スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコニコ生放送のお知らせ

2013/2/28

ニコニコ生放送


はい、今日のブログをご覧の皆さんは、
はじめましての方も多いかと思います。

かにゃーおです。


数時間前からこのブログのアクセス数が異常にアップしているため、
「ああ、染谷さんニコ生の告知したのかな」と思って確認したら、
やっぱり告知されてました。

というわけで、
日本時間の3月3日(日)の16:00~17:00(仮)にニコニコ生放送を行います。

詳しくは染谷翔の自転車世界一周ワロスwで確認してね。


ちなみに俺がどんな人間かというと、

・一年前にアメリカを自転車で横断
・27歳165cm78kgのデブ
・今度はユーラシア大陸の横断を計画している
・美味しんぼが好き


この前ニコニコのアカウントを取得したぐらいで、
自分ではオタクとか2chねらーじゃないと思っているけど、
染谷さんに「リア充じゃなさそう」って見抜かれちゃうくらいの人間だよ。


染谷さんとの関連記事は以下を参照してね。

染谷翔のトークライブ

ありえない僥倖! 染谷さんにお会いしてきました。


脱オタクファッションガイド 改
トレンド・プロ
オーム社
売り上げランキング: 135,736




スポンサーサイト

最近気になっているブログ

2013/2/24

調べてみると、俺のこのブログのアクセス数は、
現在1日でだいたい80〜100アクセスほどある。

まったく旅行していないにもかかわらず、
こんなクソブログをご覧になっていただいて、
本当にありがとうございます。

リンクしていただいている
他の自転車旅行者のブログは、
しっかり旅行中の内容ばかりで、
アクセスカウンターから推測するに、
このブログよりもアクセス数が多い。
当然のことだ。


だけど納得いかない部分もあって、

「このブログすげぇ面白いのに、俺のクソブログよりアクセス少ないんじゃね?」

っていうブログもある。知られざる名作を発見した時の気持ちに近い。

それが、本日紹介する「旅の現象学」だ。

旅の現象学

アクセスはコチラ→旅の現象学


最初にこのブログを発見した時は、
俺が予定しているユーラシア横断ルートに近かったので
気になっていたのだが、
読んでいくと非常に面白かった。

自転車で旅行中に出会った現地の人達とのふれあいの内容が多く、
これがとても素晴らしい。

自転車旅行は他の旅行と比較して
現地の人との出会いが多くなる特徴があると思う。

この「旅の現象学」は、タイトル通りに、
旅だからこそ発見することが出来た現象に対する考察が多くて、
とても面白い。

特に現地の人に親切にしてもらった時に思う
自分の内面の変化、心理的な部分の解説が好きだ。

自転車旅行実践者にとっては、
「そうそう、そんな気持ちになるよね!」って同調するところが多い。

じゃあ真似するかと思いたっても、
文章による心理描写はかなり難しい。


俺は絵文字や顔文字の類いがあまり好きじゃない。

本音を言えば、旅ブログで

目的地到着! \(⌒∇⌒)/ やったー

とか見ると張り倒したくなる。

そこを強調するために、
文字を大きくしたりカラフルな色になっていたりすると
ますますハラが立ってくる。

これは顔文字を使っている人を否定している訳ではなくて、
俺の個人的な話だ。

顔文字で感情を表現してどうするよ!
小学生じゃないんだから、そこを詳しく文章で書けよ!

って気持ちになる。

なぜこんな気持ちになるのかと言ったら、
俺は以前雑誌の編集の仕事をしていたから…
なのかもしれない。




でも、女の子から顔文字付きのメールがくると、
めっちゃ嬉しいです。


伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
山田 ズーニー
PHP研究所
売り上げランキング: 2,323





アメリカ横断の動画

2013/2/20

アメリカ横断中に撮影した動画をもてあましていたから、
写真と一緒にまとめてyoutubeにアップしてみたよ!



壮大に枠からはみ出しているかもね!
ごめんね!

