スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いお年を!

2012/12/31

ハイビスカス


早いもので、今年も大晦日になりました。

去年の今頃は、自転車世界一周に向けて、
静かな闘志と不安を抱えていたのを覚えています。

俺がアメリカに向かって飛行機に乗ったのは、
もう1年も前なのですね。


大晦日ばかりは、
自転車や旅行をテーマにブログを書くのは難しいものです。



かつて、格闘技ファンにとっての大晦日ってのは
格闘技の祭典だったはずなのに…。

日本の格闘技界は死にました。

とても悲しい。


選手ではノゲイラ選手、

ノゲイラ選手


実況では古館伊知郎さんが好きでした。

古館伊知郎


かつて古館伊知郎は、ブラジル出身のノゲイラが入場してきたさいに、

「皆殺しのサンバが聞こえてくる!」
と絶叫していたのだが、

もうそんな血湧き肉踊るサンバのリズムは聞こえてこない。

古館さん、もうニュースキャスターはいいから、
今すぐスポーツ実況に戻ってほしい。


思えば、格闘技観戦という趣味を失ったことも、
自転車で旅に出る一因であったのかもしれない。


来年の目標であるユーラシア大陸横断に対しては、
さらなるパワーアップを図るために、
ちょっと動画の作成に挑戦していきたい。

旅のあいだに動画を撮影し、インターネットの環境があればだが、
週に一度、電波少年のヒッチハイクのように編集した
動画をyoutubeあたりに投稿/公開してみたいと思っている。

まずはアメリカ横断の旅の記録を動画にまとめてみようかと考えている。


バーリ・トゥード ノゲイラ最強への道―DVD最強テクニック伝授ノゲイラになる!
ブラジリアントップチーム
DINOBOX
売り上げランキング: 699,593



スポンサーサイト

ロシアで渡辺大剛さん事故死か

2012/12/27

渡辺さん


在ロシア日本大使館に入った連絡などによると、
ロシア極北・ムルマンスク州カンダラクシャで26日、
自転車で旅行中の日本人男性が車と衝突し、死亡した。
インタファクス通信は、
「有名な冒険家のワタナベ・ハルヒサさん」と伝えていて、
04年に日本人最年少で世界7大陸最高峰の登頂に成功した
渡辺大剛さんの可能性がある。



俺は不勉強なので、渡辺さんのことを知らなかった。

登山にもあまり興味がないので、
世界7大陸最高峰制覇の話も知らなかった。

なぜこの時期に、
ロシアの極北を自転車で走っていたのかもわからない。

チャリダーが旅行中に死亡する事件は、
自分にとってリアルすぎて怖い。


日本にいれば死なないという訳ではないが、
1日何時間も自転車に乗っていれば、
交通事故に遭う確率が飛躍的に上昇して当たり前なのだ。

病気、事件、事故、災害。

旅行中はあらゆる危険な可能性が上昇する。


人間はいつか死ぬ。

不老不死の薬が出来たところで、
ミサイルが直撃したら助からない。

いつか終わりがくる。

人類も生命も地球も。


今日はアポロ11号の月面着陸の映画を見た。

ザムーン


挑戦には強い意志が必要だと感じる。


アポロ計画陰謀論を唱える人がいるが、
俺は完全に肯定派だ。

科学技術には全く詳しくないので、独自検証は出来ないが、
少なくても、夢があっていいじゃないか。

当たり前のことについて疑う姿勢は必要だと思うが、
NASAを否定しつつ、陰謀論の方をコロっと信じちゃうんじゃ、
疑う姿勢の意味がないわな。せめて両方とも疑わないと。


アポロ11号 月面着陸の疑惑~本当に人類は月に降りたのか?~ [DVD]
ローランズ・フィルム (2005-11-25)
売り上げランキング: 73,955




メリークリスマス

2012/12/24

サンタ 自転車
http://asadama.blog83.fc2.com/blog-date-201012.html


目出たいイエス誕生祭であるクリスマスに、
こんなクソブログを読んでいる同志達のために、ブログを更新するぜ!
リア充爆発しろ!

イスラム圏の国ではクリスマスを祝わないらしいぜ!

はっはー!良かったな!

クリスマス wiki


来年俺がユーラシア横断に出発して、
順調に進んだら中央アジアか中国奥地でクリスマスだぜ!

そんな国でクリスマス祝ってんのか、
俺が調べてきてやるぜ!


じゃあな!

メリークリスマスだぜ!


