スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年のアメリカ横断チャレンジャー

2013/1/31

二人も同時にだ


今年、自転車でアメリカを横断したいという方から
連絡をいただいた。

それも、二人も同時にだ…。

流川と桜木をGETした安西監督の気持ちである。

(ピクっ… それだ!)


もうね、メールとかで連絡をもらって、
「お会いしてお話を聞かせてください」って
おっしゃって下さると、俺めちゃくちゃ嬉しいのよ。

これから旅立とうとする人達だから、
実際に会って話すとすっごいパワーをもらうね。

連絡をいただいた二人はとても対照的で、
今週の日曜と水曜にお会いしてみたら、
このあいだ自転車を買ったという40歳男性と、
自転車を乗り回している21歳の大学生だった。


色々話したら、二人とも本気なのが伝わってきた。
すごい面白い旅になるだろう。

旅行中はブログを書いた方がいいよと
強く進言しておいたので、
今年も楽しいアメリカ横断の記録が読めるだろうと思う。


俺もユーラシア横断に出発するつもりなので、
自転車でアメリカ横断を計画中の人は、
はやめに声をかけてください。

こんなブログでも少しは誰かの役に立っているかと思うと嬉しい。
それも、同じ志を持っている人の役に立てるならなおさらだ。

俺もアメリカに出発する前に、
高村 晋のアメリカ横断プロジェクト
高村さんにお会いしておけばよかったかな。
東京に住んでいるらしいし、最近はアメブロでブログ書いているようだ。

そうか、今からでも声をかけてみればいいんだ。


スラムダンク『あれから10日後-』完全版
井上 雄彦
フラワー
売り上げランキング: 14,920



スポンサーサイト

海外旅行中にお金を稼ぐ方法 インターネット関連編

2013/1/30

堀江逮捕
(俺が旅に出る理由とほぼ同じである)


この記事は左メニューのカテゴリー内にある
旅行テクニックのまとめのページにも記載し、
新しい発見などがあった場合は更新していく方針をとる。


◆インターネット関連系
俺はまだ世界各地を旅した訳ではないが、
経験者の誰もが口を揃えるのが、インターネットの世界的な普及である。
ネットの普及によって世界を旅しながらブログを書くという
旅ブログが生まれ、俺のブログもその一部だ。
今回はインターネット関連の金策を考察する。


【アフィリエイト】
このブログもアフィリエイトをしている。
旅の過程でブログを作成し、ブログ上に広告を張る手法である。
動画を作成してyoutubeに広告付きで投稿するのも同じ系列である。
その他にNAVERまとめなどで記事を作成する方法などもある。

・方法
無料で広告掲載OKのブログサービスはたくさんある。

・メリット
収入に関係なく、旅の記録を残すのは楽しい。

・デメリット
まともな報酬を狙うなら大量のブログアクセスが必要。

・経験者
多数。チャリダーの中で最もブログアクセスが多いのは、
「染谷翔の自転車世界一周ワロスw」だと思われる。


【記事作成】
旅行雑誌や旅行サイトなどに連載を持つ。

・方法
なるべく出発前か旅の序盤に
記事作成の仕事を獲得する必要があると思われる。

・メリット
旅行後の就職などにも役立つ。

・デメリット
ある程度の文章力が必要。
締め切りが発生する。
旅行雑誌や旅行サイトに営業する必要がある。

・経験者
磯田よしゆきさんが地球ラジオなどに登場している(報酬があるのかは不明)
周藤卓也さんがgigazinに記事を投稿している


【スポンサーの獲得】
現実世界の会社/組織からスポンサー援助を受ける方法から、
最近ではネット上でスポンサーを獲得する方法も誕生している。
参考:旅をしながら資金を稼ぐ事が出来そうなウェブサービス5選