ヒマでヒマでどうしようもない人は観てね!

mac book air 2010年モデルで作ったんだけど、
性能的に全然問題ねえな。

初めて動画なんて作ったんだけど、
まあボチボチの出来映えだと思う。

音楽の選曲と繋ぎ合わせるのが今一つだったが、
まあ著作権の問題もあるから、
ガレージバンド内の曲しか使えないので、仕方ないかな。

iMovie使いやすいね。


iMovie '11 マスターブック (Mac Fan Books)
TART DESIGN
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 13,694




冷静と情熱のあいだ

2013/2/19

冷静と情熱のあいだ(通常版) [DVD]

これから俺は自転車でユーラシア大陸の横断を計画しているクセに、
意外にも長期旅行への認識は一般的だ。

なにが言いたいかというと、

自転車で大陸を横断している人のブログとか読むと
(ちょっとヒキながら)「うわぁすげえなぁ、俺にはとても出来そうにないや」
という感想が浮かんでくる。

俺は自転車旅行に向けて貯金はしているけど、
アスリートのように体を鍛えているわけじゃないし、
海外旅行や自転車の知識もない。
旅行もあんまり好きじゃない。


平均体重より20kgも重い体重でタバコを吸いながら、
休日は丸1日寝て過ごしている。

どう考えても体力は一般平均以下だ。(どうしよう)

なにより、アメリカを横断したあと帰国して、
この1年間は1度も自転車で旅行していない。

「自転車旅行が趣味です」とかほざいているにもかかわらずである。


覚えておいて欲しい。

俺はアメリカを自転車で横断した男から、
この1年でただのクズ人間に戻ってしまったことを。

これから、アメリカ横断に挑戦する人からメールが来ても
「えぇ!自転車で行くんですか? すごい決意だ、検討もつかない」
とか言い出すかもしれない。


出発はするけども、3日で帰ってくるかもしれないという、
リアルな予感。ヘタレの烙印。


でも俺はアメリカを横断している時にわかったのだ。

挑戦する気持ちと実行に移すことが肝心なのだと。

生きて帰ってくるという結果が大事。

途中で諦めても、俺はそういう男だし、
納得できなければ再挑戦すればいい。

それでいいんだ。やるだけやってやろうじゃないか。


挑戦する脳 (集英社新書)
茂木 健一郎
集英社 (2012-07-13)
売り上げランキング: 14,052




まるで準備が進まない

2013/2/17

準備する力  夢を実現する逆算のマネジメント

ユーラシアの自転車横断にむけて
全然準備が進まない。

どうにも体が疲れているせいか、
休みの日は、昼前に起きるのに午後に異様な睡魔が襲ってくる。

体を休めようと思って昼寝してから起きると、
もう夕方だ。

時間的にも何もやる気がなくなる。


そんでも、資金に余裕はないから、
出発まで出来るだけ働いておきたいのも事実だ。

やっぱり航空チケット買わないと、
意識が出発に向かないのかもしれない。

俺は本当に4月に出発するのだろうか、
時期を遅らせるほど貯金出来るので、
どうも踏ん切りがつかない。


まあでも行くことは決めている。

あんまり固い決意はないので、
途中で嫌になったり飽きたり金がなくなったら
当たり前のような顔で帰ってくるつもりだが、
出発すること自体は決めている。


前回の出発前と似た心境であるが、
今回は長期自転車旅行がどういうものか、
ある程度わかっているため、
また違った気持ちになる。

なぜだかわからないが、どこか気が重いのだ。

漠然とした不安とよくわからない焦り。

この気持ちは実践者にしか伝わらないだろう。

旅行ではあるが、この旅は冒険なのだ。


男の本格節約術―5年で1000万円貯める52のノウハウ
柏本 湊
ごま書房新社
売り上げランキング: 95,638



Facebookのデータ保存容量は無制限

2013/2/15

ザッカーバーグ

◯インターネット上にデータを保存しよう

長期間旅行をするなら、
写真や動画などのデータをインターネット上に保存出来る
オンラインストレージの導入を考えたことがある人も多いはずだ。

特に海外旅行だと、持ち物を盗まれる可能性が高まる。

保険に入っていれば金銭の問題はないが、
データはやっぱり帰ってこないのである。

USBメモリなどに保存する方法もあるが、
そのUSBメモリも盗まれたり失くしたり壊れたらおしまいである。

だからやっぱり、インターネット上にデータを保存することも大切なのだ。

時代はクラウドらしいよ! クラウド!


