウトの12時まで休み、
さらにホテルを出たあとは近くのマクドナルドで1時間近く休む。

スペインのマックはネット繋がるけど電源がねえ。


IMG_1023.jpg


ヘトヘトのカラダは平路ですら自転車を漕ぐことが出来ず、
下り以外歩きながらの移動。

26km進むのに4時間かかった。

そして着いたキャンプ場。
一泊10ユーロでネットあり。


IMG_1025.jpg


疲れてくると、写真を撮るのもおっくうになってしまう。

まあ天気が悪いってのもあるけど。




脳内会議は踊る 旅行13日目

2013/6/6 南欧 スペイン プエブラ・デ ドン・ロドリーゴ〜シウダード レアル
クリックで地図

朝起きた時点ですでに疲れていた。
山登り2日目である。


IMG_1012.jpg


標高が高くて涼しい。

山だからしょうがないのかもしれないけど、
なんかこのあたりから、蚊が増えてきて、
顔のまわりに蚊柱がまとわりついてすごいウザい。

下りでスピードを出すと、
顔にビシビシ当たってウザ気持ち悪い。


IMG_1010.jpg

IMG_1013.jpg


最近思っているんだけど、
今回のユーラシア横断に出発してから、
なんか足りない気がしてる。

なにかはよくわからない。

疲れるているだけってのが恐らく正解だと思うが、
俺は自転車旅行に慣れてきてしまっているのだろうか。

それとも、
アメリカ西部のようなもっとすごい景色が必要なのか、
すばらしい出会いが欲しいのか、
言葉がわからないからもどかしいのか、
ユーラシア横断の距離が長すぎるのか、
資金面が心配なのか。
将来に対する不安なのか。


疲れが溜まってきて本当にヘトヘトなので、
何を考えても思考はまとまらない。


IMG_1019.jpg


必死の思いで、シウダード レアルという結構大きい町についた。

またしても1泊30ユーロのホテルに宿泊。

なんか疲れてくると、資金面とかどーでもよくなる。

やはり俺はヨーロッパ横断くらいで終わってしまう男なのか、
まあ別にそれでもいいんだけどさ。




山越えスペイン内陸部 旅行12日目

2013/6/5 南欧 スペイン プエトロ・ペナ(キャンプ場)~プエブラ・デ ドン・ロドリーゴ
クリックで地図


スクリーンショット(2013-06-08 21.30.36)


Googleマップで検索した結果、
昨日宿泊したキャンプ場から120km以上
ホテルやキャンプ場がなさそうなのである。

いくら体力のない俺でも、
平地であれば120kmぐらい走ってみせるが、
地図や景色をどう見ても山道が続いている。

「ついに野宿か」と
半ば諦めの気持ちで進んでいくことになった。

自転車旅行者の世界には、平気で野宿する人とか、
1日200kmも進む人とかもいるわけだが、
俺は体力も精神力もこのブログをご覧になっている
皆さんとさして変わらないどころか
一般平均以下であることを記しておく。