クリスマスってなあに?
ジョーン・G・ロビンソン
岩波書店
売り上げランキング: 47,947




円高の追い風

2012/12/20

円高


海外旅行をするなら、円高の方が有利である。

経済関係には全く明るくないが、
日本は輸出国なので、円高が進むと経済的に厳しいくらいは知っている。

あまり喜んでばかりはいられないのだが、
旅行者にとっては、円高は嬉しい。

このタイミングで海外旅行に行かずしていつ行くよ?
ってなモンである。


今年の1月9日にアメリカへ出発した俺は、
去年の今ごろ、グングンと上がる円高基調に小躍りしていた。

80円を切って76円になった時なんて、
「よーしそのまま!いやもっと下がれ!」と願っていた。


2007年にアメリカでサブプライム危機が発生するまで、
1ドル120円の時代がしばらく続いていたので、
俺としては1ドルってのは120円だという認識があった。


いざ自分が出発しようかって時に円がドンドン上がるもんだから、
なんだか嬉しくなってしまって。


日本にいるとイメージしにくいが、
120円が76円になるってのは、
昨日まで120円だったジュースが、
飛行機から降りたら76円で買えるようなもんだ。

何を買っても40%オフ! たまんねえなぁおい。


安倍政権誕生が決定となって、
株価が上がっているそうで、
たぶん吊られて円ドルも上がるのだろう。

2012年12月現在は84円である。


まあ喜ばしいことなんだが、
今度はヨーロッパへ行く俺にとっては、
円ユーロのレートの方が気になっている。

現在は1ユーロ110円の状態だったはずだ。


だが、ヨーロッパまでは良いとしても、
中東から中国のレートなんてサッパリわからん。

中国が元なのはいいとしても、
トルコがリラ? リヤル、マナト、スム、ソム。

「ガソリンスタンドでジュース買ったら5マナトだった!激安!」
とか言われても、全く伝わんねえなぁ。


円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか
リチャード A ヴェルナー
草思社
売り上げランキング: 20,376





アメリカ横断のつどい

2012/12/18

立川アメリカ横断


先日アメリカから帰国した、
ヒロシくんとタカノリくんをねぎらうため、
二人が横断中に出会ったサトルくんを含めた4人で、
焼き肉を食った。

4人とも、アメリカを自転車で横断してきた男たちである。

貴重な経験を共有した人間同士。

関西にお住まいの一乗寺さんもお呼びしたのだが、
お仕事であり、残念だった。


アメリカを自転車で横断した人間にしか解らない、
意味不明の会話が飛び交う。

道路上のアルマジロの死体とかその臭いとか、
自転車で走るなら高速道路の方が安全とか、
インディアンの家には大型テレビがあるとか。

以前、一乗寺さんとお会いした時もおっしゃっていたのだが、
俺が書いた自転車横断走行ルートは参考になるが、
かなり俺の主観が強いらしく、
「ゆるやかなアップダウン」の表記は高確率でウソらしい。
実際には激坂だったとのこと。

次の挑戦者も騙されるのだろう。


俺が世界一周を目指して旅に出た時は、
こんな感じで後に続く人達と連絡を取ったり
お会いする楽しみがあるとは思っていなかった。

これもブログを書いた効果だと思う。


アメリカ横断の話をしていたはずなのだが、
最終的に話はあらぬ方向へ転がる。

俺が以前書いた「無人島生活」の話だ。


タカノリくんとヒロシくんは、
挑戦する気もないのに大ノリで、
急遽、無人島生活実行委員会が設立された。


おそらく挑戦するのは俺かサトルくん。

修行僧のような男であるサトルくんと
現代人を代表する軟弱な俺で比較するため、
二人とも挑戦するかもしれない。

二人が同じ島で無人島生活に挑戦すると、
野生化した二人で争いが発生し、
軟弱な俺がキックボクサーであるサトルくんに
確実に殺されてしまう。

今後のミーティングで、
調整が必要である。


帰り際、タカノリくんとヒロシくんの二人から
プレゼントをもらいました。

袋を開けてみると、
自転車のハンドルに取り付ける音楽用の小型スピーカーが入っていた。

スピーカー


ありがとう。
大切に使います。


ヤザワ プラグインスピーカー VRS202W
Yazawa
売り上げランキング: 114




iPhone5用Google Mapがついに登場

2012/12/14

グーグルマップ アイコン


ついに来たか!