・方法
アポイントを取ったり、飛び込みで営業活動をしたり。
ネット上のスポンサー獲得サービスに応募したり。
企画書を作成して持ち込む必要がある。

・メリット
あわよくば、多額の資金の獲得が可能。

・デメリット
めげずに営業活動をする必要がある。
資金援助されることによる「不自由」が発生する。
明確で希少で世の中の役に立つ旅のテーマが必要。

・経験者


【ネット内職】
ネット内職の種類は多岐にわたる。
ポイントサイトの利用から広告メールの受信、
アンケートの回答、文字おこし、言語翻訳など様々。

・方法
ネット内職に分類されるものの特徴は、
インターネット環境があることだけ。
様々な内職に登録する必要がある。

・メリット
手軽であることは間違いない。

・デメリット
多額の資金を稼げるとは思えない。
翻訳などは、スキルが必要。

・経験者






海外旅行中にお金を稼ぐ方法 現地労働編

2013/1/27

刑務所なう。

旅行中にお金を稼ぐ方法を調べてまとめてみた。

前回記事はこちら 旅行中にお金を稼ぐ方法を考えよう


大別すると、現地労働系とインターネット系にわけることが出来ると思われる。

後者のインターネット系の金策は近年になって登場した方法である。

まあどっちにしても難しいのだが、方策が増えた点は喜ばしい。

今回は現地労働編。

この記事は左メニューのカテゴリー内にある
旅行テクニックのまとめのページにも記載し、
新しい発見などがあった場合は更新していく方針をとる。


◆現地労働系
基本的に観光ビザで入国することになるので、
現地で就職することは難しい。
そうなると必然的にもぐりの仕事となるが、
雇う側で考えれば、単純労働であっても
現地語が使えなければ厳しいだろう。
国や物価によっては時給数十円の残酷な労働になるような気もする。


【治験】
貧乏バックパッカーのあいだでは、
海外治験は有名。
新薬開発のさいの人間による実験台。
日本国内でも怪しいバイトの代表格。
厳密には労働ではなく、ボランティアの報酬である。

・方法
ネットで検索しても、海外治験者募集のホームページはある。
知っている範囲だと、イギリス、ドイツ、ニューヨークで行える。

・メリット
短期間で大きく稼げる。

・デメリット
あくまで自己責任。
治験中は禁酒禁煙。
一日に複数回の注射がある。
先進国でしか行われていない模様。

・経験者
多数。ブログに治験期間中の記事を書いている人も多い。
知り合いにも一人いる。感想は「もう一度やりたい」とのこと。


【日本料理店】
誰でも思いつく定番である。
日本料理に限るわけではないが、レストランでのアルバイト。

・方法
直接飛び来んでたのみこむ方法が思いうかぶ。
現地人の知り合いが、日本料理店経営者と知り合いなら
もぐりとはいえ働ける可能性は上がると思われる。

・メリット
レストランは世界中どこでもある。
まかないメシが付く可能性が高い。
料理のテクニックや経験があれば活かせる。

・デメリット
接客の場合は現地語が必要。

・経験者
イギリスで日本人向けお弁当の作成をされた
石田ゆうすけさんが、チャリダーの中では有名。


【日本人宿】
これも恐らく定番である。日本人宿の管理人業務の委託。
実際にやった経験者はかなり多いと思われる。
料理の腕はあった方がよいと思われる。

・方法
日本人宿でお願いするの一点張りだろう。

・メリット
レストランより現地語の必要性は低そう。

・デメリット
報酬というより、宿泊費が無料になるだけの場合が。

・経験者
磯田よしゆきさんの報告によれば、
藤暁之さんが南米で管理人をされていたそうだ。
(二人はともにチャリダー)


【散髪】
長期旅行中の散髪は結構悩みのタネ。
ヒッピーみたいな髪型になる人も多いが、
髪型を気にする人は多いだろう。
散髪の技術は大前提。マッサージもありか?

・方法
日本人宿で他の日本人宿泊者に散髪を売り込む。
現地人相手では物価的にも言語的にも難しいだろう。
自分だったら現地で髪を切る場合、言葉の通じる人にお願いしたい。

・メリット
技術と専用ハサミを持ち込めば、あとは有り合わせの道具で可能。

・デメリット
散髪の技術は大前提。

・経験者



【物販】
個人輸出業。
その国でしか売っていないものや、
日本では高値で売れそうなものの輸出。

・方法
雑貨屋等を巡り、インターネットで調査。
郵便で発送する。ネットショップを開くなど。
目利きの効く得意ジャンルがあるとよいだろう。

・メリット
雑貨好きなら趣味と実益をかねる。

・デメリット
元手が必要。
売れそうなので買ってみたら売れないことも。
輸送中の破損などで購入者とのトラブルの可能性。

・経験者
こちらの方がやっているようだ。
個人的な経験で言えば、
ニューヨークではタバコが10ドル以上で売っているのだが、
ニューヨークのとなりの州では7〜8ドルで売っていたので、
買い込んで売り歩き、差額で稼げるかもなと妄想したことがある。