あと皆さんのコメント全部見ておりますが、
旅行中は余裕がないのであまりコメント返しはしません。
すんません。


IMG_0991.jpg



今日は山道ということもあって、
疲れるが景色は良い。


IMG_1001.jpg


景色は良いが疲れる。


IMG_0997.jpg


南欧の日差しに灼かれて、
俺の顔は往年の田代まさしみたいになってきた。


田代1


いずれこっちになる予定。


田代2


ヒロシくんからもらったアメ。

すごい役立っています。


IMG_0998.jpg


暑い上に坂道で、
水の消費量が増えてくる。

ちなみにスペインに入ってから、
水道水が不味くなってきた。


手持ちの水がなくなったので、
途中の町、フエンラブラダ~に立ち寄る。

すぐにガソリンスタンドが見つかるかと思っていのだが、
なぜかこの町には見当たらない。

町中で立ち尽くしていると、
どこからか英語の会話が聞こえてきた。

俺は英語が話せないのだが、
スペイン語よりはマシである。

去年のアメリカでは英語に苦労したが、
ヨーロッパに来てからは、
英会話ですら安心感を覚える。


結局この町では写真は撮ってないが、
町中にパブを発見し、コーラ2本をおごってもらいつつ
水も補給することができた。

その後も登りの坂道はひたすら自転車を押して歩く。


そして本日の野宿予定の町、
プエブラ~に着いた。


IMG_1007.jpg


ダメもとで道行く女性にホテルはないかと聞いてみると、
どうやらGoogleマップにはないホテルがあるようだ。

もちろん会話はスペイン語である。
スペインに入国してから、英語話者が少なすぎる。

旅行中に頻発する会話を、Google翻訳で翻訳し、
ipod touchでパソコン画面を撮影して会話カードにしてある。

それでも、こちらの主張を伝えることだけで、
相手が何を言っているのかはさっぱりわからない。

かろうじてガソリンスタンドが聞き取れたので、
この町にある唯一のガソリンスタンドを訪ねてみたら、
ホテルが併設してあった。


IMG_1008.jpg


一泊25ユーロでネットなし、
古いが、まあ綺麗なホテルではある。

どうやらヨーロッパのホテルには、
ほぼ必ず「H」の看板があって、
ホテルのランクを表す星の数があるようだ。

多分1から5くらいまである。

もし30ユーロ以上であったら
どこかで野宿を決行したであろうが、
ヘタレな俺はこのホテルに宿泊を決めた。

ホテル併設のレストランで夕食をとったのだが、
料理の注文もままならない。

ビールを頼んだつもりがワインが出てきた。

あと少なくてもスペインのレストランでは、
安っすそうなところでも、
コースメニューになっていて
前菜主食デザートが付いてくる。
8~10ユーロくらいかかる。

内容の割に値段は満足なんだが、
その程度の金銭的余裕すらない俺は、
今後あまりレストランには立ち寄らないつもりだ。


塩レモンキャンディ 81g
アサヒフードアンドヘルスケア株式会社
売り上げランキング: 100,730


テント生活 inスペイン 旅行11日目

2013/6/4 南欧 スペイン メデジン 〜 プエトロ・ペナ キャンプ場
クリックで地図 

ホテルで気がついたんだけど、
どうやらヨーロッパのホテルは、
ホテルとレストランとバーが合体しているのが一般的らしい。

あとホテルの1階に客室はなくて、
ロビーとレストランとバーになっている。

アメリカのモーテルだと、
そもそも2階建て以上の物件が少ないし、
レストランとバーはくっついていない。

出来れば1階に客室があった方が、
部屋に自転車ごと入れられるので助かるのだが。

まあ自転車はホテルの空きスペースで預かってくれるから良いが…。


IMG_0968.jpg

さあ本日も強烈な日差しの中、朝10時にホテルを出発。

じつはリスボンで発生した国際キャッシュカードのゴタゴタで、
調べるの忘れていたんだけど、
他の自転車旅行者の人のブログを読むかぎり、
スペインは南部のアンダルシア州というところがおすすめらしい。

俺は地球の歩き方とかも読んでないし、
観光地とか全く下調べをしないもんだから、
こういうことをよくやらかす。

現在目指しているのは、
最短距離でバレンシアである。

スクリーンショット(2013-06-04 19.18.08)