iPhone5用Google Mapがついに登場


地図オタクの俺は、今までにもう何度となく、

「iphoneの方が好きだが、地図ならアンドロイドの方が上だ」

と、このブログで語り続けてきたことか。

周りに共感してくれる人がいないので、
この思いをブログに書き綴っていたのだ。

試しに、iPhoneとアンドロイドの地図の比較について
書いた記事を数えてみた。


旅行とipad mini

ガジェットオタクのつぶやき

ウォークマン Fシリーズ

iOS6と地図

iPhone5と第5世代ipod touchとiOS6

旅行におすすめのスマートフォンを考えよう

アップル信者の悩み

[スマートフォン] イーモバイル S41HW


似たような内容で、よくここまで記事を書いたと思う。

iPhoneとアンドロイドの比較ではなく、
グーグルマップについてだけ書いた記事も2〜3記事ある。


俺は叫んでいたのだ。

驚愕にあたいするほど便利な電子地図を
まだ知らない自転車乗りがいたら知ってもらいたかった。

知らないあいだにテクノロジーがここまで進化して、
低価格というか、本体以外無料で提供されていることに感動していた。


さて、そんな地図オタクのワタクシですが、
一度はiPhoneから消えたGoogle mapが
パワーアップして帰ってきたことを歓迎したい。


普通に使っている人は気づかないかもしれないが、
オフラインキャッシュ機能が強化されたのである。

事前に目的地周辺を閲覧しておけば、
インターネットにつながらない環境でも、
地図が表示出来るのだ。

以前のiOS用グーグルマップでも多少のデータは保存されたが、
今回のグーグルマップは保存されるデータの量が多い。

アンドロイドと違って
具体的に保存データの量が表示されないのは残念だが、
充分実用的な量が保存出来る。

これが海外旅行でどれだけ役に立つことか!


俺はアップル信者なので、
アンドロイドスマートフォンがあまり好きではない。

今はずいぶん操作性も良くなったが、
初期のアンドロイドは酷かった。

is03.jpeg


2年ぐらい前に初めてアンドロイドスマフォを触った時に、

「こんなに使いにくい物を世の中に普及させてしまって良いのか!?」

と思ったくらいである。

しかし、地図オタクでもある俺は、
アンドロイドのグーグルマップだけは素晴らしいと思っていた。


今回のグーグルマップ投入によって、
俺の中でスマフォ戦争は終止符を打った。

2年間模索し続けた電子地図探しは、これで終わりかもしれない。

海外旅行にもiPhoneが結論である。

まあ、来年からユーラシアに向けて長期海外旅行をする予定の俺は、
2年契約が必要なiPhoneを持つことはない。

アンドロイド持ってるし。

ipod touchにGPSが搭載されるのがベストなんだが、
多分それはないだろう。





旅と宗教

2012/12/13

宗教画
チャーリーおじさんからクリスマスメールが届きました)


俺は大多数の日本人と同じで、
特定の宗教を信じているわけではない。

しかし、神を信じていないかというとそんなことなくて、
葬式では手を合わせるし、教会の結婚式にも行く。

正月は神社で祈るし、クリスマスだって便乗して楽しみたい。

これは無神論者ではなく八百万の多神教であり、
つまり典型的な日本人なんだと思う。


世界的に見れば、特定の宗教を信じている方が多数派である。

宗教による国家の衝突や戦争は珍しいものではない。


先日、ジョディーフォスターが主演の
コンタクトという映画を見た。

コンタクト



宇宙人から電波でメッセージが届き、
そのメッセージに書いてあった設計図で宇宙船を造り、
宇宙人に会いに行く話である。

一人乗りの宇宙船に乗る人間を選定するさいに、
主人公のジョディフォスターは最後に落選する。

科学者として、神を信じていないと答えたのが理由だった。

世界の95%の人がなんらかの神を信じているので、
神を信じていない人間は地球人代表としてふさわしくないからであった。


かつて哲学者のマルクスは
「宗教は麻薬だ」と語ったという。

マルクス
(ヒゲ星人)

宗教に頼って、人々に広がっていく様が麻薬のように写ったのだろう。

でも、マルクスが説いた共産主義もまた麻薬のようであった。


俺はあまり宗教アレルギーはない。

心の安定が得られるなら、神を信じるのも悪くないかなと思う。


現実的な利点としては、宗教による戦争はある反面、
治安の維持にも役立っている。

道徳教育にも有用であろう。


旅をすれば、何度も現地人に
「神のご加護を」と言って送られることがあると思う。

その土地で信じられている神様に守られて、
旅を進めていくのかもしれない。


そんでもまあ、神様がいなきゃいないで、
旅を進めていくであろう。

じゃあ旅の途中に何かアクシデントが起きたりして
追いつめられて、孤独で不安で心が平安でなくなってしまったらどうするのか?