◯どんなサービスを選べばいいわけ?

そんでまあ、
オンラインストレージにもなんやかんやと色々ある。

無料で5GBバイト保存出来るとか、
有料なら20GBとかケチくさいこと言ってるけど、
フェイスブックは容量無制限だった。


プライバシー設定で
アルバム毎に公開する範囲を「自分だけ」にする事も出来る。


ありがとう! マーク・ザッカーバーグ!

推定資産1兆円ごえの同級生は、
いったいどんなハードディスク持ってんだ!


金持ち父さん貧乏父さん
ロバート キヨサキ シャロン・レクター(公認会計士)
筑摩書房
売り上げランキング: 77





再準備にも金がかかりすぎ

2013/2/13

シャブ中


さーて、本気で次のユーラシア横断に動き始めたかにゃーおです。

ええと、まず言っておきますと、お金がありません。

総資金として100万円ぐらいしか用意できない。


家もクルマも買ってない実家ぐらしで30歳前の男の貯金が
100万円という時点で、もはや日本にいても絶望的な状況なのだが、
さらに1年かけて自転車でユーラシアを横断しようっていうのだ。

しかもこの100万円は総資金であって、
ここから航空券などの費用を引かなければいけないのだ。
なんてこったい。

色々調べた結果、すこしづつ解ってきたのだが、
まずどうあっても必要なポルトガルまでの片道航空券は
約5万円くらいかかる。


ハイ! この時点で残り資金95万円ナリ!

まあこれは分かっていたことだが、
予防接種にも5万円くらいかかることも分かった。

ハッキリ言って悩む。

まず予防接種って本当にいるのだろうか、
現地の貧乏人なんて間違いなくワクチンを接種してないと思う。

でもだからこそ現地人の特に子供は病気で死んでいるわけで、
生き残っているのは免疫を獲得した大人ってことなんだろうか。

自転車で旅行したことがある人はわかると思うが、
ノラ犬や放し飼いの犬にすっげぇ追っかけられるので、
狂犬病のワクチンは欲しい。

ということで予防接種も決定。

うほ! 残り資金は90万円ナリ。


最後のフィナーレは旅行保険である。

細かいことはどうでもいいので結果だけ書くと、
1年間の保険で10万円かかる。

これはホントどうしようかね?

10万円あれば、一泊3000円の宿でも
33泊出来る。

30日以上、野宿しなくてすむのだ。

旅行保険に入れば安心っていうけど、
それは本当に30回の野宿と比べているのだろうか?

だいたい、大病や大事故に遭ったら、
保険に入っていて費用はまかなえたとしても、
どっちにしたって帰国するんじゃねえの?

盗難とか事故とか病気になったら費用はどうするって、
じゃあ、日本でも保険に入った方がいいのかね?

海外の方が日本より危ないって言うけど、
滞在時間は日本の方が長いだろうが。

年金だって保険の一種だと思うが、
仕事辞めて長期旅行に出るような奴らが
年金なんて払ってんのかよ?

どーせ払ってねーだろ。


命が一番大事だとして、
保険に入ったら命が助かるってわけではない、
病院の費用が安くなるだけだ。
強盗に殺されたり、トラックにはねられたら死ぬこと自体に変わりはない。