今日のホテルから100kmも南に進めば、
アンダルシア州に行くことも出来たんだけど、
悩んだすえに行くのは止めた。

資金面も体力も余裕が全くない。

進路を南に向けたら、かなり距離が延びる。

きっとアンダルシアでなくても、
綺麗な景色は見れるだろうし、
とにかく暑いから南に向かいたくないというのも本音である。


IMG_0965.jpg

途中の町、ドン ペニト。

途中で自転車屋さんを発見し、

IMG_0967.jpg

一つしか予備がなかったので、
タイヤチューブを購入した。

今のところまだパンクはしていない。
タイヤは信頼のマラソンプラスである。


IMG_0974.jpg


バルディビアという町で、また水道橋を発見した
と思ったら、物資運搬用の最近作った橋のようだ。

どこにでも水道橋があると思うなよ。


オバンドという町の付近で数件のホテルを発見したので、
価格調査のために値段を聞いてまわると、値段は30ユーロ前後のようだ。

出来ればホテル暮らしがしたいのだが、
そんなことをしていれば資金は確実に保たない。

という訳で、今日もキャンプ場に宿泊する予定である。

今日は若干、空に雲があるので、日差しはまだいい方なのだが、
途中のガソリンスタンドの洗面所で水をかぶりながらの走行である。


IMG_5565.jpg


やっと景色が綺麗になってきた。


IMG_5566.jpg


結局、今日は80kmほど走って、
予定通りのキャンプ場に到達した。


IMG_0978.jpg


今日のキャンプ場は11ユーロ。
ネットが使えるとは言え、10ユーロを超えるとキツいよなぁ。


IMG_0984.jpg


キャンプ場の子供。
こっちは夜10時まで明るいので、遅くまで子供が遊んでいる。


IMG_0983.jpg


キャンプ場の猫。うちの飼い猫のクリームちゃんに似ていてかわいい。

80kmしか走っていないのに疲れた。

いつになったら100km走れるカラダになるのだろうか。


茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
バップ (2003-12-21)
売り上げランキング: 22,595




壁画ならなんでもいい 旅行10日目

2013/6/3 南欧 スペイン モンティホ〜メデジン
クリックで地図


IMG_0941.jpg


さて、11時くらいにモンティホの町を出発。

なんかスペイン入ってから、
道は走りやすいんだけど、物価が少し上がった気がする。


IMG_0942.jpg


スペインでは、自転車でもヘルメット付けてないと、
罰金で1万円くらいとられるって、
チャリダーリョウイチさんが言ってた。

スペイン入ってからまだ一度も警察官見てないけど。


IMG_0945.jpg

IMG_0947.jpg


ガソスタの休憩所でお昼ご飯。

物価高い気がするから、
スーパーで調達した食パンにチーズとサラミのっけて食ってる。

美味いけど、暑いからいつまで食品が保つか不安だ。


IMG_0948.jpg


さらにスーパーでは冷凍のスシも発見した。
スシって冷凍食品になるんですね。

暖める方法がないから諦めて買わなかったけど、
この暑さなら自然解凍出来たはずだ。

買っとけばよかった。


IMG_0949.jpg


デザートはバナナと飲むヨーグルト。うめえ。

一応ビタミンサプリも時々飲んでる。


IMG_0954.jpg


それにしても、すさまじい日光の強さだ。
どうなってんだこれ。

一応ヘルメット付けてるから大丈夫なんだけど、
帽子を飛行機で忘れてるから、顔の鼻が真っ黒に日焼けした。


IMG_0955.jpg


地図はスマフォのGoogleマップとGPSを頼りに進んでいるんだけど、
日本やアメリカより、やや地図がいいかげんだ。


IMG_0956.jpg


こんな道は通れないでしょ。
ヨーロッパを過ぎたらどれくらいイイカゲンになるか不安だ。


というわけで、少し遠回りをしたら謎の壁画を発見した。


IMG_0957.jpg


これはあれでしょ! あの世界遺産の!

どうやら道に迷ってアルタミラ洞窟に辿り着いて、
石器時代の壁画を発見してしまったようだ。

教科書で見た写真とはだいぶ違うが、
なにしろ石器時代のもんだからな。


IMG_0958.jpg


バカなことを妄想するぐらい暑い。


IMG_0960.jpg

IMG_0961.jpg


サボテンも全開! 