さっき紹介したコンタクトという映画で感動したフレーズがある。

宇宙人が語った言葉だ。

君らはとっても興味深い。複雑な種だ。
美しい夢を追う力がある。破壊的な悪夢も描く。
途方に暮れ孤独だと感じている。君はもう違う。
我々は気付いたんだ。
孤独を癒してくれるのはお互いの存在なのだと。



例えその場にいなくても、
自分のことを知っている誰かがどこかにいることがわかっていれば、
孤独ではないのかもしれない。


コンタクト 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-09-07)
売り上げランキング: 11,872




私とアップル

2012/12/12

アップルヘアー


俺はアップル信者だが、
その歴は浅い。まだ2年くらいだ。

もともと自宅には、姉が購入した
ウインドウズXPのパソコンがあり、
それを少しいじっていた時、
雑誌の編集の仕事を始め、仕事上の都合でパソコンの操作を覚えた。

それは俺にとってのIT革命であり、

「インターネットを使えば、自分の知りたい知識がこんなにも簡単に手に入るのか!」

と感動した記憶がある。6年ほど前の話だ。

だが、その時に感動したのはインターネットに対してであり、
ウインドウズのパソコンに対してではなかった。

当時使っていたパソコンは、
当たり前のように専門用語でエラーメッセージが出るのである。
全くもって意味不明な上に不親切な設計だ。

動作不良を起こして再起動なんかすると、
今度はさらに英語の専門用語でエラーメッセージが表示される。

エラーメッセージ


何かの暗号だろうか?
どうして使う側の人間の言葉で
わかりやすく説明してくれないのだろうかと、
ハラを立てた記憶がある。

他に適切な言葉がなければ、
専門用語になってしまうのは仕方ないかもしれないが、
日本で日本メーカーのパソコンを買っているのに、
なにゆえ英語でエラーメッセージが出るのだ。

コレはメーカーの怠慢ではないかと思う。


そんな俺が、海外自転車旅行の計画を始め、
2年前から家電量販店でパソコンを売る仕事に流れ着いた。

最初は旅行に使いやすそうな小型パソコンである
ネットブックに注目していたが、
ネットブックは他のパソコンと比較すれば
あきらかに低性能であり、今ひとつコレといった直感が湧かなかった。

ネットブック



そして俺が注目し、最初に購入したアップル製品はmac book air 11インチだった。
自分で購入した初めてのパソコンであった。

ea-.jpeg



その携帯性も堅牢性も操作性も表示スピードも起動の速さも、
そして見た目の美しさも低性能なネットブックを上回っていた。


つまり、旅行に必要な小型端末を探し求めていた結果、
アップル社の商品に辿り着いたのだ。

自宅にあるXPやvistaのウインドウズとは違って
スノーレパードのOSは安定してキビキビと動作し、
直感的で使いやすい。

そして、次に購入した商品はipod touch 第4世代だった。

タッチ


最初は自転車走行中の音楽プレーヤーとして注目していたが、

手元でネットが見れてメールが打ててサブのカメラにもなる
ipod touchに感動した。


そして、touchとairは緊密に連携していたのである。

もうこの時点で完全に信者の道に入っていたのだ。


このアップル社の製品を使っていき、
俺は一つ成長したことがある。

デザインの認識を改めたことだ。

デザインではなく機能性を重視した結果、アップル製品に辿り着いた。
俺はオシャレでもないので、
コンピューターに見た目の美しさなど期待していなかった。

でも違ったのだ。

デザインの本質とは表面の見た目のことだけを指すものではない。

アップル社の製品の特徴として、
デザインのシンプルさがあげられる。

このシンプルを追究した結果、
見た目の美しさが生まれ、使いやすくなっているのだ。

このシンプルを追究する姿勢は、
シンプル イズ ベストのような簡単な言葉ではない。

シンプルにこだわるという姿勢がなければ、
多機能や拡張性という言葉に負ける。

様々なボタンが配置され、わかりずらくなり、
色んな利用用途に使うためのケーブルを差し込む穴が
端末にボコボコと空いて見た目の美しさも損なわれる。


例え話として適切かわからないが、
人を切ることを目的として造られた日本刀は、
見た目も美しく、美術品としての価値もある。
外見はシンプルでありながら、
目的のために複雑な製造工程をへている。

機能美という言葉がある。

本来は機能性を追究しても、シンプルで美しいものが出来上がるはずなのだ。

それはテクノロジーでも同じなのではないかという発見があった。


そしてここから先は、まだなにかハッキリとした発見があったわけではないが、
この機能性を追究して辿り着いたシンプルさという概念は、
どこかで人生や旅行に役立つことがあるのではないかという予感がする。

役に立つというか、考え方や生き方についてのヒントになるんじゃないか?