どうせ日本に居たって無職なら保険証ないから医療費は実費じゃん。

30回分の野宿を削減した方が、
寝込みを襲われる可能性は下がるんじゃないかと。


突き詰めて考えていくと、
旅行保険には入らなくていいんじゃないかという結論になってくる。
多分、これは俺が根本的に保険が嫌いだからだろう。


本当は資金を豊富に用意して、
保険にも入ってなるべく野宿しないのが理想だけども。


でもまだ保険入るかどうかは決めてない。

自転車旅行は危険度の高い冒険なのに、
他の軟弱な旅行者と同じ保険に入れるからお得だ。

病院に行っても1年間10万円定額の安心感も捨てがたい。
盗難保証のオプション付きである。

死んだ時の保証とかはどうでもいい。俺は死んでるんだから。
半身不随になって1000万もらっても俺はあんまり意味ないと思ってる。


給料が減っても貯蓄が増える! 40の節約術
株式会社レゴリスイノベーション (2012-12-21)
売り上げランキング: 9,822



挑戦する気持ちと諦める勇気

2012/2/12

たけしの挑戦状

俺は登山はやらないけども、
自転車旅行は登山に通じる部分があるんじゃないかと思っている。

苦労して到達した達成感が病み付きになるのではないだろうか。

あとは「自力でこんなとこまで来ちゃった感」とか
景色を楽しむ部分とかも似ていると思う。


そして思うところは、
登山と同じく自転車旅行もまた、
引き返す勇気が大事だなと感じる。

ストイックに考えるなら、
自転車で移動するのがテーマなのに、
バスや列車で移動してどうするよ?って気持ちは俺にもある。

だけど、予測出来る危険に自ら飛び込むのは自殺行為でもあると思う。


自費で旅行しているのに、
自転車旅行だとバスやヒッチハイクで車を使うと
なぜか罪悪感を感じてしまう。

出来れば自力だけで大陸を横断したいというこだわりが、
チャリダーならば誰にでもあるんじゃないかと推測する。

でもさ、たいした予算もなく自転車で野宿旅行すること自体が危険なんだよ。

そのうえ予測出来る危険にまで挑んで行くってのは無謀だろうと思う。

ダメだこりゃって思ったら、
じゃんじゃんばりばりヒッチハイクにバス移動すべきだよ。

誰だって死にたくないし、
「あいつ死んだらしい」なんて報告も聞きたくねえよ。



挑戦する気持ち、
困難に挑む「心が大事」であって、
結果はまあ別にいいんじゃないか。

もちろん 祈りとは心の所作 である。

心が正しく形を成せば想いとなり想いこそが実を結ぶ……らしいよ。


HUNTER×HUNTER 29 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 (2011-08-04)