スクリーンショット(2013-06-03 20.06.46)


「 きみの 香りが 揺れてた〜 」


IMG_0962.jpg


ほんで今日のゴールのメデジンに到着。
やっぱ砦が普通にあるって、ヨーロッパっぽいな。

別にメデジンをゴールにしたわけじゃないけど、
疲れたんだもん。


IMG_0963.jpg


ええ町や。
21ユーロのホテルがあるところなんかも最高だ。


世界遺産 一度は行きたい100選 ヨーロッパ (楽学ブックス―海外)
小林 克己
ジェイティビィパブリッシング
売り上げランキング: 213,528


明るい旅行計画 旅行9日目

2013/6/2 南欧 スペイン バダホス〜モンティホ
クリックで地図

IMG_0926.jpg


さて、スペインの情報がないに等しいので、
朝からマクドナルドに行って、情報やルートについて調査していた。

今のところポルトガルを終えてスペインに入ったばかりだが、
ネット環境が日本やアメリカより厳しいと思う。

一般平均以下の体力や精神力をカバーするには、
ネットの情報が頼りなんだが。


マックでグダっていたら、出発が昼の1時になってしまったでござる。
というか、スペインに入国して時間が1時間進んだでござる。

夜9時まで明るかったが、さらに夜10時まで明るくなった。

しかし、朝はちゃんと6時くらいから陽が昇る。


IMG_0927.jpg


今日も農村地帯を走り続ける。


IMG_0928.jpg


これは一見すると荒れ地だが、小麦畑。


IMG_0929.jpg


踏まれても踏まれても、麦のように生えてくる男になる。


IMG_0930.jpg


途中のカフェでお食事タイム。

なんかこっちは食後に小さいティーカップで、
濃くて砂糖たっぷりのコーヒーを飲む習慣があるようだ。

最近気づいたんだが、
こっちの町にはあんまりひとけがなくって、
町の中のカフェやバーに人が集まっている。

カフェの中にはだいたい一人ぐらい、
ヒクソン・グレイシーみたいな人がいる。


ヒクソン


ちなみに、スティーブ・ジョブズみたいなおっさんが、
ガソリンスタンドにクルマで来てビール飲んでる姿も目にする。

クルマで気がついた点としては、
あたりまえかもしれないが、ヨーロッパは乗用車や小型車が多い。

アメリカでは小型トラックがすごい多かった。

普通の旅行者にはどうでもよい情報かもしれないが、
自転車旅行者にとっては、
非常事態の時にヒッチハイクが難しくなるので困る。

普通乗用車に自転車ごとヒッチハイクは無理だろ。


IMG_5563.jpg


さらに走ると、電信柱の上に鳥の巣を発見。


IMG_5562.jpg


結局、40kmほど走り、モンティホという町に到着。

今日はもっと走る予定だったのだけど、
スペインのホテル料金を調査するために、
途中のホテルに立ち寄って値段を聞いたら、
結局宿泊するハメになった。

24ユーロと、安くて綺麗だったからまあ良かったものの。
それでも予算オーバーである。

スペインに入ってから
ホテル従業員まで英語が喋れなくなっているため、
意思の疎通が難しくなり、値段を聞いただけのつもりが、
宿泊することになってしまっていた。

強固に断る意思を持っていれば、断ることは出来たのだろうが。


キャンプ場を併用したとしても、
ヨーロッパで人間らしく生きていくには、
1日4000円くらいはみた方が良い。

なんかわかってきたのだが、
俺って自転車旅行が好きなだけで、
貧困には耐えられない弱い精神力のようだ。

これでは予算が厳しい。どうすれば良いんだろう。


IMG_0931.jpg


ホテルの便器の横の謎の設備。

こち亀で両さんがこれで顔洗ってたけど、
アレはギャグなんだよな?