そんな予感するのだ。


スティーブ・ジョブズ I
ウォルター・アイザックソン
講談社
売り上げランキング: 744





チャリダーの顔つき

2012/12/11

五味入場


格闘技が好きで、格闘家も好きだ。

じゃあ格闘家の何が好きかって言うと、
顔つきが好きだ。

入場時の緊張しつつも気迫の入った顔が好きだ。

あまり日常生活では見ない顔であり、
一見の価値があると思う。

この緊迫した顔つきというのは、
演技では伝わらないものであり、
アクション映画やプロレスでは楽しめない要素でもある。



自転車旅行を始める前と後では、
顔つきが変わる気がする。

痩せてアゴが細くなるだけではない。

目つきを含めてギラギラした顔つきになっていくのだ。

水と食料と安全な寝床を確保する緊張感からくる変化だろうと思う。


説明するのにベストな写真がなかったので
上手く説明出来ないが、体感的にはそう思う。

一応、旅行中の笑顔の写真があったので
比較してみて欲しい。


◆アメリカ横断16日目
16日目



◆アメリカ横断84日目
84日目


どちらも、現地の人と知り合って記念写真を撮った時のものである。

なんとなく、言いことが伝わるんじゃないかなぁと思う。

上の写真の方が子供っぽい印象がある。



PRIDE 男道 DVD-BOX
PRIDE 男道 DVD-BOX
posted with amazlet at 13.01.16
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006-12-22)
売り上げランキング: 35,290



アナログとデジタルの融合

2012/12/10

愛慕猫


俺は現在、家電量販店でパソコンを売っているわけだが、
どんどんと進化する電子機器が結構好きだ。

信じられないような小型化とか、
驚くべき音声認識とか、

進化のスピードが速いので、
知識として吸収するのは大変だけど、結構楽しい。


正直、冷蔵庫とか布団とかあんまり進化しようがない商品を販売するより、
今の仕事で良かったと思う。


そんな俺でも、2年前から今の仕事を始めるまでは、
ただの機械音痴だった。

猿パソコン



「OS? CPU? 専門用語で話を進めるのは止めてくれませんか?
 まったくこれだからオタクは気持ち悪いんだよ」

俺は時々ひどい毒舌を吐くので、
これぐらいの事は言っていたかもしれないし、思っていたかもしれない。

もともとはアナログ人間で、別にパソコンを必要としていなかったからだ。


そんなアナログ人間が自転車旅行という趣味に目覚めた。

アナログの極地のような趣味だ。

しかしこれが意外と、テクノロジーと相性が良かったのである。

持ち歩くコンピューターは小型軽量の方が良いに決まっているし、
スマフォを始めとした電子地図の利便性は、
電池切れのデメリットを上回るものだ。

過酷な旅に情報は欠かせない。

インターネットで情報を集め、
メールやビデオ通話で家族と連絡も取れる。

ブログを書くことによって、
旅の記録をウェブ上に保存するだけでなく、
他の旅行者と新しい出会いを作ることも可能だ。


これから先の未来、
テクノロジーがどんなに進化したところで、
マトリックスの世界にでもならないかぎり、
人間がアナログであることに変わりはない。

しかし、旅はどうであろうか?
すでにビデオゲームがそうだが、
仮想空間でも旅のまねごとは出来る。

グーグルマップのストリートビュー機能を使えば、
リアル世界の歴史名所を観光することも出来る。

ストビュー



でも俺はそんな旅のまねごとはごめんだ。

テクノロジーがリアルに取って代わってどうする。

テクノロジーはあくまで、
リアルでアナログな人間を補助するものであるべきだ。






自転車と犬

2012/12/9

狂犬病
目が完全にイッてらっしゃる・・まさに「狂犬」な犬

自転車で旅行すると、
それはもうすさまじい勢いで犬に追っかけられる。

「犬は人間の相棒」とかいう言葉が、
まるで鼻水たらしたアホがホザいた寝言のように聞こえるのである。


犬のテリトリーを犯しているわけでもなく、
クルマやバイクと同じように道路を走っているだけのに、
全力で吠えながら飛びかかりそうな勢いで追跡してくる。
野犬でも飼い犬でも同じだ。


俺は名前の通り完全に猫派で犬を飼ったことはないが、
犬派の皆さんは、周囲の人間に恐怖を与える自身の飼い犬について
どう考えているのであろうか?

俺はこの件についてあやふやにするつもりはない。

今まで受けた飼い犬による精神的苦痛と、
これからも予想される恐怖について、
いったいどうやって責任を取ってくれるのだろうか?

驚くべきことに、犬の飼い主から正式な謝罪を受けたことすらない。

散歩中の犬が俺に吠えかかると、
飼い主は俺への謝罪ではなく犬を叱っているだけだ。

その場に飼い主がいなければ、吠えるにまかせている。

こんなことが許されるのであろうか?

犬だからしょうがないってそんな訳ねーだろ。
他人に吠える動物と分かっていながら、
自分の意思で拾ってきたか買ってきたんだろう。


俺は他人の土地に進入している訳ではなく、
公道を自転車という普通の乗り物で走っているだけだ。

猫派の俺でも、犬自体がかわいいのはわかる。
飼い主にとっては家族なんだろうと思う。


けれども、じゃあ俺に泣き寝入りしろってのかい?