【路上演奏等】
人通りの多いところで、楽器を演奏する。
非常にロマンのあふれる方法であるが、
まともに稼げるかどうかは不明。

・方法
ある程度治安の良さそうでなおかつ人通りの多い場所で、
楽器を演奏し、チップを入れてもらう。大道芸や絵を売るのもありか。

・メリット
楽器演奏の腕が活かせる。

・デメリット
楽器の運搬が大変。
演奏技術が必要

・経験者


Go!Go! GUITAR Selection ギター弾き語り 保存版!! J-POPベスト100

ヤマハミュージックメディア
売り上げランキング: 78,135


もはや、死んだも同然。

2013/1/22

場合じゃねえ


自転車によるユーラシア大陸横断に向けて、
情報を調べれば調べるほど、
過酷な旅であることがわかる。

期間は平均しても1年。

厳しい気候に治安に病気に慢性的な金銭不足と、
もはや死んだも同然であるような気がしてきた。

せめて金さえ豊富にあればと思うところだが、
金はありすぎても、面白くなさそうな気がする。

金はあまりにも強力だ。
金さえあればなんとでもなってしまう。

資金を豊富に用意しすぎてしまうと、
旅のロマンを壊すのだ。


じゃあどうすればいいのかってーと、
現地調達だ。

旅行中に金を稼ぐ方法は以前にも考えたことはあるが、
改めてまとめて近日公開してみようと思う。

ちょっと調べたら、実用性は知らないが、
面白そうなのが結構出てきた。


そう思うんならさっさとまとめればいいのであるが、
体力的な問題で、ブログの作成すら手に余る状況である。


世界一受けたいお金の授業
和仁達也
三笠書房
売り上げランキング: 8,706




自転車による世界一周の費用を考えよう

2013/1/16

ゴールデンスライム


最近になって、やっとこ真剣に
ユーラシア大陸横断に向けて情報を集め始めたかにゃーおです。


何から旅行の準備を始めるかと言えば、

間違いなく  金        旅行資金なのだ。


金じゃあ買えない経験を得るために、
自転車旅行に出るのであるが、そのためにも金が必要なのだ。



自転車による世界一周にはどれくらいの費用が必要なのか?

そんなもん、人によって違うってのが答えだ。

ルートも期間もスタイルも違うんだから、比較は難しい。

けれどもまあ、そんな答えじゃ味気ないので、
ちょっと考えてみたい。


◯ルートと距離

俺の定義では、北米横断とユーラシア横断で充分世界一周だと思っているが、
それだけじゃあ足りないという欲張りな人のために他の大陸も考えてみた。

南極を抜いた各大陸の最長距離を考えるとしたら、

北米は縦断で8000km

南米も縦断で8000km

オーストラリアは横断で5000km

アフリカは縦断で8000km

ユーラシアは横断で15000km

ざっくばらんに計算した結果、各大陸の合計は4万4000kmとなった。


◯旅行期間

俺は走行ペースが遅い。
アメリカ横断5000kmに三ヶ月かかったわけだから、
これを基準にして休養日を含めた平均で1日55km走るとする。

つまり44000km割る55kmだから、800日。

800日とは2年と二ヶ月である。余裕を見ても二年半で行けるのか?


◯旅行資金

この計算が一番面倒くさい。地域によって物価が違うからだ。

経済力からして、アメリカが最も物価が高いと仮定する。
そんでもまぁ、経験的に1日5000円もあれば足りるだろう。
(円相場の変動を計算に入れない)
(俺の経験とはアメリカ横断に9割方安宿に泊まった経験である)

アメリカやヨーロッパ以外の国は1日5000円も必要ないと思われるが、
飛行機代や装備品の購入や予想外の出費も考慮に入れて、
ここはあえて全世界で1日5000円必要と計算する。

となると、
各大陸を巡るには44000km走行する。
44000km走行するには余裕を見て900日かかる。
1日5000円必要として、
5000×900=4500000。

自転車世界一周に必要な資金は450万円となりました。

年収300万円の人でも、実家暮らしで本気で貯金すれば、
2年で貯められる! 短いんだか、長いんだかよくわからん。


◯ユーラシア横断費用

さて、俺はこれからユーラシアを横断する予定なわけだが、
ユーラシア横断は短めに見積もって15000km。
1日55km走るとしたら、必要日数は270日。
1日5000円で生活するとしたら、135万円必要である。