ゼロから始める 書き込み式スペイン語BOOK
平井 孝史
成美堂出版
売り上げランキング: 8,039


スペイン国境の橋とシエスタ 旅行8日目

2013/6/1 南欧 ポルトガル エルバシュ〜バダホス(スペイン)
クリックで地図

IMG_0905.jpg


朝9時、エルバシュのキャンプ場を出発。


IMG_5557.jpg


正確には良くわからんし、
興味もあまりないが、古代の水道橋のようなものをよく見かける。
ローマに通じていたのだろうか…。


わかっていたことだが、体が重い。走行4日目が始まったばかりだが…。
自転車旅行は体が慣れるまでは本当にキツい。

今日は20kmほど走ればスペインに入国出来るから、
すぐに休もうと思う。


「3日休んで3日特訓、そんでもってまた3日休む」
「遠回りなようだけどそれがいちばんだとオラは思う」
                 孫 悟空 談





IMG_0907.jpg


エルバシュの町を出ると、
なんか砦みたいなものが。


IMG_0908.jpg

国境の町なので、こういったものがあるのだろう。


IMG_0909.jpg


そして、もうポルトガルも終わりなのだが、
ついに現れた欧州自転車道路


ヨーロッパ全体は知らんが、
少なくてもポルトガルは円形交差点ばかりで走りやすい。


IMG_0912.jpg


そんでついに国境の橋に到着。


IMG_5558.jpg


陸の国境は、8年前のカナダ旅行ぶりです。
ちなみにその時は初めての海外旅行で、
去年のアメリカ横断が2回目、今回が3回目。


IMG_5560.jpg


国境の川はドブ川とは言わないけど、
普通の汚い川。

検問もなければ、とくに感動もない。



そんでちょっと走ったらバダホスに着いた。


IMG_0915.jpg


そしてマック発見!


IMG_0916.jpg


ポルトガルではリスボン周辺に
2件くらいしか発見出来なかったマクドナルドが、
スペイン入国ですぐに見つかるとは喜ばしい。

俺はネット中毒なので、マクドナルドはネットが繋がるから助かる。

ちなみにリスボンのマックでネット接続を試したが、
接続画面で「ユーザーネームとパスワードにbigmacって入れてね!」と
表示されたので試してみたが、全く繋がらなかった。