まったくもって解決方法すら思いうかばない。

ビシっとした解決方法を提示した政治家には、
今度の選挙で一票入れちゃうぜ。





あの時、英語が喋れたら…

2012/12/8

わからんじぇろ


長期海外旅行に行くなら、
誰でも英語の勉強しようかなぁって考えるだろう。

ホントに英語を勉強する人もいるが、
けっこー何にも勉強しないで行く人の方が多い気がする。


俺の場合だが、
下準備なしで現地滞在することによって、
自分がどれくらい喋れるようになるか体感したかったという理由もある。

俺の80日間におけるアメリカ滞在によって、
結局、自分の英語力はどーなったかっていうと、
外人に話かける度胸が付いたって感じかな。

まあ簡単なことなら何言ってるかわかる気がする

TOEICで何点とか全く興味ねえ、
そもそもTOEICってなんて読むのかわかんねえ。


ホテルでの宿泊に使う英会話とか、
旅行に必要な英語は自然と身に付くって感じだ。


だけど、趣味についての会話とかは全く出来ん。

俺は時々「美味しんぼ」について語りたくなるという
珍しいクセがあるのだが、(参考
たとえ英語が喋れるようになっても、
話題が「美味しんぼ」では相手が理解してくれないだろう。


ついでに、美味しんぼの話をさせてもらいたいのだが、
あの漫画の基本テーマは親子の確執であり、
父親の海原雄山と息子の山岡士郎の和解が主要テーマだったはずだ。

ところが、100巻を超えてもまだ親子が和解しないので、
俺はいいかげん嫌になって読むのを止めようかと思っていたのだが、
なんとそう決心した直後の102巻で和解しやがったのである。

今思い出してもハラ立ってきましたよ。
マジでぶっ●してぇ。

栗田さん
栗田さんっ!?


原作者の極左っぷりとか、
なんでもかんでも料理で解決する力技の姿勢とかが好きだったのに、
最近は日本全県味めぐりとか言って、
貧乏くせえ田舎料理ばっかでつまんねーし。


全く俺が美味しんぼの話題に触れるとコレである。
完全に英語の話から脱線してしまった。

これ以上、話が脱線してしまうのは危険なので、
今日のタイトルである「あの時、英語が喋れたら…」と思った状況についてですが、
これはやはり、お世話になった人ともっと色んな会話がしたかったって時ですね。

教会に泊めてもらったり、民間人宅に泊めてもらったりした時、
自分という人間を説明して、親切にしてくれた人ともっと分かり合いたかった。

もっと感謝の念を伝えたかったという気持ちですね。

普通に旅行して、団体でホテルを渡り歩く旅行ならあんまり関係ないけど、
自転車旅行ってのは嫌でも現地の人と触れ合うことになりますんで。


マジで俺に美味しんぼの話題をふるのは止めてください。

「あの時会った人を美味しんぼのキャラに例えると?」

「その料理の味はまるで?」

「ポン酢のポンとは?」



上記のようなお題をふるのは止めてください。
自転車旅行のブログじゃなくなってしまいます。

「シャッキリポン」とか
「その日の幸せが約束されるようだ」とか
もう止まらないんですよホントに!




海原雄山解剖学

山岡士郎観察記






電動自転車は邪道なのか?

2012/12/7

電動車いす


子供のころ、電動車いすに乗ってみたかった。

もしかしたら、遊園地にあるような
ゴーカートと勘違いしていたのかもしれない。

電動車いすに乗っているおじいさんやおばあさんに
「ちょっとボクも乗せて」と言う勇気はなく実現しなかったが、
あと50年もすればお世話になるかもしれない。


実は大人になった今でも、
セグウェイには乗ってみたい。

小泉セグウェイ
総理! 曲乗りいかんですぞ!

アメリカでは結構乗っている人いましたね。
ロサンゼルスの観光地であるサンタモニカで、
多分観光客の散歩用にレンタルしているんでしょう。
自分で歩かないからアメリカ人はデブなんだと思う。


さて、もしも電動自転車で旅行している人がいたら、
皆さんそれは邪道だと思うでしょうか?