ちなみに俺が用意出来る資金はせいぜい100万円である。

自分で計算したクセに、自分の資金が足りないという
もはや意味不明の資金計算になっている。
俺という人間をよく表しているということだろう。

物価の高いヨーロッパは野宿で確定である。





チャリダーが旅行保険について考える

2013/1/15

壊れた


長期間貧乏旅行をするバックパッカーやチャリダーにとって、
旅行保険は結構悩みのタネだ。

個人的に、自転車によるアメリカ横断においては、
保険に入る必要なかったなぁと思う。


自転車で旅行する場合も、
普通の海外旅行保険に加入することが出来る。
(ハズである)

安宿に野宿に交通事故と、
自転車旅行は普通の旅行よりリスクが高そうなわりに、
普通の旅行と同じ保険に加入出来るんだから、
保険に入るのは結構お得かもしれない。


それに、ブログに書く文章は世の中に公表しているので、
「保険には入っておいた方がいい」とか
無難で安全なことを書いておけばいいのだろう。

でも、なんとなく納得がいかない気持ちがある。


そもそも俺は保険なんて嫌いだ。

どう考えても、保険会社が儲かるから旅行保険が存在しているんであって、
統計的に見れば、保険に入った方が損するのは間違いない。

保険会社に勤めている高給取り達の給料の原資は、
支払った保険料である。

これを打破するには、
同じくらいのリスクの走行ルートを予定しているチャリダーを10人以上集めて、
一人1万円くらい徴収し、事故にあった人にあげるという方法が考えられる。

誰かに人件費で中抜きされる心配がない。

まあこの方法は、たった今俺が思いついて書いてみただけなので、
互助保険組合を立ち上げる予定は全くない。


今度のユーラシア横断では、旅行保険に入らないかもなぁ。

1年間の旅行保険なんて、たぶん20万円くらいかかるし、
いざ事故や盗難にあった時の手続きが面倒くさい。

俺は書類提出などの事務手続きが苦手だ。

言葉も郵便の仕組みも違う国へ行って、
無事に日本の保険会社へ必要書類を揃えて郵送出来る自信がない。

あと、生命保険も大っ嫌いだ。

旅行中に死んだら、
家族の渡航費用とか遺体の輸送費用とか色々かかるんだろう。

でも、死んだあとのことまで考えたくない。

人間は、死んだあとのことまで
責任をもたなきゃいけないのだろうか。

死んだあとも準備万端にしておかなきゃダメってんなら、
生きてるうちにアルツハイマーになって家族に迷惑をかけるのは
もっとダメかね?

社会に生きてる以上、迷惑をかけずに死ぬのは難しいと思うぞ。
狙って出来るとしたら自殺くらいだと思うが、
だから死んだらダメなんだってば。


捜索費用に輸送費用になんやかんやと、
そんなこたぁ俺ぁ知らねえよ。


はじめての世界一周 (PHPビジュアル実用BOOKS)
吉田 友和 松岡 絵里
PHP研究所
売り上げランキング: 57,457


絶対に友達が減るカメラ

2013/1/10

自転車ホルダー

次の旅では動画も撮っていこうと思っている。

したがって、自転車のハンドルに取り付けられるカメラや、
スマフォをハンドルに取り付けるホルダーを色々探していたのだ。


どうやら世の中には、アクションカメラというジャンルがあるらしい。

ソニーのアクションカメラ

自転車のハンドルにだけではなく、
ヘルメットに付けたり、

ヘルメットカメラ

クルマのフロントガラスに付けたり、スケボーやスキー板につけたり、
カヤックにつけたり、スキューバ中に使ったりと、
アウトドアスポーツを中心に様々な用途があるらしい。