陰ながら応援してます。

2013/2/9

アメリカ横断で検索してたら、
ヤフー知恵袋に質問をしている人を見かけた。

知恵袋

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11101039206


どうやら北海道にお住まいの方が、
今年の6月に出発するみたいだ。

今日のこのブログをピンポイントで見ているとは思えないが、
頑張ってください。

旅行中はブログを書いた方が良いと思っているけど、
嫌でも日記を付けることはおすすめします。


今思ったんだけど、
アメリカを横断するなら、俺のブログのリンクにある
アメリカを横断した人達と連絡を取った方が安全だろうと思う。

フェイスブック全盛の時代にあって、
アメリカを横断した人達は現地で出会った人と連絡が取れるからである。

俺はアリゾナに住む人ぐらいしか連絡は取れないが。

何かあったら救援を出すことが出来る…かもしれない。

いややっぱ無理かもな。少なくても期待しちゃあかん。


みんな生活で忙しいだろうから。


俺でもアドバイスなら出来るから、
なんかあったら連絡ください。以上。





ユーラシア大陸にかける想い

2013/2/8

ユーラシア大陸のGoogleマップ

予算も体力もないが不安ならある。

自転車でユーラシア大陸を横断。

そんなこと俺に出来るのか。
その答えはやってみなけりゃわからない。


色々理由を付けても、
コレと言った深い決意もない。

やってみたいと思ったからやるだけ。

奇麗ごとはあまり言いたくない。

過酷な旅をしても人間性は成長しないかもしれない。
社会人としてはむしろマイナスかもしれない。

危険なら途中で帰るし、金がなくなっても帰る。
自転車旅行に飽きても日本に帰るつもりだ。


旅行中にやってみたいこともある。

それはブログを書くことだ。

ブログを書くことにも様々な理由がある。

自転車で北米とユーラシアを横断したこと、
それを自己満足で終わらせても良いと思うが、
俺は思いっきり自慢したい。

「誰も知らなければやらなかったも同じ」
とまでは思わないが、隠しても意味はない。

ならばじゃんじゃんアピールするべきだ。

だからブログのアクセスアップも狙っていきたい。

ブログに広告をつけているので、
少しでも旅行資金の足しにしたいということもある。

そして、今の俺にとって一番大きいブログを書く理由は、
次のチャレンジャーに情報を提供したいという気持ちだ。

自転車で海外旅行をしている人はそれなりにいて、
ブログを書いている人も多い。

でもそれは旅行日記を書いている人ばかりで、
有用な情報を上手くまとめている人は少ない。

長期間の日記の中に情報を小出しにされても、
あとで読む人にはわかりずらい。

有用な情報をまとめたページを作っておくべきではないか。

情報をわかりやすくまとめているのは、
染谷さんくらいじゃないかと思う。

染谷さんはアメリカ西部と南米とアフリカの情報をかなりまとめておられるが、
ユーラシアにおいてはインドと中国の情報になるのだろう。

ならばユーラシア大陸全体については、
俺が情報をまとめてやるぜ。

とりあえず俺の情報通りにやれば自転車でユーラシアは横断出来るってぐらいに
この過酷な旅の難度を下げてみせるわ!

俺のあとに自転車でユーラシア大陸を横断した人が現れても、
「まあ俺の情報のおかげもあるよな」って
心の中で思ってくれるわ!(なんという性格の悪さ)

俺が先にぜーんぶ情報まとめちゃうもんね〜!


俺には自信がある。

自転車でアメリカを横断するなら、
俺のブログの情報が一番役に立つ自信がある。

雑多な情報を時間をかけてまとめたからだ。

もちろん情報は古くなるが、
5年から10年くらいは通用するだろう。

アメリカを自転車で横断する日本人なんて、
年に数人だと思うけど、広く浅いデータなんかクソくらえってんだよ。

普通の晩飯を写真に撮ってネットにアップすることには興味がない。

役に立つ人にはものすごく役立つデータで
インターネット上に爪痕のこしてやるぜ!


ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本
ふくりゅう 山口哲一
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 55,919


雑誌連載とかどうなのよ?

2013/2/7

Cycle Sport [UK] February 2013 (単号)


金がなくて金がなくて不安でたまらないかにゃーおは、
誰でも思いつきそうな金策方法を考えた。

自転車雑誌や旅行雑誌にアポをとって、
紙面コラムを掲載させてもらい、旅行中にコラムを書いて
原稿料をいただくお仕事である。


●本物の文章を書くということ

俺は以前、パチスロ雑誌の編集のお仕事をしていたことがあるので、
知能指数や学力の割には結構まともな文章が書けるかもしれない。

こうして金にもならないブログを結構更新しているので、
文章を書く意欲もボチボチある。

だけども、文章を書くという仕事は簡単ではない。

誤字脱字は論外としても、
金がもらえるくらい面白い文章を書くというのは大変なことだ。

文章の書き始めに悩み、重複した表現を避けるために類義語を探し、
適切な表現が思い浮かばす、あふれんばかりの修辞技法
繰り返される書き直し。

他の人はどうか知らないが、
自分の書いた文章を客観的に読んで、
読み易く解り易く面白く訂正していくというのは
俺にとっては非常に困難であった。

特に漫画ばっかり読んでいる人は、
俺みたいな文章作成能力になってしまう。

少年漫画のセリフは文法から表現まで酷いものだ。
誇らしい日本語の今後が危ぶまれる。

クソじじいが書いた新聞の読者投稿みたいになってしまったが、
大変だった日々を思い返すので、
あまりこの金策に気が進まないのかもしれない。

果たして、低レベルの文章力でもコラムのお仕事がもらえるのだろうか?

単語のボキャブラリーが少ないので、稚拙な表現を連発するだろう。

「すごい疲れた」、「すごい景色だ」、「すごい出会いだ」

こんなコラムを読むために、
金を払って雑誌を買ってくれるだろうか。

貴重な紙面をさいてくれるだろうか。

無料で見れるブログも書いているのに、
コラムにまで書ける内容が他にあるだろうか。

というか、俺自身が自転車雑誌も旅行雑誌も買ったことがない…。

だって自転車雑誌って
ロードバイクとかスピードを追究する方向性なんですもの。


●考え方を変えよう

誰でも最初は文章力などないのだ。
やらずに諦めてどうする。

雑誌編集部に相談してみたら、
面白い切り口やアイディアがもらえるかもしれないだろ。

金をもらわず、無報酬で紙面に掲載してもらい、
広告を貼ってあるこのブログに読者を誘導するという作戦もある。


自転車雑誌一覧で検索したら
こちらのページがヒットしたので、
各自転車雑誌のデータを見たら、
一番多い発行部数でも公称20万部だった。

自称発行部数はウソなので、
実際には10万部くらいだと思う。

10万人読者がいたとして、
雑誌の片隅に掲載されている俺のコラムに目を通すのは
1万人もいないだろう。

だけど、そのうち半分の5000人が俺のブログに辿り着いて、
10分の1の500人がリピーターになってくれるだけでも結構すごい。



うほっ ダメもとで編集部にメールでも送ってみるか!