自転車旅行は自力で進んで達成感を得ることがテーマなのだから、
外部エネルギーに頼る電動自転車はなんとなく邪道に感じる。
俺もそう思う。


でもよく考えたら、オートバイはどうなるんだって話だ。
バイクで旅している人に対して「邪道だ!」とは思わない。

邪道どころか、むしろカッコいい。
普通に考えたら、自転車で大陸を横断したりする方がアタマおかしい。


それに、電動自転車のエネルギーは外部エネルギーだけとは言えない。

詳しくはないが、あれは多分、ブレーキによる摩擦エネルギーの一部や
平路における走行エネルギーの一部を電力として蓄えているはずだ。

つまり走っていてラクな時に、エネルギーを貯金しているわけで、
上り坂や向かい風で蓄えた貯金を放出しているのだったと思う。

この機能のことを回生式と言ったりするはずで、
基本的にはコンセントで充電してエネルギーを蓄える。

回生機能は補助的な役割で、走行距離を伸ばすための工夫だろう。


バッテリーが切れた時は、モーターや電池の影響で車体が重くなる。
いいことばっかりでもない。


よく考えたら、結構いいんでないの電動自転車って。

ラクしているだけじゃない。
何日も野宿で充電出来なかったら
車体が重いだけの自転車になってしまうリスクもあるのだ。


それに話題にもなりそうだ。

電動自転車売っているメーカーをスポンサーにして、
旅行資金を得るとか。

俺は電動自転車乗らないけど、
そーいう自由な発想も忘れないようにしたい。







ジャネーの法則 旅行と年齢と体感時間

2012/12/6

時計と時間



ジャネーの法則というものがある。

ジャネーの法則 wikipedia


大人になってみると、
子供だった時より、時間の流れが速く感じる現象のことだ。


「もう5時か、夕方じゃないか」

と思ったことは誰しもあると思う。


みんなそうかもしれないけど、
俺はこの体感時間の加速が怖い。

気がついたら、子供みたいな精神年齢で27歳になっていた。


20歳の時にも感じた。
子供の時は、20歳の人はもっと精神的に大人なんだろうと思っていた。


自分なりに体感時間の加速の原因を考えてみたことがあるのだが、
若いうちは、色んな経験が新鮮だから印象に残りやすくて
時間が長く感じるのだろうと思っていた。

でも、楽しいことしている方が時間は短く感じる。

例えば俺の自転車旅行も新鮮な経験の連続であったが、
体感時間の速さは日本にいたころとあまり変わらなかった。
参考

そういうわけで、
今ひとつ体感時間加速に対する自分の推測に納得出来なかったのだが、
帰国後にジャネーの法則というものを知って納得した。

1歳児にとっての1年間は、今まで生きてきた期間と同じくらいだが、
50歳にとっての1年間は、今までの人生の50分の1だ。


アメリカ横断して、日本に帰って、
出発前とほぼ同じ仕事をしている俺の感覚は、
もう普通の感覚に戻っている。

11ヶ月前に、自転車で世界一周を目指して出発した決意を
忘れないようにしたい。

ブログを書きつづけているのも、
自転車旅行者ともコミュニケーションを積極的に取っているのも、
結果的にだが、旅行者のエネルギーをもらいたいからかもしれない。


タイムマシンのつくりかた (草思社文庫)
ポール・デイヴィス
草思社
売り上げランキング: 135,295




自転車でアメリカを横断した男達

2012/12/3

アメリカ国旗


タカノリくんとヒロシくんの二人が、
ついに自転車でアメリカ横断を達成したようだ。

自転車アメリカ横断 NY from LA

出発前からニューヨーク到達まで、
確かに見届けた。

見届けたぞ!

家に帰るまでが遠足だけども、
おめでとうと言いたい。

本当におめでとう!


この二人のブログは生き生きしたと写真が多くて、
見ていて本当に楽しかった。

俺も同じような旅をしてきたのに、
うらやましいくらいだったよ。

タカノリくんの感情のこもった文章は、
心にぐっとくることが多かったし、
どんどん痩せていくヒロシくんも、
見ていて面白かった。


達成感を得て、一回り器が大きくなった二人を
日本で迎えたい。

俺のテントや自転車バッグを貸して良かった。
もし貸さなかったら、俺の部屋でホコリをかぶっていただろう。
活用されて道具も喜んでいるはず。

壊れていても全然気にしないから。


おそらくこの二人で、
2012年度の日本人による自転車アメリカ横断は最後だろう。


1月からは俺が、
5月からは一乗寺さんが、
8月からhamanchoくんとサトルくんが、
そして9月からはヒロシくんとタカノリくんが。

(未確認だが、俺のツイッターのフォロワーにもいた気がする)


走行ルートはそれぞれだったけども、
アメリカの開拓者精神として愛されている
ルート66を全員走った。

それも自動車やオートバイでかっ飛ばしたのではなく、
汗水たらしてペダルを回したのだ。

みんな同じ志をもって、特殊な体験を共有した
仲間だと勝手に思っている。

道中500kmも列車で移動しちまった俺でも
仲間だと勝手に思っている。
(大事なことなので2回書きました)


アメリカ横断には夢がある。

これから自転車で挑戦するんなら、
誰でも連絡待ってるぜ!