バラエティ番組などでは、
出川のヘルメットに付けてバンジーでジャンプさせた時に
出川目線の映像を撮影するアレだ。

出川ヘルメット

最近では、世界の果てまでイッテQ!のイモトさんも
カメラ付きヘルメットを装着して色々撮影している。


だけど多分、
俺が自転車にカメラ付けて走行中の風景を撮影して編集したところで、
別に大して面白くないと思う。

だって、もうGoogleのストリートビューがあるもの。

砂漠のストリートビュー


俺が撮りたいのは、電波少年のヒッチハイクのような、
現地人との出会いとかそっちを撮ってみたいわけ。

そうは言っても、俺は出演者兼カメラマンであるから、
自分でカメラを持って撮影しなければいけない訳だ。


ビデオカメラを撮影しながら町中をウロウロしていたら、
それこそ変質者であり、現地の人も声をかけてくれないだろう。

ましてや自転車を漕いだり押したりしながら
片手にカメラを持つ訳にもいかない。


という訳で、探し求めるカメラをアクションカメラから
ハンズフリーのカメラに切り替えて、ネットで色々検索してみた。

最初はスマフォのショルダーケースにカメラ用の穴を開けて撮影しようかなと
思っていたのだが、

スマフォショルダーケース


撮影スイッチのオンオフが面倒そうだし、
取り付け的に撮影角度がナナメになってしまいそうなのが気になった。


色々思考錯誤した結果辿り着いたカメラがこれだ。

メガネ型ビデオカメラ


もしかしたらあるのかもと思って検索したら
本当にあってビックリした。

まあカメラの小型化を考えれば順当かもしれない。

探偵が証拠撮影の時とかに使うのかもしれない。
完全にコナン君の世界である。バーロー。

だが、このカメラなら両手は自由になるし、
撮影される側も身構えたりしない。

俺は普段からメガネをかけているから違和感もないし、
コンタクトレンズにするとか、メガネのガラスを度入りにすれば
結構イケそうな気もするが…。


このカメラの問題点は、おそらく撮影している側が
盗撮しているような気分になることだ。

ましてやこんなメガネ型ビデオカメラを所有していることを
公表したら、友達が減ることも間違いない。

内緒の相談している時に、メガネをクイっと動かしたら
「こいつ撮ってるんじゃねえのか!?」と疑心暗鬼になってしまう。



………クイっ!

メガネくいっ





世界の物価に思うところ

2013/1/7

猫マネー
http://mullehair.blog48.fc2.com/blog-entry-445.html


今年はユーラシア大陸の自転車横断を計画しているかにゃーおです。

ヨーロッパから東へ進み、中国の東沿岸部をゴール地点と考える場合に、
費用はいくらくらい必要なのであろうか?


実体験から自転車によるユーラシア横断の費用を教えてくれる人間は、
世界に100人もいないのではないかと思われる。

特殊相対性理論をマスターしている人間より少ない可能性も高い。


一般的な常識から推測するに、
ヨーロッパが日本なみの物価で、
トルコが日本比較の70%。

中央アジアから中国にかけてはさっぱりわからないが、
かなりの激安と考えてよいのだろうか。


アメリカ横断5000kmを三ヶ月かけて達成した経験からすると、
ユーラシア横断は1年くらいかかるだろう。

俺が用意出来る費用はせいぜい100万円くらいなので、
365で割ると、1日に使える費用は2700円くらいだ。

あまりにも絶望的である。

どうあっても、物価の高いヨーロッパは野宿で生きていくしかない。


言葉の通じない外国で野宿をする怖さはまさにプライスレス。


俺のブログを読んでいられるのも、あとわずかかも知んねえぞ(笑)


物価の文化史事典―明治・大正・昭和・平成

展望社
売り上げランキング: 211,933



謹賀新年

2013/1/5

あけましておめでとう

おめでとうございます。
かにゃーおです。


今年が皆様にとって良い1年になりますように。


私は年末も年始もなく働いております。

今年は本当にユーラシア横断に旅立てるのでしょうか?
自分でも不安になってきました。


去年はこのブログに書いてもらったコメントを読んでいながらにして
完全無視でしたが、今年は返答致したいと思っています。

というのも、旅行中はあまりに体力気力を消耗するので、
コメントに返答する余裕がないという事情があった訳ですが。


本日はお休みなので、少し動画の作成に挑戦してみたんですが、
全く勝手がわからず、何もすすんでおりません。

文字だけのブログの手間が一次元なら、写真付きは二次元、
動画付きだと三次元かと思います。

ブログ作成の手間が指数関数のような曲線を描いて上昇します。

指数関数


アメリカ横断中は、写真撮影、ブログ、走行記録の記述だけで
手一杯だった私ですが、
この上動画の作成なんて出来るのだろうかと不安でたまりません。


動画を作成するには
出演/監督/撮影/音響/編集/進行と
様々な専門の役割が思いつくだけでも無数にあるのに、
なんでこれを自分ひとりでやらねばならないのだろうかと。

こっちはドキュメンタリーで自転車漕いでんのに、
なんで自分で自分を撮影して編集しなけりゃならんのだ。
ジャッキーチェンか俺は。



かっこいい動画を作ろう!
森皿 尚行
秀和システム
売り上げランキング: 158,898




かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
63位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。