何事もダメでもともと、自転車でユーラシア横断自体もダメでもともとさぁ。






出発前の憂鬱

2013/2/6

不安のしずめ方―人生に疲れきる前に読む心理学 (PHP文庫)

俺はバックパッカーとして旅に出たことはないので、
バックパッカーが旅に出る前の気持ちはわからない。

やはり不安な気持ちになるのだろうか。


バスや飛行機で移動して、安宿に泊まり歩く。
その程度の旅なら、俺はすぐにでも出発できる。


これから俺がやろうとしている旅は、
自転車で移動する野宿が約束された旅だ。

15000km以上を約1年かけて、
自転車で走り続ける。

通過予定の国に日本語や英語の通じる国はなく、
治安も悪い。

金さえ一杯あれば話は別だが、
予算に余裕は全くない。


もちろん楽しくてやりたいからやるんだけども、
憂鬱になる時もある。ならない方がおかしいと思う。

まあ行けば楽しいんだけどね。


毎年この時期になると、暖かくなってくるのが嬉しかったけど、
今年は再出発が近づいてくるので、どこか不安で落ち着かない。

気がついたら2月だ。

本当に今年の春に出発するのであれば、飛行機のチケットやらなんやらと
もう旅行準備を開始しなければならないリミットになってしまった。


やっぱり自転車で大陸横断なんて普通の旅じゃないよな。

バックパッカーのことを現実逃避とか言ったりする人いるけど、
なんか今の俺の心境は、出発という現実が迫ってきた気分だよ。


一説によると、世界中を旅している日本人バックパッカーは
常時1000人はいるらしい。

ほとんど全員がバスで観光地巡ってるバックパッカーなんだろうね。

俺はバス移動なんて興味ないし、
もっと言うと観光地にも興味はない。

旅先で出会った日本人旅行者と話があうかどうか不安である。


ーーーーーーーーーー暴言ーーーーーーーーーーーー

ただの貧乏旅行なんてラクショーだよなwww

バスや飛行機に乗って「移動疲れ」ってか?
なめんなよwwwwwww

宿が汚い? 治安が悪い?
野宿してから出直してこいよwwwww

ーーーーーーーーーー暴言ーーーーーーーーーーーー


江頭2:50のピーピーピーするぞ! 6 逆修正バージョン~お台場暴言王~ [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2013-05-22)
売り上げランキング: 19,441




ありえない僥倖! 染谷さんにお会いしてきました。

2013/2/3

今日のブログはすげえぞ!

なななんと、
染谷翔の自転車世界一周ワロスw

染谷さんにお会いしてきたのだ。


先日、染谷さんからメールが来た。

やるおのメール



僥倖



   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  そんなわけで、
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.  
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  本日は都内某所の
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_| 
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   染谷家にお邪魔したのだった。
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__


タジン

染谷さん手作りのタジンをごちそうになる。


染谷家

わざわざ手作り料理で出迎えてくれた染谷氏。

(染谷さんはネット上に顔出しはされない)

緊張したせいか、トイレばっかりお借りしてしまったが、
いろいろ自転車旅行について語っていただいた。

染谷さんが自分とサシで自転車旅行の哲学について
語っていただけるとはなんという幸せ。

これから海外を自転車旅行しようと考えている人で、
染谷さんから話を聞きたいという人は沢山いるはずだ。


俺にお声をかけていただいたのは
リア充じゃなさそうだからという理由だと思われる。

なんてこったい。


しかもそのあと、
新宿のアウトドアショップのモンベルへ行って、
資金難の俺のために上着を買っていただいた。

カレーパン
黄色い上着といただいた手袋。

顔色の悪い俺が着ると、カレーパンマンみたいになるのだが、
そこがポイントらしい。



マジで幸せっす!頑張るっす!






かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。