水曜どうでしょう 第15弾 アメリカ合衆国横断 [DVD]



リアル電波少年

2012/12/1

無人島


実際にやるかどうかは別にして、
試してみたいこととしては、

無人島生活ブログをやってみたい。


自転車旅行の発想もそうなのだが、
俺は日本テレビで放送されていた、
電波少年の影響を結構受けている自覚がある。


テレビが一番面白かった時期で、当時小学校高学年だった俺には、
子供が起きていてはいけない時間帯の深夜に放送されている
大人向けのテレビをのぞき見ているようなドキドキ感もあった。


電波少年と言えばヒッチハイクの旅だが、
Rマニアがおこなっていた無人島生活も結構印象に残っていて、
軟弱なクセにサバイバルに興味があるヒネクレ野郎の俺には
やってみたいジャンルなのだ。

「無人島生活」
なんという中二心をくすぐるキーワードであろうか。


都合が良いことに、自転車旅行用に買った
テントやソーラーバッテリーなどのアウトドアグッズを所有している。

あまり道具を持ち込みすぎてしまっては、
せっかくの無人島体験の意味がなくなってしまう気もするが。


場所は実際にRマニアが生活していた
愛媛県の由利島あたりが良いだろうか。

由利島 wiki


と思っていたら、鉄腕ダッシュで無人島開拓の番組企画があり、
由利島が使われているらしい。
最近全くテレビを見ないので今調べるまで知らなかった。

なんだかテレビ局に人気のある無人島だ。


なんか他に良い無人島を探そうか、
そこまでしてやってみたいことだろうかと思案中。


実際に行ったことのある無人島は、
神奈川県の猿島だけだが、
あそこは人が住んでいないだけで
手入れがされている観光地だ。


もう少しガチで、なおかつ大きさもほどよく、
条件の整った無人島はないだろうか。


しかし、無人島である以上、携帯の電波も飛んでいないだろうから、
リアルタイムによるブログの更新は出来ない。
後日談的なブログになるのだろうか。


携帯の電波がないと、
もちろん非常事態でも助けを求められないし、
水もなきゃ食料もない。

というか、どうやって無人島まで行って、
なおかつ帰ってくれば良いのだろうか。



そんなことより、
自転車アメリカ横断 NY from LA
の二人が、いよいよニューヨークに到達しそうである。


まだ見ていない人は、今すぐ最初から読み直して
感動のゴールを共有するんだ!




20年間無人島で裸で暮らす日本人男性を海外メディアが一斉報道


電波少年 BEST OF BEST 雷波もね! [DVD]
バップ (2010-04-09)
売り上げランキング: 27,691




かにゃーおの世界一周自転車漫遊記
【 あらすじ 】 2012年1月9日 アメリカ西海岸ロサンゼルス から出発してアメリカ横断に成功。アメリカ横断の日記はコチラのページで。 今度はユーラシア大陸を横断するため、2013年5月24日に出発し、トルコで帰国するヘタレっぷりを晒す。ヨーロッパ横断の日記はコチラのページで。        
 【 告知 】
時々ニコニコ生放送をやったりするかもしれない。
◯視聴方法の解説
最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんな猫が書いてます

かにゃーお

Author:かにゃーお
東京都在住
1985年生まれの流浪人
平成健脚浪漫譚
tk.kanyao●gmail.com
◯自己紹介のまとめ

現在地情報はtwitterで
my Twitter
my facebook

このブログはリンクフリー
相互リンクも募集中

ブログランキングに
参加しています。
応援クリック
お願い致します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バックパッカー
48位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
オススメのアイテム
かにゃーおの
自転車旅行用品をチェック!

◯装備品のまとめ



ちょうど良い大きさで組み立てやすいテント



超定番の防水自転車バッグ



使いやすい定番ポンプ



ipad miniとNexus7はどっちがオススメ?



手旗国旗の意外な有効性とは?


GoogleTranslate
リアルタイム旅行資金
リアルタイムでは帰国中です。 アメリカ横断もヨーロッパ横断も100万円くらいで出発して、 帰国後のニート生活で残金がなくなっている模様。
グーグルアドセンス
オススメ記事
広告
YouCanSpeak
海外自転車旅行の本
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
石田ゆうすけさん著作の大人気自転車旅行ドキュメンタリー!

世界130カ国自転車旅行 (文春新書)
中西大輔さん著作の世界一周本、植村直己冒険賞受賞!

やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男 (幻冬舎文庫)
坂本達さん著作。4年三ヶ月の有給休暇の取り方とは?

自転車で地球を旅する―30年35万キロ、変化する世界放浪のかたち (ラピュータブックス)
のぐちやすおさん著作。初めての海外旅行で自転車世界一周!

天国と地獄地球8万キロ自転車の旅
森逸広さん著作。脱サラから自転車で世界一周!

世界でいちばん長いハネムーン―10年間、88ヶ国をめぐる タンデム自転車の旅
二人乗り自転車で新婚旅行が世界一周!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。