スペインのマクドナルドはアメリカ同じく、
接続画面でチェックを入れるだけで済むから助かる。

IMG_0918.png

チーズバーガーも1ユーロと買いやすくてよござんす。


マクドナルドを出たあと、
Googleマップに表示されたキャンプ場のマークに行ってみると、
そんなものは全くなかった、潰れたのかな。

仕方ないから数件まわって探した30ユーロのホテルへ。


IMG_0919.jpg


体を休めるのが一番重要だが、この先の情報がなにもない。
ネットで言葉を調べたり、キャンプ場を事前に探しておかねば。

そして、このホテルはwifiの電波は繋がるが、
インターネットにはなぜか接続出来ない詐欺みたいな物件だった。

ホテルの従業員が使うタブレットは同じwifiでネットに繋がっているのに、
俺のパソコンやipodでは繋がらない。原因がわからない。

日本でパソコンを売っていた俺に原因がわからないのだから、
ホテル従業員にはますますわからないだろう。

自分で思っていた以上に体が疲れていたせいか、
ネットはとりあえず諦めてパソコンを充電しながら昼寝した。

早くもシエスタの文化がカラダに入り込んできたかな。

夕方に起きてマクドナルドに戻り、この今日のブログを書いている。


A20 地球の歩き方 スペイン 2013~2014

ダイヤモンド社
売り上げランキング: 17,186



イベリアの風に吹かれて 旅行7日目

2013/5/31 南欧 ポルトガル モーラ〜エルバシュ
クリックで地図

ネットのつながらないキャンプ場に宿泊していたので、
ブログ更新はちょっち待ってくださいな。

細かい最新位置情報はツイッターでもつぶやいているので、
よろしく。

→ かにゃーおのツイッターアカウント





キャンプ場の朝は寒い。
今の季節のポルトガルは、
日差しは強く、空気は冷たいので気持ちいいが、
それはつまり夜や朝は寒いことを意味している。


IMG_0875.jpg

IMG_0876.jpg


走行3日目ともなると疲れてくる。体が重い。
俺はアメリカ横断した時に10日連続で走行したことはあるが、
あの時の体力は全て失われた。


IMG_0879.jpg


途中の町、ヴァミエイロ。
町の石畳は走りにくい。


IMG_0881.jpg


カフェで朝昼メシ。
固いフランスパンにベーコンとチーズをぶちこんで、
そしてただそれだけというパン。

それでも結構美味いからベーコンやチーズは偉大だ。


町をすぎると、イベリア半島の壮大な景色が続く。


IMG_0882.jpg

IMG_0885.jpg

IMG_0887.jpg

IMG_0889.jpg

IMG_5544.jpg

IMG_5547.jpg


途中の牧場で、
嶋大輔 さんではなく、イベリコ豚やろうを発見した。

金髪じゃなくて、黒髪のブタやろう。


IMG_5540.jpg


途上にあるエシュトレモシュという町のカフェで、
夕食なんだかよくわからん食事をとる。

ホテルの朝食バイキングでキープしたパンなどは
休憩中に食ってしまった。

そしてパンばっかり食っていると、
無性にタンパク質が食べたくなる時がある。
これが自転車旅行なのか。


IMG_0890.jpg


牛肉のトマトソース焼きみたいなもの。
この国は料理の上に揚げたじゃがいもを載せる習慣があるのだろうか。

肉が柔らかくて美味い。


IMG_0900.jpg


そして本日のゴールとなるエルバシュという町に到着。

休憩時間も入れるが、
11時間も走って96kmしか走れないこの体力は一般人以下です。


IMG_0892.jpg


宿泊するキャンプ場の横にスーパーがあったので突撃。

俺の走行したルートでは、マクドナルドもスーパーも
リスボン周辺に数件しか発見出来なかった。

小さい町にはカフェしかないから、
あんな軽食でポルトガル人はどうやって生きているのか不思議だったが、
やはりちゃんとスーパーもあるらしい。


IMG_0893.jpg


スーパーもやはり各国の特徴が出るので楽しい。


IMG_0894.jpg

真っ黒いソーセージが売っている。

なんだか アレ みたいだよね♪


IMG_0895.jpg


四足獣の丸焼きが普通に売っていた。

ナニコレ?豚でもネズミでもない、猫くらいのサイズ。


IMG_0896.jpg


やはり産地なのでワインコーナーは充実している。


IMG_0897.jpg


水はガソスタ併設のコンビニよりスーパーで買った方が安い。
これはアメリカも日本も同じ。俺は水道水飲んでるけど。


IMG_0898.jpg


普通の食パンもあるが、フランスパンみたいな固いパンが多い。
俺は好きだけど、入れ歯の老人はどうするべし。


IMG_0899.jpg


スーパーのカゴは旅行用キャリーカートみたいになっている。
コレは便利そうだから日本のスーパーも導入して欲しいな。


IMG_0901.jpg


そして本日のキャンプ場へ。


IMG_0902.jpg


11ユーロもするくせにネットも使えねえような
キャンプ場だった。


IMG_0904.jpg


トイレの話で恐縮なんだが、


IMG_0903.jpg


たまたまかと思っていたが、
昨日泊まったキャンプ場も、今日のキャンプ場も
大便器に便座カバーもトイレットペーパーもなかった。

まあ便座カバーがないくらいは我慢出来る。
じっくり座れないってだけだし。
ただ、紙がないってのは、トイレとしての資格に欠けるのではないかと。

結局、手でふいた となりのテントのフランス人に紙もらったけど。

トイレ自体は綺麗だし、普通のホテルには紙あるんだけどな。


いよいよ明日はスペイン入国の予定である。
疲れているので、スペイン入国してすぐ休もう。





かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。